海外挙式の後の帰国後パーティーを成功に導く5つの準備

海外挙式の後の帰国後パーティーを成功に導く5つの準備

海外挙式をして帰って来た後に、友人や職場の人などを招いて「帰国後パーティー(国内での披露宴)」を開きたい!と思っている新郎新婦のお二人へ。

海外挙式はとても思い出になる反面、両親への感謝の気持ちを伝えたり、友達や同僚に結婚を報告したりする機会がありません。

そのため、「結婚しました、これからもどうぞよろしく」という気持ちを伝えるために、帰国後パーティーはとっても意味のあるイベントですね。

ここでは、帰国後パーティーを成功させるための準備についてご紹介します。

この記事のポイント!
  • 海外挙式の後の帰国後パーティーを考えているカップル向け
  • 帰国後パーティーの基本を学べる
  • 帰国後パーティーの場所の選び方や流れがわかる

海外挙式の後の『帰国後パーティー』とは?

帰国後パーティーとは?

アフターパーティー1.5次会とも言われる、海外挙式の後の帰国後パーティーとは一体どのようなものでしょうか?

パーティースタイルは新郎新婦の自由ですが、一般的にはこんなかたちのものです。

帰国後パーティーは、披露宴と二次会の中間

帰国後に行うお披露目パーティーは、結婚披露宴ほど改まってはおらず、二次会ほどカジュアルではないスタイルが多いです。

2つの中間ということで、1.5次会と同じような結婚披露パーティ―です。

帰国後パーティーといったらこれ!というプログラムや演出の決まりはないので、人によっては少し改まった披露宴スタイルやカジュアルな二次会スタイルなどを選ぶ人もいます。

帰国後パーティーを行うのは、海外挙式後1、2ヶ月以内が多いみたい。

なぜ帰国後すぐではないの?というと、海外挙式の時の画像や映像データを演出につかいたい場合、これらが揃うのに1、2週間ほどかかることが多いためです。

ゲストの人数は?親戚+友達の少人数~100人規模まで!

帰国後パーティーと言っても、その規模はさまざま。

ゲストが100人を超えるというカップルから、親族だけの少人数でアットホームな感じのものまで、好みによって調整することができます。

ゲストの人数や年齢層によって会場や演出を考える必要があるので、招待客のリストアップは、挙式前から始めておきましょう。

1. 海外ウエディングの後の『帰国後パーティー』会場の選び方

Decoración salon de boda

カジュアルなパーティ―なら、レストランやカフェ

その中でも特に多いのがレストランやカフェで、1.5次会や二次会スタイルのパーティーにしたいという人に人気です。

フランス料理やイタリア料理など、挙式をした国の料理を出してくれるレストランや、2人の思い出のレストランで行うなど、アイディア次第で自分たちらしいパーティーにできますよ。

フォーマルパーティ―なら、ホテルや結婚式場

披露宴のように少し形式的なパーティーにしたい場合は、ホテルや結婚式場がおすすめです。

ゲストが親戚や会社の上司、両親の知り合い関係など目上の方が多い時などにも、このスタイルが無難でしょう。

結婚式場やホテルならば、豪華な雰囲気でパーティーを開くことができますし、控室やクロークはなどの設備面も整っている所が魅力です。

場所選びのコツは「どんなお披露目パーティーにしたいか」

帰国後パーティーの場所選びは、「少し豪華に」「気軽な感じで、盛り上がりたい」など、まずは思い描くスタイルを2人でまとめてみることです。

また「海外挙式した場所」や「ビーチ」など、パーティーのテーマを先に決めてみるというのも、場所選びのヒントになりますよ。

次は優先順位を決めることです。

例えばこんな風に、自分たちがどれを優先したいかをリストにしてみましょう。

  • ゲストの人数と層(親しい友人だけ?職場の上司も?)
  • 料理のおいしさ
  • おしゃれな場所
  • アットホーム感
  • 料金の安さ
  • 高級感

その中で絶対に抜かせないものには、印をつけておいて、そこを中心に選んでみるとパーティーの場所が自ずと決まってくるはずです。

2. 帰国後パーティーの内容や演出はさまざま!流れを考えよう

ウエディングケーキ入刀

一般的な披露宴とは違い、カップルの希望するパーティーのスタイルによって、内容はだいぶ変わってきます。

スタイルに合わせたおおよその内容と流れを簡単に説明しましょう。

帰国後パーティプログラム【披露宴スタイル】

  • 新郎新婦の入場
  • スピーチ
  • ケーキ入刀
  • 食事(自由時間)
  • お色直し
  • スライドやDVDの上映
  • 余興
  • 両親への感謝の手紙

披露宴スタイルはこの順番で行われることが多いです。

通常の結婚披露宴では、2人の子どもの頃や馴れ初めなどを元にスライドやDVDが作られることが多いですね。

帰国後パーティーでは海外挙式のものを流して、挙式の雰囲気をゲストに知ってもらう演出もオススメです。

帰国後パーティプログラム【1.5次会スタイル】

  • 新郎新婦入場
  • ケーキ入刀
  • 食事
  • 友人スピーチ
  • ゲーム
  • 集合写真

1.5次会スタイルはこんな流れ。

新郎新婦入場やケーキ入刀のほか、希望によってはお色直しを入れる人もいます。

全員参加型のゲームなど盛り上がる所もあり、披露宴と二次会を足して2で割った感じと言えばわかりやすいと思います。

帰国後パーティプログラム【2次会スタイル】

  • DVDの上映
  • 新郎新婦入場
  • 食事
  • ゲーム
  • 新郎挨拶

二次会スタイルは、披露宴形式や1.5次会形式よりもカジュアル。

この場合、食事は立食やビュッフェタイプを選ぶ人も多く、ゲストと新郎新婦が自由におしゃべりできるなど、気軽な雰囲気が魅力です。

実際のパーティーの内容はカップルの選択によりますので、音楽の生演奏ブーケトスビンゴを入れるなど、好みで自由に変更することができます。

3. 帰国後パーティーの衣装は、タキシードとドレスが基本

帰国後パーティーの服装

海外ウエディングでタキシードやドレスを購入している場合はそれを着るのが基本です。

せっかくのお披露目パーティーですから、ウエディングドレスだけではなくカラードレスを着てお色直しをすることも可能です。

ただし、1.5次会スタイルでレストランやカフェでパーティーを行う場合は、結婚式場やホテルと違って着替えの手伝いをしてくれるアテンドが付かないことが多いので、注意が必要です。

また、着替えのための控室の用意やヘアメイクの手配なども自分たちでしなければならないこともあるので、お色直しをしたい場合は会場選びにご注意くださいね。

一方で、とことんカジュアルに2次会形式で、海外挙式後のお披露目パーティーをするなら、新婦はきれいめのワンピース、新郎はセットアップなどでもいいでしょう。

4. 費用は、会費制かご祝儀制

電卓とお金

帰国後パーティは、会費制が人気

会費制というのは、ご祝儀の代わりに会費をいただいて行うパーティーのことで、帰国後パーティーの65%が会費制だと言います。

自分たちとゲストの両方の金銭的な負担が少ないので、1.5次会と二次会スタイルでは人気の方法です。

会費制の相場は15,000~20,000円程度ですが、料理のグレードが低いとゲストから反感を買い「ケチったな…」と思われてしまう可能性も…。

会費はあくまでも『参加者の飲食費』と考えて、ゲストの満足度をあげるようなプランを考えましょう。

また会費制の場合、結婚式で用意する豪華な引き出物の必要がないので、来てくれたお礼として1,000円程度のプチギフトを用意するのが人気です。

ご祝儀制は引き出物や引き菓子選びの手間がかかる

ご祝儀制は結婚式でもおなじみですが、ゲストからご祝儀をいただくスタンダードなタイプです。

ゲストが会社関係や年配者が多い時や、きちんと披露宴感を出したいという場合に好まれるタイプですが、引き出物引き菓子などを選んだりする手間がかかる所がデメリットです。

またご祝儀制の場合、新郎新婦の友人関係は30,000円を包む人が多いでしょう。

パーティーの形が、立食のビュッフェタイプだと「割に合わないな」とおもわれてしまうかも。

きちんとしたコース料理でのおもてなしを検討してくださいね。

5. 帰国後パーティーの招待状準備

帰国後パーティーの招待状

披露宴形式のお披露目パーティーはもちろん、カジュアルなパーティ―だとしても、ゲストへのご案内には招待状を作るのがきほん。

作り方、文面、いつまでにだすか?などひとつずつ解説します。

招待状の作り方:手作りやウェブ招待状もアリ!

招待状の作り方は、「式場または専門業者に依頼」「手作り」のほかにも「ウェブ招待状」も!

それぞれのメリットとデメリットをまとめたので、パーティー形式に合わせて選びましょう。

式場または専門業者に依頼

結婚式場や招待状の作成業者などの専門業者に頼めば、あらかじめデザインや紙を提案してくれるので新郎新婦の準備が非常にラクです。

費用はちょっとお高め。(1人当たり400~500円ほど)

披露宴形式で、大人数でかしこまったパーティーをするときにオススメです。

手作り招待状

手作りの招待状はキットなどを購入して一から作ったり、既製品にアレンジを加えたりするだけでも素敵なものが作れます。

また2人の共同作業として作れば、これも良い思い出になりますし、式場に頼むよりもリーズナブルですよ。(1人当たり200~400円ほど)

招待客が少ない場合は手作りがオススメです。

ウェブ招待状

ウェブ招待状というのは、LINEやFacebookなどSNSを活用した招待状のこと。

パーティーまであまり時間がない時や、招待状に時間とお金をかけたくないという時に便利な方法で、基本料金は無料としているサイトが多いよう。

ただし、会社関係や親族への案内には向きません。

<web招待状がつくれるサイト>

まとめ

ウェディングケーキ
  • 帰国後パーティーには、披露宴1.5次会二次会などのスタイルがある
  • パーティーを開く場所は、レストランカフェが人気
  • パーティーの演出はケーキカットお色直しからゲームなどさまざま
  • ドレスはウエディングドレスタキシードがスタンダード
  • パーティーをした人の6割強は会費制で、3割がご祝儀制
  • 招待状は手作りやラインなどを使ったウェブ招待状もアリ

海外挙式の後の帰国後パーティーの準備についてご紹介しました。

披露宴タイプ、1.5次会タイプ、二次会タイプなど、そのスタイルはさまざま。

どのようなパーティーにしたいか2人で話し合って、素敵なパーティーにしてくださいね。