【2018~2019】結婚式の日取りの決め方。カレンダーで縁起のいい日をチェック

【2018~2019】結婚式の日取りの決め方。カレンダーで縁起のいい日をチェック

結婚式の日取りを決めるのに、縁起の良し悪しは気になるところ。

大安がいい、仏滅はダメ、というのはよく言われることですね。大安や仏滅は「六曜」の1つですが、それ以外にも縁起がいい日がすぐわかるようなカレンダーをご紹介します。

他にも新郎新婦の新しい門出の日にふさわしい日を決めるためのポイントを詳しく解説します。

この記事のポイント!

  • 結婚式の日取りが決まらない新郎新婦向け
  • 結婚式の日取りを決める際の注意点がわかる
  • カレンダーで縁起のいい日がすぐにわかる

親世代には日取りを気にする人も多い

最近は六曜の縁起はあまり気にしないという人も増えていますが、親世代などは人生の節目である結婚こそ特に縁起を気にしてほしいと考える人も多いものです。

費用が抑えられるからと、親戚に相談なく仏滅に挙式すること決めてしまえば、喧嘩のもとになってしまうことも。まずは六曜をはじめとした縁起の良し悪しについて知った上で、相談して日取りを決めることをオススメします。

六曜には吉と凶の時間帯がある

大安や仏滅などカレンダーや手帳でよく見かける「六曜(ろくよう)」。日常的に使われている七曜と区別するために六輝(ろっき)と呼ばれることも。六曜にはそれぞれ吉と凶の時間帯が決まっています。

大安は終日吉とされているので、お祝い事や何かを始めるときに最適とされています。結婚式場などでも週末や祝日の大安はとても人気があります。逆に仏滅は終日凶なので、お祝い事には適さないと考えられていますが、割引キャンペーンなどを実施している式場もあります。

  読み方 吉の時間帯 凶の時間帯
先勝 せんしょう 午前  午後
友引 ともびき 午前・夕方・夜  午後(昼間)
先負 せんぶ 午後   午前
赤口 しゃっこう・しゃっく 11〜13時ごろのみ 11〜13時以外
大安 たいあん 終日 なし
仏滅 ぶつめつ なし 終日

先勝は、吉の時間帯である午前から式を始めていれば午後が凶でも問題ないとされています。また、先負は午後から縁起がよくなるという説も。

この表の通り友引や先勝・先負でも時間帯によっては縁起に問題なく挙式・入籍ができます。

大安以上に縁起がいい?「天赦日」「一粒万倍日」

六曜の他にも縁起がいいと言われる日があります。それが「天赦日(てんしゃにち)」「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」です。

天赦日は天が全ての罪を許すという日で、暦の上で最も縁起がいい日です。年に5〜6日あります。

種を1粒まくと、何倍も実をつけるという意味の一粒万倍日は、新しいことを始めるのにふさわしい日とされています。他の縁起のいい日と重なると縁起の良さが倍増されます。

大安に天赦日や一粒万倍日が重なる日は、年に数日あります。縁起が気になる人にはぜひオススメしたい日取りです。とても人気のある日取りですから、式場の予約などは早めにしておくといいでしょう。

2018年5月〜2019年 縁起のいい日カレンダー

一粒万倍日は1週間に1日くらいの頻度でありますが、ここでは大安や天赦日と重なる日だけをご紹介しています。

2018年5月 6日(日) 12日(土) 16日(水) 22日(火) 28日(月)
6月 3日(日) 9日(土) 14日(木) 20日(水) 26日(火)
7月 1日(日)
仏滅
天赦日
一粒万倍日
2日(月) 8日(月) 18日(水) 24日(火)

30日(月)
8月 5日(日) 15日(水) 21日(火) 27日(月)  
9月 2日(日) 8日(土) 13日(木)
天赦日
一粒万倍日
19日(水) 25日(火)
10月 1日(月) 7日(日) 11日(木) 17日(水) 23日(火)
29日(月)
11月 4日(日) 9日(金) 15日(木) 21日(水) 27日(火)
28日(水)
赤口
天赦日
12月 3日(月) 7日(金) 13日(木) 19日(水) 25日(火)
クリスマス
31日(月)
2019年1月 11日(金) 17日(木) 23日(水) 27日(日)
先負
天赦日
29日(火)
2月 4日(月) 9日(土) 10日(日)
赤口
天赦日
15日(金) 21日(木)
27日(水)
3月 5日(火) 10日(日) 16日(土) 22日(金) 28日(木)
4月 3日(水) 7日(日) 11日(木)
先負
天赦日
13日(土) 19日(金)
25日(木)
5月 1日(水) 6日(月)
振替休日
12日(日) 18日(土) 24日(金)
30日(木)
6月 3日(月) 9日(日) 15日(土) 21日(金) 26日(水)
仏滅
天赦日
一粒万倍日
27日(木)
7月 8日(月) 14日(日) 20日(土) 26日(金)  
8月 5日(月) 11日(日) 17日(土) 23日(金) 29日(木)
9月 2日(月) 8日(日)
天赦日
一粒万倍日
14日(土) 20日(金) 26日(木)
10月 1日(火) 7日(月) 13日(日) 19日(土) 25日(金)
29日(火)
11月 4日(月) 7日(木)
友引
天赦日
10日(日) 16日(土) 22日(金)
23日(土)
赤口
天赦日
27日(水)
12月 3日(火) 9日(月) 15日(日) 21日(土) 31日(火)

※六曜の記載がない日は全て大安です

2018年で最も縁起のいい日は9月13日(木)です。

7月1日(日)は天赦日・一粒万倍日ですが仏滅なので、気になる人は避けた方がいいかも…。

2019年は9月8日(日)が一番縁起がいい日です。

結婚に適さない日「不成就日」

縁起がとてもいい日がある反面、縁起がよくない日もあります。不成就日(ふじょうじゅにち・ふじょうじゅび)といって、この日から始めた全ての物事が成就しないとされている日があります。1ヶ月に4日ほどあるので、大安・天赦日・一粒万倍日と重なることも。

縁起がいい日と悪い日が重なった時は…

縁起がいい日取りと不成就日が重なった時は、マイナス面の方が強く出るので避けた方がいいという考え方をするケースが多いようです。しかし、天赦日のように天の許しがある日はプラス面が強くなるという考え方もできるため、最終的にはその人の考え方次第ということになります。

迷った時は、ご両親などに相談してみましょう。

縁起以外で人気の日取りもある

日付が語呂合わせゾロ目の日付も覚えやすいなどの理由で人気があります。

1月8日 1番ハッピー
2月2日 夫婦
3月9日 サンキュー
4月22日 よい夫婦
5月2日 ご夫婦
7月7日 七夕(サマーバレンタイン)
8月8日 末広がりの数字「8」のゾロ目
11月22日 いい夫婦
12月4日 いつも幸せ

他には祭日や、新郎新婦どちらかの誕生日に合わせるパターンも人気ですよ。

人気の曜日や時間帯は土曜日午後、日曜日午前

一般的に土日や祝日などはゲストが出席しやすいので人気があります。土曜日は正午から午後にかけての時間帯が人気です。花嫁さんも含めて女性はメイクやヘアセットなどに時間がかかりますし、午前中の開始は早朝から出かけることになるからです。金曜日の夜まで仕事だった人には、きついスケジュールです。

日曜日は逆に午前中からの挙式が人気です。前日に準備や休養が取れますし、帰宅が遅くなると翌日の予定に影響が出るからです。

休みでも大型連休や年末年始、お盆などはそれぞれ予定があることが多く、迷惑をかけることもあるので避けた方がいいでしょう。しかし、ゲスト全員の予定にあった日付はほとんどありません。ゲストの顔ぶれや仕事状況などに配慮して日程を選ぶといいですよ。

日付を決めるときには、事前にご両親と相談したり、遠方からのゲストへの配慮も忘れずに。宿泊を伴う場合にはホテルや移動手段の手配なども必要です。

式場探しはできるだけ早めに!

一般的に式場探しは10ヶ月ほど前から、式場予約は8〜9ヶ月前からのケースが多いです。しかし、人気の式場や日付は1年前以上から予約が入っていることも。式場や日取りにこだわりがある人は、結婚の予定が定まったらすぐに行動した方がいいでしょう。

式場が早めに決まっても、本格的に準備に入るのは挙式の3〜4ヶ月前からです。その間に、衣装や式・披露宴への希望、招待客数やその顔ぶれなどをおおよそ決めておくと準備がスムーズに進められますよ。

まとめ

  • 天赦日や一粒万倍日と大安が重なった日は最も縁起がいい
  • 友引や先勝・先負でも時間帯によっては縁起がいい
  • 縁起がいい日は人気が高いので、式場の予約は早めに
  • 日取りを決める時は、両親への相談と遠方からのゲストへの配慮を忘れずに

以上、結婚式の日取りについてご紹介しました。結婚式は一生記念に残る大切な日。後悔のないよう、よく話し合った上で決めていきましょうね。