結婚式の費用負担の割合は?新郎新婦で上手に分ける、4つの方法

結婚式の費用負担の割合は?新郎新婦で上手に分ける、4つの方法

結婚式は新郎新婦だけのものではなく、それぞれの「家」の事情も絡んできます。

結婚費用は誰が払うのか、どう分担するかは地域や価値観によって違うので、自分の常識が他人の非常識になることも。

「結婚式費用は彼が全額負担してくれるものじゃないの?」「ワリカンが当たり前でしょ!」と思っていると、思わぬ喧嘩の火種になってしまうかも…!

お金に関して考えが異なる両家を調整するのは、結婚に向けて乗り越えなければならないハードルの1つ!

結婚式の費用負担の具体的な方法やいつまでに負担割合を決めるべきか、などを紹介します。

この記事のポイント!
  • 結婚式の費用負担の方法が知りたいカップル向け
  • 結婚式の具体的な費用負担の方法がわかる
  • いつまでに費用負担の方法を決めればいいかわかる

結婚式のお金は誰が払う?費用負担の分担。4つの方法

プロフィールムービーの流れを解説

結婚式場の費用負担の割合は「絶対にコレ!」という決まりはありません。

だからこそ両家でよく話し合うことが大事になってくるのです。

結婚費用に対する考えは、親子であってもまるで違うこともあるので、後になって揉めないためにも、親を交えて話し合うことをオススメします。

もし親から「全部任せる」と言われていても、どんな割合で誰が払うことになったかは必ず報告しましょう。

費用負担のよくある4つの方法を紹介します。

結婚式費用の分け方① 両家で折半

一番わかりやすい方法が、両家で折半すること。

ただし、九州のように新郎側が費用をより多く負担する傾向の地方もあるので 、新郎:新婦が5:5なのか、6:4などにするかは両家でよく話し合いましょう。

両家が出し合ったお金を1つの口座にまとめ、2人で管理する方法もあります。

結婚式費用負担(ワリカン)

結婚式費用の分け方②ゲストの人数比で決める

新郎と新婦のゲストの人数比で、負担費用を決める方法です。

例えば、新郎:新婦のゲスト人数比が8:2の場合。計100万円の自己負担額を、新郎:新婦で80万:20万で分担します。

また、ゲスト全体の人数比が同じくらいでも、遠方からのゲストはどちらかが圧倒的に多いケースもありますね。

この場合は、飛行機代・ホテル代・お車代については、遠方からのゲストを多く招待した側が少し多めに負担し、それ以外の費用は5:5で負担してもいいかもしれませんね。

新郎と新婦で出席するゲスト人数にひらきがある場合は、人数比で決める方法がオススメですが、状況に応じてフレキシブルに負担する割合を決めることも必要です。

結婚式費用負担(ゲストの人数で分ける)

結婚式費用の分け方③ 見積もりの項目ごとに新郎新婦で分ける

衣装やヘアメイク、ブライダルエステなど、見積もりで提示された項目ごとに、新郎新婦で分担する方法です。

どちらかがこだわりたい!と主張した項目をわけて支払うと決めてもいいでしょう。

結婚式費用は、ドレス代やブライダルエステなど花嫁さんにかかる費用が圧倒的に多くなりがち。

負担方法がきっちり折半だと、男性からすれば不公平感がありトラブルのもとになる可能性があります。

こだわりをもった項目で分担することにしたら、衣装代は新婦、会場費用一式は新郎 が支払うといった具合になるので、納得のいく負担割合になるでしょう。

結婚式費用負担(項目ごと)

結婚式費用の分け方④各自負担+人数比で分担

方法②と③を組み合わせた方法。

衣装代などそれぞれにかかる項目ごとに費用を分担し、それ以外の料理や引出物に関しては、ゲストの人数比をもとに両家で折半します。 

4つの中ではもっとも合理的な方法といえますね!

4つの方法のうちどれが自分たちに適しているか、親と話し合う前に2人でイメージを固めておくことをオススメします。

結婚式費用負担(ゲスト人数と項目)

結婚式の費用負担の割合は、いつまでに決めるべき?

ブライダルエステ_デコルテ

挙式費用負担の割合はいつまでに決めればいいのでしょうか?

結婚式場を本契約すると、内金や予約金などの支払いが発生します。

費用負担方法を決めるタイミングは、顔合わせ食事会~式場本契約後(見積もりをもらった後)がベスト。

遅くても式場への全額支払いまでには決めておきましょう。

結婚式費用 支払いのタイミング

  • 挙式1年~8ヶ月前:結納や両家顔合わせ食事会
  • 挙式8~6ヶ月前:会場を本契約。内金を払う(約10万円)
  • 挙式7~3ヶ月前:衣装レンタルの予約金を払う(約5万円)
  • 挙式3~1ヶ月前:結婚指輪の購入(約20万円)、引出物や招待状などの準備(約5万円)
  • 挙式2週間前:式場の最終見積もり確定
  • 挙式10日~1週間前:式場へ全額支払い(約300万円)
  • 挙式当日:ゲストへのお礼・お車代・ホテル代など(10万~)
  • 結婚式後:追加料金で発生した飲み物代などなど(10万円~)

一番大きなお金が動くのは結婚式場の最終見積り後式場への支払い額が大きいので、このタイミングには費用負担の割合を決めておきたいところ。

婚約直後の結納や、顔合わせ食事会で新郎新婦と双方の両親が揃うので、ここで結婚式費用の分担について親を交えて話をするのが理想的ですね。

この時点で決めておけば、親からの援助額や負担の割合、自分たちの貯金をもとに結婚式の内容を考えていくので、あとあとのトラブルも避けることができるでしょう。

また、結婚式場への支払い額がわかった時点(本契約後)で決めるのもオススメ。

本契約を結んでだいたいの見積もり額が出た時か、ある程度詳細がわかった時に話し合って決めることができますよ。

結婚式費用が足りない!ご祝儀で何割くらいまかなえる?

ご祝儀

自分たちの貯金や親からの援助を受けてもまだ足りない時は、ご祝儀を支払いに充てることができます。

ご祝儀と自己負担額はどれくらいの割合になるんでしょうか?

ご祝儀の平均額

  • 友人3.0万円
  • 上司3.8万円
  • 親族6.5万円

「ゼクシィ結婚トレンド調査2017」によるとご祝儀の総額は、全国平均で230.7万円 。

結婚式の費用の全国平均が354.8万円なので、結婚式の費用の約7割をご祝儀に頼ることができますね。

とはいっても、親族が少なく友人が多く出席する披露宴の場合は、ご祝儀の総額も少なくなります。

「○○伯父さん、思ったよりご祝儀が少なかった」というケースも。

ご祝儀ばかりあてにしないで、見積りを見直して節約する努力も忘れずに。

結婚式費用の節約方法は、こちらでくわしくご紹介しています!

関連記事
結婚式費用の節約アイディア7選!ケチったと思われない上手な節約方法

結婚式費用が支払えないなら、ブライダルローンという方法も

親が結婚資金を出さないという考えを持っていたり、経済的に余裕がない場合は、彼と2人で全額負担しなければなりません。

あるいは、親が出してくれる割合が思ったより低いこともあり得ますよね。

結婚資金がどうしても足りない時は、ブライダルローンを組むといった方法も。

ブライダルローンは使用目的を結婚に限定したローンで、カードローンなどと比べると低金利なのが特徴です。

低金利といっても借金にはかわりがないので、資金がない時の最後の手段と考えておいたほうがいいでしょう。

ブライダルローンの金利や借り方は、こちらでくわしくご紹介しています!

関連記事
【ブライダルローンとは?】 結婚式の費用をローンで払う時に知っておくこと

結婚式の費用負担は、新郎新婦でバランスよく!

結婚式費用をローンで支払う

結婚費用の分担でもっとも大事なのは、両家で不公平感が残らないようにすること。

「どうしてこっちが多く出さなきゃいけないの?」とお金のことでもめると、これから始まる結婚生活の喧嘩の種となってしまいます。

もし、新郎側と新婦側の負担額に大きな差が出てしまったら、新居への引越しや新婚旅行の負担額で調整する方法もあります。

結婚前後にかかるお金をトータルでみて、大きな差がでないようにバランスとることも大事ですね。

まとめ

  • 結婚式に費用負担は、両家折半・人数比で分ける・項目ごとに分けるのが一般的
  • 両家で不公平感が残らないように話し合って負担の割合を決めるのがベスト
  • 結納や顔合わせ食事会のタイミングで費用負担を話し合うのが理想的

親を前にお金の話はしにくいものですが、あとになってお互いの希望を言い出し、最初に決めた約束と違うことをはじめると周囲は混乱するばかり。

言いにくいことでも彼と協力してしっかりと話し合い、両家にとっていい結婚式にしてくださいね。