結婚式のお車代を入れる封筒のマナー・アイデア、金額の相場などを紹介!

結婚式のお車代を入れる封筒のマナー・アイデア、金額の相場などを紹介!

お車代は交通費としてゲストに渡すものですが、どれくらいの金額が相場なのか?

どんな封筒にどのように入れたらいいのか?

今回は、結婚式のお車代のマナーや封筒のデザインについて解説します。

この記事のポイント!
  • これから結婚式を挙げるカップル向け
  • 結婚式のお車代の相場や準備する物がわかる
  • お車代のマナーがわかる

結婚式の「お車代」は誰に渡す?金額の相場やマナー

神前式写真撮影

結婚式のお車代は、新郎新婦の感謝の気持ちを表すもので、「ゲストの交通費」を指します。

混同しがちなのが、「お礼」と「お車代」の違い

お礼は、役割をお願いした方へ感謝の気持ちを表します。

たとえば、仲人さんを立てた場合、「お礼」としてご祝儀の倍返し。「お車代」として1万円~3万円を別に渡します。

ただし、主賓乾杯の発声をお願いした方に対しては、「お礼」「お車代」と2つの封筒に分ける人もいれば、「お車代」ひとつにまとめて(1万円~3万円)渡すケースも多いです。

受付などの役割をお願いした人に対しても、「お車代」または「お礼」という名目で、感謝の気持ちを伝えます。

お車代、お礼ともに両親から渡してもらうことが予想されるので、封筒の表書き(名目)渡してもらう相手との関係性どのようなお礼の言葉を添えるかなど、両親と相談しておきましょう。

結婚式で役割を依頼した人や遠方からのゲストに渡す

お車代はゲストに交通費として渡すものですが、すべてのゲストに渡していたらキリがなく、一部のゲストにのみ渡すのが一般的です。

主に、仲人、主賓、乾杯の発声をお願いした方、遠方から来るゲスト、受付係がお車代を渡す対象となります。

渡す相手別、お車代の金額相場

  • 仲人、主賓、乾杯の発声をお願いした方へのお車代:1万円~3万円 ※1
  • 遠方からに出席してくれたゲストへのお車代:交通費の半額~全額 ※2
  • 受付係の人へのお車代(お礼)は、3,000円~5,000円

※1)主賓のスピーチ、乾杯の発声など役割をお願いしたゲストの場合は、往復の交通費に少し足した金額を渡すのが一般的です。

※2)遠方から出席してくれたゲストの交通費が1万円に満たなくとも、最低1万円は用意するのがマナーとなっています。

ただ、お車代は、多すぎても相手に気を遣わせてしまうもの。最近では交通費の半額を包む方が増えているます。

また、交通費で負担をかけてしまったゲストに対しては、新郎新婦がご祝儀を辞退するケースもあります。

お車代は、結婚式当日に新郎新婦の両親または受付から渡す

お車代は、新郎新婦がお礼の言葉を添え直接渡せたらいいのですが、結婚式当日は忙しく難しいもの。

なので、新郎新婦の両親や受付からお車代を渡すのが一般的となっています。

お車代を渡すタイミングは、相手によって異なるため、両親や受付係の人とも、打ち合わせをしておきましょう。

関連記事
失礼のない結婚式お車代の渡し方!タイミングやマナーを徹底解説

お車代の封筒はご祝儀袋?ポチ袋?お礼の入れかたマナー

ポチ袋

ゲストにお車代のお金をそのまま手渡すのはもってのほか!

でも、封筒の種類やお札の入れ方などを誤ると、マナー違反になってしまうこともあります。

お車代で使う封筒での注意点をご説明します。

お車代の金額によって、封筒(ご祝儀袋・ポチ袋)を使い分けよう!

お車代を入れる封筒は、金額に応じて使い分けるのが常識とされています。

金額が1万円~数万円と高額の場合

金額が1万円~数万円と高額の場合、水引とのしがついたご祝儀袋のうち水引が印刷ではないものを選びます。

お札は折らずにそのまま入れるようにしましょう。

金額が1万円程度の場合

金額が1万円程度の場合は、水引とのしが印刷されたご祝儀袋を使います。

こちらも、お札は折らない状態で入れます。

金額が1万円以下の場合

金額が1万円以下の場合も印刷のご祝儀袋で構いませんが、それより少し小さめのポチ袋に入れても問題ありません。

むしろ、あまりに立派すぎる封筒はアンバランスでしょう。お札は三つ折りにして入れます。

封筒の水引は「紅白」「10本」「結び切り」が基本

水引の付いた封筒は結婚式以外にも出産や入学などの慶事で使用されるほか、お通夜や葬式などの弔事で使用されることがあります。

そのため、適切なものを選ぶ必要があります。お車代で使用するご祝儀袋の水引は以下のものを選びます。

  • 色は紅白(赤金でも可):慶事で使用するのは基本的に紅白
  • 本数は10本:慶びを重ねる、夫婦などの意味を持つことから
  • 結びは「結び切り」:結び直すことができない結び方。弔事同様、二度あってはいけないことから

蝶結びは何度あってもよい慶事で使用するものなので、結婚式の場では使いません

結婚式の水引に白黒のものを選ぶ人はいないとは思いますが、結び方は間違えやすいので注意しましょう。

お車代は新札が基本!お札の向きは表面を上向きにして入れる

封筒に入れるお札は新札(ピン札)が基本となるため、事前に用意しておきましょう。

くしゃくしゃなお金を渡してしまっては、ゲストに失礼です。

ご祝儀袋でお車代を渡す際、新札の入れ方

封筒の表面(水引きがある方)とお札の表面(肖像画が描かれている方)を揃え、お札の肖像画が上にくるように入れるのがマナーとなります。

封をする際は糊付けをしない方が多いですが、もし糊付けする場合は、中の金額を忘れないようにメモしておきましょう。

もしくは、「お車代リスト」を作っておくと安心ですね。

ポチ袋でお車代を渡す際、新札の入れ方

ポチ袋で渡す場合は、新札を三つ折りにします。

表面(肖像画がある面)を左側から折り、次に右側を折り、三つ折りにしてポチ袋に入れます。

お車代には「相手の名前は書かない」が常識!書き方のマナー

毛筆

ご祝儀袋の表書きの書き方は、封筒表面の中央上部に「御車代」の文字を書きます。

封筒の表面中央下部には、新郎新婦の名字を書きます。右側に新郎の名字を、左側に新婦の名字(旧姓)を記載するのが一般的。

表面には相手の名前を書かないことが基本

両親や受付の人にお車代を渡してもらう場合、封筒の表面に渡す相手の名前を書いた付箋を貼っておき、渡す直前に取って渡してもらうようにしましょう。

封筒の表書きは筆ペンや毛筆で

封筒の表書きはボールペンや名前ペンで書くのはNGとされています。

必ず毛筆筆ペンを使用するようにします。達筆である必要はありません。

ていねいに、心をこめて書けばゲストに気持ちは伝わるでしょう。

万が一、結婚式の当日にお車代を渡すタイミングを逃してしまったなどで後日渡す場合は、旧姓ではなく結婚後の新姓を記載しましょう。

結婚式のお車代に添えたい、メッセージ(一筆)例

結婚式の花嫁

お車代を包んだ封筒の中に、新郎新婦の手書きのメッセージを添えると、感謝の気持ちがより伝わります。

【文例1】
本日は 遠方よりお越しいただき ありがとうございます
【文例2】
本日は遠方よりご出席いただき ありがとうございます
僅かではございますが ご帰宅までの交通費に宛てていただけたら幸いです
【文例3(親しい友人向け)】
○○さんへ
今日は忙しい中、遠くから来てくれてありがとう!
ほんの気持ちですが受け取ってください 気を付けて帰ってね
○○より

お車代封筒をおしゃれに作りたい!手作りアイディア

手作り封筒

お車代のポチ袋はゲストによってデザインを変えてもOK

最近は、ご祝儀袋の形式にこだわらず、新郎新婦が手作りのお車代用の封筒を用意していることもあります。

デザインも、かわいらしいものから、シンプルなものまで様々で、中には、お車代を渡す相手によって封筒を作ったという花嫁も!

ただ気をつけたいのは、手作りで用意した封筒はカジュアルな印象を相手に与えてしまうこと

相手によっては、「失礼!」と思われてしまうことがあるので、渡す相手の顔を思い浮かべて検討してみてくださいね。

お車代用封筒のおすすめテンプレート

袋の表面に車のイラストが付いているだけでも可愛らしいですし、ハートマークや花模様なども結婚式にはふさわしいです。

  • お車代やお礼封筒を無料テンプレート「ラピスラズリ
  • 熨斗を無料で自分で印刷できる。シンプルな封筒と組み合わせて「のし無料
  • ハンドメイド作品を購入できる「minne(ミンネ)」

お車代の封筒を手作りするのもオススメ!

時間に余裕があるカップルは、ポチ袋や水引を手作りしてみてはいかがでしょうか。

シンプルなテンプレートをダウンロードして、シールを貼る、スタンプを押すなどもアリですし、毛糸やビーズなどを用いて手間をかければ、ゲストも感動してくれるはず。

100均でポチ袋を購入して、「水引の部分だけ自分たちで作って合体させて」というカップルもいます。

まとめ

  • お車代は役割を依頼した人や遠方ゲストへの交通費として渡すもの
  • 主賓や乾杯の発声をお願いした方に対しては、「お車代」「お礼」をまとめて渡すケースもある
  • お車代は、新郎新婦の両親や受付の人が渡すのが一般的
  • ご祝儀袋は金額によって、水引は用途によって使い分けが必要
  • 表書きに書くのは「御車代」と新郎新婦の名字のみ

結婚式のお車代を入れる封筒のマナーやアイデアをご紹介しました。

自分たちのためにはるばる来てくれるゲストにも喜んでもらえるよう、精一杯のおもてなしをしましょう!