【文例】花嫁の手紙の書き方。書き出し~結びまで【マネして書ける!】

【文例】花嫁の手紙の書き方。書き出し~結びまで【マネして書ける!】

結婚式のラストをしめくくる演出といえば、花嫁(新婦)の手紙。いつもは口にだせない感謝の気持ちを両親に伝えることができる機会でもあります。

でも、いざ机に向かうと何から書いていいのがわからないこともあるでしょう。

花嫁の手紙について、構成や自分らしく書くコツを紹介します。

この記事のポイント!
  • 結婚式に読む手紙を書く花嫁向け
  • 花嫁の手紙の構成や書くときに注意することがわかる
  • 手紙の具体的な文例がわかる
  • 結婚式当日手紙を読み上げる時の注意点がわかる

関連記事
【例文あり】花嫁の手紙で「ちょうどいい」長さ・時間・文字数を解説!

花嫁(新婦)の手紙の書き方の基本!構成・流れをつかもう!

花嫁の手紙の構成

花嫁の手紙は、両親への感謝を具体的なエピソードを交えつつ書くもの。

家族とのエピソードを、始まりと終わりの挨拶でサンドするような流れで構成します。

結びのあいさつの前半は未来に向けた決意表明、後半は締めの言葉を選ぶとまとまりやすいでしょう。

  1. はじめのあいさつ
  2. 家族とのエピソード
  3. 未来への決意
  4. 結びのあいさつ(締めの言葉)

構成は頭に入っても実際に書くとなると、手が止まってしまうこともあります。特にあいさつの部分は書きにくいかもしれませんね。

下書きの時点では、自分が書きやすいパートから始めるのがオススメです。

短めでも、構成どおりにまとめよう

花嫁の手紙は、2~3分ほどが一般的ですが、短めでもOK。

ただし、ゲストや両親から「えっ!もう終わり?」と思われないようにきちんと伝えたいことをまとめることがポイントです。

短めでも、上記の1~4の流れで書けば、「短すぎる…」と思われないまとまった手紙になりますよ。

感謝が伝わる!花嫁の手紙の文例

花嫁の手紙の書き方

手紙のパートごとに文例を紹介します。

文例を読んで、家族との思い出がよみがえってきたら、ぜひ自分の言葉を使って書いてみてください。

はじめのあいさつ…書き出しとゲストへの断り

手紙の書き出しは、家族への呼びかけやゲストへの断りから始めます。

形式ばった言葉ではなく、ゲストも親しみやすいように会話のように書いてみるといいでしょう。

ゲストに向けて断りの言葉を入れると、より丁寧な印象になります。

文例1.スタンダードver.

お父さん、お母さんへ。
今まで〇年間、本当にお世話になりました。
今私は、お嫁にいく嬉しさと、ほんの少し寂しい気持ちで胸がいっぱいです。

文例2.ゲストへの断りver.

本日はご多用のところ、披露宴にご列席頂き、本当にありがとうございます。
私事ではございますが、少しお時間をいただいて、両親への感謝の手紙を読ませていただくことを、お許しください。

文例3.晩婚ver.

お父さん、お母さん40年間もこの日を待たせてしまいましたね。
ついに今日、私はお嫁に行くことになりました。
待ったかいがあって、人生の最高のパートナーの○○さんを見つけることができました。

家族とのエピソード…家族への感謝をエピソードを交えて

大事なことは、具体的にエピソードを書くこと。

そうすることで、ゲストにも親や家族の人となりが伝わって感動を誘うでしょう。

書きづらかったら、文章の基本「いつ、どこで、誰が、何をした」に立ち返ってみて。

文例1.感謝の気持ちを伝えるver.

お母さんは、いつも私の食事や健康に気をかけてくれたよね。実家を離れてみて、お母さんのありがたみを身に沁みて感じています。
これからは○○さんの食事や健康のこと第一に考える妻になります。
お母さん、本当にありがとう。

お姉ちゃん、子供のころはケンカばっかりしてたけど、それと同じくらいよく遊んだよね。
大人になってからは、社会人の先輩として仕事の相談に乗ってくれたり、時には恋愛の相談に乗ってくれたりと、本当に頼りになるお姉ちゃんだと思っています。

文例2.迷惑かけたことを謝るver.

中学生や高校生のころ、私はお父さんとまともに口をききませんでした。
夜遅く帰った日、心配しながら待っていてくれたのに生意気な態度をとったこともあったよね。
大人になった今、お父さんがどれほど私のことを心配していたのか、よくわかります。
たくさん迷惑かけてごめんなさい。

文例3.晩婚ver.

いつも「自分の人生なんだから結婚にとらわれず好きな事をすればいい」なんて言ってくれてたお父さん。
本当は、すごく私のことを心配していたんだよね。
ありがとう、お父さん。

未来への決意…「幸せになります!」という、これからのこと

これまでの感謝の気持ちを伝えたら、「幸せになります」「心配しないで」という未来に向けた言葉を伝えましょう。

文例1.スタンダードver.

二人の娘に生まれて、私はとても幸せです。
本当にありがとう。
これからは○○さんと一緒に、パパとママのような夫婦を目指してがんばります。

文例2.両親を安心させるver.

遠くへ引っ越してしまうけど、2人から受け継いだ強くて明るい遺伝子があるから大丈夫。
○○さんもいてくれるから心配はありません。

文例3.晩婚ver.

この年になると、人を見る目も肥えてきました。
私たちは幸せになれる自信があります。

結びのあいさつ…締めの言葉

最後に、家族やゲストに向けてもう一度あいさつを。

新郎の両親に向けた言葉を添えると気づかいが感じられて、なおいいいいでしょう。

文末には、結婚式当日の日付と名前を書きます。名前は花嫁の下の名を書くのが一般的。

文例1.スタンダードver.

結婚してからも私が二人の娘であることに変わりはありません。
これからもあたたかく見守って下さい。

文例2.新郎の親に向けるver.

最後に、○○さんのお父さんとお母さん、温かく私を迎え入れてくださってありがとうございます。
未熟者の私ですが、どうそよろしくお願いいたします。

文例3.晩婚ver.

○○さんのお父様、お母様、私も社会の荒波にもまれてたくさんの仕事を経験してきましたが、嫁という仕事は初めてです。
至らないところは多くあると思いますが精一杯努力しますので、どうぞよろしくお願い致します。

文例4.ファミリー婚ver.

これからは○○さん、それから私達の宝物の□□(子供の名前)の3人いっしょに、明るく温かい家庭を築いていきます。
皆様、これからもどうぞよろしくお願い致します。

文例5.ゲストへのあいさつver.

私たちの門出を多くの方々に祝福していただき、感謝しています。
この気持ちをいつまでも忘れず、2人で助け合っていこうと思います。
これからもご指導のほどお願いいたします。

ゲストが退屈しない、花嫁の手紙の長さは?

手紙の長さ

ゲストが退屈してしまいますから、長すぎる手紙はNG。2~3分を目安にし、長くても5分以内に収めましょう。

文字数でいうと800字~1,000字くらいになり、400字詰め原稿用紙で2枚~2枚半にあたります。

手紙は挙式の1週間前には完成させ、読む練習をする時間をしっかり確保しましょう。

前日書きはじめ、泣きはらしてむくんだ顔で結婚式を迎えるなんてことは避けたいもの!

関連記事
【例文あり】花嫁の手紙で「ちょうどいい」長さ・時間・文字数を解説!

花嫁の手紙の書き方、気を付けるポイント

レターセット

両親への感謝をつたえる花嫁の手紙ですが、いろいろなゲストの前で読むことを考えると、大人としてのマナーは守っておきたいところ。

これだけは気を付けて!という手紙の書き方をまとめました。

忌み言葉、重ね言葉はさける

花嫁の手紙でも「たびたび」「いよいよ」などの「重ね言葉」、「切る」「なくす」といった別れ・再婚・不幸を連想させる「忌み言葉」は避けるのがマナーです。

手紙は自分の言葉で書くことが何より大事ですが、書いた後にはよく確認をしましょう。

花嫁の手紙で使いがち!忌み言葉・重ね言葉の例

たびたび、いよいよ、次々、くれぐれも、もともと、わざわざ、さらに、再度

別れる、なくす、失う、終わる、変わる、散る、逃げる

正しい敬語(尊敬語、謙譲語、丁寧語)を使う

花嫁の手紙は、丁寧語で書くのが一般的。尊敬語や謙譲語を使いすぎると固い印象になって、聞きにくいので注意しましょう。

また、間違った敬語は聞き手に不快感を与えてしまうほか、「常識を知らないんだなあ…」と思われてしまいます。

敬語の基本を確認しておきましょう。

■ 丁寧語

語尾に「です」「ます」を付ける。単語のあたまに「お」「ご」を付ける。

例)感謝の手紙を聞いてください、○○さんのご両親、ご馳走になりました、父が言いました

■ 尊敬語

メッセージの相手を敬う言い方。手紙の中では新郎や家族には使わない。自分の動作にも使わないように注意。

例)先生がおっしゃった、○○さんのご両親がお聞きになった

■ 謙譲語

自分をへりくだった言い方。自分の動作に使う。

例)お食事をいただいた、ご挨拶にうかがった

家族の呼び方は「パパ、ママ」じゃだめなの?

普段「パパ、ママ」と呼んでいる花嫁は、手紙でも同じように呼んでいいか気になりますね。「上司の前でパパ、ママはさすがない」と考えるゲストもいるかもしれません。

でも両親からしたら、いつもと違う呼び方をされたら戸惑ってしまうことも。

一番に聞いてほしい相手は両親なので「パパ、ママ」などの普段の呼び方で問題はありません。

兄妹や祖父母など、他の家族の呼び方についても同様です。「お兄ちゃん・お姉ちゃん」「おじいちゃん・おばあちゃん」で大丈夫。

まわりの反応が気になる場合は、冒頭に「いつもの呼び方で呼ばせていただきます」とゲストに断りを入れるとスマートでしょう。

彼の両親へのメッセージも必要?

花嫁の手紙は自分の両親や家族にあてたものですが、新郎の両親への言葉もいれたほうが気づかいが感じられて好ましいですね。

結びのあいさつの部分で触れるとまとめやすいでしょう。

花嫁の手紙の読み方。当日泣いてしまったら…

花嫁の手紙の読み方

涙もろくてもそうでなくても、当日は感極まって最後まで手紙を読めないかもしれません。

心配な人は、あらかじめ司会者に代読をお願いしておくほうがいいでしょう。

新郎が「新婦に代わって読ませていただきます」と続きを読むこともあります。

涙をふくためのハンカチを新郎に預けておくことも忘れずに。

オススメ記事

ミニコラム「方言」や「なまり」が感動を誘う!?

花嫁の手紙は丁寧語が一般的ですが、地方出身の花嫁さんは、あえて方言やなまりをいれつつ読んでみるのもオススメ。

全体にやわらかくて和やかな印象になるので、会場全体がほっこりするはず。丁寧な言葉でつづられた手紙に油断している両親も、いつもの娘の言葉におもわずうるっときちゃうかも。

方言ばかりだと、他のゲストが聞いていて「???」となってしまうので、最後の感謝の言葉だけにしたり、両親に語り掛けるように使うと効果的ですよ♪

まとめ

  • 花嫁の手紙の構成は、はじめのあいさつ⇒家族とのエピソード⇒終わりのあいさつ
  • 手紙の長さは2~3分が好ましい
  • 家族とのエピソードは具体的に書く
  • 「忌み言葉」「重ね言葉」は使わない
  • 当日泣いてしまう心配があるなら、司会者や新郎に代読をお願いしておく

花嫁が結婚式で読む手紙の書き方について紹介しました。

一番大切なことは、自分の言葉で両親や家族に感謝の気持ちを伝えることです。文例を参考にして、自分らしい手紙にまとめてくださいね。

関連記事
結婚式で両親に贈るプレゼント【実用的アイテム7選!】
披露宴が盛り上がる!中座の演出やエスコート役の選び方