ラスティックウェディングの意味やドレス・会場の選び方を徹底解説

ラスティックウェディングの意味やドレス・会場の選び方を徹底解説

いま、新しい結婚式の形として、海外で流行中の「ラスティックウェディング」が日本でも注目を集めています。

「こうでなければラスティックウェディングではない」という明確なルールは存在しませんが、ラスティックらしい雰囲気をつくるには、それを演出するアイテムや環境を上手に選ぶことが大切です。

ここでは、ラスティックウェディングの意味や、ラスティックウェディングを演出できるドレスや会場などの選び方を解説します。

この記事のポイント!

  • 挙式を考えているカップル向け
  • ラスティックウェディングとはどういうものかを知ることができる
  • ラスティックウェディングを演出するためのポイントがわかる

ラスティックウェディングとは素朴でナチュラルな結婚式のこと

ラスティックウェディング(Rustic Wedding)とは、「rustic」が意味する言葉のとおり、自然豊かな場所(屋外)で行われることの多い、飾り気のないナチュラルなイメージの結婚式を指します。

一般的な結婚式というと、豪華な会場を借りて派手に行うというイメージが強いかもしれません。

しかし最近では、従来の結婚式のような堅苦しさのない、リラックスした雰囲気の結婚式として、このラスティックウェディングが流行し始めているようです。

ラスティックウェディング演出のカギは?式場、小物、ドレス、ブーケを解説

どのような結婚式をラスティックウェディングと呼ぶのかというのは、はっきりとした決まりがありませんので、自分たちの考える「ラスティック」のイメージで式を演出していけばOKです。

しかし、「ラスティックな雰囲気を演出しやすいものが何か」をある程度頭に入れておくことで、より満足いくラスティックウェディングに仕上げることができるでしょう。

ラスティックウェディングの温かく素朴な雰囲気を演出するには、式場、デコレーション小物、ドレス、ブーケなどを上手に選ぶことが肝心です。以下でいくつかのポイントをみていきましょう。

ラスティックウェディングの式場は屋外・屋内どちらでもOK

ラスティックな雰囲気づくりに大きな役割を果たしてくれるのは、やはり式場ですよね。もっともラスティックな雰囲気を味わえるのは、やはり森の中のような、自然豊かな屋外で式を行う場合でしょう。

海外では農場や納屋を使って行うこともあるようです。日本では、軽井沢などにラスティックウェディングに適した雰囲気の会場があります。

ラスティックウェディングは必ず屋外で行わなければならないものではないので、屋内で挙式を行うという場合も、会場のデコレーションなど工夫しだいでラスティックな雰囲気を取り入れることができるでしょう。

また、式場によっては、屋外の緑豊かなガーデンに出られるところもあるようです。そんな会場を選べば、メインの式は屋内で行い、その後ガーデンパーティーでラスティックな雰囲気を楽しむこともできそうですね。

自然素材・主張しすぎないアイテムで会場をデコレーションする

ラスティックな雰囲気を演出するには、ウェルカムボードやテーブルコーディネートなど、会場の飾りつけも重要。デコレーションは豪華すぎるアイテムの使用を避け、手を加えすぎないようにするとよいでしょう。

小物を探すときやアイディアを考えるときは、「アンティーク調」、「シャビー」、「ヴィンテージ」、「ナチュラル」といったワードをヒントにすると、イメージに合うものが見つかりやすいかもしれません。

また、木、花、コットンなど、自然素材のアイテムを取り入れると、温かみを感じさせるラスティックな雰囲気を作りやすくなります。お花を飾るなら、野花らしいものを選ぶとなお良いでしょう。

明かりを取り入れるなら、優しい光を与えてくれるキャンドルや、派手に光らないイルミネーションを使うようにすれば、ラスティックな雰囲気を邪魔しません。

ドレスはストレートなシルエットの落ち着いたデザインがぴったり

花嫁のドレスは、落ち着いたデザイン・柔らかい素材のドレスが会場の雰囲気に馴染みやすいでしょう。

たとえばデザインは、腰回りのボリュームが少なく落ち着いたストレートラインやエンパイアラインのようなシルエットで、あまり派手すぎない、レースや刺繍があしらわれたドレスを着用する人が多いようです。

また、ドレスの足元をサンダルにする場合もあるほど、リラックス感が重視されるウェディングなので、シルクなど肌触りのよく柔らかい生地を使ったドレスがおすすめです。

ラスティックウェディングでは、そんなドレスに合わせて、髪型も程よくリラックス感のあるダウンスタイルにすると良いでしょう。髪はゆるく巻いたり編み込んだりして、落ち着いた色合いの花冠をかぶれば、会場の風景にもマッチします。

ブーケに使用する花は落ち着いた色が似合う

ラスティックウェディングで使うブーケの花は、あまりカラフルにせず、くすんだような落ち着いた色のものを選ぶのがおすすめです。

あまり作り込んだブーケよりも、摘んできた野花を束ねて作ったようなナチュラルな印象のブーケが似合います。

野草や木の実を入れるとさらに素朴な雰囲気が出るでしょう。また、花冠やテーブルに飾るお花の色合いをブーケの草花と合わせれば、統一感を出すことができます。

式場で行うなら費用は一般の結婚式と同じくらい

気になるラスティックウェディングの費用についてですが、式場で行う場合は一般的な結婚式とそれほど変わらないようです。

それでも、素朴な雰囲気を出すために、いろいろ自作したいというケースもあるかと思います。自分たちだけで用意できるものがあれば、そのぶん費用を抑えられる場合もあるでしょう。

そのほか、式場ではなくフリーのウェディングプランナーにラスティックウェディングのプランニングを頼むのも手です。

費用はかかりますが、屋外での結婚式や変わった結婚式に慣れたプランナーにお願いすることができれば、満足度の高いラスティックウェディングを実現させることができるでしょう。

まとめ

  • ラスティックウェディングとは、自然の中で行われることの多い素朴な結婚式
  • ラスティックウェディングの会場は屋外・屋内どちらでもOK
  • デコレーションには木や花などの自然素材・主張しすぎない小物を取り入れて
  • ドレスはストレートなシルエットで、リラックス感のあるスタイルが合う
  • ブーケには落ち着いた色の草花を使う
  • 式場の場合、費用は一般の結婚式とそれほど変わらない

ラスティックウェディングには一般的な結婚式と違ってリラックス感があるので、本人たちもゲストもあまり気を張らずに参加できる点が魅力です。

ほかの結婚式とは一味違った結婚式にしたいという場合は、ラスティックウェディングを検討してみてはいかがでしょうか。