授かり婚ならでは。挙式から出産までのスケジュールを解説

授かり婚ならでは。挙式から出産までのスケジュールを解説

最近では、赤ちゃんがお腹にいる花嫁さんのマタニティウェディングも珍しいものではなくなりました。

おめでたさ2倍の授かり婚=マタニティウェディングですが、お腹の赤ちゃんとママの体調を考えると、いろいろと気をつけたいこともたくさん。

この記事では、授かり婚ならではの挙式から出産までのスケジュールを解説します。

この記事のポイント!
  • 授かり婚で、結婚式や披露宴を考えている花嫁向け
  • 授かり婚ならではの挙式までのスケージュールや注意点がわかる
  • 授かり婚ならではの出産までのスケジュールと注意点がわかる

4組に1組が「授かり婚」

授かり婚とは、妊娠をきっかけに入籍した婚姻のことです。

平成22年の厚生労働省の統計では、全体の25%が「入籍時期と第一子出生時期が妊娠期間より短い」いわゆる、入籍前に子どもを授かっている婚姻です。

なんと、4組に1組が授かり婚という割合ですね。しかも、授かり婚の6割近くが結婚式を挙げる、または挙げる予定です。

授かり婚ウェディングカレンダーでスケジュールを確認

マタニティウェディングの段取りを具体的に確認していきます。

妊娠が判明!妊娠初期(2〜4ヵ月)にすべきこと

  • 両親に妊娠と結婚の報告
  • 働いている人は職場に妊娠の報告をします
  • 婚姻届を出す
  • 母子手帳をもらう(胎児心音が確認されたら)
  • 授かり婚専用プランなどを利用して、ウェディングプランを決める
  • 可能なら、ゲストを決めて招待状を発送する

この時期は妊婦さんの体調も心理も一番不安定な時です。特に両親が反対している時や、経済的な不安がある時はつらい時期です。

しかし、妊娠初期はお腹の赤ちゃんにとっても大事な時期。ストレスや過労は流産の引き金にもなりかねませんから、周囲の応援が大事ですね。つわりで動けない時は無理をせずに休むことが大切です。

安定期の妊娠中期(5〜7ヵ月)にすべきこと

  • お腹が目立ってくる。お腹を締め付けないマタニティウェアを着用し始める
  • トイレが頻繁になったり、かがむ姿勢が苦しくなってくる
  • 産院や自治体の母親学級に参加
  • 同居を始めるための引越しを予定しているならこの時期に
  • 赤ちゃんを迎えるための準備をそろそろ始める
  • 産休育休に備えて仕事の引き継ぎの準備をはじめ
  • 可能ならこの時期のうちに挙式披露宴を

心身ともに安定する時期です。体調面では、式当日の細かい打ち合わせなどもできるようになります。

しかし、安定期といっても体調は人それぞれ。妊娠していない時のようには動けません。長時間同じ姿勢で過ごすこと、身体の冷えはお腹の張りを招きます。挙式当日も無理のないスケジュールを組みましょう。

例えば、ブライズルームにトイレのある部屋を希望する、会場近くに休憩できるようなスペースをお願いするなど、体調に合わせて、プランナーに希望を出しましょう。

妊娠初期にドレスを決めても、この時期は体型が変わってしまう、と不安な方も多いと思いますが、マタニティ対応のウェディングドレスを多く揃えた式場では、サイズチェンジやドレスの交換ができる場合もあります。

きついドレスは体調の悪化を招くので、プランナーと最終調整を行うことをおすすめします。

ハネムーンもこの時期までなら可能です。海外でのリゾート婚を考えるならば、この時期が最適です。

いよいよ出産間近!妊娠後期(8〜10ヵ月)にすべきこと

  • お腹はかなり大きくなり、長時間の同じ姿勢が苦しくなる
  • お腹の張りも頻繁になり、バストも大きくなる
  • 貧血や腰痛などの不調が出やすい時
  • 早産の危険があるので、遠出や無理は控える
  • 人によっては産休育休に入る
  • 出産準備は9ヶ月までには済ませる
  • この時期の挙式は、体に負担がかかるので、できれば避けたいもの

挙式がこの時期になってしまった場合は、フォトウェディングなど花嫁さんの負担の少ないプランに変更するほうが無難。

会場によっても、8ヵ月以上の妊婦さんの披露宴は引き受けない場合もあります。

飛行機での移動は医師の同行が求められたりしますので、新婚旅行も難しくなってきます。

結婚式や披露宴における授かり婚の特徴

では、授かり婚で結婚式や披露宴をする際の特徴について見ていきましょう。

出産後は挙式や披露宴をするチャンスが少なくなる

出産後は、子育てで目が回る忙しさの上に、子育てのための出費もかさみます。「挙式や披露宴どころではない」状態が当分続くでしょう。

ママの体調や周囲の状況が許すならば、結婚式のチャンスは今しかない、と考えてマタニティウェディングを決心したカップルも多いようです。

親族や周囲の前でけじめを示す機会になる

かつては「でき婚」と言われて、年配の世代や地方によっては、授かり婚はマイナスのイメージもありました。

現代では、新しい命を授かり、家族としての責任を示すには、結婚式や披露宴は良い機会になるでしょう。

授かり婚ウェディングで注意すること

体調面や段取り等、授かり婚ウェディングでの注意点をご紹介します。

準備不足になりやすく、体調不安もあるので周囲の協力が不可欠

挙式・披露宴は安定期(5〜7ヶ月)に行うのが理想です。結婚を決めた時期にもよりますが、一般的に3ヶ月程度で準備を行う事になります。

妊娠初期はつわりもあり、体調も不安定な花嫁さんをサポートする周囲の協力が不可欠になります。

資金不足で妥協せずにすむ工夫が大切

出産費用、新居の準備にとなにかと出費もかさみます。その中でのマタニティウェディングは資金的に厳しくなる場合も。

そんな場合は発想を変えて、費用が少なくても思い出に残るものを検討しましょう。

例えば、フォトウェディンや、挙式と記念撮影だけのプラン、事情が許せば、家族だけで国内のリゾート婚などの工夫もあります。

授かり婚専用のプランを利用して満足できるウェディング

最近では、授かり婚専用のプランを用意している結婚式場も増えています。また、マタニティ婚専用のコーディネートに特化した会社もあります。

どちらも専門のプランナーが担当して、1〜5ヶ月の準備期間で満足のできるウェディングが可能です。授かり婚で挙式披露宴を決意したら、利用を検討してみたいものです。

専用プランならお得な価格で挙式披露宴ができる

専用プランでは、120日以内に挙式対象のお客様限定など、直近で会場の空いている日にちを選ぶことで、通常の結婚式の価格よりもかなりお得な費用のウェディングプランを提供しています。

プランナーとの打ち合わせはメールやチャット主体に

結婚式の準備では、通常何度も会場に足を運ばなければなりませんが、妊婦さんの負担を考えて、打ち合わせもメールやチャットで可能です。

会場によっては自宅にプランナーが来てくれる場合もあります。

妊婦さんが利用できるドレスもたくさん用意している

授かり婚を決めた花嫁さんにとっては「気に入ったドレスが選べるか」は、大きな不安ですよね。

授かり婚専用プランでは、妊婦さん用のドレスをたくさん用意していることが多いので、その点も安心です。

授かり婚ウェディングをした多くの先輩からは喜びの声も

授かり婚は、予定していた時期よりも早く結婚式を挙げるケースがほとんどで、多くのカップルが、予算と準備時期の短さを不安に思っています。

しかし、実際は、授かり婚専用プランを利用して、2ヵ月あまりで準備をし、妊娠中期に挙式披露宴を行ったカップルもたくさんいます。

「一生に一度のことだから、思い切ってやってよかった」、という声が大多数です。

まとめ

  • 授かり婚ウェディングは妊娠中期に挙式がベスト
  • 妊婦さんの体調に合わせて無理のないスケジュールを組む
  • 授かり婚専門プランを使うのが資金の面でも、アドバイスの上でも最適

授かり婚専門のプランを上手に使って、赤ちゃんの誕生と結婚を2倍の喜びでお祝いしたいですね。