結婚式しないで「食事会だけ」が人気。流れや演出をオススメ!

結婚式しないで「食事会だけ」が人気。流れや演出をオススメ!

形式ばった結婚式や披露宴を行わない代わりに、親族にお披露目の機会として、食事会をセッティングするカップルが増えています。

食事会ウェディングは、披露宴のように派手な演出をしたり会場を飾ったりせず、お料理を食べながら身内だけの和やかな時間を過ごすことが目的。

少人数で行う、家族挙式や親族婚と同じイメージです。

結婚式を挙げない選択をしたカップルに、食事会ウェディングの開き方や注意してほしいことを説明します。

披露宴は行わずに食事会のみを行う3つのパターン

カジュアルな結婚パーティー

一般的な挙式や披露宴を行わず食事会を開くといっても、いくつかのパターンがあります。

1.食事会のみ(挙式なし)

結婚式や披露宴をせず、食事会だけを開くパターン。

2人だけで海外挙式を行った、あるいは入籍のみのカップルが、親しい人にお披露目をしたい時に選ぶスタイルです。

2.フォトウェディング+食事会(挙式なし)

堅苦しい挙式や披露宴はしたくないけれど、結婚の記念は残したいカップルに支持されているフォトウェディング(前撮り)。

フォトウェディングの撮影日と同じ日に食事会を行うプランが人気なんです。

花嫁衣裳を家族や親族にお披露目できるのがうれしいポイント。

関連記事
家族も一緒のフォトウエディング!費用やアイデアを大公開

3.挙式+食事会

2人だけもしくは家族挙式を行い、その後身内のみで食事会を行ってゆっくり歓談を楽しむスタイル。

挙式に親族やごく親しい友人を招くこともあります。

食事会の前に身内だけで挙式を行うのが、食事会ウェディングの中で最も多いパターンです。

食事会と披露宴との違いは、演出のありなし。食事会の場合は目立った演出はしない場合が多いようです。

家族挙式で人気の「食事会ウェディング」費用は?

両家顔合わせ食事会の予算は?

一般的な結婚式にかかる費用は354.8万円(ゼクシィ結婚トレンド調査2017より)。

これと比較すると、食事会ウェディングの費用は控えめ。食事会ウェディングの費用相場は以下のとおりです。

● 食事会のみ
家族婚(10名前後):55~70万円くらい
親族婚(20名前後):75~95万円くらい

※費用に含まれるもの:衣装・ヘアメイク代 、料理・飲み物代、ペーパーアイテム代、会場費など

● フォトウェディング+食事会
家族婚(10名前後):65~80万円くらい
親族婚(20名前後):85~105万円くらい

※費用に含まれるもの:フォトウェディング代、衣装・ヘアメイク代、料理・飲み物代、引出物、ペーパーアイテム代、会場費など

● 挙式+食事会
家族婚(10名前後):65~90万円くらい
親族婚(20名前後):85~115万円くらい

※費用に含まれるもの:挙式代、衣装・ヘアメイク代、料理・飲み物代、引出物、ペーパーアイテム代、会場費など

【項目ごとの費用相場】
挙式料:10~20万円
ゲスト1人あたりにかかる費用(料理・引出物・ペーパーアイテムなど):2~2.5万円
食事会の会場費:5万円
フォトウェディング代(撮影・写真データなど):10万円
衣装・ヘアメイク代(ウェディングドレス・タキシード各1着):30~40万円

食事会ウェディングのおおよその費用は上記のようになりますが、会場や料理のランクなどによって金額は大きく変わってきます。

お得な食事会ウェディングプランを設定している会場もあるので、結婚式をしないで食事会のみにする場合でもリサーチは必要ですね。

関連記事
結婚式の費用は、少人数・身内のみなら安い?ゲスト人数別に少人数挙式を解説

結婚式をしないで、食事会を行う時に知っておいてほしいこと

結婚指輪

披露宴を行わない食事会ウェディングでも、結婚をお披露目する大事なイベントであることには変わりありません。

出席してくれるゲストには失礼がないおもてなしができるよう準備をしておきましょう。

食事会はどんな場所で行うの?

食事会の会場は、レストランや料亭、ホテルの「個室」といったプライベート感のある場所がオススメ。

ゲストの人数によっては、一軒屋レストランを貸切にするのもいいですね。

挙式を行う場合は、教会や神社で行い、その後レストランなどに移動して食事会を開くことも多いです。

結納や両家顔合わせ食事会のプランがある会場だと、スタッフが慶事に慣れているので対応がスムーズでしょう。

食事会の新郎新婦の衣装&ゲストの服装は?

食事会の会場にもよりますが、せっかくのお披露目の席なので新郎はタキシード、新婦はウェディングドレスやカラードレスを選ぶことが多い様子。

もちろん和装の新郎新婦もいますよ。

その一方で、平服にして新郎はスーツ、新婦やワンピースなどにするカップルも。

新郎新婦に合わせてゲストも同じ格の服装をするのが一般的ですが、披露宴ではないので花嫁がドレスを着るとしても格式を合わせる必要はありません。

気を付けておきたいのが、両家の服装の格がバラバラになること。

「新郎新婦は正装だけどゲストは平服でも構わない」など一言伝えて、両家の格を合わせるような配慮が必要です。

食事会のみの結婚式でも、招待状は用意すべき?

家族挙式や親族婚の場合、招待状は絶対に必要なものではありません。

ただ、結婚の記念にもなりますし、年配の親族の中には形式を重んじる方がいるかもしれないので招待状を用意することをオススメします。

招待状は一世帯一通が基本ですが、結婚して親と別居している兄弟や従妹には別途準備しましょう。

両親にも、日時や場所を確認できるように一通用意しておくといいですね。

身内のみの食事会は人数も少ないため、返信はがきはつけないことが一般的です。

● 食事会の招待状文例

拝啓 ◯◯の候
皆様 いかがお過ごしでしょうか

さて このたび 私たちは結婚することとなりました
つきましては 親しい皆様に 感謝の気持ちをこめ
ささやかではございますが 小宴を設けました

ご多用中まことに恐縮でございますが
ぜひご出席いただきたく ご案内申し上げます
敬具

平成○年○月吉日
(新郎名前)
(新婦名前)

日時:平成○○年○月○日(○曜日)
開宴 午前○時
場所:レストラン○○

身内の会ですので 平服で気軽にお越しいただけますと幸いです

なお 既に出席をご快諾いただいておりますので
返信はがきは省略させていただきました ご了承ください

身内のみの結婚式でもご祝儀はいただく?引き出物は準備するの?

ご祝儀をいただくか、引き出物を準備するかについては事前に両家で話し合っておきましょう。

もし、ご祝儀をいただくのであれば引き出物も準備するのがマナーです。

ゲスト一人ひとりに合わせた引き出物を用意する花嫁さんもいますし、食事会では引菓子を渡し、後日「結婚内祝い」をご祝儀の金額に応じて贈り分けする場合もあります。

事前に「ご祝儀はもらわない」と伝えておいても当日持参された場合は、ありがたくいただき、後日結婚内祝いを贈りましょう。

食事会の宿泊費や交通費の負担方法は?

宿泊費や交通費の負担方法についても、まずは両親に相談しましょう。

「お互いにお車代や宿泊代はなしで」なんて取り決めが親族同士であるかもしれません。

両家で考え方が違っても、どちらかが正しいものではないので、それぞれの家の決めごとに合わせて。

結婚式を食事会だけにする場合の内容は?

ウェディングプランナー

結婚式を食事会だけにする場合、具体的にどんなことをするのでしょうか?

食事をするだけでは間がもたないかも?なんて心配な花嫁さんに、具体的な内容について説明します。

食事会の一般的な流れ

食事会の流れの一例を紹介します。

決まった式次第はないので自分たちらしくアレンジを加えてくださいね。

11:00 食事会スタート、 新郎によるウェルカムスピーチ・乾杯
11:20 ケーキカット
11:40 会食スタート
12:30 ゲストからの一言
13:15 花束贈呈・新郎挨拶
13:30 新郎新婦退場、ゲストの見送り

決まったプログラムはなくてもOK!でも、始まりには挨拶を!

親族だけのアットホームな集まりですから、決まったプログラムはありませんが、メリハリをつけるために最初に新郎新婦または両親からの挨拶を述べるのがマストです。

● 新郎のウェルカムスピーチ&乾杯の挨拶例文

今日はお忙しい中お越しいただき、ありがとうございます。
わたし(新郎名前)と(新婦名前は)は、○月○日に入籍を無事済ませ、夫婦となりました。

日頃の感謝をこめて本日はお食事を用意させていただきました。
ごく内輪の席ではありますが、楽しんでいただけたら幸いです

アットホームな雰囲気を楽しんでいただきたいので わたしたちで乾杯の音頭をとらせていただきます。
それでは乾杯にうつらせていただきます。皆様ご唱和ください。乾杯!

食事会ウェディングで人気の演出は?

ケーキカット(ケーキ入刀)

結婚をお披露目し、親族同志の親睦を深めることが目的の食事会。

ちょっとした演出を取り入れることで、結婚式らしさを出すこともできますよ。

ケーキカット&ファーストバイト

結婚式の定番演出である結婚式ケーキカットは、家族挙式や親族婚でも行うカップルが多い様子。

新郎新婦が食べさせ合うファーストバイトのほか、母親が子に食べさせるラストバイトも人気です。

関連記事
ケーキカットの代わりになる演出!話題の○○カットはコレ!

ゲスト全員から一言

親族紹介をかねて、全員から祝福のコメントをもらうのは家族婚や親族婚といった少人数スタイルだからできること。

ゆっくり時間をとって祝福のコメントに耳を傾けたいですね。

集合写真

あまり派手な演出はしたくない花嫁さんにもオススメしたいのが、ゲスト全員との写真撮影。

両家の親族が一同に揃う機会はあまりないので、この機会に家族写真を撮りましょう。

両親へ花束・記念品の贈呈

披露宴のように形式ばってはいないけれど、結婚の報告をする会。

最後は両親に感謝の気持ちを伝える演出で締めくくりたいですね。

関連記事
結婚式で両親に贈るプレゼント【実用的アイテム7選!】

親族のみの食事会に、友人を招待する時の注意点

披露宴のゲスト

家族同様に親しい友人なら、食事会にもぜひ来てほしいもの。

でも、友人からすると身内だけの集まりに参加するのはちょっと気がひけてしまうかもしれないので、ちょっとした気配りが必要です。

食事会に友人を呼ぶ際は一言そえると親切

親族のみの食事会であっても、友人を招いてももちろん大丈夫!

友人には「ほとんど親族だけで友人は数人のみ」とあらかじめ伝えたうえで「ぜひ来てほしい」とお願いしましょう。

家族や親族にも友人が来てくれることを話しておくと、「どなた?」なんてことにならずに、スムーズに顔を合わせることができるでしょう。

座席は友人同士でまとめる

家族挙式の食事会で、友人と親戚のおじさんおばさんが隣り合ったら気まずくなってしまいそう。座席は友人同士でまとめるのがオススメ。

1つのテーブルにゲスト全員が座るスタイルなら新郎新婦の隣に、円卓をいくつか並べるスタイルなら友人たちに集まって座ってもらうのがいいでしょう。

まとめ

  • 結婚式をしないで食事会のみを選ぶカップルが増えている
  • 挙式無し、フォトウェディング後に食事会などいろいろなパターンがある
  • 披露宴を行わない食事会のみの場合でも招待状を出したほうがベター
  • 食事会に決まったプログラムはないけれど、最初の挨拶はする
  • ちょっとした演出を加えると結婚式らしくなる

形式ばった結婚式ではなくても、食事会は結婚を祝う大事な集まり。

自分たちらしさを出しつつ、来てくれたゲストにおもてなしの気持ちを忘れずにアットホームな食事会を楽しんでくださいね。

オススメ記事