ヘアメイクリハーサルは本当に必要?後悔から学ぶ注意点

ヘアメイクリハーサルは本当に必要?後悔から学ぶ注意点

挙式の準備ではウェディングドレスや演出に目が行ってしまいがちですが、花嫁をより綺麗に見せるために重要なのは、実は「ヘアメイク(ブライダルメイク)」なんです。

ゼクシィ花嫁カフェで過去に行ったアンケートによると、挙式前に「ヘアメイクリハーサルをする」と答えている人は全体の70%以上

なぜそんなにヘアメイクリハーサルが重要なのでしょうか?その理由とリハーサルをする際の注意点について詳しくご説明しましょう。

この記事のポイント!
  • 結婚式の準備を始めた花嫁向け
  • ヘアメイクリハーサルの必要性がわかる
  • リハーサル時にチェックすべきポイントがわかる
  • リハーサル後の準備について知ることができる

結婚式の「ヘアメイクリハーサル」とは?

ヘアメイクリハーサルの必要性と注意点

ヘアメイクリハーサルとは、挙式の前にヘアメイクさんと打ち合わせし、本番さながらのヘアセットやブライダルメイクをしてもらうことです。

「こんな雰囲気にしてほしい」「このヘッドドレスを使いたい」「お色直しで髪型やメイクをどう変えるか」などについてしっかりと相談しながら、本番のイメージと流れを掴んでいきます。

ところが、なるべく結婚式費用を節約したい!という花嫁さんはヘアメイクリハーサルも削りがち。

そんな方にオススメなのが、結婚式の前撮りを兼ねてリハーサルをすること!

なんでもない日にヘアメイクだけやってもらうのはなんだかもったいないな…と思っても、前撮りも兼ねていると思えばコスパも◎!

前撮り写真はウェルカムボードや結婚報告はがきにも使えますよ♪

ヘアメイクリハーサルをしないとどうなる?ぶっつけ本番の注意点

ヘアメイク

なぜ多くの人が結婚式の前にヘアメイクのリハーサルをするのでしょうか?

それは、結婚式当日のヘアメイクに満足できなかったという花嫁さんが意外と多くいるから。

ドレス、式場、料理は事前に下見できるので本番のイメージがつきやすいものですが、ヘアセットやメイクは実際にやってもらわないことには仕上がりが想像できません。

リハーサルをしなかった場合に良くおきるトラブルや後悔には、以下のようなものがあります。

  1. イメージと違った
  2. 時間かかりすぎで進行が遅れる
  3. 準備不足がでてくるでてくる

1. イメージしていたヘアメイクと仕上がりが違った

例えば「大人っぽい感じ」と言っても、自分が思う大人メイクと他人がイメージしている大人メイクは微妙に違いますよね。

言葉で入念に伝えていても、実際には思いどおりにしてもらえなかったということはよくあること。

挙式前ならばいくらでもやり直しはできるので、イメージを共有するためにも一度リハーサルをしておくことはとても大切です。

2. 予想よりも時間がかかって進行が遅れてしまった

挙式当日は最初から最後までが時間との戦い!

式が終わって披露宴までのわずかな時間やお色直しの時間に、着替えからヘアメイクまでをスピーディに終わらせなければなりません。

予期せぬハプニングに慌てないためにも、一度本番と同じ条件でリハーサルをしておくと安心。

式や披露宴のタイムスケジュールを組むうえでも、ヘアメイクのリハーサルはやっておくべきでしょう。

3. 準備不足が発覚!リハーサルをやってみて初めてわかるもの

実際にヘアセットやフルメイクをしてもらうと、「ファンデのノリが悪いからエステに行かなきゃ」「挙式直前にもう一度ヘアカラーをしておこう」など、色々気づくことが多いはずです。

余裕がある挙式前に準備をしておきましょう。

ヘアメイクのプロからスキンケアやヘアケアについてアドバイスを受ける良いチャンスでもありますから、積極的に活用することをおすすめします。

ヘアメイクリハーサルはいつやるべき?時期や値段は?

Kalender

ヘアメイクリハーサルの重要性がわかったら、いざ予約を入れましょう。

適切な時期や準備すべき持ち物、価格などをご紹介します。

時期はウェディングドレス決定後、挙式の2ヶ月前くらいがベスト

通常、ウェディングドレスが決まるのは挙式の3ヶ月〜5ヶ月前くらいですから、ヘアメイクリハーサルをするのはその後がよいでしょう。

万が一、メイク担当者が使うメイク道具や化粧品が肌に合わず肌荒れしてしまった…なんて場合に備えて、挙式直前に行うのはあまりオススメできません。

ヘアメイクリハーサルにかかる値段は?

料金プランにもよりますが、ヘアメイクリハーサルをするには大抵の場合、本番のヘアメイク料金とは別に追加料金がかかります。

プランによってさまざまですので一概には言えませんが、だいたいが5,000円~20,000円の間で、平均すると10,000円前後です。

挙式直前での追加料金は正直頭の痛いところではありますが、リハーサルの重要性はこれまでに説明したとおり!後悔しないためにはやっておくことをオススメします。

ヘアメイクを決める段階で追加料金の有無をよく確認し、思わぬ出費にならないよう、あらかじめ頭に入れておきましょう。

気に入らなければやり直し!ヘアメイクの打ち合わせで失敗しないポイント

hair_soudan

せっかくリハーサルをするのであれば、その機会を本番に向けて十分に生かしたいものです。

リハーサルを実のあるものにするためのポイントをお教えします。

メイクのイメージをできるだけ詳細に・素直に伝える

「全部お任せします!」とヘアメイクさんに丸投げしてしまうのは危険!

相手はプロなので、それでも綺麗に仕上げてくれるとは思いますが、一生に一度のウエディング。ヘアメイクさんと花嫁が思い描いている理想像に誤差があると満足のいく結果にはなりません。

自分に似合うヘアスタイルやメイクがわからなくても、「丸顔なのが気になる」「首周りはスッキリさせたい」「前髪はおろしたい」など、ちょっとしたことでも希望を伝えたほうがよいでしょう

やってみて気に入らなければ、率直に伝えることが大事!自分とヘアメイクさんとの間に誤解がないよう、しっかりとコミュニケーションを取ることが大切なのです。

リハーサルで信頼関係を築ければ、本番も安心して任せられるでしょう。

母親など、客観的に判断できる人を連れていく

気分が高揚して冷静な判断力を失ってしまうのも、結婚式前にありがちなことです。

自分は良いと思っていても、客観的に見ると似合わないメイクやヘアスタイルの危険性も!

リハーサルには母親や親友、彼氏(新郎)など、率直な意見を言ってくれる人を連れていくと安心です。

年配の人であれば、相手の親族や職場の人たちの目線でも判断してくれるでしょう。奇抜な格好をして後で恥ずかしい目に遭うのも避けられます

ヘアメイクリハーサルにかかる所要時間を確認しておく

ヘアメイクリハーサルにかかる時間は、美容院やスタジオによって異なりますが、だいたい1時間~3時間程度。

注意するべきことは、この時間内できっちり本番メイクを決めること!

着替えやメイクオフに時間を取られて、途中で終わってしまうなんてことの無いようにしましょう。

リハーサルにしっかり時間をかけたい花嫁さんは、すっぴんで行く、髪はブローだけして行くなど準備に時間をかけない工夫ができれば◎!

リハーサル時の持ち物と服装は?イメージ画像なども忘れずに

結婚挨拶の服装

リハーサル時は式当日に着用するウェディングドレスやカラードレスの写真はもちろん、使いたいヘッドドレスやアクセサリーなどの小物も持参するようにしましょう。

事前にインスタグラムや雑誌などをチェックして、なりたいイメージ写真を集めておくと便利です。

服装は当日のイメージに近いよう、首が詰まっていないトップスを選ぶのがベター前撮りもする場合は着替えやすい服装を心がけましょう

理想のブライダルネイルが決まっているなら、リハのタイミングでして行っても良いですし、写真だけでも見せてトータルのコーディネートを相談してみて!

ちなみに、意外な落とし穴が照明

リハーサル場所と当日の会場で照明がまったく異なれば、メイクの雰囲気もずいぶん違って見えてしまいます。

「こんなはずでは…」という事態を避けるためにも、式場の雰囲気がわかる写真も用意しておくことをおすすめします。

ヘアメイクリハーサルの持ち物と服装まとめ

  • 使いたい髪飾りやピアスなどアクセサリー
  • 理想のメイクの写真、ネイルの写真
  • 首~デコルテがでる、首の広いトップス
  • 式場の写真

ヘアメイクリハーサル後に準備すべきことは?

ヘアメイクリハーサルの後にやるべきこと

無事にリハーサルを終えた後も、挙式当日までに準備すべきことがたくさんあります。

万全の状態で当日を迎えるために参考にしてみてくださいね。

日ごろのスキンケア、日焼け対策を怠らない!

当日のメイク映えを左右するのは、何と言っても肌のコンディションです。

せっかくのお気に入りメイクが台無しにならないよう、しっかり日頃のスキンケアと日焼け止めをぬりましょう

また、毎日の保湿に加えて、挙式前にちょっといいパックを使って気分を上げるのも◎!

すっぴん美人ならメイク映えも抜群!ブライダルエステでスペシャルケア

顔だけでなく、デコルテや背中など、ウェディングドレスで露出する部分もしっかりケアしたいですね。

余裕があれば、ウエディング用のスペシャルエステ「ブライダルエステ」を受けるのもおすすめ

普段はしない人も顔剃り(ブライダルシェービング)だけでもしてもらうと、肌がワントーン明るく見えますよ。

挙式の直前にヘアサロンへGO!

ヘアセットやアクセサリーが決まったら、それに合う髪の長さや髪色(カラーリング)を挙式直前に整えておきたいものです。

担当のヘアメイクさんに相談して、一番きれいな状態で当日を迎えられるようにしましょう。

まとめ

  • 予期せぬトラブルを避けるためにもヘアメイクリハーサルはやるべき!
  • リハーサルは挙式の2ヶ月前に!イメージ写真の収集も抜かりなく
  • リハーサルには通常1万円前後の別料金がかかる
  • リハーサルでは率直な意見を伝えよう
  • リハーサル後のスキンケアやヘアケアも万全に!

ヘアスタイルやメイクは花嫁の見栄えを左右する重要なポイントです。

面倒だと思っても、当日後悔しないためには事前にしっかりとシミュレーションをしておくとよいでしょう。

関連記事
ブライダルエステ費用はいくらが相場?予算別にコースをオススメ!
花嫁一番人気!お悩み別ブライダルエステのフェイシャルコース特集