感謝の気持ちをお返し!結婚内祝いの意味や「熨斗」のマナーを解説

感謝の気持ちをお返し!結婚内祝いの意味や「熨斗」のマナーを解説

挙式の日取りが決まり、列席していただく方に招待状も出した。

この頃になると「おめでとう」の言葉とともに新郎、新婦の幸せな生活を願ってお祝いが届くこともありますよね。そこで気になるのはいただいたお祝いのお返しではないでしょうか。

挙式に列席してくださる方には引き出物をお渡ししますが、それ以外の方へはどのようにお返ししたらよいのでしょうか。

この記事のポイント!
  • 結婚祝いのお返しを迷っている新郎新婦向け
  • 内祝いの意味がわかる
  • 熨斗の意味やマナーがわかる

内祝いってなに?引き出物とは違うの?

結婚のお祝いのお返しには大きく分けて2種類あります。

「引出物」と「内祝い」です。

【引き出物】

宴席などで配られるお土産で、披露宴に列席していただいた方にその場で差し上げるもののことです。

【内祝い】

もともと慶事の際に親族やご近所などのごく親しい方に配られた贈り物のことで、披露宴に招待していない、招待したけれど欠席される方などからお祝いをいただいた場合のお返しのことです。

披露宴に列席をするかしないかで、引き出物か内祝いかが決まるのです。

知っておきたい内祝いのマナー

それでは、内祝いの基本的なマナーをみていきましょう。誰に、いくらのものを、いつ送れば良いのでしょうか?

内祝いをお返しするのはどんな人?

基本的に内祝いとは披露宴に列席しなかったけれどお祝いをくださった方へのお返しです。

招待したけれど都合が悪くて出席できなかった親戚。会社や職場関係。また、披露宴に招待した方でもかなり高額なご祝儀をいただいてしまった方、ご祝儀以外にプレゼントをいただいた方などもプラスの内祝いを考えてもよいでしょう

準備はいつ頃からするの?

結婚式に出席しない方の大半が、結婚式の1ヶ月ほど前からお祝いを贈っているようです。ご祝儀なら金額がはっきりしていますが、品物の場合は届いた時点で値段や相手の好みを調べておくと内祝いを選ぶときにスムーズです

内祝いの金額は?相場ってあるの?

昔から多く言われているのが「半返し」です。

いただいた品物やご祝儀の半額程度を目安にお返しするのが一般的ですが、親戚から高額なお祝いをいただいた場合は3分の1を目安にすることが多いです

また、友人や知人から連盟でお祝いをいただいたときは、1人あたりの金額を計算して、半返しするようにします。

内祝いを贈る時期はいつ?

ビジネスイメージ―スケジュール管理

内祝いは披露宴に出席しない方に無事に結婚式を済ませたことの報告を兼ねているお返しですので結婚式の後に贈るのが本来の形です。

挙式後2週間〜遅くても1ヶ月以内に届くようにしましょう

お祝いをいただいてから時間をおいてのお返しになるので、贈られた時点で電話か封書でお礼の言葉を伝えておくようにしましょう。

本来なら祝ってくださった方の自宅に直接お届けしてお礼を伝えるのが正式ですが、時間や仕事、距離的な問題で訪問がかなわないこともあります。

そんなときはメッセージカードやお礼状を添えるようにすると、感謝の気持ちがより強く伝わります。

内祝いは熨斗(のし)をつけるのが正式

熨斗という言葉を聞いたことがあると思います。熨斗紙の右上についている飾りのことで、正式な名前を熨斗鮑と言います。

古来、中国ではアワビには不老長寿の効果があるとされおり、日本でも神饌(しんせん)、神様へのお供えものとして使われてきました。

今でも、伊勢神宮では乾燥させたアワビから作った熨斗鮑が奉納されています。

また、寿命を延ばすという意味から長寿や繁栄の象徴として、さらに高価でおいしく保存もできるのでお祝い事の贈り物としても重宝されてきました

「本来ならお祝い事なので熨斗鮑を贈りたいところですが、何分高価ですので代わりの品物で失礼します」という意味でつけられるようになったのが「熨斗飾り」です。

四角い紙を細長い六角形になるように折り、中に熨斗鮑を包んだものです。

現代では、熨斗が右上に印刷された熨斗紙が一般的です。

熨斗につける「水引」の意味

mizubiki

内祝いの熨斗紙に一緒に印刷されているのが「水引」です。

水引は贈答品の包み紙などにかける紅白や金銀などの帯紐のことで、本来は和紙で作ったこよりを糊で固めて作ります

水引をかけることで贈ったものが未開封であること、封印の意味からの魔除け、さらに人と人を結びつけるという意味などをもっています。

水引の結び方に注意

基本的には、慶事のお返しなどでは「割り切れないよう」にという意味合いから奇数である「5本で1束」として使いますが、結婚のお祝いの場合は、新郎・新婦、両家の結びつきを表すために「5本の束を2筋」使うこともあります。

また、内祝いの場合は水引の結び方も決まっています。

一度結んだらほどけないという願いを込め「結びきり」にします

熨斗紙の贈り主名は連名ではなく送る人の名前で

水引を挟んで熨斗紙の上半分は表書きを呼ばれ、贈り物の用途を記載します。

結婚祝いのお返しなので「内祝い」となります。

下半分は送り主の名前を書きます。

引出物の場合は、両家揃ってのものなので熨斗紙も連盟にしますが、内祝いはいただいた本人からのお返しなので、必ずしも連名でなくてかまいません

直接、面識のない方もいるわけですから、新郎・新婦それぞれの名前で大丈夫です。

内祝いにオススメ!定番アイテム

内祝いのマナーは理解したとして、一番悩ましいのが何を内祝いにするかです。

品物に対していろいろな捉え方をされる方もいますので、保守的な選択をするのが無難です。

自分がもらったら何気にうれしい商品券で良いじゃないか、という話もありますが相手を選んだ方が良いでしょう。

1.食器

ペアのワイングラスやガラスのティーセットなど、陶製やガラス食器は内祝いの品物の王道

お返しする相手のことを思い、相手が喜びそうなものを選びましょう。

2.本格的な味が楽しめる食材セット

料亭の味の詰め合わせ、生パスタとパスタソースのセット、老舗の味の詰め合わせなど、作る過程を楽しめる食材セットは、料理好きやグルメには喜ばれるお返し

普段ならちょっと躊躇するようなお店のものを選ぶのがポイントです。

3.高級リネン類で優しさを感じてもらう

何枚あっても困らないのがリネン類です。

例えば、今治産のタオル、オーガニック素材にこだわったシーツなど、自分ではなかなか買わないこだわりの品をチョイス。

お子さんがいるお宅へのお返しなら安心、安全な素材を選んだり、数名でお祝いをくださった方へは小物サイズで統一するなど応用が利くのもオススメです

タオル

4.人気の内祝いランキング上位!カタログギフト

結婚情報誌ゼクシィの「結婚内祝い・価格別人気ランキング」(※)では、6段階に設定された金額のうち半数の3段階で上位にランクイン。人気の高さがうかがえます。

「既に定番」と言っても過言ではないカタログギフトですが、「カタログギフトなら自分の好きなものが選べるので安心」「普段はちょっと手が出せない贅沢なグルメを注文して楽しんいます」「品物を選ぶのが楽しい」と好意的な声が多い一方で「商品券のほうが嬉しい」「申し込むのが面倒」という声も聞かれます。

参考:『結婚内祝い・価格別人気ランキング』株式会社リクルート

まとめ

  • 内祝いは披露宴に出席していない方からのお祝いへのお返し
  • 相場は「半返し」、高額な場合は「3分の1」を目安に
  • 内祝いは挙式後2週間〜1ヶ月
  • 熨斗をつけるのが正式
  • 内祝いの定番は食器や食材。カタログギフトも定番に!

「ありがとう」「嬉しい」「これからもよろしくお願いします」

感謝の心をお返しするのが内祝いです。

あなたの結婚を祝ってくださった方に、あなたの幸せと喜びを形にできるもの、そして何よりもあなたが相手のことを大切に思っていることを伝えられるものを選んでください