ペーパーアイテムに使いたい!海外花嫁に学ぶシーリングスタンプアイディア

ペーパーアイテムに使いたい!海外花嫁に学ぶシーリングスタンプアイディア

シーリングスタンプとは?

シーリングスタンプとは、ヨーロッパで古くから封筒や文書を封印するために用いられていた封蝋のこと。

蝋に紋章をスタンプすることで、手紙が未開封であることの証明として利用されていました。

クラシックで上品な雰囲気を演出できることから、最近では日本でも結婚式のペーパーアイテムに取り入れるおしゃれ花嫁さんも多いですよね♩

そんなシーリングスタンプですが、海外花嫁さんにもとっても人気♩

結婚式が楽しみになる招待状から当日のペーパーアイテムまで、海外花嫁さんのおしゃれなシーリングスタンプの使い方をご紹介します。

WaxSeals.comさん(@waxseals)がシェアした投稿 -

ベーシックな蝋封は二人のこだわりを紋章に詰めこむ

本来の使い方通りのシンプルな蝋封ですが、こだわりは紋章!

封筒は一番最初に目に入るこだわりポイント。

二人のこだわりが詰まったオリジナルの紋章をオーダーする花嫁も増えています♩

結婚式のテーマに合わせてこだわりの詰まったモチーフやイニシャルなどをスタンプし、招待状から二人の結婚式を演出しましょう♩

招待状セットをリボンで美しくまとめて

封筒を開けると招待状、返信ハガキ、挙式時間の案内、会場の地図…と以外と入っているものが多く、紙のサイズも違うのでバラバラと雑多になってしまいがち。

招待状セットをリボンとシーリングスタンプでまとめれば、封筒を開けてもすっきりと美しい♩

シーリングスタンプで直接留めてしまうと取れなくなってしまうので、間に透ける素材の紙を挟むとGOOD♩

二人のイニシャルをスタンプに

招待状にプリントされた二人のイニシャルロゴに合わせて、招待状をまとめる帯にもおそろいのイニシャルのシーリングスタンプを♩

バラバラしがちな招待状セットに統一感が生まれるだけでなく、ぐっと上品になります。

オリジナルのスタンプもオーダーすれば、素敵な記念の品になりますね♩

結婚式のいろいろな場面で活躍してくれること間違いなし!

『Save The Date』からとことん作り込む

海外では一般的な『Save The Date』。招待状より前に、ゲストに「この日空けておいてね」と結婚式の日時をお知らせするカードのことです。

小さなカード1枚で作るのが一般的な『Save The Date』ですが、結婚式準備の大切な第一段階。

『Save The Date』から二人の世界観をとことん作り込む海外花嫁さんも多いです。

手描き風の紙にラフなリボンをゴールドのシーリングスタンプでまとめて…♩

結婚式が待ち遠しくなりますね♩

小さなお花に合わせてリーフのスタンプを…♩

封をするときに小さなお花を入れるのもとっても素敵♩

ゴールドなどの色のついた蝋ではなく白い蝋を使っているのがポイント。

封筒の質感もマットでナチュラルなものがぴったり。

届いたときにゲストも思わず嬉しくなってしまいますね♩

郵便では使えないですが、手渡しするときはぜひ取り入れたいアイデア。

Papiraさん(@papiradesign)がシェアした投稿 -

特別感たっぷりのグリーンを一緒にスタンプしたテーブルセッティング

リボンと大きなグリーンを一緒にスタンプすることで、特別感たっぷりに演出できます♩

招待状だけでなく、メニューなどをまとめてテーブルセッティングにもおすすめ。

オリジナルのスタンプを作った場合は随所にスタンプを使うことで、統一感や二人の式の特別感を演出できますね♩

プチギフトもシーリングスタンプを使ってラッピング

プチギフトもシーリングスタンプでおしゃれに演出できるポイント!

さらにリボンや紐の上からシーリングスタンプを施し固定することで、せっかく準備したラッピングが解けてしまった…なんてこともありません♩

プチギフトにもシーリングワックスでワンポイントを加え、おしゃれに演出しましょう♩

シーリングスタンプのオーダーメイドができるショップ

新郎新婦のイニシャルやモチーフを、シーリングスタンプにしたい!という場合、オーダーメイドで作れます♪

ネット注文可能なショップをピックアップするので、こだわり派の花嫁さんは要チェック!

まとめ

シーリングスタンプ(ワックスシール)の使い方アイディアをご紹介しました。

とことんこだわりたいお二人には、ぴったりの演出ですね!

ゲストにも「おしゃれな結婚式だな~!」と思われるような、ひと手間をかけてみませんか…♪