ウェディングベールが持つ意味。ベールアップ・ダウンは何のためにする?

ウェディングベールが持つ意味。ベールアップ・ダウンは何のためにする?

教会式の結婚式で花嫁さんが身にまとうウエディングベール。

透明感があり、ふんわりと肩や背中に流れるベールはとてもきれいで、「自分も結婚するときはベールをつけたい!」と思う人も多いのではないでしょうか。

ウエディングベールは花嫁の象徴とも言うべき存在ですが、実は単なるファッション小物ではないことはあまり広く知られていません。

一生に一度の結婚式ですから、正しい知識を知ってからマナーに沿った装いをしたいですね。

この記事のポイント!
  • ウエディングベールの意味や由来がわかる
  • ベールダウンとベールアップの正しい知識が学べる
  • ウエディングベールの付け方や選び方をチェックできる<
関連記事

ウェディングベールの選び方。長さ・式場・デザイン別解説!

魔除け?母の愛?ウェディングベールの意味と由来

ウエディングベールのみ

ウエディングベールは教会式では当たり前のように着けるものなので、あまり深く考えたことがない人も多いのではないでしょうか?

ところが実際にはウエディングベールにもちゃんとした意味や由来があるのです!

ウエディングベールの歴史は古く、古代ローマ時代にはすでに花嫁が身につけるものとして定着していたと言われていますが、意味がさまざまあるようです。

1.魔除け

ウエディングベールの意味として最もポピュラーなのは、邪悪なものから身を守る魔除けです。

当時は、邪なものを退けるという意味があったそうで、可憐な見た目とは裏腹にベールはいわば盾のような役割を担うものだったのでしょう。

なお、海外ではベール=魔除けという意味は根強く残っていて、ウエディング用以外にも身を守るための装飾品として多用されています。

2.母親の愛情

花嫁の頭部を柔らかく包み込むウエディングベールは、母親の愛情の象徴であるという説もあります。

結婚式は親からの巣立ちを意味しますが、花嫁のベールは花婿に身を預けるその日まで娘を守り通したという親の愛の証とも言えそうです。

3.貞操

ベールは「覆う」「隠す」という意味があり、イスラム社会では女性が顔をすっぽり覆うベールをかぶって、肌の露出を極力避ける文化がありますね。

これには周囲の欲望の目から身を隠すという意味があり、同じベールを身につける花嫁さんも「貞操を守ってきた女性」の象徴とみなされるのだとか。

結婚式で花嫁さんはバージンロードを歩きますので、ベールが貞操を守る象徴と言われるのもうなずけますね。

ベールダウン、ベールアップ、ベールアウト、それぞれの意味は?

ベールアップ

ウエディングベールにまつわる儀式として、ベールダウン、ベールアップ、ベールアウトという言葉があります。

それぞれベールに関する儀式なのですが、意味はまったく違うので取り違えないようにしましょう。

ベールダウンとは?

ベールダウンは花嫁がかぶったベールのうち、顔を覆う部分=フェイスベールを顔の前におろす儀式のことです。

ウエディングベールはピンで頭頂部に固定されていて、自由に上げ下げできる仕組みになっているのですが、ベールをおろして花嫁の顔を隠すことによって「邪悪なものから身を守っている純潔な花嫁」という意味になります。

上記でも説明しましたが、ウエディングベールは母親の愛情の象徴という意味合いもありますので、ベールダウンするのは一般的に花嫁の母親の役割と言われています。

ただ、諸事情で母親にベールダウンしてもらえないという場合もあるでしょう。そんなときは父親や兄弟姉妹、あるいは親しい友人など、身近な人が代役を務めるケースもあります。

ベールアップとは?

花嫁の顔の前にベールをかけるベールダウンに対し、おろしたベールを持ち上げて花嫁の顔をあらわにさせるのがベールアップです。

ドラマや映画の結婚式のシーンでは高確率で映し出されるので知っている方も多いと思いますが、ベールアップするのは新郎新婦が誓いのキスをするとき。

魔除けあるいは母親の庇護を取り去り、花婿である自分が花嫁を代わりに守っていくのだという決意の表れとも言えますね。

また、花婿と花嫁の間を遮るベールは「壁」の見立てでもあり、それを取り払うことで晴れて二人は結ばれるという意味もあるようです。

ベールアウトとは?

ベールアウトとは、アップしたベールを完全に取り外してしまうことです。

挙式の最中に必ず行うベールダウンやベールアップとは異なり、ベールアウトという言葉は見聞きしたことがないという人も多いのではないでしょうか。

それもそのはずで、ベールアウトはそもそも儀式の一環ではなく、特別な由来や意味が込められているわけではありません。

なぜやるのかと言うと、「顔が見えにくいから」「ベールが引っかかって動きにくいから」といったきわめて即物的な理由によるもの。

そのため、ベールアウトをやるかどうかは人によって異なるというのが実状です。

ちなみにベールアウトする場合は、式場に別料金を取られることもあるので注意しましょう。

マリアベールはカトリック教会だけ?ベールにまつわる疑問をチェック!

ウエディングベール

初めて挙式する人にとって、ウエディングベールはあこがれであると同時に、疑問の多い装飾品のひとつ。

そこでここではウエディングベールにまつわる疑問・質問のうち、よくあるケースを3つピックアップしてみました。

1.マリアベールNGな教会がある?

ひと言にウエディングベールといってもバリエーションはとても豊富で、丈の長さやデザインによって複数の種類にわかれています。

このうち特に注目を集めているのがマリアベール。聖母マリアがかぶっていることが名前の由来で、頭部からかぶって顔周りをカバーするスタイルとなります。

非常に清楚なイメージで女性からの人気が高いベールですが、デザインの関係上、ベールダウンやベールアップができないため、これらの儀式を重んじるプロテスタントの教会ではマリアベールの着用をNGとしているところもあります。

もちろんプロテスタントであってもそこまでこだわらないという教会もありますが、トラブルのもとにならないよう、事前に確かめておくことが大切です。

2.マリアベールでもベールダウンしたい!どうすればいいの?

ベールダウンの儀式にあこがれるけれど、清楚なマリアベールも捨てがたい……という場合、どちらを選ぶべきか迷ってしまうところですよね。

でも実はマリアベールでも一工夫すればベールダウンの儀式を行うことが可能なのです。

つけ方はシンプルで、ベールを折って頭頂部にピンで留めれば完成。マリアベールでありながら、フェイスアップベール風にアレンジすることができるので、ヘアメイクさんに頼んでみましょう。

ベールダウンやベールアップの儀式の時だけアレンジして、それ以外の時は通常のマリアベールに戻せば1回で2つのベールを楽しめて一石二鳥ですよ。

3.披露宴や2次会でもベールをつけてていい?

花嫁を守る意味をもつベールダウン。その壁を取り払い、新郎新婦を結びつけるベールアップ。これらの儀式の意味を考えると、基本的にベールはアップされた後、取り外すのが正式な流れと言われています。

ただ、ベールを取り外してしまうとヘアスタイルが乱れてしまう可能性がありますし、取り外しに別途料金が加算されてしまうこともあります。

そのため、実際には披露宴や2次会でもベールをつけたまま、という花嫁さんは実は少なくありません。

ただ、ロングベールの場合は披露宴や二次会では移動の邪魔になってしまう場合がありますし、マリアベールは顔が見えにくくなってしまうという欠点があります。

ベールをつけたままでいることのメリットとデメリットを比較して、どちらが自分にとってベストかしっかり考えるようにしましょう。

ウェディングベールの選び方(長さ・デザイン)

ウェディングベールの長さ

ウェディングベールには、長さやデザインなどいろいろな種類があります。

長さは、ショート丈・ミドル丈・ロング丈の3種類。丈が長いほどエレガントな印象で、短いほどカジュアルでかわいらしいイメージになります。

デザインは、さきほどのマリアベールやバルーンベールなど、時代や流行によって新しいものも出てきています。ドレスの色と合わせるのが基本です。

ウェディングベールは、ドレスデザインとの相性や式場の広さ・バージンロードの長さで選ぶのがポイント。

単純に気に入ったものを身に着けたい!と思っても、ドレスの装飾を隠してしまわないか?式場の雰囲気に合っているか?などを考えないと、トータルのコーディネートがガチャガチャになってしまうので注意してくださいね!

関連記事

ウェディングベールの選び方。長さ・式場・デザイン別解説!

まとめ

  • ウエディングベールの意味は、魔除けや母の愛の象徴など諸説あり
  • ベールダウンは母親にやってもらうのが一般的
  • ベールアップは壁を取り払い、二人を結びつける大事な儀式
  • マリアベールは教会によってはNGなので要注意
  • 披露宴・2次会ではベールを外すのが基本だが、髪型が崩れるなどの事情からつけっぱなしの花嫁もいる

ウエディングベールの正しい知識を知って、感謝と厳かな気分で一生一度の晴れ舞台にのぞみましょう。