結婚後の名義変更(氏名変更)、賢い手続きの順番とポイント

結婚後の名義変更(氏名変更)、賢い手続きの順番とポイント

結婚して氏名や住所が変わったら、変更手続きが必要となります。

運転免許証やマイナンバーカード、銀行口座に生命保険、パスポート、携帯電話などなど、いくつもあって大変ですよね…。

今回は、賢い手続き行うための順番とポイントを紹介します。

この記事のポイント!
  • 結婚にともなう名義変更の順番に悩む人向け
  • たくさんある名義変更のベストタイミングがわかる

名義変更(氏名変更)の届け出はいつまでにしたらいい?

ビジネスイメージ―スケジュール管理名義変更(氏名変更)の届け出は「いつまでに」という決まりはありません。

ただ、新姓となってから身分証明できない、病院にかかることになっても保険が適用されないなどあったら困りますよね。変更手続きはできるだけ早く済ませるのがオススメです。

ちなみに住所変更(転入届)に関しては、引越しをしてから2週間以内の手続きが必要です。

入籍が先?引越しが先?名義変更の「賢い」手続きの順番

結婚 名義変更 順番名義変更(氏名変更)の手続きの順番に大きく関係してくるのが、「婚姻届の提出(入籍)」と「引越し」のタイミング。

カップルの事情によって様々なパターンがありますが、主に次の3パターンが考えられます。

  1. 引越し⇒婚姻届提出(2週間以内)
  2. 引越し⇒婚姻届提出(2週間以上あと)
  3. 婚姻届提出⇒引越し

この中で一番、手続きがスムーズなのは、婚姻届と転入届を同日に役所に提出できる、1.引越しをしてから2週間以内に婚姻届を提出するパターンになります。

ミニコラム引っ越しを済ませてから婚姻届を出しているカップルが56%

マイナビウエディング」のアンケートによると、先輩カップルの56%が先に引っ越しを済ませてから婚姻届けを提出しています。さらに、婚姻届けを提出してから結婚式を挙げているカップルが68%!

このアンケートから、

引越し ⇒ 婚姻届けの提出 ⇒ 結婚式

といった順番で、新生活をスタートさせているカップルが多いことがうかがえそうですね。

1.引越しをして、すぐ(2週間以内)に婚姻届を提出する

引越ししてすぐに婚姻届けを出す

  1. 転出届提出
  2. 引越し
  3. 婚姻届提出
  4. 転入届提出
  5. 住所変更(運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなど)
  6. 名義変更(運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなど)

引越しをして、すぐ(2週間以内)に婚姻届を提出するカップルはこちらの順番で。

引越し後するに入籍をすると、免許証などの「住所変更」と「名義変更(氏名変更)」が一度にできるのでとってもラクチン!最も効率的に名義変更を進められます。

ポイントは、役所での手続きをすべてまとめて行ってしまうこと!

  • 婚姻届提出
  • 転入届提出
  • マイナンバーカードまたは通知カード
  • 国民健康保険・国民年金
  • 住民票取得

これらの手続きをまとめて行うことで、役所に行く回数が1回で済みます。

順番は、婚姻届→転入届の順に提出を。

役所の後に警察署など、上手にまわれば1日ですべての手続きを終えることもできます!

この場合で名義変更手続きを進める人のモデルコースはこちら!

2.引越しをして、2週間以上経ってから婚姻届を提出する

同棲後に婚姻届けを出す

  1. 転出届提出
  2. 引越し
  3. 転入届提出
  4. 住所変更(運転免許証やマイナンバーカードなど)
  5. 婚姻届提出
  6. 名義変更(運転免許証やパスポートなど)

先に引越しをして、一緒に暮らしてから婚姻届を提出するカップル(同棲カップルなど)はこちらの順番で。

引越し後に、婚姻届けを出したい日にちが明確に決まっている!というカップルに多いパターンですね。上の図でいうと、④と⑤の間がしばらく空く場合になります。

この場合、引越しの際の住所変更と入籍後の名義変更で、同じような手続きを2度行う必要があります。例えば、転出届提出と婚姻届提出のために2度役所に行く必要がある、免許証やマイナンバーカードの書き変えも2度行うことになるなど。

ただし、彼(彼女)と一緒に住んでから、落ち着いて各種変更手続きや結婚準備を進められるというメリットも。

ちなみに、引越し後の住所変更について、パスポートは本籍地が変わらない場合は手続き不要です。婚姻届提出後も、本籍地の都道府県が結婚前と変わらなければ名義変更(氏名変更)だけでOK。

3.婚姻届を提出してから引っ越しをする

婚姻届を出してから引越しする

  1. 婚姻届提出
  2. 名義変更(運転免許証やパスポートなど)
  3. 転出届提出
  4. 引越し
  5. 転入届提出
  6. 住所変更(運転免許証やマイナンバーカードなど)

婚姻届を提出してから引越しをするカップルは、こちらの順番で。

この場合、引越し・転入届提出の前に、名義変更(氏名変更)の手続きを済ませておくのがポイント。

引越してから住所変更と一緒にまとめてやろうと思っていると、旧姓のままでは身分証明できなかったり、会社からの給与支払いで振り込みができなくなるなど面倒なことが起こることも…。

運転免許証やパスポート、銀行口座、クレジットカードなど名義変更(氏名変更)は、婚姻届を提出したらすぐに行いましょう。そして、引越し後に、今度は各種住所の変更手続きをします。

ただし、パスポートに関してはちょっと注意が必要。

航空券を旧姓で発券している場合は、パスポートも旧姓のままにしておきます。航空券とパスポートの名前が一致していないと渡航できなくなるので、帰国してからパスポートの名義変更(氏名変更)を行うようにしましょう。

関連記事

結婚したらパスポートの変更をすべき?やり方や必要日数を解説!

結婚の名義変更手続きをスムーズに進めるためのポイント

結婚 名義変更 順番

1.名義変更、住所変更が必要なものリストを作っておく

名義変更が必要なリストを作り、終わったらチェックしておきましょう。

  • 健康保険証
  • マイナンバーカード・通知カード
  • 運転免許証
  • 車(車検証)
  • パスポート
  • 銀行口座
  • クレジットカード
  • 電気・ガス・水道
  • 生命保険・損害保険
  • 携帯電話
  • インターネット・ケーブルテレビ
  • ネット通販
  • 国家資格など
関連記事

結婚で名義変更(氏名変更)するもの一覧。必要書類など詳しく解説!」

2.新姓の印鑑の準備をしておく

入籍後に転入届を提出する場合、新姓の印鑑が必要になります。その他、国民年金や国民健康保険の氏名変更でも必要になるので、入籍前に準備しておきましょう。

認印、銀行員、実印を3種類を作っておくことをオススメします。

3.戸籍謄(抄)本の準備は、婚姻届け提出の2週間前に

本籍地以外の役所に婚姻届を提出する人は、戸籍謄本が必要です。

戸籍謄(抄)本の取得は、戸籍がある役所(本籍がある役所)でしか取得できません。郵送してもらうことも可能ですが、取得には時間がかかりますので、婚姻届を提出する2週間前から戸籍謄本を準備をするようにしましょう。

4.婚姻届は不備がないように記入する

婚姻届に不備があると、このあとのすべての手続きが滞ってしまいます。

不備があった婚姻届の理由の多くは、婚姻する当人または証人の印鑑がシャチハタなどゴム印だったというケース。

また、窓口では本人確認書類(運転免許証など)の提示も必要となるので、提出の際は忘れないように!

5.住民票の写しを多めに取得しておく

住民票引越し後の新住所の住民票の写しは、国民健康保険や運転免許証の名義変更(氏名変更)で必要となります。

また、運転免許証を持っていない人にとって、住民票の写しは本人確認書類として使用できます(ただし、顔写真がないので、健康保険証など2種以上の提示が必要)。

名義変更の場面で住民票の写しが急に必要となった場合、役所にまた行って取得するのは面倒ですよね。住民票の写しは多めに取得しておくとよいでしょう。

6.婚姻届提出時に、婚姻届受理証明書をもらっておく

入籍後(婚姻届の提出後)すぐ、あたらしい戸籍ができるわけではありません。

新しい戸籍ができるまで1週間前後かかることもあり、この間は新姓の戸籍謄本を入手できません。

パスポートの名義変更(氏名変更)には戸籍謄本が必要なので、代わりに「婚姻届受理証明書(有料)」※1)を取得しておくと便利です。

婚姻届受理証明書とは「婚姻を正式に認めますよ」という公文書で、パスポートの名義変更時に戸籍謄本の代わりに使えます。婚姻届を提出する際に取得しておきましょう。

※婚姻届受理証明書が使える場面

  • 本籍地と住民票の住所が異なる場合の住民票の取得
  • パスポートの新規発給・変更手続きで必要となる戸籍謄(抄)本の代理書類として(申請時のみ)
  • 失業保険の受給手続き
  • 結婚したことを会社に届けることが必要な場合

7.携帯電話、銀行口座、クレジットカードなど変更書類を取り寄せておく

携帯電話や銀行口座、クレジットカードなど、名義変更に必要な書類をあらかじめ取り寄せておくことをオススメします。

携帯電話は、家族割など新たなプラン加入も検討もしたいですね。

名義変更(氏名変更)の手続きを1日で済ませるモデルコース

結婚 名義変更 手続き結婚後の名義変更手続きは、平日にまとめて行うことをオススメします。

まずは役所での届出や変更手続きを済ませ、婚姻届受理証明書や新しい住民票など、その後の手続きに必要な書類を取得するようにしましょう。

役所は混んでいると届出の受理、住民票の写しなどの発行に時間がかかることもあります。

その後の手続きのスケジュールを考えると、開庁してすぐ~10時ぐらいまでに役所に出かけることをオススメします。スタートが大事ですよ!!

運転免許証を持っている人は、役所の手続きのあと、その足で最寄りの警察署へ行くこと。ただし、昼休みのある警察署もあるので、受付時間を確認しておきましょう。

次に、【1.引越しをして、スグ(2週間以内)に婚姻届を提出する】パターンで、1日のモデルコースを紹介します。


9:00 新居の最寄りの役所へ

  • 婚姻届を提出(必要な場合、婚姻届受理証明書を取得しておく)
  • 転入届を提出、住民票の写しを多めに取得する(必要な場合、戸籍謄(抄)本も取得)
  • マイナンバーカードまたは通知カードの住所・氏名変更手続き
  • 国民健康保険・国民年金の住所・氏名の変更手続き(必要な人のみ)
  • 印鑑登録(必要な人のみ。手続きは後日でもOK)

11:00 運転免許証の書き変えのため警察署へ(または、運転免許試験場、運転免許センター)

  • 運転免許証、住民票(新住所の)が必要
  • 運転免許証記載事項変更届(現地で入手・記入)を提出

12:00 ランチタイム

13:00 銀行窓口で口座の住所・氏名変更手続き(※15:00までに)

14:00 パスポートを持っている人はパスポートセンターへ(※19:00までに)

  • 戸籍謄本(戸籍抄本)もしくは婚姻届受理証明書が必要
  • パスポート、写真、新姓の免許証が必要

移動中や待ち時間

スマートフォンで、電気、ガス、水道、クレジットカードや生命保険などの変更手続きや資料請求を行いましょう。

後日 会社で手続き(氏名・住所・銀行口座など)

まとめ

結婚 名義変更 順番

  • 名義変更の手続きは、引越しと入籍のタイミングで順番が変わる
  • 名義変更は、引越し⇒婚姻届提出(2週間以内)というパターンが一番効率がいい
  • 名義変更手続きは、平日の1日で終えられる!
  • 名義変更の手続きに必要なもの(印鑑)や書類の準備をしておく