結婚式の心付けは必要?渡す人別に心付けの相場を解説

結婚式の心付けは必要?渡す人別に心付けの相場を解説

結婚式の当日、お世話になったスタッフに感謝の印として渡す心付け

日本はチップ文化が根付いていないので、通常料金以外にお金を追加する習慣はほとんどないので、渡し方が分からない方も。

今回は、心付けの意味から渡す相手と金額と渡し方、また事前準備までを徹底解説します。

この記事のポイント!
  • 結婚式で心付けをお渡しするか考えている方向け
  • 心付けの金額相場がわかる
  • 渡すまでの準備をチェックできる
  • お金以外の心付け代替品を探せる

結婚式で渡す、心付けの意味とは?

ブライダルプランナー

心付けとは、介添え人、美容師、カメラマンなど、結婚式当日にお世話になるスタッフに対して包むお礼のこと。

海外でいう「チップ」にあたるものになりますが、「今日はよろしくお願いします」という気持ちが込められている点がチップとはちょっと違うところ。

また、心付けには「お祝いのおすそわけ」という意味もあります。

心付けは基本的に現金で渡すものですが、「お金を渡すのは気が引ける…」という場合は、プレゼントという形でお礼をしている新郎新婦も多くいます。

心付けはサービス料に含まれている?渡さないもアリ?

心付けは必ず渡さなければならないものではなく、心付けを渡さなかったからといって、スタッフのサービスの質が下がるということもありません。

また、心付けにあたるものが、「サービス料(介添え料)」として結婚式費用に含まれていたり、ホテル・式場側で「心付け不要」というルールを敷いていることもあります。

そして実際に、心付けを「渡している」新郎新婦は50%未満といったデータも!

お世話になったスタッフに心付けを渡したいカップルは、事前にホテル・式場のサービス料やルールの有無を確認して、その上で心付けを用意するようにしましょう。

心付けを渡す相手は?

心付けを渡す相手として予想されるスタッフです。次の段落で相場を見ていきます。

  • ウエディングプランナー
  • 介添え人
  • ホテル・式場のスタッフ責任者
  • ヘアメイク&着付け
  • 司会者
  • カメラマン
  • ゲスト送迎の運転手

結婚式で渡す心付けの相場は3,000円~10,000円

心付け

心付けの金額は、渡す相手の役割によって違ってきます。この段落ではその相場をご紹介します。

ウエディングプランナー:5,000円~1万円

ウエディングプランナーは、結婚式を迎えるまでに、おそらく新郎新婦が一番お世話になった方といえるでしょう。

感謝の気持ちも一層大きくなりますね。心付けの相場は5,000円~1万円です。

介添え人:3,000円~5,000円

介添え人は、結婚式・披露宴が進行する中、立着席やお辞儀のタイミングを教えてくれたり、花嫁のヘアメイクの乱れを直してくれたり、花嫁花婿のそばにいてサポートしてくれる存在。

結婚式当日はもっともお世話になる役割の人といえるかもしれません。

「今日はよろしくお願いします」と言葉を添えて、心付けを渡せたらいいですね。

介添え人への心付けの相場は、3,000円~5,000円です。

ホテル・式場のスタッフ責任者:1万円~2万円

結婚式、披露宴全体を仕切ってくれる責任者に渡す心付けには、給仕してくれるスタッフ全員分の心付けが含まれます。

披露宴の人数によって心付けの金額は異なり、50~60名の披露宴で、1万円程度の心付けになります。

責任者に渡す際は、「スタッフの皆さんに」とひと言添えるようにしましょう。

ヘアメイク&着付け、司会者、カメラマン:5,000円~10,000円

ヘアメイク&着付け司会者カメラマンへの心付けの相場は5,000円~10,000円となっています。

ヘアメイク&着付け担当者には、心付けではなくプチギフトを渡すカップルもいますが、司会者やカメラマンはホテル・式場の外注スタッフというケースもあり、現金で「心付け」を渡したというカップルもいます。

ゲスト送迎のバス運転手:3,000円程度

ゲストを送迎してくれるバスの運転手への心付けの相場は、3,000円程度です。

バスを利用した際(降車時)に渡せたらいいのですが、花嫁花婿がゲストと一緒のバスに乗ることはほとんどありません。

その際は、バスに乗車する身内(家族や親戚)に心付けを預け、運転手さんに渡してもらうようにしましょう。

心付けの渡し方で気をつけたいマナー

ヘアメイク

心付けを渡すタイミングは、結婚式が始まる前

心付けは、「今日はよろしくお願いします」という意味合いもあるので、結婚式が始まる前に渡すようにしましょう。

結婚式が始まる前に渡せなかったら場合は、結婚式後に渡すことになりますが、結婚式後はバタバタしてしまいそう。

万が一、心付けを渡すタイミングを逃した場合は、結婚式から3日以内にお礼の品と併せて送るようにしましょう。

【結婚式前に渡す場合の言葉】

「ほんの気持ちですが受け取ってください。本日は何卒よろしくお願いいたします」

【結婚式後に渡す場合の言葉】

「おかげさまで良い式になりました。誠にありがとうございました」
「この度は、大変お世話になりました。皆さまのおかげで無事に結婚式を行うことができました。ありがとうございました」

新郎新婦から直接渡せない場合は、親から心付けを渡してもらう

花嫁花婿の感謝の気持ちを意味する心付けですから、心付けは本人たちから渡せるのがベスト

ただ、結婚式の準備で忙しい本人たちから、お世話になるスタッフ全員に心付けを渡すのは無理です。

ここは両親の力を借りて、心付けを渡してもらうようにしましょう。

結婚式の心付けの準備(渡す相手のリスト、袋、お札など)

心付け

  1. 心付けを渡す相手のリストを作る
  2. 新札を準備する
  3. 袋(ご祝儀袋・ポチ袋)を用意する
  4. 贈り元の名前を両家連名で入れておく

1.心付けを渡す相手、金額リストを作っておく

誰にいくら心付けを渡すのかあらかじめリストを作ってから、ご祝儀袋、新札を用意することになります。

【心付けを渡す相手のリスト作成】

  • 渡す相手の名前と役割
  • 包む金額
  • どちらの家が負担するか
  • いつ、誰が渡すか

実際、親から渡してもらう心付けを多くなることが予想されます。親ともしっかり打ち合わせをしておいてくださいね。

2.新札を準備するのが常識

心付けを入れる袋によっては(ポチ袋の場合)お札を折って入れることになりますが、それでも必ず新札を用意しておくのがマナーです。

銀行・郵便局で両替することになりますが、金曜日だと午前中で新札両替が終わってしまうこともあります。新札は早めに用意するようにしましょう。

また、両家でお世話になる方への心付けは両家で折半し、新婦だけがお世話になる着付け・ヘアメイク等は新婦側が負担するというパターンが多いようです。

3.袋はご祝儀袋とポチ袋を準備する

心付けに使用する袋は、ご祝儀袋ポチ袋のどちらでも構いませんが、包む金額によって使い分けるようにしましょう。

ご祝儀袋は1万円以上を包む際に使います。

数万円をお渡しするのであれば水引熨斗(のし)が付いたご祝儀袋、1万円程度は印刷された略式のご祝儀袋を。

3,000円から5,000円程度を包むのであれば、ポチ袋を利用しましょう。

また、いざリストアップしてみても、当日急に心付けをお渡しする相手が増えることもあります。

袋とお札(新札)は多めに用意しておくようにしましょう。

ミニコラムご祝儀袋の一般常識

結婚式は一大イベントなので、水引は通常の2倍である10本1組のものを使うのが適当です。

結び方に関しても、何度もあっては困るイベントですから結び直しができる「蝶々結び」は避けてくださいね。

結びきり」、あるいは「あわじ(あわび)結び」のご祝儀袋をセレクトするようにしましょう。

また、ご祝儀袋の表書きには、「御祝儀」または「寿」と書いてあるとベスト。

自分たちで書いても構いませんが、印刷されているものでもOKです。

4.贈り元の名前を両家連名で入れておく

贈り元の名前は、基本的には新郎新婦の両家連名で入れるようにしましょう。

ヘアメイク&着付けへの心付けなど、花嫁が負担する場合は花嫁の名前だけでも構いません。

袋にはお渡しする相手の名前を記入しないので、心付けを渡す相手の名前を書いた付箋を貼っておくことをおすすめします。

心付けの代わりに、お礼の手紙を添えてお菓子を渡すのはアリ?

お菓子

心付けを断られても、やっぱり感謝の気持ちを伝えたいという新郎新婦は、心付けの代わりに品物で伝えると良いでしょう。

ホテル・式場側のルールで心付けを渡せなかった場合、こんな渡し方がオススメ。

  • プランナーと一緒に写った写真と手紙を添え、新婚旅行のお土産を送る
  • スタッフ全員で取り分けて食べられるよう個別包装されたお菓子を渡す

式場スタッフなど複数人宛てであれば、分けて配りやすい菓子折りや気持ちのこもった手紙が嬉しいものです。

ハネムーン以降に渡すなら旅行先の銘菓も喜ばれそうですね。

菓子折りにも一筆入れておくとより嬉しい贈り物になりますよ。

主賓、乾杯挨拶、余興、友人スピーチなどした人へのお礼の金額

花嫁の手紙を読む流れ

特に感謝の気持ちを伝えたいゲストに対して渡す現金は、「心付け」ではなく「お礼」としてお渡しします。

ここで「お礼」についても触れておきましょう。

お礼の金額相場

主賓や乾杯挨拶をしてくれた人、余興、スピーチをしてくれたゲストに対して渡すお礼は「お車代」という名目で渡すこともありますし、「お礼」と「お車代」と2つの封筒に分けて渡すケースもあります。

  • 仲人・媒酌人:10万円~20万円
  • 主賓:1万円以上
  • 乾杯挨拶:1万円以上
  • 受付(友人の場合):3,000円~5,000円程度
  • 司会(友人の場合):2万円~3万円(ご祝儀も辞退)
  • カメラマン(友人の場合):1万円~3万円(ご祝儀も辞退)
  • スピーチや余興を依頼した友人:2,000円~3,000円(小道具代も負担)
  • ブーケやウェルカムボードを作ってくれた友人:1万円~2万円(実費も負担)
  • 結婚式には参加しなかったけどお祝いをいただいた方:いただいた金額の半額~6割ぐらいの内祝いの品を送る

司会やカメラマンなど、友人が引き受けてくれた場合、「友人だから…」と甘えず、きっちりとお礼するようにしましょう。

披露宴の食事もとれないことがほとんどですから、ご祝儀も辞退するのが常識です。

ミニコラム仲人・媒酌人へのお礼

縁談からお世話になった仲人、また結婚式当日に媒酌人を務めてくれた上司や恩師への「お礼」は、特に気を遣いたいもの。

仲人へは、結納が終わった時点で新郎新婦からお渡しする「御祝儀」がお礼となります。

御祝儀は結納金の1割程度で大体10~20万円が相場。この他に、「お車代」「御酒肴料(ごしゅこうりょう)※」もお渡しします。

※結納が終わってから祝い膳を囲まない 場合は、仲人夫妻二人分の食事代(2万円~3万円程度)を包み渡します。

媒酌人へのお礼は、いただいた御祝儀の倍返しが常識で、10万円~20万円が相場。

また、仲人、媒酌人には、後日、手土産を持って改めてお礼に伺うカップルも多いようです。

お車代の金額相場

遠方からご招待するゲストには、交通費と宿泊費を半額~全額を負担します。

ただし、以前に招待するゲストの結婚式に参加した際、交通費を全額負担してもらっていたなら全額を負担するようにしましょう。

一方で、「交通費を出せない代わり、ご祝儀は辞退します」とゲストに伝え参列してもらった先輩カップルもいます。

交通費の負担額についてはゲストとの関係性によってさまざまですが、いずれにしても、招く側から先に、負担する額をゲストに伝えましょう。

まとめ

ご祝儀袋

  • 心付けはお世話になったスタッフに渡すもの
  • ゲストに渡す「お礼」「お車代」「心付け」は意味が違うので使い分けよう
  • 心付けを渡した先輩カップルは50%未満
  • 心付けはホテル・式場のサービス料に含まれていることもある
  • 心付けの代わりにプレゼントを渡すケースも多い

お世話になった方へ心からの気持ちを伝えられる心付けも結婚式を開く上でぜひとも準備しておきたいものです。

渡すタイミングや金額の相場を参考に、当日の混乱を招かないよう入念な準備で対策しておきましょう。心付けを渡さないスタイルであっても、せめて一言お礼が言えると気持ちも晴れやかな式になります。

気配りを最後まで絶やさず、素敵な結婚式にしましょうね。