結婚式で渡すお車代の相場を距離別に解説

結婚式で渡すお車代の相場を距離別に解説

結婚式のお車代って、誰にいくらくらい渡すの?

お車代を渡すのは、遠方から結婚式に出席してくれるゲストに限られるの?

今回は、お車代を渡す相手別の相場や距離別の相場について解説します。

お車代で悩んでいる方は参考にしてくださいね。

この記事のポイント!
  • 結婚式を控えたカップル向け
  • お車代の相場を確認できる
  • お車代を決める時の注意点がわかる

お車代とは、交通費(旅費)も含めたお礼の気持ち

結婚式の挨拶

「お車代=交通費」とイメージしがちですが、お車代とは結婚式に出席してくれるゲストに対して、感謝の気持ちをこめて渡す「お礼」のことを指します。

ただ、全員に渡すものではなく、特にお世話になった「主賓」「乾杯の挨拶をお願いした方」「仲人」「受付係」、そして、「遠方から来てくれた親族や友人」が対象となります。

主賓・受付係へのお車代の金額相場

主賓などの特別なゲスト、また受付係に対しては、「交通費がかかった、かからない」に関係なく、お礼としてお車代を渡します。

仲人や上司などの主賓・乾杯の挨拶をお願いした方へのお車代の相場

主賓や乾杯の挨拶をお願いした特別なゲスト、また仲人へのお車代の相場は、1万円~3万円

結婚式場に近い距離から出席してくれたとしても、お車代を渡すのはマナーで、最低でも1万円は用意しておきましょう。

もし、主賓や乾杯の挨拶をお願いした方が遠方から出席してくれる場合は、往復の交通費全額に少し足した金額を渡すのが一般的です。

受付係へのお車代(お礼)の相場

受付係へのお車代の相場は、3,000円~5,000円

大役を担う受付係に対しても、お礼の気持ちを込めてお車代を渡しましょう。

封筒の表書きは、「お車代」以外、「御礼」「心付け」として渡すケースもあります。

遠方から出席のゲストへのお車代は、交通費の半額~全額が相場

新幹線

遠方からはるばる結婚式に出席してくれたゲストに対しては、できれば交通費の全額を負担したいところ。

「予算的にむずかしい」という場合は、交通費の半額をお車代として渡すケースもあります。

ただ、過去に今回招待したゲストの結婚式に出席した際、交通費を全額負担してもらった場合は、同じように交通費は全額負担するようにしましょう。

新幹線・飛行機・高速道路を使うゲストにはお車代を渡したい

「遠方」って、どれくらいの距離から「遠方」とするのか気になりますよね。

新幹線や飛行機、高速道路を使って結婚式に参加してくれる場合は、遠方からのゲストと思って、お車代を渡した方がよさそう。

金額でいえば、往復の交通費が2万円を超えるかどうかを目安にするといいですよ。

ゲストが宿泊するホテルや新幹線チケットを新郎新婦で手配する場合

ゲストの宿泊ホテルの手配や新幹線や電車の切符の手配、タクシーチケットの手配を新郎新婦がする場合は、全額負担しているわけですから、別途お車代を用意する必要はありません。

結婚式で渡すお車代の相場はいくら?距離別に解説!

飛行機

遠方から結婚式に出席してくれるゲストに対してのお車代は、交通費・ホテル代の半額~全額を負担するのが一般的。

次の段落で、都市間の距離別に交通費の相場を確認してみましょう。

あくまで目安なので、実際の交通費は経路を調べて確認してくださいね。

東京~大阪間のお車代の相場は、1万円~2万円ぐらい

東京~大阪間の交通費は往復で約2万円、宿泊代を合わせると合計で3万円ほどの旅費になります。

距離的には宿泊するかどうかも悩みどころですね。あらかじめゲストに宿泊の予定をきいておくといいでしょう。

宿泊しない場合のお車代は1万円

宿泊する場合は、旅費の半額で計算すると1万5,000円になりますが、それではキリがよくないので、最低でも2万円のお車代を用意するのが妥当といえるでしょう。

東京~福岡間のお車代の相場は、3万円~5万円ほど

東京~福岡間となると飛行機を利用して上京し、宿泊を予定しているゲストも多いでしょう。

飛行機の金額は航空会社によってさまざまですが、往復で大体5万円前後、宿泊代を合わせると、6万円前後の旅費になります。

その半額~全額が目安になるので、お車代は最低でも3万円~5万円を想定しておきましょう。

東京~北海道・沖縄間のお車代は、5万円以上

北海道や沖縄から上京する場合、飛行機代もかかるため、交通費は往復で10万円前後かかりそう。

かなり遠方からのゲストになるので、宿泊を予定している方も多いはず。

したがって、お車代の最低額は、旅費の半額の5万円~6万円を目安に考えてください。

新郎新婦が旅費の半額を負担したとしても、ゲストにとってはかなりの負担となります。

予算に余裕があったら、全額を負担してあげたいですね。

海外挙式の場合のお車代

海外挙式で出席してもらいたいゲストに対しての「お車代」についての考え方はさまざまです。

「わざわざ海外まで来てもらうのだから、全額負担しました!」というカップルもいれば、「一律5万円でお車代をお渡ししました」というカップルもいます。

また、「交通費・宿泊費ともにゲストに全額自己負担してもらいました」というケースも。

この場合、「〇〇さんの結婚式への出席を兼ねて海外旅行しよう」という理由から、旅費を全額自己負担したゲストもいます。

新郎新婦側で旅費を全額負担する以外は、ゲストに負担をかけているので、ご祝儀は辞退した方がいいでしょう。

お車代について事前にゲストに伝えた方が丁寧

電話する女性主賓などの特別なゲストに対してお礼の気持ちとして渡す「お車代」と違って、遠方のゲストに対しては、お礼の気持ち以上に交通費としての意味合いが強いものになります。

ゲストの中には、「全額負担してくれるの?半額?それとも、交通費はもらえないのかな?」と気にされる方もいますし、お車代次第で、結婚式に出席するかどうか決定するゲストもいます。

「お車代があるかないか、事前に伝えられなくても特に問題なかった」というゲストもいますが、新郎新婦から、交通費や宿泊代についてどこまで負担するか、あらかじめ伝えておくと丁寧です。

お車代の有無について、ゲストに伝えるタイミング

結婚式に招待したいゲストに対しては、招待状を発送する前に、電話かメールで、結婚の報告と結婚式への出席を打診しますが、その時にお車代についても説明するようにしましょう。

ちなみに、ゲストに「いくらかかるのか」直接交通費を聞くのは失礼にあたります。

会場までのアクセス(新幹線、飛行機を使うのか)や宿泊の有無までを聞いて、新郎新婦で金額を調べ、どの程度負担するのかゲストに伝えるようにしましょう。

交通費の一部を負担する場合、ゲストへの伝え方

どうしても結婚式の予算的に、新郎新婦側で交通費を全額負担するのが難しいという場合は、その旨を招待状を送る前にゲストに伝えておくようにします。

【伝え方例】

結婚式の会場への交通費は、半額程度になりますが、こちらで負担させていただきたく思っています。
遠いところから来ていただくのに申し訳ないですが、2人の佳き日に立ち合ってもらえたら嬉しいです。

また、ゲスト間で差をつけたくない場合、金額を一律にしてお車代を渡すケースもあります。

【伝え方例】

大変恐縮ですが、結婚式の会場への交通費は、みなさま一律で〇万円ご用意しております。
ご都合よろしかったら、ぜひいらしてください。

「お車代なし」の場合はご祝儀は辞退して

最近は親族や親しい仲間だけで結婚式をすることも多くなり、親しい仲だしお互い様だからということで、お車代を渡さない人も増えているよう。

方から結婚式に出席してくれるゲストに交通費を全額負担してもらう場合、ご祝儀は辞退するのがマナーです。

【伝え方例】

大変恐縮ですが、お車代をご用意できないため、ご祝儀は遠慮させていただきます。
遠方から結婚式に出席いただくことが、私たちにとってはなによりもお祝いです。
結婚式当日にお目にかかれたら嬉しいです。

親族間のルール、友人間では公平になるよう気をつけて

親族に渡すお車代の金額は、親族の中で暗黙のルールがある場合もあるので、両家の両親と相談しながら決めるようにしましょう。

また、友人の場合は、結婚式後に友達同士で「お車代いくらもらった?」と情報交換されることがあります。

友人間で不平等感が生じないよう、同じ地域から出席してくれる友人ゲストは、同じ金額のお車代を用意するようにしましょう。

お車代の渡し方・タイミングの注意点

のし付きご祝儀袋

実際にお車代を渡すときの注意点も簡単に確認しておきましょう。

しっかり決めておかないと、当日にバタバタしてしまってせっかくの結婚式が慌ただしくなってしまいます。

お車代は、のし付きの祝儀袋やポチ袋に入れよう

お車代は、のし付きの祝儀袋に新札を入れて渡すのが基本

「お車代」とあらかじめ印刷されたのし袋を用意すると負担が少なくて済みますね!

字を書くのが得意ではないという場合は検討してみてください。

お車代が1万円未満の場合は、ポチ袋に入れて渡すと「少なくて恐縮ですが」という気持ちを伝えることができます。

関連記事
結婚式のお車代を入れる封筒のマナー・アイデア、金額の相場などを紹介!

お車代の渡し方は、目立たないように渡す

お車代の渡し方は、主賓・乾杯の挨拶をお願いした方には、結婚式が始まる前に「本日はありがとうございます。どうぞよろしくお願いします」という挨拶を兼ねて、目立たないようにサッと渡します

新郎新婦から渡せたらベストですが、結婚式当日慌ただしくしている2人に替わって両親から渡すケースが多いようです。

遠方から出席してくれる親族へのお車代も、それぞれの両親(または身内)から渡すのが一般的。

友人へのお車代は、ゲストが受付した際に、受付係から渡してもらうようにしましょう。

仲人をお願いした人には披露宴終了後に別室で渡すのが基本になります。

関連記事
失礼のない結婚式お車代の渡し方!タイミングやマナーを徹底解説

まとめ

  • 主賓・乾杯の挨拶をお願いした方へのお車代の相場は1万円~3万円
  • 遠方から結婚式に出席してくれたゲストへのお車代は、半額~全額が相場
  • 親族へのお車代は、お互いの家系の慣例に配慮しつつ金額を決めよう
  • お車代の有無や金額について、ゲストが結婚式への出席を決める前に伝えておくのが丁寧

お車代の相場をご紹介してきましたが、相場はあくまで目安。相場を話のネタにしながら、ゲストや親族・結婚相手と相談しながら決めていくのも一つの手でしょう。

とにかく、大事なのは遠方から来てくれる方へしっかりと感謝の気持ちが伝わるかどうかです。

関連記事
結婚式場までのゲスト送迎はどうする?マイクロバス貸切手配の方法と料金目安