結婚式の招待状に貼る『切手のマナー』!種類・料金・貼り方など

結婚式の招待状に貼る『切手のマナー』!種類・料金・貼り方など

結婚式にともなって準備するものはたくさんありますが、招待状や返信用はがきもそのひとつ。

ゲストに失礼がないように、マナーを守って送りたいですね。

そこで今回は、招待状の切手に注目。 種類や料金、貼り方など、基本的なマナーをまとめました。

結婚式の招待状に貼る切手の種類

切手の種類切手と一口にいっても、さまざまな絵柄のものが販売されていますね。

結婚式の招待状に貼る切手はどれでもかまわないかというと、そうではありません。

招待状に貼る切手の種類をみていきましょう。

お祝い事に最適な慶事用切手(寿切手)が一般的

結婚式の招待状や返信用はがきに貼る切手として一般的に使われるのは「慶事用切手」というお祝い用に作られた切手です。

寿切手と呼ばれることもあります。

慶事用切手の種類は3種類。

扇面に梅文様が描かれた「慶事用62円普通切手」、扇面に竹文様が描かれた「慶事用82円普通切手」、扇面に松文様が描かれた「慶事用92円普通切手」です。

これらの慶事用切手は郵便局で購入することが可能。

コンビニなどでは取り扱っていない場合が多いため、注意しましょう。

慶事用以外の切手も使える

慶事用以外の切手を招待状に貼ったからといって、マナー違反にはあたりません。

基本的には好きな切手を貼って送ってもOKです。

ただし、次のことには気を付けましょう。

  • お祝い用にふさわしくない絵柄は避ける
  • 目上の方には慶事用の切手を使用した方が無難

現在、切手は非常にさまざまなデザインのものが販売されています。

「グリーティング切手」と呼ばれるメッセージ切手や美しい花をモチーフにしたものなど、素敵な切手を選んで貼るのも、目を楽しませられるのでおすすめ。

その他、ふるさとにまつわる絵柄や受け取る方の趣味に合わせた絵柄なども喜ばれるでしょう。

結婚式の招待状・返信用はがきに貼る切手の料金

結婚式の招待状郵便物に貼る切手代は、郵便物の形状や重さで決まります。

結婚式の招待状や返信用はがきには、いくらの切手を貼ればよいのでしょうか。

招待状に貼る切手の料金

招待状のような封書は、定型郵便と定形外郵便に分かれます。

それぞれのサイズと重さ、郵便料金は以下の通りです。

  • 定型郵便サイズ:縦14~23.5cm×横9~12cm×厚み~1cm
    郵便料金:82円(25g以内)、92円(50g以内)
  • 定形外郵便(規格内)サイズ:縦~34cm×横~25cm×厚み~3cm
    郵便料金:重さにより120~570円(1kgまで)

送った招待状に切手の不足があると、返送されてしまいます。必ず計量したうえで、適切な料金の切手を貼りましょう。

返信用はがきに貼る切手の料金

返信用はがきが一般的なサイズであれば、郵便料金は一律62円です。

返信用はがきに特別なサイズや形状のものを使用した場合には、サイズや重さによって料金が変わります。

郵便局などで計量し、料金を確認しましょう。

結婚式の招待状に切手を貼るときの注意点

結婚式の招待状結婚式の招待状に切手を貼るときには、切手の種類や料金以外にもいくつかの注意点があります。

受け取った人にマナーに疎いと思われないよう、十分に気を使いましょう。

貼る場所や貼り方を間違わない

切手を貼る場所や貼り方には決まりがあります。

貼る場所は、縦向きの封筒の場合は左上、横向きの封筒の場合は右上です。

とくに横向きの封筒でも左上に貼ってしまう間違いが多いため、注意しましょう。

貼り方では、貼る枚数に注意。結婚式の招待状や返信用はがきには、切手を2枚以上貼るとマナー違反になります。

これは、複数枚の切手が「別れる」を連想させるため。

1枚の切手で済むよう、額面が高い切手をきちんと購入しましょう。

返信用はがきに切手を貼り忘れない

やりがちなのが、返信用はがきに切手を貼り忘れた!という失敗。

貼り忘れないよう、封をする前に念入りにチェックしましょう。

招待状を手渡しする場合でも、返信用はがきの切手は必要なので注意。

もしも貼り忘れに気づいたら、早急に連絡して失礼を謝り、招待状を再発送するなどの対応をしましょう。

料金不足にならないよう計量する

結婚式の招待状は、1通ずつ中身が異なる場合もあり、全てが同じ料金とは限りません。

発送前に郵便窓口などで計量し、料金不足による返送などが起こらないようにしましょう。

招待状に切手を貼らない?郵便局に持ち込む「料金別納郵便」とは

郵便局同じ料金の招待状を10通以上発送する場合、切手を貼らずに料金を一括で払える「料金別納郵便」が利用できる可能性があります。

料金別納郵便の発送方法はかんたん。

  1. スタンプやシールで郵便物に「料金別納」の表示をつける
  2. 「別納郵便差出票」を記載する
  3. 郵便窓口に郵便物と差出票を提出する

これだけで、切手を貼ることなく招待状を出すことができます。

さらに、料金別納郵便は、差出状況(月日・通数・金額)が残るため、不着、返事が来ないといった場合にも、確かに発送したことを確認できます。

料金別納のスタンプやシールは自作デザインも可能なので、結婚式仕様のオリジナルスタンプを作るのも素敵ですね。

ただし、「料金別納」の「別」の字が縁起がよくないととらえられる場合もあるため、マナーやしきたりに厳しい方へ出す場合には配慮が必要です。

まとめ:小さな切手にまで気持ちを込めよう

  • 結婚式の招待状や返信用はがきには慶事用切手を貼るのが一般的
  • 慶事用切手以外を使ってもマナー違反ではないが、お祝いにふさわしくないデザインはNG
  • 郵便物のサイズや重さで貼る切手の料金が変わるため必ず計量を・貼り方の誤りや貼り忘れなどのマナー違反に注意
  • 料金別納郵便なら切手を貼らずに出せる

小さな切手のデザインや貼り方にも気持ちを込めて、幸せな気持ちで返信を待ちましょう!