ダーズンローズセレモニーに花嫁が注目!12本のバラを使う演出の意味とやり方

ダーズンローズセレモニーに花嫁が注目!12本のバラを使う演出の意味とやり方

結婚式の新しい演出として注目を集めている、ダーズンローズセレモニー

古くからヨーロッパに続く、バラの花とともに永遠の愛を誓いあうロマンティックな演出です。

最近は披露宴や人前式で、この演出を取りいれる新郎新婦が増えてきました。

ここでは、ダーズンローズセレモニーについて、その由来からゲストと感動を分かち合う演出方法までをご紹介します。

この記事のポイント!
  • 結婚式でダーズンローズセレモニーを行いたい新郎新婦向き
  • ダーズンローズセレモニーの方法がわかる
  • ダーズンローズセレモニーの演出のポイントがわかる

ダーズンローズとは?12本のバラのもつ意味

ダーズンローズの意味

ダーズンローズ(dozen rose)とは、直訳すると1ダース、つまり12本のバラのこと。

ダーズンローズセレモニーの由来は、19世紀のヨーロッパにさかのぼります。

ある男性が愛する女性にプロポーズをするために、彼女の家に向かいました。

その途中、道に咲く花つみ、束にしてプロポーズすると、女性は受け取った花の中から1輪の花を抜き取り、男性の胸にさして“Yes !”の思いを表したという言い伝えがあるんだとか。

なんともロマンティックですね。この言い伝えは、結婚式で新婦が持つブーケと新郎が胸に挿すブートニアとして形をかえ、現代にまで引きつがれています。

12本のバラには意味がある!

12本のバラはそれぞれ「感謝」「誠実」「幸福」「信頼」「希望」「愛情」「情熱」「真実」「尊敬」「栄光」「努力」「永遠」という言葉を象徴しています。

ダーズンローズを花嫁に贈ることは「12のことすべてをあなたに誓います」という意味を持っているのです。

ダーズンローズセレモニーのバラの色に決まりはあるの?

ダーズンローズのバラの色は何でもOK

バラといったら深紅のバラが定番ですが、ダーズンローズセレモニーの場合、色に決まりはありません。

バラにはたくさんの色、種類があるので、結婚式のテーマカラーや新郎新婦の好み、ドレスの色に合わせて選んでみて。

バラには色ごとに花言葉があるので、これに合わせて色を選ぶのもオススメです。

バラの花言葉

  • 赤:愛、情熱
  • ピンク:しとやか、上品
  • オレンジ:無邪気
  • 黄色:友情、平和
  • 緑:穏やか
  • 白:純潔、尊敬
  • 紫:気品、誇り

もちろん、バラ以外の花でも問題ありません。

春はチューリップ、夏はひまわりやあじさい、秋はコスモスやダリア、冬ならポインセチアやカラーなど、季節に合わせた花を使うのもオリジナリティがあっていいですね。

ダーズンローズセレモニーやり方は?基本的な流れ

  1. 12本のバラをあらかじめゲストに配っておく
  2. 新郎がゲストから1本ずつ受け取る
  3. バラをプロポーズの言葉とともに、花嫁に贈る
  4. 新婦が12本のバラの中から1本選んで新郎の胸に挿す

というのがダーズンローズセレモニーの基本的な流れです。

これにアレンジを加えて結婚式や披露宴、二次会に取りいれます。

人前式でのダーズンローズセレモニーのやり方

ブートニア

ダーズンローセレモニーは、形式にとらわれない人前式での演出として特に人気があります。大事なゲストに参加してもらうので、アットホームな人前式をしたいカップルには特にオススメ。

人前式でダーズンローズセレモニーをするのは、入場のタイミングで。

ゲストには、受付の時にバラを渡しておきます。誰にどの言葉のバラを渡すかを記したリストを作り、ゲストブックをチェックしながら渡してもらうと間違いがないでしょう。

新郎が新婦より先に入場し、12人のゲストに配っておいたバラを1本ずつ受けとりながら中央に進みます。バラを渡したゲストには通路沿いに並んでもらいましょう。

その後新婦が入場し、新郎の隣まで進んだ時、新郎は12本のバラとともにプロポーズの言葉を贈ります。

新婦にとっては幸せが最高潮!ゲストも思わず見入ってしまう瞬間…。

新郎から花束を受け取った新婦は、もっとも好きな意味を持つバラを1本選び、新郎の胸ポケットに挿します。

これで、二人の愛の誓いが成立!なんともロマンティックで感動的なセレモニーですね。

なお、厳格なキリスト教式でダーズンローズセレモニーを行いたい場合は、事前に教会や結婚式場に確認したほうがいいでしょう。

関連記事
人前式の演出アイディア14選!やりたいことがきっと見つかる!

披露宴でのダーズンローズセレモニーのやり方

新婦が受け取ったバラはブートニアに

披露宴でダーズンローズセレモニーを取り入れるなら、お色直し後の再入場がベストタイミング。

挙式で行うよりエンターテインメント色が濃くなり、まるで公開プロポーズ…♪サプライズ演出としてもオススメです。

各テーブルからゲストを1名以上選んでおき、新郎新婦が中座している間に会場スタッフからバラを配ってもらいます。

新郎がテーブルを回りながら12本のバラを受け取り、メインテーブルの前で束ねたバラを新婦に渡してプロポーズの一言を。

新婦はバラの中から1本選んで新郎の胸に飾ります。

披露宴でのダーズンローズセレモニーは、演出のアレンジがたくさんあるのが嬉しいところ。

  • 先に新郎がバラを集めて新婦の再入場を待ち、ふたり一緒にテーブルラウンド
  • 新郎新婦がまつメインテーブルへ12人のゲストに出てもらい、バラの言葉の意味とお祝いコメントを発表してからバラを渡す…など

また、ダーズンローズセレモニーは、二次会のお開きに近いタイミングで行っても盛り上がりそう。

お酒が入ってリラックスした雰囲気の二次会なら、普段はシャイな新郎も膝まづき、花束を差出して王子様のようにプロポーズしてくれるかも!

ダーズンローズセレモニーを成功させる演出ポイント

ダーズンローズ

ダーズンローズセレモニーはゲスト参加型の演出なので、成功させるためにはいくつか気をつけてほしいことがあります。

ゲストにセレモニーの意味を理解してもらう

ダーズンローズセレモニーは、新郎が12本のバラの花を新婦に渡してプロポーズするだけの演出ではありません。

バラにこめられた12の言葉を新郎新婦が誓い合う場に、ゲストも参加することに大きな意味があるのです。

そのためには、ゲスト全員にセレモニーの意味を理解してもらうことが大事です。

ダーズンローズセレモニーの由来や方法を説明したカードを受付に用意して、待ち時間に読んでもらうといいですね。

ダーズンローズセレモニーを説明したカードの例文

ダーズンローズ(dozen rose)とは 1ダース(12本)のバラのことをさしています

12本のバラはそれぞれ「感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠」という意味をもっています

ヨーロッパではダーズンローズの花束を恋人に贈ることで幸せになれるという言い伝えがあります

ダーズンローズセレモニーとは 新郎が12本のバラでブーケを作り「これらすべてをあなたに誓います」と誓って新婦に差し出し

新婦はそのお返事としてブーケの中から1輪のバラを抜きとってブートニアとして新郎の胸に挿すセレモニーです

12本のバラは12人のゲストの方々にお渡しします

新郎が入場する際 2人に幸せに願いをこめて新郎に託してください

ダーズンローズに、12個の言葉を説明するタグをつけておこう

ダーズンローズセレモニーのやり方

「感謝」「誠実」といった12本のバラそれぞれが持つ言葉を記した小さなタグをバラに結ぶとぐっとおしゃれに見えるし、ゲストもより楽しめそう!

花びらにバラの持つ言葉や挙式の日付をプリントしたメッセージローズを使ったら、バラに込められた意味がさらに引き立ちます。

生花も魅力的ですが、プリザーブドフラワーを作って記念にずっととっておくのも素敵。

12本のバラの意味を考えて、渡すゲストをえらぶ

誰にどのバラを託すかも大事。

例えば「感謝」は父親、「愛情」は母親、「信頼」は友人など、ゲストとの関係や人となりに合わせた言葉を持つバラを選ぶと感動がいっそう高まるでしょう。

司会者に協力してもらえばさらに感動的に

司会者には、セレモニー直前にやり方を説明してもらうほか、新郎がゲストからバラを受け取る時にはバラが持つ言葉やゲストとの関係を紹介してもらうといいでしょう。

たとえば「日頃からお世話になっている○○先輩には"感謝"の意味のバラを渡してもらいます」「これまでいつくしんで育ててくださったお母様からは"愛情"を意味するバラを渡していただきます」など。

バラを渡すゲストも回りで見守るゲストも、セレモニーに参加している気持ちがさらに高まるでしょう。

もちろん、新婦がどのバラを選ぶかもあらかじめ伝えておいてアナウンスしてもらえば、よりゲストとの一体感が増します。

まとめ

ダーズンローズセレモニー

  • ダーズンローズセレモニーは、12本のバラを使ったゲスト参加型の演出
  • 12本のバラ渡したゲストから新郎がバラを受け取り、新婦に渡してプロポーズ!
  • 新婦はバラを1本抜き取り、新郎の胸にブートニアとしてさす
  • セレモニーの意味をゲストにもよく知ってもらうことが成功のコツ
  • バラを託すゲストとバラの持つ言葉を関連づけるとより感動的に

ゲストの前で12本のバラとともに永遠の愛を誓いあう演出はとてもロマンティック!

新婦が新郎の胸にバラの花を挿す瞬間には、会場のあちこちでため息がこぼれることでしょう。

後輩花嫁に「私もあの演出やりたい!」と言われるような素敵なセレモニーに仕上げてくださいね。