婚約指輪も普段使いしたい!デザインを賢く選ぶ3つのポイント

婚約指輪も普段使いしたい!デザインを賢く選ぶ3つのポイント

「婚約指輪(エンゲージリング)を日常的に身に着けたいという女性は多いもの。

ただ、いくら実用性を求めているとはいっても、装飾がない指輪では選ぶ楽しみがありませんよね。

そんな意見を反映して、各ブランドではデザイン性もよく、頑丈で日常使いしやすいデザインの婚約指輪をつぎつぎと発表しています。

指輪は実際に身につけて確かめるのが一番ですが、ショップに行くまえに知っておきたい普段使いしやすいデザイン選びのポイントや、具体的なおすすめデザインをまとめてみました。

この記事のポイント!
  • 普段使いしやすい婚約指輪の購入を考えている人向け
  • 実用的な婚約指輪を選ぶ際の注意点がわかる
  • おすすめのデザインリングの種類が具体的にわかる

普段使いしやすい婚約指輪選びのポイント3つ

婚約指輪をつける指はどこ?

まずは、普段使いしやすいデザインの婚約指輪を選ぶために、最低限必要となる3つのポイントを押さえておきましょう。

1.ダイヤを留める立て爪が服に引っかからないこと

立て爪で宝石を留めている婚約指輪は、さまざまな角度から光が入ってくるため非常に見た目が美しいですよね。

ただ、ジュエリーがリングよりも外に出ているデザインは、どうしても着替えるときに服に引っかかってしまいます。

普段使いしやすいデザインの指輪を選ぶなら、段差のないフラットな形をしたものが一番です。

着替えは毎日行うものなので、いちいち指輪が服に引っかかったり、マフラーやストールに引っかかったりするとかなりのストレスになってしまいますよ。

2.できるだけ頑丈でサイズ変更もできるデザイン

普段使いをする以上、多少ぶつけてもびくともしない頑丈さは必須。

装飾が多く細身で繊細なデザインの指輪は、万が一のときに壊れやすいのでやめておきましょう。

リングの地金は、錆びにくいプラチナに合金を混ぜた素材がオススメ。

また、将来的にサイズのお直しをすることを考えて、サイズ変更に対応したデザイン(ソリティア、メレ、ハーフエタニティ)にするのがポイントです。

フルエタニティリングやパヴェリングは、指輪全体にダイヤモンドが敷き詰められているのでサイズ直しが困難です。

関連記事
婚約指輪をサイズ直ししたい…。費用や期間、できない場合を解説!

3.服装を選ばないシンプルなデザイン+0.3カラット以下のダイヤ

普段使いしやすいデザインの婚約指輪は、場所や服装を選ばない、華美になりすぎず馴染んでくれるシンプルさが求められますよね。

装飾が豪華すぎる、カラットの大きな宝石がついたものは避けたほうが服装には合わせやすいですよ。

一般的に婚約指輪に選ばれるダイヤのカラット数は、0.2ct~0.4ct未満。(ゼクシィ結婚トレンド調査 2017 より)

0.2カラットは3.8mm、0.3カラットは4.3mm、0.4カラットは4.8mmほど。普段使いするなら0.3カラット以下がオススメですよ。

日常使いにオススメのエンゲージリングデザイン

紹介した3つの選び方から、具体的におすすめの婚約指輪デザインをご紹介!

ハーフエタニティリング

ダイヤリング

普段使いしやすいデザインとしておすすめのエンゲージリングが、ハーフエタニティリングです。

ストレートな指輪の外周にぐるりと宝石が埋め込まれたデザインのエタニティリングに対し、ハーフという名の通り指輪の半分にだけ宝石が入っているのがハーフエタニティ。

多くの場合、0.1カラット前後のメレダイヤをレール留めや彫り留めといった、頑丈な方法で宝石を固定しています。普段使いしていても宝石が落ちる心配はほとんどありませんよ。

とてもシンプルなデザインですし、宝石のサイズも小さいのでどんな服装にも合わせやすいというメリットをもっています。

また、シンプルなデザインですがメレダイヤがキラキラ光って華やかなので、結婚指輪のセットリングとしても人気です。

爪のないソリティアリング

爪無しのソリティアリング
立て爪の無いダイヤモンドリング

ソリティアリングは、「サイズは小さめでも、しっかりした宝石を使った指輪がほしい」という女性におすすめのデザインとなっています。

宝石を留める際に爪を使わず、地金でしっかり固定するため指輪の表面に凸凹がないので、着替えるときに引っかかることも少ないですよ。

ただし、セットできる宝石のカラットはどうしても指輪の細さに左右されてしまいます。

あまり大きな宝石はつけられないため、シンプルであっさりしたデザインになりがち。

とはいえ、カラーダイヤ等の色つき石を選べば主張のある美しいデザインになりますよ。

エタニティリングよりも上品で使い勝手がよいことから、「婚約指輪といえばソリティアリング」とイメージする人に人気のデザインです。

宝石以外の部分は装飾も入れていないシンプルなデザインなので、指輪のサイズ直しもしやすいですよ。

カテドラルセッティングのリング

カテドラルセッティングの婚約指輪
左がカテドラルセッティングの婚約指輪

「しっかりしたサイズの一粒ダイヤが絶対欲しい!」という女性におすすめしたいのが、カテドラルセッティングという方法で宝石を留めているデザインの指輪。

基本的には立て爪デザインなのですが、宝石の両脇をスロープ状の地金で支えているため、通常の立て爪のソリティアリングよりも固定力が高く頑丈です。

また、宝石と指輪とのあいだに段差がないことから洋服等に引っかかりづらいですし、ソリティアリングやエタニティリングに比べてカラットの大きな宝石をつけられるというメリットがあります。

婚約指輪の普段使いにオススメ!ジュエリーブランド

婚約指輪の人気海外ブランド

婚約指輪といえばココ!という有名ブランドから、日常使いにもオススメのリングデザインを紹介します。

ティファニー:ティファニー ハーモニー

花嫁さんの憧れティファニー。

立て爪のソリティアリングが有名ですが、衣服への引っ掛かりが気になる方にオススメなのがこの「ティファニー ハーモニー」。

4本爪のセッティングですが、指輪の地金からしっかりとホールドされたデザインなので、ダイヤとの凹凸が比較的少なめです。

おそろいの結婚指輪もあるので、重ね付けがかわいいですよ。

カルティエ:バレリーナ ソリテール

カルティエのバレリーナと言えば、婚約指輪にあこがれをもつ花嫁さんなら一度は聞いたことがあるはず。

ソリテールというものの、立て爪ではなく、リングの地金から梁のようにアームが伸びていて、センターストーンをしっかりと支えたデザイン。

真ん中のダイヤの周りには小さなダイヤが4つきらめいていて、華やかでかわいらしい指輪です。

普段使いしやすいデザインに、婚約指輪をリフォーム!

指輪のサイズ直しはショップに任せよう

「婚約指輪をもらったけど、しまったままになってる…」「大きなダイヤに憧れてソリティアリングをもらったけど、結婚後はなかなかつける機会がない」

こんな方にオススメなのが、婚約指輪のリフォーム。

サイズ直しやメンテナンスとは違い、指輪のデザインごと作り直すという方法です。

立て爪のソリティアリングからレール留めに変更して引っかかりにくくする、ダイヤを追加してハーフエタニティリングにする、など普段使いできるようにお直しができるんですよ♪

また、指輪についていたセンターストーンを活かしてピアスやネックレスにすることも可能!

婚約指輪を“箪笥のこやし”にしないで、いつでも身に着けられるジュエリーに変えてみては?

関連記事
婚約指輪を素敵にリフォーム!デザイン事例を紹介

まとめ

  • 服に引っかからず、頑丈、シンプルで服装を選ばないのが普段使いしやすい婚約指輪のデザイン。
  • エタニティやハーフエタニティならお手頃価格で重ね付けも楽しめる
  • 爪のないデザインのソリティアリングは普段使いに最適
  • カテドラルセッティングのリングは華やかなのに頑丈でおすすめ!
  • 各ブランドがセットリングをつぎつぎと出しているので、ぜひ一度試してみるべき。

普段使いしやすい婚約指輪のデザインをご紹介しました。