結婚指輪の支払いは、男性と女性どっちが負担?

結婚指輪の支払いは、男性と女性どっちが負担?

結婚指輪(マリッジリング)は二人で使うものなので、費用を折半したりお互いに贈り合ったり、支払方法はさまざま。

人それぞれ金銭事情や価値観が異なるように、結婚指輪の費用を誰が払うかもカップルによって違います。

一般的にどういう負担方法があるのかわかれば、二人の話し合いもスムーズに進むでしょう。

今回は、先輩カップルのみんなが、結婚指輪の費用は男女どちらが負担しているのか?を調査してみました。

この記事のポイント!
  • 結婚指輪購入前のカップル向け
  • 結婚指輪の支払い方法のパターンがわかる
  • 結婚指輪の価格平均がわかる

結婚指輪の支払い費用は、男性と女性で割り勘が多い

プロポーズの際に男性が用意する婚約指輪と違って、結婚指輪は結婚した後に二人で使います。そのことから、男性と女性で費用を割り勘にするのが一般的

とはいえ、負担の割合はカップルによってさまざまで、割り勘以外に「男性が全額支払う」「女性が買う」というケースもあります。

それぞれのカップルがどういった理由で費用負担を決めているのかご紹介しましょう。

割り勘といってもお互いに贈り合うのが一般的

結婚指輪の費用を割り勘にする場合、「お互いに相手の指輪を買って贈り合う」というケースも多いです。

結婚指輪は数十年使い続ける大切な結婚の証なので、折半するというよりプレゼントし合う形にしたほうが思い出に残ります。

また、男女問わず費用の割合を5対5にする場合は、「同じ家計になるのだから、どちらか一方が多く支払いをしても意味がない」という考えがあるようです。

結婚前から二人で結婚資金を貯めていて、そのお金から出すというカップルもいます。

男性が多めに負担するケース

「支払いは男の甲斐性」「披露宴や式の費用を彼女側が負担してくれるから、婚約指輪と結婚指輪、新居の家電は自分が負担する」といった男性も少なくありません。

また、「ゼクシィ 結婚トレンド調査2017」(※)によると、男性がつける結婚指輪の購入平均額は「11.5万円」で、女性の指輪は平均「13.7万円」です。

女性の指輪のほうが少し高くなることが多いので、折半といっても実際には少しだけ男性が多めに負担しているケースもあるでしょう。

女性が多めに負担するケース

一方、女性が多めに費用を負担する、女性が買うというケースもあります。
「式の費用は夫が負担してくれるから」「どうしてもほしいデザインの指輪だと彼側の予算を越えてしまうから、その差額を自分で出す」といった理由があるようです。

結婚指輪の費用負担は、二人が納得する答えを見つけることが大切

調べてみると、やはり結婚指輪の費用負担はカップルによって違うことがわかりました。大切なのは、お互いが費用負担に納得することです。

長い結婚生活を送るためには、「結婚指輪は折半じゃないとダメだ!」「結婚指輪は男性が支払うべき!」といった価値観の押し付けをしてはいけません。

結婚指輪の支払いは2人でよく相談して

相場はいくら?結婚指輪の購入金額

一般的な結婚指輪の費用負担がわかったところで、ここからは指輪の購入にかかる金額や支払い方法についてご紹介していきます。

「ゼクシィ 結婚トレンド調査2017」(※)によると、結婚指輪二人分の費用は平均「24.9万円」でした。

夫側の予算を12万円、妻側の予算を13万円と考えておけば、男女別の指輪の平均購入額ともぴったり合うので大抵の結婚指輪は購入できるでしょう。

現金?カード?分割?支払いはいつ?気になる指輪の支払い方法

結婚指輪の支払い

結婚指輪の費用は、平均で約25万円。決して安いものではありません。

そこで気になるのが、費用の支払い方法。

国内にある一般的なジュエリーショップやブランドの路面店なら、現金、クレジットカード、ショッピングローンによる分割払いのすべてに対応しています。

結婚前後では披露宴や婚約指輪、新居の家具家電、新婚旅行などでなにかとお金がかかるものです。自分たちに合った支払い方法で結婚指輪を購入しましょう。

現金払いなら割引されることも

どの店舗、どのブランドでも現金一括払いは喜ばれます。

二人の指輪を同じショップで買うと割引がつくこともあるので、結婚指輪を贈り合う場合にもおすすめの支払い方法です。

ただし、現金をそのまま持ち歩くのは危険なので、振込用紙をもらって銀行振込で払いましょう。

クレジットカードで分割払いも可能

クレジットカードも利用できます。

一括払いはもちろん分割払いも可能で、結婚指輪のように高額な買い物をすればクレジットカードのポイントも一気に貯めることができます。

ショッピングローンを使えば分割払いもできる

クレジットカードを持っていない人は、ショッピングローンの利用が便利です。

一括払いと違って分割で支払うことができるため、月々の負担も小さくなります。

ただ、ショッピングローンの場合、申し込みをするタイミングで頭金を求められることが少なくありません。

ショッピングローンを利用するときは、事前に電話やネットで予算を伝えて頭金の額を確認しておくとスムーズです。

まとめ

  • 結婚指輪の支払いは、男女どちらかが負担するより割り勘が一般的
  • 男性が買う、女性が買うケースもあるので納得するまで話し合おう
  • 結婚指輪の平均費用は、二人分で約25万円
  • 国内の主要なショップなら、現金・カード・ショッピングローンと支払い方法も充実

結婚指輪の支払いは男女のどちらが負担すべきなのかについてご紹介しました。

参考:『ゼクシィ結婚トレンド調査 2017』株式会社リクルートマーケティングパートナーズ