金属アレルギーの救世主!結婚指輪にステンレスをえらぶ魅力

金属アレルギーの救世主!結婚指輪にステンレスをえらぶ魅力

結婚指輪の定番といえば銀色に輝くプラチナリングが王道ですが、昨今ではそんなプラチナの他にもステンレス製の結婚指輪や婚約指輪が話題となっています。

今回はそんなステンレスのマリッジリングについてご紹介します。

ステンレスならではの良さをはじめに、取り扱い店舗やブランド、チタンリングとの違いなどもご紹介しますので、結婚指輪の購入をご検討中の方は是非参考にしてみてくださいね。

この記事のポイント!
  • 結婚指輪の購入を考えているカップル向け
  • ステンレスの性質や結婚指輪にする際のメリット・デメリットがわかる
  • ステンレスと他素材との違いを学べる
  • どんな人にオススメなのかがわかる

結婚指輪にステンレスリングを選ぶ理由

The bride wears a happily wedding ring

まずはステンレスリングにはどういった特徴があるのかを一つずつ見ていきましょう。

プラチナなどとの違いを比較しながら見ていただくと参考になると思いますよ。

1. ダントツの錆びにくさが大きな武器!

ステンレスはもともと錆を防止するように作り出された金属のため、「錆びにくさ」には定評があります。

結婚指輪は一生に一度の大事な買い物ですので、なるべくならいつまでもキレイな状態を保ちたいですよね。

シルバーリングなどは毎日身に付けていると、どうしても錆びや黒ずみが目立ってきますが、ステンレス製の結婚指輪を選べば、汚れが付きにくいうえに、身に付けたままお風呂に入っても大丈夫。

いつまでも買った当時のキレイな状態を保つことができます。

2. 傷がつきにくく、高い強度を誇る

汚れはもちろんのこと、ステンレスという素材は強度が高いため傷も付きにくくなります。

結婚指輪は毎日つける!という方が多いと思いますので、ステンレスはそんな方にはもってこいの素材!

とはいえ、色々なところにぶつけてしまえば多少なりとも傷はついてしまいますので、こまめにチェックしてみて余計な傷を増やさないようにしましょうね。

また耐熱性に優れており変形もしにくいため、指輪が歪んでしまうといったトラブルも少ないのも強みのひとつ。

3. 低価格のため、誰でも購入しやすい

プラチナは希少価値の高い素材のため、指輪も価格が高いです。

安くても10万円以上はかかることを覚悟しておかなくてはなりません。

しかし、ステンレスリングならばおよそ3万円程度でも結婚指輪を購入することが可能であり、その良心的な価格もメリットのひとつだと言えるでしょう。

見た目に関してもプラチナとさほど変わりがないため、プラチナは欲しいけれど予算的に厳しい…というカップルや、結婚指輪の値段を抑えて新婚旅行を楽しみたい!というカップルには最適です。

4. サージカルステンレスであれば、金属アレルギーの方にも安心

ステンレスの種類の一つである「サージカルステンレス」は、外科手術の際に用いられるメスや歯科治療のインプラントなどに使用される素材です。

医療用に用いられるため、アレルギーフリーなうえに人体に影響を及ぼさないのが大きな特徴。

金属アレルギーで結婚指輪を始めとしたアクセサリーがつけられない…という方も、サージカルステンレスであれば安心して身に付けることが可能です。

ステンレスリングを結婚指輪に選ぶデメリット

ring

プラチナと見た目があまり変わらないうえに安価なところが嬉しいステンレスリングですが、次はデメリットについて学んでいきましょう。

1. 指輪のデザインが豊富ではない

ステンレスは強度が高く加工がしにくい素材のため、残念ながらデザインはあまり豊富ではないようです。

そのため、自分たちだけの結婚指輪が欲しい!というカップルにはあまりオススメできません。

どうしてもステンレスリングでオリジナリティを出したい!という方は、ダイヤモンドや誕生石などの宝石でアレンジしてみては?

2. 強度が高く、刻印を行っていないことが多い

デザインと同様、高い強度のためイニシャルなどの刻印を行っていないブランドが多いのが現状です。

しかし、少ない中にも刻印を行っているといいうブランドもあります。

後ほどステンレスリングの加工を行っているブランドをご紹介しますので、そちらも参考にしてみてくださいね。

3. サイズ直しが難しい

基本的にはサイズを直すことも難しいと言われています。

直すことが出来たとしても追加料金がかかる可能性がありますので、指輪の号数はきちんと測ってから購入を。

また、女性の方は妊娠や出産などによる体型の変化によってサイズが変わってしまうことも少なくないため、指輪を購入したブランドがサイズ直しを受け付けているかどうかのチェックも忘れずに。

ステンレスとチタンの違いは「価格」と「デザイン」

Diamond engagement rings

ここまでステンレスの特徴を挙げてきましたが、結婚を控えており指輪の素材について調べているカップルの皆様の中には「チタンリングとどう違うの?」と感じている方もいらっしゃるかもしれません。

ステンレスとチタンの大きな違いは、2つあります。

一つは価格。

前述の通り、ステンレスリングは3万円もあれば購入が可能ですが、チタンリングの場合は5万円台のものも少なくありません。

よって、安さを求めるのであればステンレスの方が良いと言えるでしょう。

そしてもう一つは、デザイン性。

デザインの豊富さは圧倒的にチタンの方が有利です。

チタンは表面の酸化皮膜によって、グリーンやブルーといった様々な色彩の結婚指輪を作ることができるのがステンレスにはない魅力です。

そのため、結婚指輪やペアリングには、個性を存分に活かせるチタンリングを考えているカップルも少なくないのだとか。

ステンレスリングを取り扱う店舗やブランド

お店選び

結婚指輪の素材としての知名度は、プラチナなどに比べるとまだまだ発展途上のステンレス。ですが、徐々に取り扱う店舗やブランドも増えてきているようです。

「Fiss(フィス)」

ペアリングやペアネックレスなどを取り扱う専門店「Fiss」は、ステンレスリングを10種類以上揃えています。

セミオーダーメイドも受け付けており、ステンレス素材では難しいとされている刻印なども行ってくれる上に、サイズも1〜30号までと幅広く展開しています。

お値段も約25,000円と非常にリーズナブル。ただし、要望によっては追加料金が発生する可能性がありますので、予算はきもち多めに持つと良いでしょう。

参考:Fiss(フィス)

「THE KISS(ザ・キッス)」

ペアリングの購入を考えたことのあるカップルならば、一度はこのブランド名を聞いたことがあるのではないでしょうか?

「THE KISS」は関東を中心として全国に店舗を展開しているアクセサリーブランドで、サージカルステンレス素材の結婚指輪の販売も取り扱っています。

お値段も10,800円(一例)とお手頃で、お求めやすいところが嬉しいですね。

参考:THE KISS(ザ・キッス)

金属アレルギー専門店

その名の通り、サージカルステンレスを始めとした金属アレルギーフリーの素材を使用したジュエリーを取り扱っている「金属アレルギー専門店」。

綺麗な色や安全性に徹底的なこだわりを持ち、どんな方にも優しく、美しい指輪を提供することをモットーとしているお店です。

ペアで並べることでハート型を描いたデザインになる指輪や、愛の言葉が刻印された指輪などデザインも豊富なので、金属アレルギーが怖い…という方は是非こちらもチェックしてみて下さいね。

参考:金属アレルギー専門店

まとめ

ステンレスのペアリング

  • ステンレスリングは金属アレルギーの方にも安心の素材
  • 高い強度を誇るため、傷がつきにくい
  • 結婚指輪でも3万円代から購入可能
  • サイズ直しが難しい
  • チタンリングとの違いは、価格とデザイン

ステンレスリングは金属アレルギーの方にも安心の素材で、価格もお手頃なところが最大のポイントです。

ステンレスリングを結婚指輪にすれば、カップルの皆様の愛も永遠に“錆びる”ことはないでしょう。

皆様も是非一度、ステンレスリングの魅力に触れてみて下さいね。

関連記事