上司への引き出物相場は5,000〜10,000円!おすすめアイテムや注意点も解説

上司への引き出物相場は5,000〜10,000円!おすすめアイテムや注意点も解説

披露宴に出席してくれたゲストへ感謝の気持ちを込めてお渡しする記念品、引き出物ですが、職場の上司にはどんなものを贈れば良いのか、同僚・友人などの他ゲストとは差をつけるべきかと悩む新郎新婦も多いようです。

そんな方に向けて、今回は職場の上司へ贈る引き出物の相場やおすすめの品物、マナーや注意点などを解説していきます!

この記事のポイント!

  • 職場の上司へ贈る引き出物の内容に悩んでいる方向け
  • 上司へ贈る引き出物の一般的な相場・おすすめの品物が分かる
  • 引き出物にまつわるマナーや渡す際の注意点が分かる

引き出物はゲストによって値段に差をつける贈り分けが主流

従来、引き出物には「披露宴の飲食費のうちの1/3」程度の値段の品物を選ぶという考え方が多くありました。

例:ゲスト一人あたりの飲食費15,000円の場合→引出物の相場は約5,000円

しかし、現在ではゲストとの関係性やゲストの年齢、性別、家族構成などによって引き出物の値段や内容を変える「贈り分け」を行うことが多くなっています。

職場の上司へ贈る引き出物の相場は約5,000円〜10,000円

一般的には職場の上司・親族・友人&同僚・家族で贈り分けをすることが多く、職場の上司へ贈る引き出物の相場は5,000円〜10,000円程度が一般的と言われています。なかでも5,000円〜6,000円の引き出物をお渡ししたという先輩カップルが多いようです。

友人・同僚への引き出物の相場は3,000円前後と言われているので、比較すると少々高めの値段設定になりますね。しかし、上司からは他の友人や同僚よりも高額なご祝儀をいただく可能性も高いため、日頃の感謝の気持ちも込めて他のゲストよりも高い値段のものにしておくのが良いでしょう。

係長や課長・部長などの役職者にはさらにワンランク上の引き出物を用意したという新郎新婦もいるようです。

すでに結婚式を挙げた同僚や先輩からリサーチするのもGOOD

可能であれば、すでに結婚式を挙げた同僚や先輩に上司へ贈った引き出物の値段をリサーチし、同程度の金額にしておけば安心でしょう。また、どんな引き出物を渡したかを聞いておけば、同じ引き出物を渡すのを避けられます。

主賓やスピーチをお願いした上司にはお車代やお礼をプラスして

主賓としてお招きした上司や、スピーチや挨拶、乾杯など特別な役割をお願いした目上の方に対しては、お礼を兼ねて10,000円程度のお車代やお礼をプラスするのが主流です。

新郎新婦の両親からお渡しするのが一般的ではありますが、事前に受付に預けておき、受付時にお渡しするというケースもあります。

なかには、他の上司よりさらにワンランク上の引き出物を用意した、引出物の品数を増やしたという先輩カップルも。

いずれにしても、特別な役割をお願いした上司に対しては、他の上司とはさらに内容を変えてお礼をしたという声が多く見られています。

上司へ贈るおすすめの引き出物をご紹介!

引き出物を選ぶ際に意識したいことは、

  • 実用的なアイテムであること
  • 特別感・高級感のあるアイテムであること

です。ここからは、上司に贈るおすすめの品物をご紹介していきます。

食器類・タオル類は不動の人気を誇るアイテム

引き出物として不動の人気を誇るアイテムは、グラスなどの食器類・バスタオルなどのタオル類です。これらは実用的であり消耗品なので、受け取った相手側がいくつ持っていても困らない点がポイント。

食器類であれば、各家庭の台所の雰囲気や手持ちの食器、個人の好みに合わせやすい白を基調としたアイテムを選ぶと「趣味に合わないから使えない…」という事態を防げます。

さらに自分では購入しないような、少々高めの器やグラスは特別感がありますし、相手を立てることにも繋がります。

フェイスタオルやバスタオルも同じく白を基調としたものを、また今治タオルなど高級素材のタオル類を贈ると喜ばれるでしょう。

近年人気のカタログギフトなら幅広いニーズに応えられる

近年人気の引き出物として注目したいのがカタログギフトです。

上司の性別・年齢層・家族構成に合わせてカタログを選べば、その中から各自の趣味に合ったアイテムや欲しいものを自由に選んでもらえる上、幅広いニーズに応えられます。

披露宴の際は、上司の引き出物だけ大きさが異なるなど、見た目から内容の差が明らかになってしまうと周囲や本人も気になるものです。

カタログギフトであればカタログ自体の大きさは同じなので、見た目では気付かれずに内容・金額に差をつけることが可能に。

上司への贈り分けや引き出物をお渡しする時の注意点・マナー

上司への引き出物選びや贈り分けをする際には、いくつかの注意点やマナーがあります。以下で詳しくご紹介します。

名前入りグッズや大きくてかさばる品物は避ける

新郎新婦の名前が入ったアイテムは、「使いにくい」「処分に困る」「自己満足ととれる」といった声が多くあげられています。食べ物に名前が印字されているという程度なら構いませんが、相手がもらって困るような名前入りグッズは避けるのがベターです。

また、公共交通機関を利用して会場へ訪れるゲストや、持ち帰った後の収納や置き場所のことも考え、食器セットやインテリア品などの大きなアイテムや、かさばる品物も避けましょう。

引き出物の見た目に明らかな差をつけない

上でも述べた通り、上司の引き出物だけ袋が大きい・袋のデザインが他のゲストと違う……など、見た目からランクの差が明らかに分かってしまうと、周囲の人はもちろん本人も肩身の狭い思いをしますし、気になってしまうものです。

贈り分けをする際は、

  • なるべく同じ大きさの引き出物を用意する
  • 引き出物を入れる袋は会場のもので統一する

など、ゲスト全員が気持ち良く引き出物を受け取れるような配慮が必要です。

なかには、当日は他のゲストと同じ引き出物を上司にお渡しし、後日別の内祝いをお礼状とともに贈るという方法をとるカップルもいるようです。

踏み台にすることを連想させる履物系アイテムはNG!

引き出物に不向きなアイテムとしては縁が切れることを連想させる包丁やハサミなどの刃物類が知られていますが、靴・靴下・サンダルなどの履物系も目上の方への引き出物にはタブーと言われています。

というのも、履物系には「踏む」「足蹴にする」という意味もあり、上司を踏み台にすることを連想させてしまうためです。さらには、「もっと頑張って働け(足を動かせ)」という考え方も。

上司への引き出物を選ぶ際は、こうした履物系アイテムは避けるのが無難です。

まとめ

  • 上司への引き出物は他ゲストと内容を変える贈り分けが主流
  • 上司への引き出物相場は約5,000円〜10,000円
  • 主賓・スピーチ等特別な役割をお願いした上司にはお車代やお礼をプラス
  • 引き出物は食器類・タオル類・カタログギフトが人気!
  • ゲスト間の引き出物と見た目に大きな差がつかないような配慮も必要

大切なのは、なんといってもあなたの結婚を祝福してくれる上司への「感謝の気持ち」です。

ゲストの目線に立ち、どんな品物なら喜んでもらえるかを一番に考えて、日頃お世話になっている上司への引き出物を選んでくださいね。