ゲストへのおもてなし結婚式にはタクシーチケットを準備

ゲストへのおもてなし結婚式にはタクシーチケットを準備

結婚式にお招きするゲストの交通費。遠方で、新幹線や飛行機を利用して来てくださる方には「お車代」として現金をお渡しするのが普通ですが、その他のゲストにはどうしたらいいのでしょうか。

多くの先輩カップルさんは、「タクシーチケット」を活用しているようです。若いカップルには、「タクシーチケット」はあまり馴染みがないかもしれません。

この記事では、結婚式でゲストへのおもてなしとしてよく使われるタクシーチケットについて解説します。

この記事のポイント!

  • 結婚式のゲストの交通費をどうするか悩んでいるカップル向け
  • タクシーチケットについての基本情報や買い方がわかる
  • タクシーチケットを用意する人、渡すタイミングがわかる
  • タクシーチケットを準備する時のポイントがわかる

チケットで支払いができる乗車券「タクシーチケット」

車

タクシーチケット」は、タクシーの支払いの際に金額を記入して精算するチケットのこと。請求は後日まとめて契約者に届く仕組みになっています。

発行元は、タクシー会社やクレジットカード会社。タクシー会社の発行するチケットは、その会社のタクシーにしか利用できませんが、クレジットカード会社が発行するものは、そのカードが利用できるタクシーならば、どの会社のタクシーでも使えます。

ゲストの式場までの足として使って頂くのはもちろんですが、披露宴会場から2次会の会場までの移動にタクシーを使ってもらう場合、現金をお渡しするよりもスマートですね。

似た商品で、金額が決まっているチケットを事前に購入する商品券のようなスタイルの「タクシークーポン」もあります。

タクシーチケットとタクシークーポン、どちらが良いのか迷うこともありますが、「クーポンで運賃が足りなかったら失礼」ということで、タクシーチケットを準備することが多いようです。しかし、結婚式場によっては、挙式披露宴のプランに最寄りの駅から式場までのタクシークーポンがサービスで数十枚含まれている場合も。

タクシーチケットを用意した方がいい3パターン

ブライダル費用_必要経費_費用負担

 

では、タクシーチケットをどんな場合に渡せば良いのか、具体的に見ていきましょう。

式場が徒歩圏内でもお年寄りや妊婦さんには用意する

例えば、式場が駅から徒歩10分の場合でも、お年寄りや、妊婦さん、何らかの配慮が必要な方はタクシーチケットを用意したほうが良いでしょう。

また、女性は着物やお招きに相応しい装いで歩きにくい場合もありますので、タクシーを利用したい方が多いのではないでしょうか。

雨の日は、当然利用することが考えられます。自分がゲストだったらどうするか、と考えてみるのも良いかもしれませんね。

交通の便が良くない場合は自宅から会場まで用意

地方都市では、公共の交通機関を利用するよりも、車を利用したほうが便利な場合もあります。

あらかじめ、自家用車で来るという人以外は、自宅からのタクシーチケットを用意しましょう

職場の上司には自宅からのチケットで感謝の気持ちを表す

都市部に通勤している人の場合、「定期があるだろう」と思うかもしれませんが、

上司には自宅からのチケットを用意する人も。「お車代」を渡すまでもない上司や先輩には、「自宅から」のタクシーチケットで感謝の気持ちを表すのも一つの方法です。

※タクシーチケットは往復?片道?地方により慣習の差もあるので注意

一例として、遠方のゲストや「お車代」を包むような目上のゲストには往復の交通費相当分の現金、市内や近県のゲストには片道分のタクシーチケット、という使い分けをする場合もあります。

しかし、これは地方の慣習や、両家の考え方によって差が大きいようで、往復分のチケットを渡した、という声もあります。ぜひ、ご両親に相談してみましょう。

タクシーチケットは出席の通知後に郵送が確実

郵送

手間はかかりますが、出席の通知を頂いてからタクシーチケットを郵送するのが、間違いのない方法です。

封筒にチケットと一緒に下記のようなメッセージを書いた手紙を入れておくと親切です。

この度は私たちの結婚式へのご出席のお返事賜りまして
誠にありがとうございます。
お越しの際にこちらのタクシーチケットを是非ご利用くださいませ。
○○様のお越しを心より楽しみにしております。
どうぞお気をつけてお越しください。

しかし、出席することが事前にわかっているゲストには、招待状に同封しても構いません。

その際は、付箋を同封して

駅から結婚式場までタクシーをお使いください

などのメッセージを添えましょう。

また、披露宴の受付で渡すこともよくあります。二次会に行く人のためには、兄弟などに頼んで、披露宴会場出口などで直接手渡しします。

タクシーチケットを準備する時に気をつけたいポイント

ブライダルエステは体験コース費用

タクシーチケットを準備する際、ゲストに失礼にならないように、また、トラブルを避けるためにもどのようなことに気をつければいいか、注意点をご紹介します。

1.金額の上限や乗り降りの場所・当日限りなどの使用制限をつける

タクシーチケットというものは、いわば、小切手です。使用する人が書いた金額が、あなたの口座に請求されるのです。何かの間違いで、タクシーチケットを紛失したら、拾って悪用する人がいるかもしれません。

心配な場合は制限付チケットという、有効期限・金額の上限を、用途に合わせてご注文時に自由に設定できるチケットを利用するのがおすすめです。

「ケチだと思われないか…」などの心配よりも、お金のことで人間関係にヒビが入ることの方が問題です。金額の上限や使用制限をつけるのは、当然のことと割り切りましょう。

2.要注意!会社によっては高くつくタクシーチケット

ゲストにタクシーチケットを渡しておいた場合、こちらの予算以上の請求になる場合も覚悟しましょう。

たとえば、家から乗車する場合、多くはタクシーを呼びます。また、駅前でも車が出払っている場合は、携帯などで車を呼ぶことになるでしょう。この場合、タクシーは空車で回送して来るので、通常「迎車」料金がかかります。「迎車」料金には、定額制とスリップ制があり、会社や地域によって違います。

定額制は回送距離にかかわらず、一定額を迎車の料金として上乗せするシステムです。スリップ制は、車を呼んだ時点から初乗り料金が発生してしまうシステムです。流しのタクシーが走っていないような地域では迎車料金がスリップ制のことがあります。

また、あらかじめ、乗車と降車場所を指定したタクシーチケットを購入する場合、料金設定がスリップ制になっている場合もあります。ゲストの交通費を節約したい場合は、バスをチャーターしたり、大型タクシーを手配して乗り合いで会場に来て頂く工夫を考えてみるのも一つの方法です。

3.タクシーチケットがない会社に依頼する場合は手作りもあり

タクシー会社によっては、タクシーチケットを設定しておらず、「指定時間に指定場所に指定台数をチャーターする」場合もあります。

主に、二次会への移動などにこのようなケースがあるでしょう。

こんな場合は、タクシー会社と取り決めた上で、「手作りタクシーチケット」を用意して、ゲストに渡しましょう。

チケットに明記する情報は、

  • ゲスト名
  • 乗車日時と時刻(当日限り有効)
  • 乗車区間
  • 会場の案内
  • 料金のお支払は不要です、という文

タクシーチケットがあるとゲストの移動もスムーズで、ホスト側も安心です。チケットの用意がない会社を利用する時には、ぜひ手作りに挑戦してみましょう。

お車代はタクシーチケットより現金のほうが無難

お車代

「お車代」は、文字通り交通費のことでもありますが、「お礼」では遠慮して受け取ってもらえない人などに、「遠路はるばる来てくださってありがとうございます」という感謝の気持ちも含まれています。

「お車代」を考えているゲストは、主賓や乾杯の発声を頼んだ方など、目上の方が多いかと思います。

タクシーチケットではなく、現金をお渡ししたほうが丁寧で、失礼になりません。

まとめ

  • タクシーチケットキャッシュレスでゲストへのスマートなおもてなし
  • 一般的には最寄りの駅から会場までの片道代
  • 年配者や妊婦さんや目上の人、上司には個別に乗車範囲を検討する
  • チケットは出席する人に郵送か、当日受付で手渡しする
  • 金額の上限や、使用制限をつけるのがトラブル回避のためにはベスト

結婚式の場合、交通費は人によって差が大きく、不公平感も出がちです。2人の門出をお祝いに来てくださる方々へのおもてなしとして、タクシーチケットをスマートに利用できたらいいですね。