結婚式は二人だけでもこんなに素敵!費用や寂しくない演出まとめ

結婚式は二人だけでもこんなに素敵!費用や寂しくない演出まとめ

結婚式といえば、家族や大勢の友人に祝福されて行うものというイメージが強いですね。

でも今は、さまざなま結婚スタイルが提案されています。

二人だけで挙げる結婚式もその一つ。

二人だの結婚式の魅力やメリット・デメリット、気になる費用相場を解説します。

二人だけの結婚式ってどんなもの?

ビーチの2人二人だけの結婚式は、親兄弟も呼ばず、新郎新婦だけで挙げる式のこと(もちろんスタッフはいます)。

ゲストが全くいないので、挙式後に一般的な披露宴を行うことはあまりありません。

ただ挙式の後に、親族のみを招いた少人数の食事会を開いたり、海外挙式の場合は帰国後に結婚披露パーティーを行ったり、自由に決めてOKです。

二人だけの結婚式はこんな人におすすめ

二人だけの結婚式は以下のような理由で、花嫁さんに選ばれています。

  • デキちゃった婚なので、できるだけ早く挙式を済ませたい
  • 大げさなことはしたくないけれど、ナシ婚やフォトウェディングは寂しい
  • できるだけ結婚費用を抑えたい
  • 大切な瞬間を2人だけで迎えたい

二人だけの結婚式はどこでできる?

二人だけで行う挙式なので、会場となるのは教会や神社がメイン。

ホテルやゲストハウスはあまり対応していないようです。

記事の後半でご紹介しますが、海外挙式や国内リゾート挙式も、2人だけの結婚式の定番です。

【こちらの記事もオススメです↓】
海外挙式を二人だけですればメリットいっぱい!平均費用やコツを解説

二人だけの結婚式のメリット

別居婚カップル二人だけの結婚式には、メリットがこんなにたくさん。

1.費用を抑えることができる

二人だけの結婚式の場合、披露宴は開かないことが多いので、食事・飲み物、引出物などにかかる費用を抑えることができます。

二人だけの結婚式で発生する費用は、基本的に挙式料・衣装代・ヘアメイク代・写真代のみ。

2.希望の日程をおさえすい

ゲストを招かないので、二人の日程が合えば結婚式は実行可能。

縁起のいい日や時間帯を気にせず、二人の都合だけで決めることができるので、式場の予約を入れやすいのがうれしいですね。

3.準備が楽

二人だけの結婚式の場合、披露宴を行わないため、招待状や席次表の準備、引き出物の手配などが必要ありません。

もちろん演出や余興も考える必要なし。

通常は半年ほどかかる結婚式の準備ですが、3ヶ月もあれば十分、1月以内に準備を済ませる花嫁さんも。

4.気持ちが楽

ゲストの前なら恥ずかしい誓いのキスや感動の涙も、二人だけなら素直に感情移入できそう。

また、必要な準備は二人に関することだけ。

親やゲストの思惑を気にしなくてすむので、気が楽です。

二人だけの結婚式のデメリット

手を握る二人だけの挙式のデメリットも確認しておきましょう。

1.二人ぼっちは寂しい?

家族やゲストからの「おめでとう!」の言葉がもらえないのはちょっと寂しいかも。

みんなに祝福されて盛り上がる結婚式をイメージしているなら、二人だけの結婚式は避けた方がベター。

2.親が反対する

結婚式で子どもの晴れ姿を見ることを楽しみにしていた親にとって、二人だけの結婚式はちょっと残念なことかもしれません。

親世代の中には、披露宴で相手をお披露目するのが当たり前と考えている人もいます。

二人だけの結婚式を挙げたい場合、親に対しては事後承諾ではなく、前もって相談するのがオススメ。

二人だけの結婚式の費用相場

結婚式費用をローンで支払う二人だけの結婚式は披露宴は行わないので、費用は基本的に挙式にかかるものだけ。

具体的には、挙式料+衣装+ヘアメイク+写真撮影などを加えたもの。

挙式料だけなら、10万円前後で可能です。

これに新郎新婦の衣装・ヘアメイク・写真撮影を含めると、合計30万円前後になります。

「ゼクシィ結婚トレンド調査2018」によると、挙式・披露宴の費用は全国平均で357.5万円なので、費用をかなり抑えることができますね。

結婚式を2人きりで行うなら?人気の挙式スタイルと費用(予算)

海外挙式二人だけの結婚式の人気のプランを予算とともに紹介します。

海外挙式

ハワイなどのリゾート地やヨーロッパの教会で挙げる結婚式なら、夢に描いたフォトジェニックなシーンが実現できそう。

比較的費用が高いヨーロッパでも、ゲストを呼ばない二人だけの結婚式なら、実行可能です。

新婚旅行とかねて挙式ができるのも魅力。

海外挙式の場合、挙式料だけなら数万~20万円なのですが、これに衣装代や旅費も加算することになります。

またシーズンによっても料金は変わってきます。

●挙式料+衣装+ヘアメイク+写真撮影+旅費を含めた、費用例

  • ハワイ…80万円~100万円
  • グアム…80万円程度
  • フランスやイタリアなどの大聖堂で挙式…150万~200万円

【こちらの記事もオススメです↓】
【ハワイ】新婚旅行の予算はいくらで足りる?滞在費や観光スポットも

国内リゾート地

沖縄や軽井沢などのチャペルなら、海外よりも気軽にリゾート挙式の気分を味わうことができます。

海外挙式と同様、新婚旅行とかねて挙式できるのが魅力。

ディズニーランドでも、2人だけの挙式+会食プランが用意されています。

●挙式料+衣装+ヘアメイク+写真撮影を含めた、費用例(旅費別)

  • 国内リゾート地…20~30万円
  • ディズニー・スウィートハート・ウェディング(レストランプログラム)…84万2,000円

神社で和装ウェディング

日本の伝統的なスタイルを選びたいなら、神社での和婚を選んで。

厳かな雰囲気の拝殿で行われる二人だけの神前式に、気分は高まりそうですね。

地元の神社で挙式後、住居地で披露パーティーを開くカップルもいます。

●挙式料+衣装+ヘアメイク+写真撮影:20~30万円

二人だけ結婚式にぴったりの演出

海辺のキス二人だけの結婚式にこそふさわしい演出はこちら。

二人だけのファーストミート

新郎新婦が衣装を身に着けた姿を、初めて見せあうのが、ファーストミート。

通常は挙式前に親族紹介があることが多く、ファーストミートの時間がうまくとれなかったり、感動のシーンを楽しめなかったりすることも。

二人だけの挙式なら、チャペルの祭壇で待つ新郎のもとに、新婦が一人でバージンロードを歩いてくるので、感動のファーストミートになりそう。

ロマンティックな写真撮影

誰の目を気にすることもないので、大胆なポーズやロマンティックなシチュエーションで、写真撮影を。

いつもはシャイな二人でも、ぜひチャレンジしてみて。

  • 夕陽をバックにキスシーン
  • 彼がお姫様抱っこ

お互いに宛てた手紙を読む

お互いに宛てた手紙を用意して読み上げてみてはいかがでしょうか。

普段は口にできない甘い愛や感謝の言葉も、二人だけなら素直に伝えられるかも。

まとめ

  • 二人だけの結婚式は挙式のみで、披露宴は開かないことが多い
  • 挙式後に親族だけで食事会や、海外挙式なら帰国後パーティーを開くことも。
  • 二人だけの結婚式の大きなメリットは費用がやすく、準備が楽なこと
  • 海外挙式の場合は、旅費がかかるので100万円は必要

人生最良の日を二人だけで過ごすのも素敵な選択です。

メリットと同時にデメリットもあるので、自分たちに合った結婚スタイルかどうかをよく考えて決めてくださいね。