海外挙式を二人だけですればメリットいっぱい!平均費用やコツを解説

海外挙式を二人だけですればメリットいっぱい!平均費用やコツを解説

海外挙式に興味はあるけれど、なんだか難しそう。お金がかかりそう…。

と、不安を感じる人も多いのでは?

実のところ、海外挙式はそんなに難しいことでも、あまりに高額な費用が必要なイベントでもありません。

プランニングはもちろん、国内でレンタル衣装の指定・試着も可能なところが増えています。

昔に比べれば、ずいぶんお手軽に実現できるようになっているので、新婚旅行と一緒に挙式を、というカップルも多いんですよ。

また、二人だけで海外挙式をすれば費用や手間を大幅に抑えることができます。

今回は二人だけで行う海外挙式の費用目安、メリット・デメリットや注意点などをご紹介していきます!

この記事のポイント!
  • 海外挙式に憧れているけれど、具体的には何も決まっていないカップル向け
  • 海外挙式の相場と、人気の高い地域がわかる
  • 予算内で満足できる海外挙式のコツがわかる
  • 海外挙式のメリット・デメリットが理解できる

新婚旅行(ハネムーン)も兼ねた海外挙式なら費用を抑えられる

新婚旅行と海外ウェディングを一緒にする

ゲストのいない二人だけの海外挙式は、100万円あれば十分満足のいく挙式が可能です。(プランや行き先によりますが…)

もちろん100万円と言えば決して気軽に出せる金額ではありませんが、海外挙式の場合、総合費用はハネムーンを含めた金額になります。

国内で結婚式と披露宴を行い、さらに新婚旅行にいくことを考えれば、ずいぶん費用を抑えることができるでしょう。

通常ハネムーンにかける費用は、海外であれば二人で50万ほどは必要になります。

二人だけの海外挙式は、平均100万を目安に

通帳

海外挙式を行う場合、150万ほどの予算で行う場合が多いようです。

ただ、両親やゲストを含んでパーティーを行うかどうか、これが大きく費用に関わってきます。

二人だけであれば、上でもご説明した通り旅費を含めて100万円前後が費用の目安。

海外挙式にかかる費用のおおまかな内訳は、以下の通りです。

  • 飛行機代、宿泊費などの旅行費
  • チャペルの使用料などを含めた挙式費用
  • お土産代などのショッピング費用
  • 結婚式以外で行うレジャー費用 など

挙式費用そのものは、実のところ国内でも海外でもさほど変わりません。

国内での挙式であれば、平均して20万から30万程度の費用が必要。

海外での挙式費用も、二人だけならその金額で十分に可能です。

ウエディング会社の基本プランの内訳は?

海外挙式はどのウエディング会社でも基本プランがあり、一般的にはこれらの料金が含まれています。

  • チャペルなど、挙式に使う施設の使用料
  • 牧師(立会人)への謝礼
  • 介添人(会社によって通訳を兼ねてくれる場合もあります)
  • 結婚証明書
  • 会場への送迎

さらに必要になるのが、ドレス・タキシードなど衣装のレンタル代ヘアメイク代、教会や周辺での写真や動画の撮影音楽・BGM(演奏者・シンガー)パーティー費用など。

オプションが増えるごとに、もちろん費用が増えていきます。

ウェディングドレスはレンタルか購入か?

実は、レンタル衣装代が基本プランに含まれていない会社も多いのですが、これは理由があります。

レンタルドレスと同程度の費用で、ちょっと安いウェディングドレスを購入し、記念に取っておくという人が意外と多いからです。

海外挙式後に日本で披露宴(帰国後パーティー)を行う場合、2回もドレスをレンタルする必要があるので、結局購入したほうがコスパがいい!という場合も。

レンタルドレスは20万から30万程度がボリュームゾーン。

あまり質の高いドレスというわけにはいきませんが、20万ほどから買えるドレスもあるため、「同じ金額を出すならあえて購入を」という人も多いのです。

旅行会社のプランで海外挙式をすれば手続きも簡単!

海外挙式プランは旅行会社に相談できる

海外挙式は手間がかかりそう、大変そうというイメージは間違い。

海外挙式は、結婚式にあまり手間をかけられない、という人に人気が高いんです!

2人だけの海外挙式であれば、ゲストの交通費や宿泊ホテルの手配も必要ないので、国内での結婚式よりもグッと手間が抑えられますよ。

また、最近は二人分の旅費を含めたパッケージプランや、オーダーメイドでプランを作ってくれる旅行会社も

新婚旅行の予約と一緒に挙式までまとめて依頼できるので、手続きが簡単!

より手間をかけずに海外挙式を実現することも可能です。

格安で海外挙式を実現しよう!コツや方法を紹介

ビーチでウェディング

予算内で海外挙式を実現するには、こだわりたいポイントを絞ることが大切です。

厳粛なチャペルで結婚式をするのが夢だったというのであれば、挙式そのものにこだわって、宿泊先のホテルはちょっとグレードを落とす、というのもいいでしょう。

行き先にこだわりたい!という場合は、旅費・滞在費にお金をかけて、挙式はシンプルにしたり、フォトウェディングだけにしても十分満足のいくプランになります。

費用の上を見ればきりがありません。

譲れないポイントに予算を割りふり、こだわりのない部分で費用を抑えること。

それが予算内で満足のいく海外挙式を実現するコツです。

▼海外挙式のこだわりポイント例
  • 行き先(アジアリゾート?ハワイ?グアム?ヨーロッパ?など)
  • 日程(何泊?大型連休?)
  • 挙式会場(チャペル)のグレード、ロケーション(ビーチ、オーシャンビュー、クラシカルな雰囲気、など)
  • 挙式オプションプラン(写真・動画、ヘアメイク、送迎サービスなど)
  • 衣装(ウェディングドレス、ブーケ、小物、タキシード)
  • 旅行プラン(飛行機、ホテル、現地アクティビティ、食事など)

条件が合えばウエディング会社の目玉プラン(キャンペーン)がおトク!

海外挙式のプランニングを行っている会社では、目玉となるプランやキャンペーンが用意されています。

低価格を実現するために、自由に挙式先を選べなかったりオプションは別料金だったりしますが、こうしたプランは基本プランの内容を備えていていながらも、かなりリーズナブル。

なかには、10万円程度と格安な設定も!

こうした顧客の目を引くプランは、安かろう、悪かろうにはなりません。

むしろ値段に比較して、非常に高いサービスを受けることができます。

海外フォトウェディングで節約する?相場は20〜30万

フォトウェディングは、挙式を行わず写真撮影で結婚式の代わりにするというもの。

海外では20万から30万ほどの費用がかかります。

一般的な海外挙式よりはぐっと安く済みますが、二人だけなら同額程度で挙式を行うことも不可能ではありません。

特に写真を重要視しているという訳でもないのなら、二人で海外挙式をする方が思い出に残っていいかもしれませんね。

関連記事

海外でフォトウエディング!費用・プランから当日の流れまで徹底解説

海外挙式の行き先、オススメも人気もハワイ挙式がダントツ!

resote

ゼクシィの海外ウエディング調査によると、海外挙式に選ばれる場所はダントツでハワイ

4年連続で、海外挙式をする60%以上の人がハワイ選んでいるんです。

次点はグアムで、一般的にハワイより10万円ほど費用を抑えられるのが魅力的。

旅行会社もハワイやグアムなど人気のある地域をオススメすることが多いと思いますが、それは現地スタッフも日本人の挙式に慣れているところが多くスムーズに結婚式を挙げられるから、という事情が。

またハワイは日本語が通じやすいので、滞在中の不自由が少ないところもポイントが高いですね。

新婚旅行で人気のヨーロッパやイタリアは少数派

ヨーロッパの大聖堂で結婚式

ヨーロッパ方面は移動に時間がかかり、旅費自体が高くなります。

さすがにお手軽に海外挙式…とはいきませんね。

ハワイやグアムであれば、挙式費用+オプション(ヘアメイクなど)+旅費で、100万円程度でも海外挙式が実現可能ですが、ヨーロッパの場合はもう少し高額に。

フランスやイタリアなど、挙式会場に大聖堂などを希望する場合は、挙式費用+オプション+旅費で、150万~200万は最低でも見積もっておいた方が安心

ただ、ゲストを誘いにくい場所でもあるため、二人きりで新婚旅行も兼ねた挙式したい場合は、あえてちょっと遠いヨーロッパ方面を選ぶという人もいます。

二人だけで海外挙式をする最大のメリットは、手間が省けること!

形骸挙式の準備

二人だけで海外挙式を行う場合、日本での結婚式・披露宴と異なり、参列者の都合を考える必要がありません。

結婚する二人のスケジュールが合えば、好きな日に挙式ができます。

日本国内での結婚式は、準備に1年かける人も少なくなりません。

招待ゲストのリスト作成、挙式会場の予約、招待状の発送、席次を決める、引き出物の決定、スピーチや余興の依頼…などやることがいっぱい。

2人だけの海外挙式で、日本での披露宴も行わないなら、結婚式で手間のかかる部分を一気に省くことができるのです。

ご祝儀とお返しを考えずに済む

海外挙式の場合、帰国後に1.5次会(帰国後パーティー)をするパターンが多くなっています。

この場合、一般的に「会費制」であるケースが多いため、ご祝儀のお返し(引き出物)を考えずに済むのもメリット。

プラン次第では、夫婦二人の費用負担を減らすことができて、披露宴に比べて参加者の金銭的負担、時間的な制約も少なくて済みます。

また、例えば再婚の方は、同じ人から二度もご祝儀をもらうことを避けるため、披露宴は行わないという人もいます。

そのようなケースでも、海外挙式なら披露宴をしないパターンが多いので気を使わずに済むでしょう。

海外挙式のデメリットは、下見ができないこと

海外ウェディングの会場選び

もちろん海外挙式にはデメリットも存在します。

下見ができない状況で教会や式場を決めなくてはならず、不安を感じやすいところが難点です。

また披露宴も帰国後のパーティーもしない場合は、あとで親戚やお世話になった人への個別の挨拶まわりが必要になります。

「結婚しました」というはがき一枚では済ませられない相手が多いと、かえって手間がかかるので、帰国後にきちんとした披露宴をしたほうが良い場合もあります。

海外挙式の流れと準備スケジュール

海外挙式の場合、通常の新婚旅行よりは早めの準備が必要ですが、国内での結婚式よりはのんびりと準備できるでしょう。

希望日の半年くらい前には行き先と挙式場所を決定できればベスト。旅費の早割りなどのキャンペーンも利用できるのでオススメです。

3ヶ月前をきると、予約状況の都合で条件が制限されるかもしれませんので、ウェディングドレスやヘアメイクなどの詳細が決まっていなくても最低限行き先だけは決めておきましょう。

式場と旅行の予約は、5~4ヶ月前くらいが目安。

また、帰国後パーティーを行うなら、希望日の2ヶ月前に会場選定、1ヶ月前には予約を終わらせましょう。

海外挙式後すぐにパーティ―を行う場合は、旅行の準備と並行して、ゲストへ招待状を送ったり、パーティ―の演出を考える必要があるのでちょっと忙しいかも。

関連記事

海外挙式の後の帰国後パーティーを成功に導く5つの準備

海外挙式よりリゾート挙式にこだわるなら沖縄もあり

okinawa

リゾート挙式には憧れるけれど、海外はやっぱり…という人には、沖縄でのリゾート挙式も人気です。

海外挙式よりも費用が控えめになるので、ホテルや食事のランクを上げることもできます。

もちろん沖縄ならパスポートも不要で言葉も通じますから、海外が不安な方は視野に入れてみましょう。

まとめ

2人だけの海外ウェディング
  • 二人だけの海外挙式なら、100万ほどで実現可能
  • 国内での結婚式よりも、海外挙式は準備がカンタン
  • 帰国後パーティーをするなら、ウェディングドレスを購入するのもオススメ!
  • 予算内で海外挙式を実現するには、こだわりポイントを絞ることが大切
  • 海外挙式の準備期間は、半年が目安
  • 帰国後は1.5次会がおすすめ

今回は、二人だけで海外挙式を行うなら知っておきたいポイントを紹介しました。

海外挙式は思った以上に準備も簡単で、新婚旅行も兼ねれば費用を抑えることができます。

これらのポイントを参考に、ぜひ思い出に残る素敵な海外挙式を挙げてください!