婚約指輪を素敵にリフォーム!デザイン事例を紹介

婚約指輪を素敵にリフォーム!デザイン事例を紹介

新品の婚約指輪を買うのも良いけれど、代々家に伝わる指輪を受け継ぐというのも特別感があって素敵ですよね!

ヨーロッパでは「サムシング・フォー」と言って、花嫁が身につけると縁起が良い4つの品というものがあり、その中の一つに「何か古いもの」が含まれています。

そのため、母親や義母の指輪を受け継いで身につける花嫁も多いのです。

最近ではイギリスのキャサリン妃が、故ダイアナ妃の指輪を継いで話題になりましたよね。

とはいえ、そのままのデザインでは何か古臭かったりサイズが合わなかったりして困るもの。

そこで今回は婚約指輪のリフォームについて、価格や人気のデザイン、依頼できるお店などをご紹介しましょう♪

この記事のポイント!
  • 婚約指輪のリフォームを検討している人向け
  • 指輪のリフォームの概要が分かる
  • 人気のデザインや価格相場が分かる
  • どこでリメイクできるかを知れる

婚約指輪リフォームのメリット・デメリット

指輪と女性の指

婚約指輪のリフォームとは、既存の指輪をアレンジして、新しいものに作り変えることを言います

一番簡単なリフォームはサイズ調整ですが、指輪の枠の形を変えたり、ダイヤを追加したり、ダイヤだけ残して枠をオーダーメイドしたりと他にも色々な方法があります。

では、指輪のリフォームにはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

メリットは義母、母から娘へ特別な指輪を継げること

メリットは何と言っても、形見の指輪など、想いの込められた世界にたった一つの指輪を、大切に受け継げることです。

手を加えて自分の好みにすれば、さらに特別感が増して大事に使おうと思えるはずです。

また、新品のものを購入するよりも比較的安くできるのも嬉しいポイント

人とは違う素敵な指輪が欲しいけれど、予算が少ない…という方にとってはリフォームがぴったりですね

デメリットは、希望通りのデザインにならない可能性があること

デメリットは、元々の指輪の状態によっては、希望のデザインに仕上がらない可能性があることです。

例えば、1.50ct以上のダイヤが付いたソリティアリングをリフォームしたい場合、普段使いしやすいデザインにしたいと思っても、衣服に引っかからないようにダイヤを設置することは難しい可能性があります。

また、サイズを調整しようと思っても、フルエタニティやパヴェデザインのリングや、硬い素材のピンクゴールドなどは、お店によっては断られる場合もあります。

一度リフォームしてしまうとなかなか元には戻せませんので、サイズ調整やデザインの打ち合わせは慎重に行いましょう

婚約指輪リフォームの種類

結婚指輪

婚約指輪のリフォームをどこまで行うか?

リフォームの種類には「フルオーダー」と「セミオーダー」の2種類があります。

フルオーダー

フルオーダーでは、石などの素材持ち込んだら、まず指輪の型やデザイン・石の大きさや配置などの希望を伝え、デザイン画を作成してもらい、自分たちだけのオリジナルジュエリーを作ってもらうことができます。

セミオーダー

セミオーダーは、店舗で用意されているデザインに沿って婚約指輪のリフォームを行います。

ほとんどの店舗でサンプルも用意されているので、仕上がりをイメージしやすく、フルオーダーよりも価格が安く、納期が短いのが最大のメリット。

指輪のリフォームにかかる価格相場

結婚式 費用

ジュエリーの価格は、材料費(石やパーツなどの素材)工賃(作業の費用)で構成されますが、リフォームに関しては石などの素材を持ち込むので、新しい指輪を買うよりも安く済ませることができます。

セミオーダーのリフォーム料金の相場は5万円~10万円

フルオーダーのリフォームに関しては、15万円以上かかると見ておいた方がよさそう。

さらに、持ち込んだ石以外、ほかの石を追加したりすると、20万円以上の新しい指輪を買えるぐらいの価格になることも。

「それでもリフォームしたい!」という花嫁は珍しくなく、「譲り受けた指輪をリフォームして大切にしたい」という気持ちは、お金には代えられない花嫁の大切な思いなのかもしれませんね。

ミニコラム婚約指輪は下取りしてくれる!?

婚約指輪をリフォームする際、新しい指輪には使わない素材(指輪枠や石)を店舗が下取りをしてくれることが多く、見積り書には下取り金額が明記され、その分を差し引いた金額を支払うことになります。

材料費(石やパーツなどの素材) + ②工賃(作業費用) - ③下取り金額 =④支払い代金

ただ、指輪枠(金やプラチナ)は溶かして新しいデザインに使いたいという場合、材料が足りなくなった時には地金追加代という材料費が発生します。

金・銀・プラチナは、「価格が変動するのでリフォーム料金が最後までわからない!?なんて心配もありそうですが、店舗によってはリフォームを受け付けた時点の価格設定を基準にしていて、「その後、変動があっても価格修正はしない」としているところもあります。

リフォームをお願いする時には、材料費、工賃、下取り、そして地金追加代について確認をしておきましょう。

指輪のリフォームにかかる期間

Jewelery polishing ring

セミオーダーの場合、簡単なリフォームだったら最短で1週間。かかったとしても1ヵ月以内が目安といえそうです。

フルオーダーの場合は、1ヶ月半~2カ月弱を要します。

複雑なデザイン珍しい素材を使う場合は、もう少し長めに見ておいた方が良いでしょう。

期間もリメイクの内容によってずいぶん変わりますから、時間があまりない人は事前に希望の期限を明確に伝えるようにしましょう

婚約指輪のリフォーム、人気のデザイン6つ

ダイヤモンド

せっかくリフォームするなら自分の好みのものを作りたいですよね?

人気のデザインや素材をご紹介しますので、参考にしてみてください。

1. ダイヤ立爪を今風にアレンジ

婚約指輪と言えば、シンプルな枠に大きな一粒ダイヤが光るソリティアを思い浮かべる人が多いでしょう。

昔は立爪でダイヤを固定するデザインが一般的でしたが、引っかかりやすいことからソリティアやレール留めに変更する人が増えています。

ダイヤの存在感を生かしながら若い人でも使いやすい雰囲気に仕上がるのでお勧めです。

2. 複数の指輪の石を1本に

指輪を複数本持っている場合には、それらの石を集めて1本の指輪にすると存在感がグンと増します

石を追加することもないので、経済的です。

3. プラチナからピンクゴールドなどに。地金(枠)の素材を変える

昔の婚約指輪と言えばプラチナホワイトゴールドが定番でしたが、今はより個性的でお洒落な素材も指輪の定番となってきています。

可愛らしいピンクゴールドや華やかなイエローゴールドを選ぶ人も増えてるんですよ。

ダイヤなどの石のみを残して、枠を違う素材に変えるとそれだけで印象がガラリと変わります。

また金属アレルギーのある人は、アレルギーが起こりにくい素材に変更することで、安心して普段使い可能に。

チタンジルコニウムは金属アレルギーを起こしにくい、とされていますが、素材を決めるときはパッチテストなどで確認してからにしましょう。

4. ダイヤモンドに誕生石をプラス

受け継いだジュエリーに自分の個性もプラスしたい人には、誕生石の追加がお勧めです。

色のついた石が加わることでパッと目を引く個性華やかさを演出できます。

代表的な誕生石
1月 ガーネット
2月 アメジスト
3月 アクアマリン
4月 ダイヤモンド
5月 エメラルド
6月 パール
7月 ルビー
8月 ペリドット
9月 サファイア
10月 オパール
11月 トパーズ
12月 トルコ石

5. ネックレスやピアスを指輪にチェンジ

指輪だけに限らず、ネックレスピアスを元に婚約指輪をリフォームすることも可能です。

付き合っていた頃にもらったアクセサリーをずっと大切に身につけたい…という人にはぴったりですね!

6. ダイヤを並べ替えて、ハーフエタニティ風に

中央にダイヤの粒が集まっているデザインはゴージャスですが、爪が引っかかって普段使いしにくいのが難点です。

ちょっぴり古臭く見えたり、小柄な人だと手のサイズに合わないこともありますよね。

そこで、ダイヤをリングに埋め込んでハーフエタニティ風にアレンジを加えると、華やかさはそのままに、カジュアルなファッションリングとして使いやすくなりますよ

リフォームできるジュエリーショップ選びのポイント

Female seller in a luxury jewelry store presents a ring.

1. 丁寧にカウンセリングをしてくれる店

「義母からもらった」「母の形見」など、指輪のリフォームは、特別な思いがこもっていることも多いはず。

大切なジュエリーを預けるので、リフォームしてくれるお店選びは非常に大切です。

希望のデザインや予算などを丁寧に聞き取ってくれるお店を選ばなければなりませんね。

宝石や素材の特徴について分かりやすく説明してくれるお店かどうか、リフォームにかかる総額を事前に出してくれるかどうか、といった点を確認しましょう。

また、デザインによっては普段使いしているとキズが入りやすかったり石が取れてしまったりすることもあります。

「毎日着ける予定」「特別な日にだけつけたい」など、どういう環境で指輪を使用するつもりなのか、詳しく伝えておくと後で後悔しなくて済みます。

2. リフォームの事例が豊富な店

リフォーム対応をしているジュエリーショップの多くが、ホームページでリフォーム事例を紹介しています。

リフォームの内容や金額を丁寧に説明しているところ、また実績例が多くあるジュエリーショップをいくつかピックアップして、まずは電話で問い合わせをしてみましょう。

知識も豊富で対応もよさそうだったら、実際に店舗を訪れ相談してみてください。

3. 製作前に見積り金額を提示してくれる

「リフォームした指輪ができあがるまで金額がわかならない」では、困りますよね。

製作に入る前までに、きちんと見積りを提示してくれるジュエリーショップを選ぶようにしましょう。

ミニコラム指輪のブランドとは違う店でもリフォームできる?

ブランド品は独自の素材・工程で指輪を製作していることから、一般のジュエリーショップではリフォームをお断りしているところがあります。

ただ、ブランドショップでも自社の商品であっても、リフォームの内容によっては対応してくれないところも。

そんな花嫁さんのために、ブランド品でも対応してくれるジュエリーショップもあります。実績のある確かな店舗かどうか確認をしてから、相談してみましょう。

まとめ

  • リフォームのメリットは、世界に一つだけの指輪になること
  • リメイクの相場は30万円前後、期間は1ヶ月半~2ヶ月弱
  • 立爪ダイヤを今風にアレンジするのが人気のリメイク法
  • リメイクは信用できる業者に任せよう

婚約指輪を素敵にリフォームするポイントデザイン事例をご紹介しました。

事前にじっくりと考えて、たった一つのお気に入りの婚約指輪に仕上げてくださいね!