結婚指輪はいつから準備するべき?オススメのタイミングを紹介

結婚指輪はいつから準備するべき?オススメのタイミングを紹介

「結婚指輪はいつから準備するべきなのか」に悩む人は少なくありません。

「式の直前だと大変だろうし、かといって1年も前から準備しておくのもなんだかおかしい気がする」と悩んでいる人のために、今回は「結婚指輪を準備するオススメのタイミング」をご紹介します。

また、結婚指輪の歴史や由来どうして結婚指輪を薬指にはめるのか?といった豆知識もまとめているので、指輪を選ぶときの参考にしてくださいね。

この記事のポイント!
  • 結婚指輪を購入・準備しようとしている人向け
  • 指輪はいつから準備し始めるとよいかがわかる
  • 指輪交換の歴史や意味を知ると、結婚指輪の大切さがわかる
  • 結婚指輪をいつからつけ始めるのかがわかる

結婚指輪は挙式の半年前から準備しよう!

結婚指輪はいつから準備するべきか迷ったら、「挙式の半年前から指輪探しをはじめる」ことをひとつの基準にしましょう。

結婚指輪を探しはじめてから購入まで平均2ヶ月かかる

ゼクシィ 結婚トレンド調査2017調べ」によると、結婚指輪を買って式を挙げたカップルは平均して式の約8ヶ月前から指輪を探しはじめ、1.8ヶ月後に指輪を決めています。

つまり、結婚指輪を決めるのに約2ヶ月はかかるということです。

「挙式の直前にジュエリーショップに駆け込んで決めた」というカップルがいないわけではありませんが、二人で長く使うものなのでじっくり選ぶことをオススメします。

挙式の3ヶ月前までに準備しておくのがオススメ

一般的に挙式の3ヶ月前になると式の準備で忙しくなります

二次会の計画や細かい打ち合わせが増えてきますし、招待客の管理なども必要なので、ゆっくり指輪探しをしている暇がありません。

結婚指輪をオーダーメイドする場合、ブランドにもよりますが納品まで3ヶ月程度はかかります

親や恩師から譲り受けた指輪をリフォームして自分たちだけの指輪につくり変える場合も同様に時間がかかります。

そのため、少し余裕をもって、挙式の半年前から準備をはじめることをオススメしています。

挙式まで時間がない!などの特別な事情がある場合は、できるだけ早め早めに準備を始めましょう。

結婚指輪は早めに準備しよう

結婚指輪を交換する意味とは?

ゼクシィ 結婚トレンド調査2017調べ」によると、結婚したカップルの「98.5%」は結婚指輪を購入しています。

しかし、なんとなく結婚には指輪が必要なものだと思ってつけるより、どういう理由があって指輪交換という風習が現代にまで伝わってきたのかを知っておいたほうが、結婚指輪も結婚相手も大切にできるでしょう。

結婚指輪をせっかく購入するのなら、つけないという選択肢はできるだけ避けたいところですね。

では、結婚指輪の歴史をみてみましょう。

結婚指輪の交換は古代ローマや古代エジプトから行われている

「結婚する相手に指輪を渡す」という行為は、紀元前にまでさかのぼります。

結婚していることを周りに示す結婚相手をその他大勢とはっきりわける加工の必要な指輪を用意することで財力や権力を示す身につけていても邪魔になりづらいなど、さまざまな理由を満たすのに指輪という形が最適だったからでしょう。

現代式の結婚指輪を正式に認めたのは、9世紀のローマ教皇ニコラウス1世という人物です。

ときの権力者であるローマ教皇が結婚指輪を身につけたことで、当時の貴族へと一気に結婚指輪の文化が広まりました。

ちなみに、日本に結婚指輪という風習が伝わってきたのは江戸時代の終盤。

当時の出島を通して入ってきた指輪文化は、明治、昭和と歴史が進むにつれて日本でも一般的になりました。

結婚指輪をはめる薬指は、命につながる指

結婚指輪は薬指にはめます。

どうして薬指なのかというと、古来より左手の薬指は命、つまり心臓につながっている指だと信じられてきたからです。

命につながる左手の薬指に指輪をはめることで、相手を災いから守る、お互いの命を預け合う、という気持ちを示しています。

指輪交換

買ってすぐ?入籍日?結婚式の日から?———結婚指輪はいつからつけるのか

意外と悩むのが「結婚指輪はいつからつけるべきなのか」という問題です。

神社で行う神前式や手続きを自由にプランニングできる人前式では「指輪交換がないので指輪をつけない」場合もありますが、教会式の結婚式では指輪交換が必ず行われます

ブライダル・ウェディングは女性の憧れ。

そのため、「指輪交換を終えたあとからつけはじめる」という人が大半です。

また、「式より前からつけ始めてしまうと外すタイミングがわからないし、お風呂に入ったり着替えたりする間に傷つくのが嫌」という現実的な考えの人もいます。

しかし、式を挙げない、神前式を行う、指輪を見せたい人がいるといった場合式を待たずに結婚指輪をつけても問題はありません

教会式で結婚式を挙げる方と同様の理由で、結婚式の当日ではなく入籍日からつける人もいます。

まとめ

  • 先輩新郎新婦は、指輪を決めるのに平均2ヶ月かけている
  • 指輪は式の準備で忙しくなる3ヶ月前には間に合うよう、挙式の半年前から準備するのがオススメ。
  • 結婚指輪の歴史は紀元前にまでさかのぼる!由緒正しい風習なので、指輪と結婚相手は大切にしよう。
  • 結婚指輪は、結婚式での指輪交換後からつけるのが人気!
  • ただし、買ってすぐや入籍日につけてもOK

結婚指輪はいつから準備するべきか、オススメのタイミングをご紹介しました。