エタニティの婚約指輪の購入前に知っておきたい、5つの注意点

エタニティの婚約指輪の購入前に知っておきたい、5つの注意点

エタニティリングとは、同カット・同サイズの宝石がリング上に並んだ指輪のことです。

永遠の愛を意味すると言われ、結婚記念日などに夫から妻に贈る指輪として人気が高いのですが、近年では結婚指輪や婚約指輪としても人気が高まっています

その魅力や、人気の秘密とは何なのでしょうか。汎用性のあるデザインや、仕事中にも使用しやすい機能面の高さなどを探りつつ、購入や使用の際の注意点を考えてみました。

この記事のポイント!
  • 婚約指輪を検討中のカップル向け
  • 実際使用した人の印象がわかる
  • エタニティの魅力と注意点がわかる
  • フルエタニティとハーフエタニティの違いがわかる

「永遠の愛」を意味するエタニティリングが広まったのは最近

eternity

結婚の際に指輪を贈る風習は古代ローマ時代にもあったそうですが、エタニティリングのデザインは18世紀ごろから見られるようになりました

当時はガラスも貴重であり、宝石の代わりにガラスペーストが敷き詰められたエタニティリングも作られていたそう

リング上にぐるりと敷き詰められた宝石を途切れない愛と見立てて、結婚記念日の贈り物として人気となったのはつい最近のこと。

結婚10年目などの節目で贈られることが多いようです

そもそもエタニティリングは婚約指輪としてあり?生の声を聞いてみました!

engagement

近年では日常的につけやすい婚約指輪華やかな結婚指輪として、ブライダルの場で選ばれることも多くなりました。

実際のところ、使ってみてどんな印象なのでしょうか。

婚約指輪としてエタニティを選んだ人の声を集めてみました

いつでもつけやすいデザインが気に入っています(東京都/28歳)

「古典的なソリティアもいいけど、豪華すぎて普段からつけるのはちょっと抵抗ありますよね~。エタニティだと仕事中にもつけていられます。重ねづけも素敵ですよ。」

エタニティでゴージャスさを求めちゃいました!(神奈川県/38歳)

「私の場合、宝石ひとつひとつのサイズを大きくしてゴージャスさを求めました。予算は約150万円とさすがにちょっと高めでしたが、デザイン的には大満足です。」

ハーフエタニティはより機能的で、お値段も良心的!(東京都/24歳)

「予算の都合で、リングの半分に宝石が並んだハーフエタニティにしましたが、つけてみると宝石に傷つくのを気にしないで物を持てるので、とても機能的だと思いました値段は10万円程度でした。」

悩んだあげくにエタニティ(愛知県/31歳)

「ソリティアも素敵ですけど、ひとつぶダイヤのネックレスを持っていましたので欲しくなったらそれを改造すればいいかななんて思ってエタニティにしました。こういう選び方もありですよね。」

様々な意見がありましたが、日常的に身につけやすい面が大きな魅力になっているようですね

せっかくの婚約指輪です。大事にしまっておくのはもったいないと感じる人が多くエタニティを選んでいるのではないでしょうか

エタニティの婚約指輪を購入する前に知っておきたい、5つの注意点

1. 実は2種類ある!エタニティの種類

エタニティリングのデザイン

エタニティにはフルエタニティハーフエタニティという2つのデザインがあります

それぞれの違いによって機能性が異なることが特徴的。以下でその違いを詳しく紹介します。

フルエタニティ

リング全周に宝石を敷き詰めるタイプです。

存在感があり、派手すぎず地味すぎずどんな服装にも合わせやすいデザインといえるでしょう

カラーストーンを混ぜて個性を出すことも可能です。指輪を手のひらから見ても宝石の輝きを楽しめるところもいいですね。

欠点としては、指輪をつけたまま物を持つと手のひら側の宝石に傷がついてしまうこと、耐久度・強度が少し劣ることが挙げられます。

ハーフエタニティ

リング半周に宝石を敷き詰めるタイプ。手の甲から見た場合には見え方にフルと大きな違いはありません

ただし、リングの回転によっては宝石が隠れてしまうこともあります

物も持ちやすく日常使いに適していること、サイズ直しが容易なことと、安価なところなどが利点といえます。

2. 宝石のとめ方で、見た目のイメージが変わる!

エタニティリングの爪

また、宝石の留め方も、レール留め、共有爪留め、4爪留めの3つの方法があります。

レール留め

宝石の上下をレールでしっかりと留める方法です。金属のレールの中に宝石が収まっているかたちになるためスッキリとした印象になります

共有爪留め

ひとつの爪で宝石を留める方法です。爪の量を最小限にしているため、宝石の存在感を際立たせることができます

4爪留め

4つの爪で宝石を留める方法です。強度があり宝石が落ちにくい構造です

3. 重ねづけをする場合は、指輪の高さに注意

エタニティリングは重ね付けできる?

エタニティリングは大きなでっぱりがないため、日常的につけやすいだけでなく重ねづけにもピッタリです。

普段はエタニティをつけ、ここぞというときにはソリティアなどと重ねづけをし、指にゴージャス感を演出するのも素敵ですね

初めから重ねづけを想定した指輪を購入するのであれば、同じお店のセットを購入したり、オーダーメイドをしたりすることをおすすめします

すでに持っている指輪と重ねづけするために新たな指輪を購入する際は、持っている指輪の高さ(厚み)を把握しておく必要があります

エタニティは宝石分の厚みがあるので、重ねづけした指輪との高さが大きく違う場合には、イマイチしっくりこないことがあるのです。

4. 値段はピンキリ、品質には注意

エタニティリングの価格は?

気になるお値段の方ですが、高級なもので200万円以上安いファッションリングなら2~3万円程度と幅が広いことが特徴です。

婚約指輪の平均購入価格は約35万円ですが、20代前半の若いカップルであれば10万円以下というカップルも少なくはありません。

ソリティアの場合は10万円以下だと小さいダイヤとなってしまうことが多いですが、エタニティの場合は10万円以下でもじゅうぶん華やかな指輪を選べることも魅力的ですね。

自前のジュエリーをエタニティにデザイン変更することも可能で、その場合は数万円程度で作ることができるようです

ただし、基本的にエタニティは他の指輪と比較すると宝石が取れやすい、少しデリケートな指輪ですので、品質まで下げすぎないよう注意しなければなりません

値段が安くできるには、ダイヤを格安で仕入れられるツテがある指輪の組み立てを海外で行っている通販限定である広告費を抑えてある、などといった理由があるはず。

単純に品質を低くしただけの格安の指輪は、できるだけ避けたいところです。

5. サイズ変更をしにくい

婚約指輪を購入

フルの場合、サイズが変わってしまっても、サイズ変更をしにくいというデメリットがあります。

全周に宝石が留めてあるため、サイズを大きくすれば宝石が足りなくなり、小さくすれば宝石が余ってしまうのです。

サイズ変更の可能性があるのならハーフエタニティがお勧めです

ハーフであれば宝石が留まっていない部分がありますので、その部分の単純な接合や切断によってサイズ変更が可能となります

まとめ

  • エタニティは婚約指輪の新定番として人気が高まっている
  • ソリティアと比べると日常的に使用しやすい
  • 新たに購入するのなら予算は数万円から数百万以上
  • 重ねづけをする場合は高さに大きな差が出ないように
  • ハーフエタニティの方がサイズ変更しやすい
  • デザインを重視するのならフル、機能性はハーフがお勧め

小粒のダイヤが並んだエタニティリングは、フェミニンな雰囲気がかわいいですね。

婚約指輪はソリティアじゃなくちゃダメ、エタニティはファッションリングみたいで婚約指輪としてふさわしくない、などはありませんよ!

一生ものの婚約指輪だからこそ、一番欲しい時に、一番気に入ったものを選びましょう♪

婚約指輪のデザイン関連記事