二次会やカジュアルウェディングに!セパレートウェディングドレス

二次会やカジュアルウェディングに!セパレートウェディングドレス

海外花嫁に人気の、セパレートウェディングドレス

伝統的なウェディングドレスといえばワンピーススタイルですが、数年前から人気に火が付いたのがセパレートタイプ(ツーピース)のウェディングドレス。

トップとスカートが別れたタイプのドレスはカジュアルなウェディングで大人気なんです♪

海外では短めの丈のトップが特に人気なので、「クロップトップウェディングドレス」とも呼ばれます!

 

Crystal Woodさん(@bridalinsidersecrets)がシェアした投稿 -

おへそは見せない!ハイウエストがルール

外花嫁たちが選ぶのは、おへそが見えない「ハイウエストスカート」のドレス!

低い位置で履くタイプのスカートはおへその方まで見えてしまい、場合によっては下品な印象を与えてしまうかも…。

ハイウエストスカートなら、程よい肌見せとスタイルアップの両方を叶えてくれるんです!

 

Wedding Sparrowさん(@weddingsparrow)がシェアした投稿 -

王道スタイルはレーストップ×シンプルスカート

おしゃれに敏感な海外花嫁たちが特に注目して選んでいるのが、上下で素材やデザインを変えたタイプのドレス。

このタイプでの王道はレース素材のトップスに、飾りのないシンプルなスカートを合わせたもの。

長袖をチョイスすれば上品さが増し、カジュアルさを抑えたい花嫁さんにもぴったり♪

 

Beth Allenさん(@bethaweddings)がシェアした投稿 -

ボヘミアンレースでナチュラルに

海外で人気のテーマのひとつでもある「ボヘミアンウェディング」。

カラフルな刺繍のこてこてなボヘミアンスタイルもかわいいけれど、ウェディングで人気なのはオールホワイトのボヘミアンレースのドレス。

胴回りの露出が多いセパレートタイプを選んでも、かわいらしいイメージとナチュラル感を演出できちゃうんです♪

 

Louise Hillさん(@churchgateporter)がシェアした投稿 -

二次会にもオススメ!膝丈スカートのセットアップ

カジュアル度が高めなショート丈スカートのセットアップは、二次会やアットホームなウェディングにぴったり!

上下をホワイトでそろえることでウェディングらしさを残しつつ、リラックスした雰囲気に…♪

狭い会場でも動きやすいので、二次会を思い切り楽しみたい花嫁さんにおすすめ!

 

Felicity Johnstonさん(@fjcelebrant)がシェアした投稿 -

リゾートウェディングには、オフショルのウェディングドレス

リゾートだからこそチャレンジしたいのが、オフショルダーのセパレートドレス。

ハットや大ぶりのアクセサリーで遊んでみるのも◎

ドレスは光沢のある生地よりも、レースやシフォン素材で軽やかさを出すのがポイント♪

 

Noubaさん(@nouba_blog)がシェアした投稿 -

ワンピースドレスを、ツーピースドレスにリメイク

母親から譲り受けたドレスを着たいけど、デザインは少し時代遅れ….なんて花嫁さんの願いを叶えるのが、ワンピースをセパレートタイプにリメイクする方法!

同じ素材なので一見ワンピースにも見えますが、上下を切り離すだけで流行のセパレートドレスに早変わり♪

 

Robyn💋さん(@robynsdreamdresses)がシェアした投稿 -

ロングスリーブで肌見せを調節

全体的な露出を抑えたい花嫁さんにおすすめなのが、ロングスリーブのレーストップ。

胴回りの露出とバランスを取ることで、上品さを保つことができます♪

ロイヤルウェディング効果で人気のレースの長袖ウェディングドレスの上品さと、セパレートドレスのカジュアルさをミックスしたコーディネートです!

 

Jaclyn Cartier 💋さん(@jaclyncartier)がシェアした投稿 -

極端な露出は恥ずかしい花嫁さんには

海外花嫁たちのセパレートドレスコーデはかわいいけど、キャミソールタイプや極端に短いトップのスタイルはちょっとまねできないかも….という花嫁さんでも取り入れやすいのがオーバーサイズのシースルートップを合わせたコーデ♪

直接肌が見えないので、恥ずかしがり屋な花嫁さんや、上品なコーデが好みの花嫁さんにおすすめなんです!

まとめ

カジュアルなウェディングや二次会に取り入れたいセパレートタイプのウェディングドレスをご紹介しました!

普通のワンピースドレスじゃない、ひとくせあるセパレートドレスを取り入れてみてはいかがでしょうか♪