結婚式の『フラワーアーチ』の装飾アイディア10選!

結婚式の『フラワーアーチ』の装飾アイディア10選!

ガーデンウェディングにフラワーアーチは欠かせない!

海外の映画やドラマでよく見られるガーデンでの挙式。開放感あふれる式を挙げられることから、最近日本でも人気が高まってきています。

特にゲストハウスやレストランウェディング、海外挙式などはガーデン挙式のプランが多く、取り入れる花嫁さんが多いよう。

チャペルでの式とは違い、西洋風あずまやの『ガゼボ』や、カジュアルな式では『フラワーアーチ(floral arch)』の下に祭壇を設けるのが一般的。

海外花嫁さんに人気なラスティックウェディング(Rustic Wedding)では素朴なフラワーアーチが好まれ、式の雰囲気に合わせておしゃれに装飾されています♩

そんなカジュアルな雰囲気の結婚式にぴったりなフラワーアーチの装飾アイディアをご紹介します。

シンプルな白い布で、フラワーアーチ風に

フラワーアーチの装飾には、白のチュールやオーガンジー素材の布を使うのがおしゃれ!

装花を控えめにして、白の布でアーチのように枠を作ったシンプルな装飾は洗練された雰囲気♩

意外と大きな費用がかかる装花を減らしながら、結婚式らしい特別感を演出できます◎

布×グリーンなら、装花代の節約にも!

ラスティックな雰囲気には、白い布と華奢なグリーンのアーチがぴったり。

お花を使わないので装花代の節約をしつつ、おしゃれでナチュラルな雰囲気にすることができますよ。

細い枝やツルを活かして、あえて作り込みすぎずにナチュラルな形を活かすのがポイントです♩

シンボルツリーのある会場なら、その下にアーチを設置すると装飾に代わって荘厳感や海外っぽさがプラスされるのでおすすめ◎

 

#aisleplannerさん(@aisleplanner)がシェアした投稿 -

フラワーウォール風にグリーン×ホワイトのお花を垂らしてナチュラルに

フラワーウォール風にグリーンとお花をアーチの上から垂らしたデザイン。

アーチの足元は倒れないように重りなどで固定されていることが多いため、足元が見えないようにするのがマスト!

周りの木々と区別しグリーンをより目立たせるため、エアープランツなど淡いグリーンを使っても可愛い◎

 

Sunny DuBoisさん(@ebbandflowflowers)がシェアした投稿 -

アンティークな扉風をプラスしたアーチ

レトロな雰囲気の式には、アンティークな扉風の飾りをアーチの内側にプラス。

お花やグリーンは落ち着いた色合いのものでまとめ、クラシカルで大人っぽい雰囲気を演出◎

 

🌹🌺Izka🌺🌹さん(@bellaizka)がシェアした投稿 -

リース型のフラワーアーチ

終わりがないことを意味する円形のリースは「二人が永遠に一緒にいること」を意味し、最近ではリースブーケなどでも人気がありますが、思い切ってフラワーアーチもリース型にしてみてはいかがですか?

リース全体をお花で覆うと可愛らしくなりすぎてしまうので、枠を残しながら控えめに飾り付けるとラスティックな雰囲気にぴったり◎

グリーンとお花でとことんナチュラルに

絵本の世界のようにたっぷりとグリーンとお花を使ったフラワーアーチ。

大きなお花はポイント使い程度にして、グリーンや小花をメインにアーチを飾ると、ラスティックウェディングに合う素朴感のあるフラワーアーチに◎

 

The Secret Gardenさん(@thesecretgarden_nsw)がシェアした投稿 -

くねくねと曲がった枝のアーチがおしゃれ!

くねくねと曲がった枝を何本も重ねたアーチは、非日常感がありとってもおしゃれ!

枝を活かすようにアシンメトリーにお花やグリーンを飾り付け、足元はナチュラル感のある小花でカバーして◎

ラスティック(=素朴)な装飾では、地味になりすぎないために要所要所にナチュラル感のあるグリーンや小花はたっぷりと使うのがポイント!

 

La Floristeria Cancunさん(@shopfloristeria)がシェアした投稿 -

DIYできちゃうハンギングフラワーを背景に

テグスでお花をいくつか結んだものを何本か用意して吊るすだけというお手軽さから、日本でもDIYする花嫁さんが多いハンギングフラワー。

フォトブースとしても人気が高いですが、フラワーアーチの背景としても使っても可愛い♩

生花ではなく造花でDIYする花嫁さんも多く、お花はバラやガーベラが人気のよう◎

 

Aire De Fiesta Cubaさん(@airedefiestacuba)がシェアした投稿 -

ふたりらしいフラワーアーチを

フラワーアーチは会場の備え付けのものや、フラワーアーチのみレンタルできるところもあるので、好みのものを探して二人らしくカスタマイズしてみては?

装花も言葉だけではイメージはなかなか伝わりにくいもの。

イメージをしっかりと伝えるため、装花の打ち合わせには写真や絵を持参して相談してみてくださいね◎