1月の結婚式は費用・式場の面で助かる!防寒対策や日取りには注意して

1月の結婚式は費用・式場の面で助かる!防寒対策や日取りには注意して

1月は厳しい寒さや繁忙期が重なり、一般的に挙式には不人気のシーズンです。

でも、1月は結婚式の閑散期だからこそのメリットもたくさん!うまく準備をすれば、逆に印象に残る素晴らしいウェディングにすることも十分に可能です。

そこで、今回は1月に挙式をしたいカップルのために注意点やおすすめの演出などをご紹介します。

この記事のポイント!

  • 1月に挙式したいカップル向け
  • 1月ウェディングのメリット、デメリットがわかる
  • 1月ウェディングの注意点やおすすめのウェディングスタイルがわかる
  • 1月に映えるドレスやゲストの服装がわかる

1月挙式のメリットは費用の安さと式場の抑えやすさ

「結婚式に呼ばれると困るシーズンNo.1」と言われることも多い1月。ですが、1月挙式には意外なメリットも多いです。

1月にウェディングをする一番のメリットは、何と言っても挙式費用が安く抑えられることでしょう。

一般的には、1月は結婚式を挙げる人が最も少ないシーズン。式場側としてはなるべく空き日を出したくないので、この時期を狙ってお得な割引プランを打ち出すところが多いのです。

人気で予約が取りにくい式場でも、この時期なら抑えやすいという利点もあります。

また、1月は雨が降りにくい季節なので、屋外で記念撮影をしたいカップルにとってはぴったりのシーズンです。

1月挙式のデメリット…寒い・繁忙期なので出席者が限られる

1月がもっとも不人気のシーズンである理由は、やはり寒さです。とくに関東以北は雪の心配がありますし、交通機関がストップして出席が困難になる危険性もあります。

ガーデンパーティーなどの開催が困難、ブーケに使う生花の種類が限られてしまうなど、演出上の制限も少なからずあります。

また、年末年始はお正月などのイベントが多く、仕事も繁忙期である会社が多いです。そのため出席者が限られてしまうというデメリットも考えられます。

しかしある程度の制限はあっても、工夫次第でこれらのデメリットを解決することは可能です。

ゲストに非常識だと思われないための1月挙式のポイント

ブランケット 防寒対策

1月に挙式する際、ゲストに快く出席してもらうため、押さえておきたいポイントをご紹介します。

会場は利便性重視!日取りは1月下旬がベスト

まずは会場選びです。突然の大雪などでアクセスが悪くなってしまうこともありますから、会場は極力、駅に近く利便性のいいところにしましょう。

もしくは、思い切って沖縄などの温かいリゾート地を会場に選ぶのもアリでしょう。海外挙式も1月はオフシーズンなので、場所によっては比較的リーズナブルにできるかもしれません。

日程は当然ですが、年始は避けたほうがいいでしょう。地域によっては1月15日くらいまで正月行事があるところもありますし、新年会などのイベントや仕事で忙しい人も多いでしょう。

そこでベストなのが、1月下旬の開催。具体的な日取りに関しては親戚や友人、仕事の関係者に事前に問い合わせ、できるだけ多くの人が気持ちよく出席できるよう慎重に決めてください。

防寒対策はしっかりと!空調設備や移動時間に気をつけて

1月の挙式でもっとも重視すべき点は、なんと言っても会場の防寒対策です。風邪を引きやすい時期ですから、高齢の方や小さなお子さんが出席される場合にはとくに気を遣いましょう。

ポイントは空調設備がしっかりしている施設を選ぶこと。式場から披露宴会場へ移動する際にも、できるだけ寒い屋外に長時間いなくてすむような段取りを考えてください。

また、万が一悪天候に見舞われたときのため、タオルの貸し出しやブランケットの準備、ゲストの着替え用のスペースなどを確保してくれる式場だと安心です。どうしても屋外で写真撮影をしたい場合は、カイロなども用意しておくと良いですよ。

純和式やイルミネーション・雪をテーマにした演出がおすすめ!

せっかく1月に挙式するのなら、春や秋のウェディングとは一味違う、冬ならではの演出でゲストに楽しんでもらいたいですね。

1月と言えば和装が似合う季節ですし、着物を着ても暑苦しくないので、純和式の大人のウェディングを演出するのもいいでしょう。

また、日没が早くイルミネーションが早い時間から楽しめる点も冬ならでは。挙式費用が安く抑えられる分、ちょっぴり贅沢に華やかなイルミネーションを準備するのもいいかもしれません。

ほかには、雪をテーマにした演出も人気です。白銀の世界をバックにウェディングフォトを撮れば、一生の思い出に。

演出面のデメリットを挙げるとすると、冬は生花の種類が少ないのでブーケなどに使える生花が限られてしまうことです。

しかし、1月が旬の花の中にはチューリップ、スートピー、ラナンキュラスなど、意外にも色とりどりの明るい花が多くあります。寂しい印象になってしまう心配はありません。

また、寒いなか来てもらったゲストのために、引出物などをちょっぴり奮発すると印象がグッとよくなるのでおすすめです。

花嫁のカラードレスは暖色系やグリッター素材をチョイス

ブルー ウェデングドレス

冬のドレス選びは花嫁もゲストも頭を悩ませるところでしょう。

花嫁のドレスは自分の好みに合わせて選ぶのが一番ですが、せっかくの冬のウェディングですから季節に映えるカラーを選んでみるのもおすすめです。

季節柄、どうしても寒々しい雰囲気になってしまいますから、温かみのあるバーガンディーレッドやペールピンクなどを選ぶと、一気に華やかな雰囲気を演出できます。

また、雪をテーマにした演出をするのであれば、ブルーにキラキラ光るグリッター素材などを合わせたドレスや、アイスブルーの上品なドレスも大人っぽくて素敵ですね。

2019年の1月に挙式するならこの日取り!

六輝 日付
大安:終日吉 11日(金)、17日(木)、23日(水)、29日(火)
友引:午前、夕方、夜は吉 14日(月)、20日(日)、26(土)
先勝:午前が吉 13日(日)、19(土)、25日(金)、31日(木)
赤口:午前11時〜午後1時までが吉 12日(土)、18日(金)、24日(木)、30日(水)
先負:午後が吉 15日(火)、21日(月)、27日(日)

先述したとおり、年始(10日くらいまで)の挙式は避けるようにしましょう

大安だけが結婚式にふさわしい日ではなく、時間帯を考慮すれば選択肢は多くなります。先勝は午前中に式を開けば、午後にまたがってしまっても運気が下がることはないそうですよ。

ただ、人気の日取りはなかなか予約を取りにくいもの。あえて仏滅に式を開いて比較的安価に済ませる方もいらっしゃるようです。よく相談して日取りを決めておきましょう。

まとめ

  • 1月挙式は寒さ繁忙期と重なるのがネックだが、費用が安く済むことも
  • 非常識だと思われないよう、会場と日取りは慎重に決めよう
  • 雪やイルミネーションなど、1月ならではの演出を楽しもう
  • ドレスも冬をイメージしたものでコーディネートするとGOOD!

工夫とアイデア次第で、1月のウェディングも印象深い素敵な式にできます。

事前に出席予定者や式場コーディネータとしっかり打ち合わせをして、ゲストに楽しんでもらえる式にしてくださいね!