海外挙式の招待状作成ガイド!書き方マナーと例文

海外挙式の招待状作成ガイド!書き方マナーと例文

結婚式の招待状は式場に依頼するのが最もラクチン。

でも、節約のために招待状を自分たちで手作りするカップルも多いですよね!

でも、海外挙式やリゾートウェディングの招待状手作りは要注意!

旅費や宿泊先などの案内があり、作成する招待状の内容も国内のものと少し違ってきます。

ここでは、海外挙式の招待状の書き方や用意するもの、いつまでに出せば良いか、参考になる招待状の例文などをご紹介します。

この記事のポイント!
  • 海外挙式をするカップル向け
  • 海外挙式ならではの招待状の内容がわかる
  • 海外挙式の招待状を出すべきタイミングとマナーがわかる

関連記事
海外挙式準備の基本!準備リスト、段取りや当日の流れを解説!

招待状を作る前に準備しておきたいこと

招待状

海外挙式が決まったら、参加してもらいたいゲストに招待状を送ることになります。

でも、実際に作り始める前に招待状には記載する内容について、結婚相手や両親と話し合って決めておくべきことがあります。

  • 交通費や宿泊費の負担は誰がするのか(新郎新婦側orゲスト側)
  • ドレスコードはどうするのか

また、招待状に記載する内容が決まったら、もうひとつやっておきたいことがあります。

それは、出席してもらいたいゲストに対して、結婚の報告とともに「海外挙式に出席可能か」電話かメールで打診をすること。

この時に、出欠確認だけではなく「交通費や宿泊費の負担方法」についても直接伝えましょう。

海外ウェディングの場合、出席したい気持ちはあってもお金の都合がつかない可能性も十分にあり得ます。

「交通費やご宿泊費などは当方でご準備いたしますので…」など一言伝えておくと親切ですよ。

海外旅行にはまとまった日にちが必要なので、挙式を行う日時が決まった時点でなるべく早く(3ヵ月~半年前を目安に)ゲストに確認するようにしましょう。

海外挙式の招待状に同封するもの

電話やメールで挙式参加OKの返事をもらったゲストに対して、招待状を送ることになりますが、交通費・宿泊費の負担について記載した「付箋」や「返信用はがき」も必要です。

また、現地情報を盛り込んだ「旅のしおり」もあるとゲストには親切ですね。

招待状に同封したいものは以下の5つになります。

  1. 招待状(あいさつ・挙式日時・会場・ドレスコードについて)
  2. 付箋(交通費・宿泊費の負担について)
  3. 返信用はがき
  4. 会場・宿泊先案内(挙式会場・会食会場・宿泊先の案内)
  5. 旅のしおり(挙式を含めた日程・ホテルの案内・現地情報など)

※「返信用はがき」を省略、「会場・宿泊先案内」を「旅のしおり」にまとめるケースもあります。

1.招待状本状(あいさつ・挙式日時・会場・ドレスコードについて)

招待状テンプレート

新郎新婦からの挨拶からはじまり、その下には結婚式を挙げる日時と場所新郎新婦の名前に加えて、返信用の出欠はがきの返信期限を記載しましょう(返信用の出欠はがきを同封しない場合は不要)。

特に海外挙式の招待状で気をつけたいのは、地名や挙式会場の表記の仕方です。

挙式会場や地名を英語表記したあとには、必ず読み仮名を添えてくださいね。

招待状の文例


拝啓 花の便りが相次ぐ今日この頃 いかがお過ごしでしょうか(※)

皆様にはますますのご清祥のこととお慶び申し上げます

この度 私たちは〇〇〇(国名)の教会で結婚式を挙げることになりました

つきましては ぜひ皆様に挙式の立会人となって私たち二人の門出を見届けていただきたく 人前結婚式を行いたいと存じます

なお 挙式の後にはささやかながら会食を催したいと存じます

ご多用中 遠方からのお越しで恐縮ではございますが ぜひご出席くださいますようご案内申し上げます

尚、遠方よりのご参列がなによりのお祝いですのでご祝儀は辞退申し上げます

敬具

平成〇年〇月吉日
新郎の名前  新婦の名前





日時 平成〇年〇月〇日(〇曜日)午後〇時
式場 □□□□□□□(△△△△教会)
住所・電話番号

会食 午後〇時開演 □□□□□□(△△△△ホテル)
住所・電話番号

当日は平服でお越しください

誠にお手数ながらご都合のほどを同封のはがきにて
〇月〇日までにご一報くださいますようお願い申し上げます

※季節に適した挨拶を入れる/□□□…英語表記/△△△…カタカナ表記

招待状の書き方は、国内で行う挙式同様のマナーになります。

文章において句読点は「切れる」や「終わり」などの意味があるので、句読点は使わず、代わりに1文字分の空白を入れて書きます。

また、文章に用いる漢字にも注意が必要。

例えば「忙しい」という漢字は「心」に「亡くす」という漢字の合わって成り立っている「忌み言葉」と呼ばれています。招待状では使わないように。

ドレスコードの指定がある場合は明記する

ゲストが挙式に参加するときの服装は、男性は黒やグレーなどのスーツを着用するのが基本で、女性はワンピースやドレス、綺麗めなスーツなどが一般的です。

なにか特別な催し物などがある場合はドレスコードの指定を招待状に明記しますが、ない場合は基本的に「平服でお越しください」という内容を記入しましょう。

また、ハワイの挙式で新郎がアロハシャツの場合、ゲストもカジュアルな服装で」というケースがあります。

【ドレスコードについての文例 ①】
当日はフォーマルな服装でお越しください
【ドレスコードについての文例 ②】
当日はスマートカジュアルにてご出席くださいますよう お願い申し上げます
【ドレスコードについての文例 ③】

当日は ビーチでのウエディングとなります
男性はアロハシャツ 襟付きシャツ チノパンツ 等
女性はリゾートワンピースやムームー等でご出席ください

ビーチサンダルはご遠慮いただきますよう お願いします

2.付箋(交通費・宿泊費の負担について)

お車代

招待状を送る前の、海外挙式参列を確認する際に、旅費の負担についても連絡を。さらに招待状を発送する際にも改めて連絡をします。

ただし招待状にではなく、旅費の負担の有無については付箋に記載します。

ゲストの中には旅費が自腹でも参加したい人、または旅費を負担してくれれば参加したいと考える人もいます。

ゲストの金銭的負担が大きくなる場合、ご祝儀については断る旨の案内を添えるのが一般的です。

付箋(交通費負担について)の文例

【新郎新婦がゲストの旅費を負担する場合の文例】
この度は 遠方からお越しいただくことになりますので
交通費や宿泊費などの旅費は 私どもで負担させていただきます
【ゲストに旅費を負担してもらう場合の文例】
この度は ご出席していただく際の旅費をみなさまにご負担いただきますので
ご祝儀などのお心遣いはなさいませんよう お願い申し上げます

ゲストに交通費や宿泊費を負担してもらう場合、新郎新婦側からはなかなか言いにくい部分。

あとでお互いに嫌な思いをしないよう、どこまで負担してもらうかはハッキリさせておきましょう

新郎新婦側で、交通費や宿泊費を負担しない場合は「お車代」として一部のみ渡す方法もあります。次の段落で解説します。

関連記事
結婚式の招待状に入れる「付箋」の書き方マナーと、パターン別文例集

海外挙式でいうお車代は「交通費」や「旅費」のこと

国内の挙式の「お車代」は、主賓、乾杯の発声をお願いしたゲストなどに感謝の気持ち(お礼)を込めて渡すものだったり、遠方から来てもらったゲストへの交通費だったりします。

海外挙式でいう「お車代」は、交通費(飛行機代+移動費)や旅費(宿泊代+食事代)のことを指します。

新郎新婦側で、交通費や宿泊代の全額を負担する、または一部のみを負担する場合は、「お車代」は不要と考えるケースが多いです。

ただし、交通費も宿泊費も負担しない場合は、参加者全員に一律3~10万円「お車代」として渡す方法もあります。

3.返信用はがき

返信用はがきは基本的に同封するものですが、すでに出席が確認できている場合は、同封しないケースもあります。

それから、うっかり忘れてしまいがちなのが切手!

同封する場合は、慶事用の切手を貼るのを忘れないでくださいね。

関連記事
結婚式の招待状に貼る『切手のマナー』!種類・料金・貼り方など

4.会場・宿泊先案内(挙式会場・会食会場・宿泊先の案内)

新婚旅行 ハワイ 予算 フォトウエディング

海外ウェディングの場合は、現地の宿泊施設や式場の案内図は必ず同封することがマナー。

現地でゲストが宿泊先のホテルから挙式会場までタクシーで向かう場合、運転手にこの会場案内を見せるだけでスムーズに行けるよう、英語表記もしておきます。

会場・宿泊先案内は、次の段落で紹介する「旅のしおり」にまとめて記載する方法もあります。

5.旅のしおり(挙式を含めた日程・ホテルの案内・現地情報など)

ヨーロッパ海外で親族や友人が行動する場合、新郎新婦がずっとついているわけにはいきません。

新郎新婦のスケジュールや挙式日程を記載した「旅のしおり」を用意しておくことをおすすめします。

海外挙式の場合、言語や習慣なども違うので、ゲストが現地で道に迷ってしまうなど思いがけないトラブルが起こってしまうことも…。

緊急連絡先や現地での連絡先も、わかりやすく一覧にしておくといいですね。

【旅のしおりに記載する基本的な内容】
  • 新郎新婦のスケジュール
  • 新郎新婦・親族の宿泊先(ルームナンバーまで記載)
  • 緊急連絡先
  • 挙式案内で補足したいこと

「旅のしおり」に記載する内容に特に決まりはなく、プロフィールブックを兼ねたものにしたり、参加ゲストの紹介をしているものもあります。

ゲストにも楽しみにしてもらえる海外挙式になるよう、工夫したいところですね♪

【旅のしおり番外編】
  • 参加ゲストへの御礼
  • 新郎新婦のプロフィール・馴れ初め
  • 親族紹介
  • 参加ゲストの案内
  • 現地の情報(新郎新婦がおすすめの観光・飲食スポットの案内など)

海外挙式招待状おすすめの「手作りキット」と「無料テンプレート」

招待状の手作りキット

「結婚式費用、新生活の準備でお金がかかる分、自分たちで招待状を作って少しでも節約したい!」

「手作りの招待状を作って、ゲストに感謝の気持ちを伝えたい!」という2人におすすめの無料テンプレートを集めました。

有料:手作りキット

無料:手作りキット、テンプレート

関連記事
招待状を手作りしたいっ!作り方手順・注意点・費用まとめ

海外挙式の招待状はいつまでに発送?3~4ヵ月前を目安に

スケジュール

海外挙式の場合はゲストのスケジュール調節のしやすさなどを考慮し、3〜4ヶ月くらい前には招待状を送りたいものです。

返信用はがきを同封する場合は、挙式の2ヵ月前までには返信を受け取るようにしましょう。

この頃には最終的な参加人数の確定などを行わなくてはいけないので、返信期日を過ぎても返信がない人には、連絡を取ってさりげなく返信を促します。

【海外挙式準備スケジュール例】

挙式予定日の6ヵ月前
海外挙式か、国内挙式かイメージを固める

5ヵ月前
挙式日程と場所の決定(ツアー会社に申し込み)
交通費・宿泊費などの費用負担について決める

4~5ヵ月前
参加して欲しいゲストに電話・メールで打診
参加ゲストが決まり航空券・宿泊の手配をする(ツアー会社に申し込み)

3~4ヵ月前
ゲストに招待状や旅のしおりを送る

2~3ヵ月前
返信用はがきを受け取る
出欠に変更があった場合は調整する

3ヵ月前
挙式アイテムやパーティーの内容を決める

旅行手配などのスケジュール管理は余裕をもって!

最近では、旅行会社などが海外挙式や旅行のプランを提案してくれるサービスが存在します。

自分たちだけで計画するのもオリジナル性が出て面白いかもしれませんが、時間に余裕がない場合は利用してみてはいかがでしょうか。

また、海外挙式を行う場合は数日間のまとまったスケジュールをおさえる必要があるのでゴールデンウィークや年末年始などの大型連休に挙式が集中しやすい傾向があります。

これらの大型連休シーズンは式場も埋まりやすく、予約が困難なことが予想されます。

特にロケーションの良いハワイなどのリゾート地で挙式を行う場合は、旅行手配などに余裕をもったスケジュール管理を心がけましょう

まとめ

  • 海外挙式の招待状を発送する前にゲストに参加の可否を打診する
  • ゲストには旅費の負担については明確に伝える
  • ゲストに旅費を負担してもらう場合はご祝儀を断るのが一般的
  • 現地の案内図はわかりやすく。英語表記はカタカナでフリガナをふる
  • 新郎新婦の当日のスケジュールや現地情報を記載した「旅のしおり」があると便利
  • 海外挙式の招待状は3〜4ヶ月前までに送る

以上、海外挙式の招待状を作成するときのマナーや例文をご紹介しました。