神前式に必要な費用とその内訳・平均相場を徹底解説!

神前式に必要な費用とその内訳・平均相場を徹底解説!

教会式とは一味違う、昔ながらの伝統的な結婚式を挙げたいというカップルから根強い人気を得ている「神前式」

挙式費用相場は約34万円と、教会式の挙式と比較するとリーズナブルな傾向にあります。

今回は、神前式の挙式費用をはじめ、和装衣装代や着付け・ヘアメイク代、演出代などの内訳と、各項目の平均相場を徹底解説します!

この記事のポイント!
  • 神前式を検討しているカップル向け
  • 神前式にかかる挙式費用の相場が分かる
  • 挙式費用以外にかかる費用の内訳と相場が分かる

神前式の費用平均相場は約34万円!教会式よりリーズナブル

ゼクシィ結婚トレンド調査2017によると、神前式の挙式費用相場は約34万円という結果が出ています。

一般的な教会式の挙式費用相場が41.5万円という結果を見ると、神前式の挙式費用は教会式と比較してややリーズナブルになっている事が分かりますね。

神前式+披露宴・披露パーティーもしたい!トータルでいくらくらい?

挙式に加え披露宴・披露パーティーを行なう場合の総額は、全国平均で354.8万円と言われています。

とはいえ、招待人数や会場の規模、演出内容によっても大きく左右される部分ですので、あくまで目安として参考にしてくださいね。

会場利用料金以外にかかる、神前式費用の内訳は?

神前式

神前式費用のうちわけは(披露宴・披露パーティー費用を除く)、ざっくりこのとおり。

  • 初穂料(玉串料):5~10万円
  • 衣装代:10~25万円
  • 着付け・ヘアメイク代:1~5万円
  • 各種オプション代 など

特に衣装については、新郎新婦ともに和装衣装を着用するのが一般的で、基本的にレンタルをして手配することになります。

和装衣装にもいくつか種類があり、レンタル衣装の中でも新しいものか古いものか、1点ものかどうか、着物の質や刺繍の種類などによっても費用は大きく異なりますが、全体的にドレス等の洋装と比較してレンタル費用が高い傾向にあります。

以下で内訳と各費用の相場を詳しく見ていきましょう。

神社への謝礼として支払う初穂料(玉串料):5万〜10万円程度

神前式の大きな特徴は、神社への謝礼として【初穂料(玉串料)】を支払うという点です。

一般的な初穂料の費用相場は、5万〜10万円程度となっています。

初穂料は、挙式費用に含まれている会場もあれば、別に納める必要がある会場もありますので事前に確認しておきましょう。

ただし、格式の高い神社では20万円を超える場合もありますので、こちらも事前に確認しておくと安心です。

白無垢のレンタル費用相場:10万〜15万円程度

神前式で新婦が着る和装衣装の中でも最も人気な「白無垢」

一番上に着用する打ち掛け、その下に着用する振り袖、小物などを全て込みで10万〜15万円程度と言われています。

ただし、白無垢を着用する際の一般的な髪型「文金高島田」のかつらや、綿帽子・角隠しなどは別料金となっているケースも多いようです。

色打掛のレンタル費用相場:15万〜25万円程度

赤・緑・金・黒などの色のついた華やかな衣装、「色打掛」

以前は挙式後の披露宴で着用する方が多い傾向でしたが、現在では挙式で着用する方も増えています。

レンタル代は15万円〜25万円程度と、白無垢よりも少々割高になっていることが多いようです。

また、色打掛の場合も「文金高島田」のかつらや、綿帽子・角隠しを身に着ける際のレンタル代は別であるケースが多く見られます。

引き振袖のレンタル費用相場:10万〜15万円程度

白無垢・色打掛と並んで人気を得ているのが引き振袖です。

赤や白などさまざまな色の種類が出ていますが、最も人気なのが「黒引き振袖」

色を問わず、いずれにしても平均相場は10万〜15万円ほどとなっています。

新郎の和装衣装・五つ紋付羽織袴のレンタル費用相場:5万〜10万円程度

新郎の和装衣裳は、基本的には「五つ紋付羽織袴」一択で、こちらも一式レンタルをするのが一般的です。

白足袋や白草履などの小物も含め、レンタル費用相場は5万〜10万円程度となっています。

新郎新婦の着付け代・ヘアメイク代:1万〜5万円程度

基本的に衣装レンタル代に含まれていることが多い着付け代・ヘアメイク代ですが、別途費用を支払う必要がある場合や、別に依頼する場合の平均相場はこのとおり。

  • 【着付け】1万円(新郎)、3万〜5万円(新婦)
  • 【ヘアメイク】2万〜4万円前後(新郎・新婦ともに)

さらに、披露宴でのお色直しや、衣裳崩れを直す介添えを希望する場合は、別途費用が必要になることも多いので、こちらも確認が必要です。

和装のヘアメイク

神前式の代表的な演出はオプション代として5万円前後かかることも

花嫁行列の際の・など、神前式での代表的な演出は「オプション代」として費用が別途必要となることもあります。

これらの費用相場は5万円前後〜と言われていますが、会場や演出の種類によって大きく変わりますので、予算をもとに会場と相談しながら検討すると良いでしょう。

写真代(カメラマン)の費用相場:5万〜10万円程度

挙式の様子をプロのカメラマンに撮影してもらう際にかかる写真代は、平均5万〜10万円程度が相場となっています。

ただし、神社で行なう神前式は撮影不可であったり、神社が提携しているカメラマンのみ撮影可能など会場によってルールが異なります。

それに伴い費用にも大きく差が出るため、事前に確認しておきましょう。

式場やホテルによってはお得なパックプランもアリ!

結婚式場内やホテルに併設されている会場によっては、神前式でも衣装レンタル代や着付け・ヘアメイク代、写真代等をセットにしたお得なパックプランが用意されている事もあります。

挙式の時期、参列者の人数によって異なるものの、衣装が10%〜30%オフでレンタルできることもあるので、費用を節約したい方は、パックプランが用意されている会場を選ぶと良いでしょう。

和装ウエディングの衣装

まとめ

  • 神前式の挙式費用相場は34万円程度と教会式と比較しリーズナブル
  • 会場費用のほか、「初穂料」「衣装代」「着付け・ヘアメイク代」「オプション代」「写真代」などが必要
  • 会場によってはお得なパックプランが用意されていることも

今回は、神前式にかかる費用とその内訳・平均相場をご紹介しました。

挙式費用だけを見ると他の形式と比べリーズナブルな傾向にありますが、披露宴・披露パーティーの有無や規模、式場によって総額は大きく変動します。

おおよその予算を決めて、どのような神前式にするかを2人でじっくりと検討してくださいね!