結婚指輪の新定番!チタンリングの特徴やメリット・デメリットを解説!

結婚指輪の新定番!チタンリングの特徴やメリット・デメリットを解説!

結婚指輪というとプラチナや金をイメージする方が多いと思いますが、昨今では新たな素材として「チタン」が注目されています。

今回はチタンリングの性質や特徴、結婚指輪にした際の値段相場、さらにはデザインの種類やお手入れの方法までをご紹介します!

この記事のポイント!
  • 結婚指輪の購入を考えているカップル向け
  • チタンの性質や結婚指輪にする際のメリット・デメリットがわかる
  • チタンと他素材との違いを学べる
  • チタンリングはどんな人にオススメなのかがわかる

チタンリングの性質と特徴とは?

チタンは金属アレルギーを起こしにくく、変色や変質に強いといったところが特徴です。

リングをはじめに、キッチン用品からスポーツ用品など色々なところに使用されており、耐熱性や錆びにくさなどが注目されています。

比重は鉄とアルミのちょうど中間くらいでしょうか。

よく比較対象となるステンレスと比べると、耐食性が高く丈夫にもかかわらず軽く、実用金属の中では最大クラスの比強度を持っている事がメリットとして挙げられます。

長く愛用する結婚指輪の素材としては、ぴったりですね。

結婚指輪をチタンリングにする、メリット

指輪交換

そんなチタンで作られた結婚指輪は一体どんなメリットがあるのでしょうか?

ひとつずつ詳しく解説していきます。

1. 焼き色を付けて、個性的な結婚指輪に

チタンは表面の酸化皮膜によって、様々な色を作り出すことが可能です。

焼き色をつけることによって、肌に馴染む色やブルーやグリーンなどの鮮やかなアクセントカラー、さらにはつや消しや鏡面仕上げなど様々な加工も施すことが出来ます。

シルバー1色の結婚指輪には無い、オリジナリティあふれるマリッジリングが欲しい!というカップルにオススメです。

2. 錆びにくく、変色にも強い

温泉に入る際や海水浴などを楽しむ際、指輪を付け外しするのは若干手間だし、どこかに落としたりしたら…と思うとちょっと不安ですよね。

しかし、チタンのマリッジリングであれば錆や変色に強いので、温泉や海水浴なども身につけたままでOK。

食器洗いや洗濯など、日々の家事の時も気にしなくて済むのは女性にとっても嬉しいのではないでしょうか。

3. 金属アレルギーを起こしにくい

前述の通り、チタンはアレルギーを起こしにくい素材のため、指輪の他にも医療用ピアスなどにも使われています。

金属アレルギーを起こしてしまう方や敏感な肌質の方も、安心して指輪をはめることができますよ。

まれにチタンでもアレルギー反応を起こしてしまう人もいるので、念のためアレルギー検査は忘れずに!

4. 何より軽い!指輪のストレスが少ない!

指輪でも多少の重さがあると着けるのが億劫になってしまう…ということもありますよね。

その点チタンリングは非常に軽いので、その心配はありません。

日常的に着けていても重さは全く感じませんので、家事や仕事の邪魔にもなりにくいでしょう。

指輪をつけるのが苦手…という男性にもオススメです。

結婚指輪をチタンリングにする、デメリット

指輪のサイズ直し

メリットも多いチタンリングですが、結婚指輪としてはふさわしくないのかも?というデメリットを感じる人も。

メリットとデメリットをよく考えて、素材選びをしてくださいね。

1. チタンの結婚指輪は、サイズ直しが難しい

チタンリングは硬くて丈夫なだけあり、サイズ直しは少し難しいです。

もちろん出来ないことはありませんが、サイズ直しを行っているというお店自体が少ないため、指輪の号数はしっかりチェックしてから購入しましょう。

2. 取り扱いのジュエリーショップが少ない

結婚指輪の素材として、チタンはまだまだ主流とはいえません。

やはりずっしりとした重厚感のあるプラチナが主流なので、チタンの結婚指輪自体を取り扱っているジュエリーショップが少ないのです。

取り扱いブランドなどについては、後ほど詳しく記述します。

3. 結婚指輪としては、安っぽいと感じる人も

プラチナリングの存在感や高級感が好きだという人は、チタンリングを選んだ場合、多少「安っぽいかな?」と思うかもしれません。

チタンリング自体はもちろん質は良いですし、プラチナのような質感に仕上げることも可能ですが、やはりその「軽さ」が安っぽさに繋がるという意見も。

また先ほどの話に戻りますが、結婚指輪=プラチナリングが当たり前というイメージが強いので、その時点で「ちょっと…」と敬遠する方も多いのだとか。

チタンの結婚指輪には、プラチナ・金とは違った良さがある!

結婚指輪をつけるカップル

プラチナや金が結婚指輪の定番素材に選ばれる理由を4つ挙げるとすると、このとおり。

この4つの要素は、指輪の素材として必要不可欠であり、プラチナや金はそのバランスも非常によく取れています。

  • デザイン性の自由
  • 加工がしやすく、オーダーメイドや手作りも可能
  • 変質・変色をしにくいので、日常使いOK
  • 素材の希少価値が高いので、一生モノの結婚指輪にぴったり

一方、チタン素材の結婚指輪の良いところはこのとおり。

プラチナや金には無い要素が多数あるのです。

  • 金属アレルギーが起こりにくい
  • カラーバリエーションが豊富
  • 変質・変色をしにくいので、日常使いOK
  • 軽い

金属アレルギーで肌が真っ赤になってしまう…などにお困りの方は、チタンリングが救世主となってくれるでしょう。

また「結婚指輪にも個性を!」というこだわりを持つカップルにもこの素材は最適なのではないでしょうか?

チタンリングのお手入れ方法は?

結婚指輪

シルバーなどはこまめなお手入れを行わないと黒ずみが発生することがありますが、チタンは汗に強く変色もほとんどないため、こまめなお手入れは必要ありません。

気がついた時に、柔らかく乾いた布で拭いてあげるくらいでも良いでしょう。

大切な結婚指輪だから、大事にしたい!という方は、台所用の中性洗剤をぬるま湯に溶かして洗い、その後水で洗い流してあげれば表面の汚れや汗のついた跡などが綺麗になりますよ。

結婚指輪としてのチタンリングの費用相場

チタンリングをおすすめしたい点は、その価格の安さにもあります。

結婚指輪の費用相場は20万円程度ですが、チタンリングならフルオーダーでも7~8万円くらいの低価格のものもあります。

高いものでも15~16万円以内で収められる指輪が多いです。

そのため、結婚指輪にあまりお金をかけられないカップルや、結婚式費用がギリギリ…というカップルでも安心して購入できるのがチタンリングの嬉しいところです。

チタンリングは、カラーバリエーション・デザインが豊富で、プラチナや金にも引けを取らないクオリティーの品ばかり。

「結婚指輪は絶対にプラチナ!」というこだわりがなく、指輪以外のところで2人の絆を深めるためにお金を節約したい!というカップルにはピッタリな指輪かもしれませんね。

チタンの結婚指輪を取り扱うジュエリーブランド

ジュエリーショップ

さて、冒頭でもお伝えした通り、チタンリングはまだ世に浸透しはじめたばかり。

「チタンで結婚指輪を作りたいけど、取り扱っているお店が見つからない…」という人のために、ここではチタンリングを取り扱うジュエリーショップを一部ご紹介します。

SORA(ソラ)

SORAは東京・表参道に本店を構えるオーダーメイドジュエリー専門店。

チタンをはじめ、タンタルやジルコニウムなどの素材も取り扱っています。

新郎新婦の自由な発想を大事にし、可能な限り細部にまでデザインにこだわって指輪を制作してくれるので、結婚指輪にこだわりを持つカップルにはぴったりですね。

チタンリングのサイズ直しやアレルギーが気になる人のために、テストリングの貸し出しをしているところもポイント!

Aroode(アローデ)

チタンやジルコニウムでのセミオーダー・フルオーダーを取り扱っているAroode

本店は代官山にありますが、北海道や京都、熊本にも取扱店があるので、遠方にお住まいの方も購入が可能。

金属アレルギーの方にも華奢で可愛い指輪を…という想いの元に、独自の加工法と技術でかわいらしいチタンリングを提供してくれます。

Tiffany & Co.(ティファニー)

女性から圧倒的な支持を得るハイブランド、ティファニーでもチタンのペアリング(結婚指輪)を取り扱っています。

他ブランドとはちがい、シックな色合いがオシャレなチタンのペアリングです。

ハイクオリティで繊細なデザインの結婚指輪は、男女ともに非常に人気が高いのがティファニーブランド。

金やプラチナでなくとも、TIFFANYの指輪ならば高級感にも溢れますよね。

まとめ

チタンの結婚指輪まとめ

  • チタンリングなら金属アレルギーの人も安心
  • 焼き色をつけることによって、ブルーやグリーンなど鮮やかな色合いにも
  • 変色に強く錆びにくいため、お手入れが簡単
  • 結婚指輪でも10万円以下で購入可能なので、将来のために貯金を節約できる
  • サイズ直しは難しい
  • 取扱店は少ないが、ティファニーなどのハイブランドでも購入可能

チタンリングは結婚指輪の定義にとらわれない人や、アレルギー持ちの人に是非おすすめしたい指輪です。

皆さんも結婚指輪の購入を検討する際は、ぜひチタンリングを候補に入れてみてくださいね。

関連記事