これが定番!プロフィールムービーの構成(流れ)と例文

これが定番!プロフィールムービーの構成(流れ)と例文

多くの花嫁さんが準備するプロフィールムービー

ゲストにわかりやすく2人のことを紹介し「あれ、よかったよ!」とほめてもらえるものに仕上げるには、どんな構成でつくったらいいのでしょうか?

プロフィールムービーの定番の構成や、使う写真・曲・コメントの選び方について紹介します。

この記事のポイント!
  • プロフィールムービーをつくることを検討している新郎新婦むけ
  • プロフィールムービーの定番の構成がわかる
  • プロフィールムービーに使う写真・曲・コメントの選び方がわかる

披露宴の定番演出、プロフィールムービーとは?

プロフィールムービーとは、新郎新婦それぞれの生い立ちや、ふたりのなれそめを紹介する映像のこと。

ゲストに新郎新婦のことを知ってもらうだけでなく、共に過ごした時間に思いを馳せ、感動を共有できる演出の1つですね!

多くの場合、披露宴で新郎新婦がお色直しで中座している間に上映します。

プロフィールムービーの作り方は、式場に依頼、映像製製作会社に発注するほか、編集ソフトやアプリを使って一から自作するカップルも増えています。

関連記事
披露宴が盛り上がる!中座の演出やエスコート役の選び方

プロフィールムービーの定番の構成(流れ)

披露宴で流すプロフィールムービー

プロフィールムービーの定番の構成は、2人のこれまでの人生を過去から結婚にいたるまで順番に振り返るもの。

分かりやすい構成なので、年配のゲストも内容に入りこみやすいでしょう。

2人がどのように生まれ育ち、どのような出会いや出来事を経て結婚に至ったかをわかりやすく紹介することがポイントです。

1.オープニングタイトルと挨拶文
この映像は新郎新婦の生い立ちや出会いをまとめたものです、という簡単な説明やゲストへの感謝の文章

2.新郎のパート
新郎の生年月日や幼少期の様子、社会人になるまでを振り返る

3.新婦のパート
新郎の生年月日や幼少期の様子、社会人になるまでを振り返る

4.2人のパート
新郎新婦の出会いから結婚までを紹介。デートや喧嘩の思い出など

5.エンディング
これからの抱負やゲストへの感謝の気持ち

そのまま使える!プロフィールムービーの挨拶文とテロップ例

カップルでパソコン作業

プロフィールムービーで写真・音楽とともに重要なのが、字幕で流されるコメント。いざ書こうと思ってもいい言葉が思いつかないことも。

各パートの例文を紹介するので、2人に合わせてアレンジしてみてください。

オープニングタイトルの例文

最初に出てくるタイトルには「プロフィールムービー」と表記しないほうがベター。

「プロフィールムービーって何?」と、特にご年配のゲストにとってはなじみのない名称だからです。

「2人の生い立ちを紹介するものなのね」と見てすぐにわかってもらえるタイトルを選択するのがオススメ。

オープニングタイトル例

  • Happy Memories
  • Our History
  • 2人の生い立ち

オープニング挨拶の例文

ゲストに対する感謝の気持ちやムービーの内容について簡単に紹介します。

オープニング挨拶の例文

  • 本日はご多用の中お越しいただき 本当にありがとうございます
  • 新郎新婦の生い立ちと思い出をご覧ください
  • 皆様へ感謝の気持ちをこめて 二人のこれまでを紹介させていただきます

新婦(新郎)パートのコメント例文

幼少期から大人になるまで、どんな人生を送ってきたのかをまとめます。

自分の招待したゲスト以外の人(新婦なら新郎側)も楽しめるように、内輪ネタはなるべく控えたほうがベター。もちろん、下ネタはNGです。

両親や友達に自分の印象を聞きながら、エピソードを考えてみましょう。

  • 出生地、生年月日など
  • 名前の由来
  • 赤ちゃんの時の性格や行動(甘えん坊、人見知りなど)
  • 学生時代の思い出(テスト、部活、反抗期など)
  • 就職してからの思い出

誕生から幼少期

○○○○年○月○日○○○○g 元気な産声とともに生まれました

健やかに育つようにと「△△(名前)」と名付けらました
実際は泣いてばかりの赤ちゃんでした

バナナが大好きでバナナを見ると泣き止みました
お母さんのことが大好きでいつもくっついていました

幼稚園に入園 最初はよく泣いて先生をよく困らせました
すぐに幼稚園が好きになって毎日行くのが楽しみでした

小学校から大学時代

小学校に入学
こだわりの○色のランドセルを買ってもらったのがうれしかったな
走るのだけは早くて運動会はいつもリレーの選手
修学旅行は京都奈良へ 夜中に騒いで先生に怒られました

中学校の入学式
制服に袖を通した時は緊張しました
あこがれのテニス部に入りレギュラーめざしてがんばりました
勉強も部活動もがんばった中学校生活
高校受験では希望の高校に合格できました

高校の入学式
青春時代もテニスにささげました
怪我であまり練習できず周りを心配させたこともありました
(友人の名前)のおかげで卒業までがんばることができました 本当にありがとう

大学に入学
東京で念願の一人暮らし
最初はお味噌汁をつくるだけでも一苦労
この時ほど家族のありがたみを感じたことはありません
東京にもなれてきてこの頃からライブに行くのが趣味に
いろいろなアーティストのライブに足を運びました
卒業旅行は友達とアメリカに! 学生生活最後の素敵な思い出がたくさんできました

社会人

ドキドキの社会人生活
失敗もあるけれど先輩や同期にたくさん助けてもらっています
沖縄へ社員旅行! この旅行でダイビングが第2の趣味になりました

2人のパートのコメント例文

2人にしか知らないこと飾らずに伝えることがポイント。

まずは、こんな内容を箇条書きにして思い出を振り返ってみましょう!

  • 出会ったきっかけ
  • お互いの第一印象
  • 初デートの場所
  • けんかしたこと、仲直りの方法
  • プロポーズの場所や言葉

2人のパートのコメント例

初めて会ったのは○○○○年の○月
ダイビング仲間の食事会で出会いました

初めて見た時かわいい人だなと思いました(新郎)
第一印象は正直あまりよくありませんでした(新婦)

ダイビングの話で盛り上がってどちらからともなく付き合うように
週末いろいろなダイビングスポットに行きました

ケンカもたくさんしたけれど仲直りのたびに絆は強まりました

プロポーズは2人の思い出の海で
ストレートな言葉が2人を結びつけてくれました

両家顔合わせ とても緊張しました(汗)

○○の誕生日に婚姻届けを提出 苗字が□□になりました
私たちの新居にぜひ遊びに来てくださいね

エンディング挨拶の例文

エンディングは、新郎新婦からゲストに向けての挨拶やこれからの抱負でしめましょう。

エンディング挨拶例文

  • 本日はお越しいただきありがとうございます
  • みなさまからいただいた祝福を胸に 幸せになります
  • 今日結婚式を迎えられたのは ここにいる皆さまのおかげです

プロフィールムービーのコメントを書くときの注意

1つの文が長いと読み切れないこともあるので、プロフィールムービーのコメントは15~20字に収めることを目指しましょう。

また、コメントには「慶事に終止符は打たない」という意味で「、」「。」などの句読点は使わないのがマナー。

別れを連想させる「忌み言葉」や「重ね重ね」といった「重ね言葉」も使うのは避けて。

特にオープニングやエンディングのゲストに向けたメッセージで使いがちな「ご多忙中」という言葉には要注意です。

「忙」という漢字は「亡」という字が含まれるので結婚式にはふさわしくありません。

プロフィールムービーの長さは、どのくらいがベスト?

プロフィールムービーの長さは?

プロフィールムービーは新郎新婦が中座しているタイミングで上映されます。

お色直しの内容や控室での写真撮影の有無にもよりますが、中座する時間の目安は30分くらい。

中座している間にゲストは、食事をしたり挨拶に回ったりトイレに立ったりするので、あまり長い上映時間はさけたほうがいいでしょう。

5分~8分くらいにまとめるのがベストで、10分を超えるような長い上映は控えたほうがよさそう。

上映時間を指定する式場もあるので、まずは確認しましょう。

プロフィールムービーで使う写真の選び方

プロフィールムービーの写真の選び方

写真は何枚くらい使う?

プロフィールムービーの最も大事なパーツが、写真です。

写真を使い過ぎて上映時間をオーバーしてしまったり、写真があまりにも早く替わり過ぎてゲストが内容につけていけないなんてことは避けるようにしましょう。

5分間のプロフィールムービーの場合、使う写真の目安は40枚くらいこの場合、写真1枚につき7秒ほど使うことができます。

シーンごとに必要な写真の枚数の目安を紹介します。

  • 新郎のパート(幼少期~大人の写真):10~15枚
  • 新婦のパート(幼少期~大人の写真):10~15枚
  • 2人のパート(2人が一緒に写っている写真):10~15枚
  • 前撮り写真(※):1~5枚

※前撮り写真はマストではありませんが、あったほうが盛り上がるでしょう。

新郎(新婦)のパート(紹介と生い立ち)で使う写真

どんな子供時代、青春時代を過ごしたのかをゲストに伝えることが目的なので、人生の節目ごとに写真を選ぶのがポイント。

特に赤ちゃんの頃の写真はマスト!大人になった新郎新婦とのギャップがかわいくって、多く使うと盛り上がりますよ。

小さい頃からずっと続けている趣味や習い事があれば、その写真も年代ごとに使ってみるとおもしろいでしょう。

また、ゲストといっしょに映っている写真を多く使うと喜ばれます。

プロフィールムービーの写真例(新郎新婦のパート)

◆ 誕生から幼少期
母親(父親)に抱っこされている写真、兄弟や親戚と一緒の写真、七五三や運動会などの写真

◆ 小学校から大学時代
友人と一緒に写っている写真、習い事、クラブ、サークル活動、趣味、入学式、卒業式、林間学校、修学旅行、成人式などの写真

◆ 社会人になってから
ゲストに呼んだ友人との旅行、同僚と一緒の写真

2人のパート(2人のなれそめから結婚まで)で使う写真

カメラ目線でVサインのポーズより、2人の自然な様子がわかるショットを選びましょう。

中学校からの付き合いなど交際期間が長い2人なら、付き合いはじめの頃の写真を入れると会場も「わっ」と盛り上がりそう!

プロフィールムービーの写真例(2人のパート)

デートや旅行、両家顔合わせ、前撮りの写真、挙式当日の記念撮影の写真

関連記事
結婚式写真でマネしたい!おもしろいウェディングフォトポーズ
結婚式写真・前撮りでマネしたい!ロマンチックなポーズアイディア

プロフィールムービーに使う曲を選ぶ時のポイント

プロフィールムービーに使う曲

みていて盛り上がるプロフィールムービーに仕上げたいなら、BGMの選曲にもこだわりたいですよね?

プロフィールムービーには何曲くらい使ったらいいの?

プロフィールムービーの定番の構成をいかしたいなら、3曲構成にするのがオススメ。

  • 新郎のパートで1曲:新郎の好きな曲
  • 新婦パートで1曲:新婦の好きな曲
  • 2人のパートで1曲:2人の好きな曲

こんな風に決めればお互いが好きな曲を選べて気分が高まりますし、新郎新婦の個性を表現することもできます。

写真と曲の盛り上がりも合わせやすいでしょう。

BGM選曲のポイントは?

プロフィールムービーを感動的に仕上げたいなら、最初の2曲を明るくテンポも早めの曲、最後の1曲をオルゴールでアレンジしたものなどにするのがオススメ。

逆に、明るく締めくくりたい場合は、最初の2曲はしっとりした雰囲気、最後はテンポも速く明るく盛り上げる曲を選びましょう。

おもしろいプロフィールムービーにするなら、映画やテレビのパロディ風!

映画

定番の構成のプロフィールムービーは失敗しない安定の仕上がりですが、パロディ風につくったものも人気を集めています。

パロディ風のプロフィールムービーとは、映画やテレビ番組などの人気作品をもとにして新郎新婦を紹介していくもの。

  • 新郎新婦の仕事ぶりを紹介する「情熱大陸」風
  • 過去に戻るストーリーと自分たちの生い立ちを振り返る。映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」風
  • アニメ好きならハマる!「エヴァンゲリオン」風
  • 2人の生い立ちストーリーを「スターウォーズ」のOP風に流す
  • 幼少期の写真を使うなら、「500日のサマー」のOP風
  • 壮大なスケール感…!全米が泣いた!?ハリウッド映画の予告編風

など…。「あぁ、これ見たことある!」と誰もが知っている作品をベースに使うことで、ゲストの心をがっちりつかめるはず…!

たくさん笑って最後にほろりとさせたら、とても盛り上がりますよ。

プロフィールムービー手作りの段取り。何をいつまでに準備する?

パソコンでプロフィールムービーを手作り

プロフィールムービーを自作する時、一番気になるのは段取りのこと。

スケジュールをしっかり決めておかないと直前に徹夜で編集作業なんてことになりかねません。

プロフィールムービーを自作する時のスケジュール例

  • 3ヶ月前:写真を集める
  • 2ヶ月前:BGMを決める
  • 1ヶ月半前:構成を決める
  • 1ヶ月前:編集スタート

「こんなに前からはじめるの?」と思う花嫁さんもいるかもしれませんが、仕事や結婚式の他の準備と並行して制作するので、時間にはゆとりをもって。

実家から子供のころの写真を送ってもらうケースも多いので、写真集めは特に早めにスタートしましょう。

プロフィールムービーの手作りにオススメ!映像制作アプリ&ソフト

プロフィールムービーにかかる費用

結婚式の送迎バスの費用相場

ビデオ制作を外注する時の費用は、3万~10万円が一般的。オプション追加で費用は変わってくるので、最低料金ではなく追加料金も加えた場合の見積もりを出してもらいましょう。

すべて自作となると、パソコン、編集用ソフト(アプリ)、写真取り込み用にスキャナー、DVDが必要。

編集用ソフトは10,000円程度で購入可能です。

パソコンやスキャナーを持っていて、パソコンに元から入っている編集ソフトを使えば、プロフィールムービーの手作りは500円程度ですむことも。

ただし、手間と時間がかかるので、お金を時間と仕上がりをよく考えて決めましょう。

自作のプロフィールムービーを結婚式で上映する場合、BGMに音楽を使うなら著作権法がからんでくるので要注意!

JASRAC(ジャスラック)、ISUM(アイサム)などの著作権管理団体を通じて、楽曲の使用許可手続きをする必要があるので、要注意。

関連記事
結婚式で使う音楽の「著作権」について、わかりやすく解説
結婚式費用の節約アイディア7選!ケチったと思われない上手な節約方法

まとめ

  • プロフィールムービーの流れは、2人の生い立ち~なれそめ~結婚まで、が定番
  • ムービーの上映時間は5分くらいにまとめる
  • 写真は40枚くらい、曲は3曲程度がつくりやすい
  • 自作の場合、3ヶ月前から準備を始める

新郎新婦の人となりやなれそめを知ることができるので、プロフィールムービーを楽しみにしているゲストもたくさんいるかもしれません。

何十年たっても楽しめるような素敵なプロフィールムービーを作ってくださいね。