婚約指輪はどこで買う?自分にあった店の選び方と購入の流れ

婚約指輪はどこで買う?自分にあった店の選び方と購入の流れ

「片膝を付き、ダイヤモンドが光る指輪の入った箱を持つ男性が、彼女にプロポーズ」アメリカなど海外ではよくあるシーンですよね。

左手の薬指を飾る婚約指輪は、幸せの象徴そのもの!高価な買い物なので、選ぶのは慎重になりますよね~。

デパート、ブランド店、ブライダルリング専門店など、婚約指輪を購入できる店はたくさんありますが、それぞれどんなメリットがあるんでしょう?

婚約指輪を買う場所によって、ちょっとした特徴があったりします。指輪選ぶ基準や購入の流れなどを詳しく解説します。

この記事のポイント!
  • 婚約するカップルまたはプロポーズを予定している男性向け
  • 婚約指輪を選ぶ時の基準がわかる
  • 婚約指輪を買う時の大まかな流れがわかる
  • デパート、ブランド店、ブライダルリング専門店など購入場所ごとのメリット・デメリットがわかる

デパート(百貨店)は気軽に行けて、複数のブランドの婚約指輪を比較しやすい

Diamond engagement rings

■ デパートのメリット

  • 複数のブランドの婚約指輪をまとめて見られる
  • 立ち寄りやすく、1人でも気軽に見ることができる
  • ブライダルサークルに入会すると割引購入特典がある

■ デパートのデメリット

  • 混んでいると落ち着いて見ることができない
  • 人目が気になる

デパートは海外の高級ブランドから国内ブランドまで、複数の人気ブランドの婚約指輪を販売しています。

複数のブランドを比較しやすいので、店のはしごをする必要も少なく、効率的に見ることができるのがメリット。

特にあこがれのブランドが無い場合やジュエリーブランドに詳しくない場合、サプライズのプロポーズで男性が1人で指輪を見に行く場合は、デパートがオススメです。

一度で決められなくても一旦実物を見ておけば、後で雑誌やカタログなどを見ながら、じっくり考えることができます。

またデパートの場合、結婚を控えたカップル向けにブライダル会員サービスを提供しているケースがほとんどです。

入会すると、さまざまなブライダル関連商品が割引で購入できるなどの特典があることも。

婚約指輪のブランドが決まっているなら、路面店(直営店)がオススメ

ブランド直営店で婚約指輪を買う

■ ブランド路面店のメリット

  • デパートよりもそのブランドの品ぞろえが豊富
  • 店員の商品知識が豊富
  • 高級な雰囲気の店舗内でゆったりと見ることができる
  • 店員の接客態度も丁寧

■ ブランド路面店のデメリット

  • カジュアルな雰囲気が好きな人には窮屈に感じられる
  • 気軽に入りづらい
  • 雰囲気に押され、断りづらいケースも

気に入ったブランドや憧れのブランドがある場合は、品揃えが豊富な・ブランド路面店(直営店)がオススメです。

高級感溢れる店内で、ゆっくりと商品を選ぶことができます。

百貨店の場合は、クリスマス時期やホワイトデー時期などの繁忙期は忙しく、せっかく訪れても店員さんがなかなか相手にしてくれないことも。

ブランドの路面店で、しかも来店予約をしておけば、担当スタッフの方が確実に接客をしてくれるので、婚約指輪についての知識が少なくていろいろ相談したい、という方にはオススメです。

店員の接客態度も丁寧でラグジュアリーな気分が味わえますが、気軽に入りづらく、店員の提案を断りづらいと感じる人もいるでしょう。

流行のデザインを選びたいなら、ブライダルリング専門店

ブライダル専門店で婚約指輪を買う

■ ブライダルリング専門店のメリット

  • 流行のおしゃれなデザインが多い
  • ブランド品も扱っているので選択肢が多い
  • 個性的なデザインを扱っている

■ ブライダルリング専門店のデメリット

  • 店舗の規模(チェーン展開など)によっては、アフターサービスの充実度に差がある
  • ブランドのネームバリューを重要視する人には向かない

ブライダルリング専門店は、婚約指輪・結婚指輪を中心に扱っている店

他のショップよりも、最近のブライダルにおける流行のデザインで、おしゃれな婚約指輪を選べるでしょう。

また、婚約指輪といったらコレ!というような定番のデザインだけではなく、各ショップで個性的なデザインを展開しているので、「人とはちょっと違うエンゲージリングがいい!」という方にはオススメです。

ただし、婚約指輪を選んだことがある人ならまだしも、ブライダル専門店なので一般的なネームバリューはやや低め

ブランド名を知らない人も多いので、知名度・ブランド力で指輪を選びたい方には向かないかもしれません。

結婚式場提携店は、割引があるケースが多い

既に結婚式場を決めている場合は、提携の宝石店で購入するケースも割引がある事が多くオススメです。

しかし店舗数が限られているため、選択肢が狭くなる可能性もあります。

なるべくいい指輪をリーズナブルに買いたい!という方は、式場の提携店も訪れて、金額やデザインの比較をしてみましょう。

安さ重視なら、婚約指輪のネットで購入もアリ!

婚約指輪をネットで買う

■ ネット販売のメリット

  • ノンブランドで安い指輪も見つけやすい
  • 店舗に行く手間が省ける
  • 気軽に比較・検討ができる
  • 人目が気にならない

■ ネット販売のデメリット

  • 写真と実物のイメージが違うこともある
  • 正確なサイズがわかりづらく、調整が必要なことも

ネット購入の良さは何と言っても気軽さ。忙しくて店に見に行けない時も便利ですよね。

カルティエなどのハイブランドでもネットで婚約指輪(一部商品のみ)を購入することができるほどなので、ブライダルジュエリーのネット販売に抵抗を感じている人は少ないのかもしれません。

特に、「このブランドの、この形のエンゲージリングにずっとあこがれている!」というような方は、ネットでの購入もオススメできます。

しかし、写真と実物のイメージが違うことや、サイズを自分で測る必要があるので、近くの店舗に実物がある場合は一度試着をしたほうが良いでしょう。

指輪購入の決め手は?デザインにこだわりたい人の買い方

Silver and gold rings on the display

<婚約指輪を買うときに気にすること>
  • デザイン
  • ブランド
  • つけ心地や手とのバランス
  • 値段
  • 品質・アフターサービス
  • 店員の接客態度

婚約指輪を購入する決め手はいろいろありあますが、男女ともにデザインを重視する人が多いようです。

特にこだわりが強い人は、セミオーダーやオーダーメイド、中には手作りするケースもあります。

指輪の試着がすぐにできるのは、既製品

完成された実物があるので、つけ心地や手とのバランスもチェックしやすいです。

しかし、デザインにこだわりが強い場合は、気に入ったものを見つけるのに時間がかかってしまうことも。

あらかじめブランドのホームページやインスタグラムなどで、気になるものをピックアップしておくのがオススメ。

イメージがわかりやすく、短期間で仕上がるセミオーダー

あらかじめ指輪の型は決まっていて、素材や宝石などパターンを好きに組み合わせてオーダーします。

既製品のデザインをアレンジして自分好みにカスタマイズできることも。

フルーダーよりも完成品のイメージがわかりやすく、比較的短期間で完成します。

時間と費用はかかるが、こだわる人にはオススメなフルオーダーメイド

婚約指輪をオーダーメイド

指輪の型・デザイン・ダイヤの大きさや配置など、自分たちの希望を全て詰め込めるのが、フルオーダーメイドの婚約指輪。

完成に数ヶ月かかり、費用も高くなることも多いですが、自分たちだけのオリジナルなので2人の記念という意味がより強くなります。

さらにこだわりたい人には、手作りもオススメ

結婚指輪を二人で手作りするのは珍しくありませんが、婚約指輪の手作りができる工房も。

アトリエがあるブランドや工房を借りて自分たちの手で型を作り、職人に仕上げてもらいます。

一般的に費用は高くなりがちですが、不要なオプションを省けばコストを抑えることも。

慣れない2人が作るので、歪みや凸凹が出ることもありますが、それもオリジナル感があって良い、と思えるかもしれませんよ。

古い婚約指輪をリフォームして「サムシング・オールド」に

婚約指輪をリフォームしてプロポーズ

祖母や母親から譲り受けた指輪をリフォームする、というのも伝統を引続く感じが素敵です。

花嫁が幸せになるという伝承「サムシング・フォー」の1つ、「サムシング・オールド」(古いもの)にもなりますね。

新品を購入するよりも費用は抑えられますが、素材や石によってはリフォームが難しいものもあるようです。

指輪を譲った義母や実母の思いも大切ですが、婚約をする2人が特に重視しているポイントを中心にして考え、納得したものをつくりましょう。

婚約指輪を購入する時期は?いつまでに用意するべき?

婚約指輪を購入するタイミング

婚約指輪を購入する場合、既製品を当日持って帰れることはほとんどありません。

サイズの調整がのため、受取までに2~3週間はかかるので、最短でも必要な日の1ヶ月前には購入しておきましょう。

最近はプロポーズ後、2人揃って選ぶことが多いようですね。

その場合は、両家の顔合わせや結納までに用意しましょう。

日にちがなく間に合わない場合は、指輪を購入した店舗でサンプルを貸し出してくれるケースもあるようです。

女性側も「半返し」で婚約指輪のお返しをする?

結納時、女性側から男性へ指輪の半額程度の品をお返しに贈る「半返し」という風習もあります。

腕時計など常に身につけられるものが多く、長く愛用できるものが良いと言われています。

半返しをするかどうかは女性側が決めることですが、半返しの有無は事前に仲人や結納の司会進行役に伝えておきましょう。

また、結納をしない場合でも指輪のお礼に贈り物をする女性もいます。

彼に「婚約指輪のお返しをしたいけど、何か欲しいものはある?」などと聞いて、一生大切にできるようなプレゼントをしてみましょう!

婚約指輪のお返しなら、こちらの記事もオススメ!
Screenshot婚約指輪の「お返し」基礎知識!金額・アイテム・マナー解説
婚約指輪のお返しって渡すべきなの?相場はいくらくらい?とお悩みのプレ花嫁さんへ、お返しの基礎知識やみんなの体験談をご紹介!

ジュエリーショップ来店~支払いまで。婚約指輪の購入までの流れ

婚約指輪購入までの流れ

サプライズのプロポーズを考えている場合は、男性が1人で買いに行くことになります。

この時、彼女の指輪サイズがわからない場合でも、購入後サイズ調整することが可能なケースがほとんどなのでご安心を!

ジュエリーブランドで婚約指輪を購入する場合の、一般的な流れをご紹介します。

1. 指輪を選ぶ(来店予約がオススメ)

まずは店で婚約指輪を選びます。事前にネットで調べるか1回デパートなどへ下見に行くのも良いでしょう。

本格的に選ぶ時は、来店予約をしたほうが店員に相談しやすく、じっくり選ぶことができます。

また、予約すると特典がある場合もあるのでオススメですよ。

ブランドなど、ある程度希望が決まっている場合は1時間程度で決められるケースがほとんどです。

結婚指輪との重ね付けなら、この時一緒に選んでもOK

2人で婚約指輪を選ぶ場合は、結婚指輪も同時に決めてしまうケースも多いです。

女性は結婚後もあらたまった席などで重ね付けすることも多く、2つの指輪のバランスなどを考えて選んだほうがいいでしょう。

2つのリングを同じブランドでそろえたい!という場合は「セットリングを探している」ということを店員さんに伝えるとスムーズ。

なお、婚約指輪を購入後に、結婚指輪をオーダーメイドで婚約指輪のラインに合わせる、などもできるので決められなくても大丈夫ですよ。

ジュエリーショップに行く時の服装は?

ちなみに、ブランドの路面店へ行くとなると、ちょっと緊張してしまうもの。

「どんな服装でいけばいいのか…」と、悩んでしまう方もいるはず。

スーツにネクタイで決めていく必要はありませんが、サンダルに半袖半ズボン、などのラフすぎる格好は控えましょう。

婚約指輪は一生に一度の、大切な買い物です。

店員さんにも、「ひやかしで来たのか…?」と思われないためにも、キレイ目のジャケットくらいは羽織っていくと、丁寧な接客を期待できそう。

女性の場合は、爪をキレイにきっておいたり、指毛を剃っておくくらいの準備はしておいた方が、指輪を付けた時の印象が変わるはずですよ。

2. リングサイズを測る

指輪のサイズを測る

デザインが決まったら、リングサイズを測ります。

店では店員さんが測るので特に問題はありませんが、自分で測っていく時は指の中で一番太い第2関節が通るサイズにしましょう。

また、朝と夜ではサイズが違うことも多いので、1日に何度か測ってその平均を出しておくと良いですよ。

緩いと抜け落ちてしまうこともあるので、ジャストフィットなサイズを選ぶのがオススメです。

サプライズで指輪を用意する場合には、後日彼女と来店して、リングサイズを測ってぴったりに調整してもらいます。

後日のサイズ調整は無料?保証内容を要チェック!

サプライズで婚約指輪を渡す場合は、多くの場合指輪のサイズを後日調整することになるでしょう。

「購入後3ヶ月以内ならサイズ調整無料」「サイズ調整・メンテナンス・クリーニング永久保証」など、ブランドによってアフターサービスや指輪の保障内容が異なります。

支払い前に必ず確認を取りましょう。

エタニティリングやパヴェリング、リングの内側に刻印をする場合は、サイズ調整自体ができないと言われる場合もあります。

婚約指輪をプレゼントしてサプライズプロポーズするなら、これらのデザインは避けたほうが無難でしょう。

3. サイズ調整や刻印のため、店に一時預ける

Forever Wedding Ring

リングの裏にお互いのイニシャルや記念日の日付、メッセージなどを刻印したり、裏に小さな誕生石の埋め込みができるケースも多いです。

刻印できる文字数や石の埋め込みの可否はデザインによって異なります。

どうしても刻みたい文字数が多い場合や、石を埋め込みたい場合はデザインを決める際に店員に相談するとスムーズですよ。

サイズ調整はどんな方でもほぼ必須なので、その日は指輪を持って帰らず、店舗に預けることになります。

受け取りの期間は2〜3週間が一般的。

受け取る際には、その場で着けてサイズを確認することをオススメします。

4. 指輪の支払いは、購入日か受取日に

婚約指輪は高額なため、クレジットカード払いをするケースも多いですが、現金でも問題ありません。

相場は20〜50万円程度と言われています。

支払いをするタイミングは、店舗によって異なり、購入日か受取日になります。

こちらもオススメ!
Screenshot結婚指輪の支払いは、男性と女性どっちが負担?
プロポーズに成功したら、必要になるのが二人でつける結婚指輪。結婚指輪の支払いは男性と女性どちらが負担するものなのでしょうか?そこで、結婚指輪の費用負担について調べてみました。

まとめ

婚約指輪を渡してプロポーズしよう

  • デパートは複数のエンゲージブランドブランドが比較できるところがメリット。ブランドが決まってない人にオススメ
  • 気に入ったブランドが決まっている場合、商品数が豊富な路面店がオススメ
  • ブライダルリング専門店は個性的なデザインが多く、人と被りたくない人にオススメ
  • 婚約指輪選びの決め手は、男女ともにデザインが1番
  • デザインにこだわりがある人は、セミオーダーやオーダーメイド、2人で手作りする方法も
  • 婚約指輪の支払いは、来店時か受け取り時のどちらか

婚約指輪をどこで買ったらいいの?という疑問についてご紹介しました。

百貨店か、ブランドの路面店か、ブライダル専門店か、ネットの購入も。

ブランドの比較か、丁寧な接客と商品数か、デザインのこだわりか、手軽さか。何を重要視するかで、買い方を決めてくださいね。