ウェディンググローブの長さ・種類の選び方【ドレス・体型・式場別】

ウェディンググローブの長さ・種類の選び方【ドレス・体型・式場別】

ウェディングドレスとセットで着用するウェディンググローブ

もともとは、神仏の前では肌の露出を控えるのがマナーであったことから、厳格なキリスト教式では必須のアイテムでしたが、カジュアルウェディングでも着用したいと考える花嫁さんも多いはず。

ウェディンググローブを着ける意味や、体型・式場・ドレス別にオススメのグローブを詳しく紹介します♪

この記事のポイント!

  • ウェディンググローブを選びたい人向け
  • ウェディンググローブの種類や体型・式場・ドレス別に似合うタイプがわかる
  • ウェディンググローブを着ける意味がわかる

花嫁が結婚式でウェディンググローブを付ける意味

花嫁とウェディンググローブ

神仏の前やフォーマルな場では、肌の露出を控えるのがマナー。キリスト教式の挙式では花嫁はウェディンググローブを必ず着用しなくてはなりません。

キリスト教式以外でも、結婚前の花嫁は、けがれがなく純白純真、無垢な存在。

挙式でグローブを外すのは指輪交換の時だけで、「私は今からあなた(新郎)のものになります」という花嫁の誓いの意味があります。

また、式では花嫁の父と新郎も白い手袋を持ちますが、これは花嫁を守る剣の象徴と言われています。

花嫁の父には「今までこの剣(手袋)で大切な娘を守ってきた」という意味が、新郎には「これからこの剣(手袋)で大切な新婦を守っていく」という意味があります。

ミニコラム披露宴でもグローブはつけるの?

披露宴ではグローブを付ける必要はありませんが、お好みでOK。

食事をする時などは外したほうが楽ですが、一般的に花嫁は披露宴で食事はほとんどできないことと、外すとドレスとのバランスが悪くなるため、そのまま着けているケースも多いですよ。

ウェディンググローブの「形(種類・デザイン)」の選び方

フィンガーレスタイプのウェディンググローブ

ウェディンググローブの形(デザイン)は大きく二つに分かれます。

  • 5本の指をすべて覆っている、指ありタイプ
  • 指先は露出している、指なしフィンガーレスタイプ

厳粛なチャペル式(教会式)では、露出を極力抑えた丈の長いの指ありタイプが基本です。

指輪交換でグローブを外して、その扱いに困るのでは?と心配かもしれませんが、介添人に一旦預かってもらえるので安心。式の前に打ち合わせておくと良いでしょう。

フィンガーレスタイプ(指なし)は、親指で留めるタイプと中指に輪をかけて止めるタイプがあります。

指輪交換も楽で、こだわりのネイルや指輪を見せたい人に人気ですが、格式ある式場の場合は適さない場合もあります。

ウェディンググローブの長さは、ドレスに合わせるのが基本

ウェディンググローブ

花嫁さんがウェディングドレスに合わせる手袋の長さは、ショート~ミディアム~ロングまでいろんな種類があります。

ドレスの袖の長さにあわせたり、なりたいイメージで選びましょう。

ロングと肘下ミディアムで迷う方は、下記のポイントで選んでみてくださいね。

  • 着けた時の第一印象(ロングの方がフォーマル
  • 腕を動かした時の感触(ミディアムの方が動きやすい
  • どこまで隠したいか(二の腕が気になるならミディアム

ショートグローブ(18〜20cm)

手首までの長さのグローブで、7分丈や長袖のドレスに合わせるとバランスが良く、エレガントな感じになります。

ビスチェやオフショルダータイプのドレスに合わせると、軽やかな印象に

手首のあたりに可愛い飾りがついているものが多く、袖が短いドレスに合わせるとカジュアルな雰囲気が増すため、厳格な教会式には向きません。

  • 7分丈~長袖ドレスがバランス◎!エレガントなイメージ
  • 袖なし~短いドレスに合わせると、カジュアルで若々しいイメージに

肘下ミディアムグローブ(40〜45cm)

肘下ロングと言われることもあります。

オフショルダーやキャップスリーブタイプのドレスにピッタリですが、基本的にはどんなドレスにも合わせやすい万能タイプ。

腕を曲げてもシワにならずスッキリと見えるので、二の腕が気になる人にオススメです。

  • どんなドレスにも合わせやすい
  • 二の腕がコンプレックスの人にもオススメ

ロンググローブ(50〜70cm)

肘上ロングとも言われ、肘上から二の腕あたりまでの長さがあります。

腕を細長く見せてくれて、丈が長いほどフォーマルな印象に。

ビスチェタイプやキャミソール、タンクトップ、肩が大きく露出したアメリカンスリーブのドレスに合わせるとバランスがよいのでオススメです。

なお、60cm以上の長さがあるグローブは背の高い花嫁向きです。

  • ショートやミドルに比べると、フォーマルで上品な印象
  • 露出の多いドレスに合わせるとバランス◎!

ウェディンググローブを、素材と色から選ぶ

ウェディンググローブ

素材や色によっても印象は随分変わります。

ウェディンググローブの色は、ドレスに合わせるのが基本。

「白」にもいろいろな色味があるので、違う種類の白いドレスとグローブは合わせないように。

並べると違いはハッキリしますが、わかりづらい時は試着の際にドレスショップのスタッフに聞きましょう。

一般的にシンプルなドレスにはシンプルなグローブが、装飾が多い華やかなドレスにはグローブも装飾多めにするとキレイにまとまりますが、それ以外も試してみると、意外な組み合わせが発見できることも。

ドレスを試着する時に、いろいろなデザインのグローブを試着してみましょう。どんな雰囲気にしたいかを考えながら、全体的な雰囲気を確認するのがオススメです。

ホワイト 青みのある真っ白な白色
オフホワイト ホワイトと比べて青みがない白色
アイボリー 黄色みのある白色

上品さと華やかさを演出する、サテン

シルクなど光沢のある生地で、滑らかな手触りです。

上品さと華やかさを出したい時にピッタリ。伸縮性のあるストレッチサテンだと指や腕が動かしやすいのでロングタイプにオススメです。

清楚でかわいい印象の、オーガンジー・シフォン

軽くて透明感がある生地で、しなやかなハリと光沢もあります。ドレスの袖や胸元のシースルーに使われていることが多く、清楚でかわいい印象になります。

透け感のある素材なので、寒い季節だと寒々しさを感じてしまうことも。

キュートにもゴージャスにもなるレース

糸を透かし模様の布状に編み込んだもので、繊細なものから重厚感のあるものまでデザインやバリエーションが豊富です。

種類や使い方によってキュートにもゴージャスにもなるので、好みの雰囲気に合わせて選べます。

カジュアル&ナチュラルな印象のコットンレース

コットン生地の上から刺繍されている生地で、カジュアル&ナチュラルな印象にしたい時にオススメです。

式場別!ウェディンググローブ選びのポイント

教会

式場によってはある程度の制限があるケースもあります。事前に確認してから決めるとスムーズですよ。

基本的にホテルや結婚式場の挙式には、ドレスのデザインやグローブの種類に制限はありませんが、気になる場合は事前に確認しておきましょう。

教会式

  • グローブの着用必須、肌の露出を抑える
  • ドレスの袖が短い時はグローブを長めに
  • 素材はサテンがオススメ
  • オーガンジーなど軽さのある素材は避けたほうがいいこともあるが、宗派によって異なるので確認を

クラシカルなホテル・結婚式場

  • プリンセスラインなどボリュームあるドレスと、ロンググローブでエレガントなスタイルに
  • 装飾が多いドレスには、ショートグローブで肌を多めに出し、ドレスを引き立てるのもオススメ

モダンなホテル・結婚式場

Aラインなどシンプルラインのドレスに、レースやリボンなどの装飾があるグローブを合わせると遊び心があってオシャレ!

ガーデンウェディング・リゾートウェディング

  • オーガンジーやチュールなど風になびく軽やかなドレス+透け感のあるグローブがオススメ
  • ショートやフィンガーレスは、カジュアルさや開放感がUP
  • アットホームなレストランも同じ

ウェディンググローブのレンタル費用は?購入金額と比較

レースのウェディンググローブ

ウェディンググローブのレンタル価格は、シンプルなもので5,000円前後からが相場。

長さやデザインによって金額は異なり、ドレスショップによってはオプションで無料の場合も。

一方、グローブの購入も値段はピンキリで、安いものだと1,000円以下でも見つかります。

ただ、ドレスや他のウェディング小物とあわせるので、同じレンタルショップで探したほうがトータルコーデはうまくいくかも。

洋裁や手作りに慣れている人には、市販のキットを使って手作りする方法も!

好きなパーツをつけたり、イニシャルなどを刺繍するのもステキですね。フィンガーレスタイプが作りやすくてオススメ。

まとめ

  • ウェディンググローブの意味は、花嫁の純真無垢を表している
  • 指を覆った手袋タイプと、指無しのフィンガーレスタイプがある
  • グローブの長さは、ショート丈・ミディアム・ロングの3タイプ
  • グローブの色は、ドレスの色にあわせて選ぶ

ドレスや体型・式場別ウェディンググローブの選び方をご紹介しました。

グローブを上手にコーディネートして、完璧コーディネートで結婚式を迎えたいですね♪