ウェディングドレス持ち込みの基礎知識!花嫁が知るべき「持ち込み料」のすべて

ウェディングドレス持ち込みの基礎知識!花嫁が知るべき「持ち込み料」のすべて

一生に一度の結婚式ですから、気に入ったデザインのウェディングドレスを着たい!という方も多いかと思います。

しかし、ホテルや専門式場で結婚式を予約している場合、持ち込み禁止としている会場もあり、会場決定前には注意が必要です。

会場側の提携店でウェディングドレスをレンタルしなくてはならないので、ドレス選びの選択肢が狭まります。

中には、衣装の持ち込み可としている場合もありますが、持ち込み料を支払うのが条件であることも多いんです。

今回はウェディングドレスなど、衣装の持ち込み料に関して解説していきます。

希望デザインを持ち込みたい方や、インポートデザインをオーダーされたい方などは、ぜひ参考にされてください。

【こちらの記事もオススメです↓】
結婚式トラブル事例【持ち込み編】禁止・持ち込み料の秘密(プランナー解説)

ウェディングドレス持ち込み料とは、ドレスの保管料

ウエディングドレス

ウェディングドレスにかかる持ち込み料とは、保管料のことを言います。

式場提携業者以外のドレスショップで、気に入ったデザインのドレスがあった場合、ウェディングドレスを持ち込むことで発生するのが「持ち込み料」です。

万が一、持ち込みのドレスにシワが入るなど、トラブルを避けるために、結婚式場側で必要としていることが多いです。

和装やタキシードにも、持ち込み料は必要

ウェディングドレスの持ち込み料がかかる場合、カラードレスにも持ち込み料が必要だと考えておきましょう。

色打掛や白無垢などの和装でも同じなので、希望デザインがある場合には注意が必要です。

その他、タキシードや紋付き袴に対しても同じ事がいえるため、しっかりチェックしましょう。

衣装小物にはかからない場合もある

ウェディングドレスやカラードレスに持ち込み料は発生したとしても、靴やウェディンググローブ、ウェディングベールなどの、小物にはかからないこともあります。

持ち込み料がかからない項目は、自分で用意することが可能。

レンタルしたドレスデザインに似合うような、おしゃれな小物でコーディネートを自由に楽しみましょう。

ウェディングドレスの持ち込み料 費用相場

結婚式費用

ウェディングドレスの持ち込み料は、式場によって異なります。

しかし、多くの会場で請求している金額はおおよそ5万円。

中には10万円を必要としている会場もあります。

花嫁の衣装にばかり注目してしまいますが、花婿のタキシードの持ち込みに関しても持ち込み料は必要であることが多いです。

新郎衣装の持ち込み料は、ドレスよりも少し安く、その相場は3万円ほど。

衣装を多く持ち込む場合、それだけの持ち込み料が必要であることを考えておきましょう。

衣装の持ち込みの、メリット&デメリット

シンプルなウェディングドレス

結婚式場に、気に入ったウェディングドレスを持ち込みたい!と思った花嫁さんへ。

持ち込みの魅力と、注意点をご紹介します。

持ち込みするかしないか、後悔しないように冷静に判断したいですね。

メリット

  • 希望のデザインを好きなお店から探せる
  • フルオーダーやセミオーダーなど、自分だけのデザインを用意できる
  • 持ち込み料を支払っても、ドレスを購入する方が安く済むこともある
  • 思い入れのある衣装を着られる など

希望のデザインの衣装を着られることは、花嫁にとって大きな自信につながります。

世界に1つだけのデザインを用意したり、母から譲り受けたものなど思い入れの強い衣装で結婚式に臨めば、より思い出も深くなりますね。

一方最近では、格安ドレスも販売されており、ドレス代金に持ち込み料を上乗せしても、提携ショップでレンタルするよりも安くなる可能性もあります。

【こちらの記事もオススメです↓】
意外とお得?ウェディングドレスのセミオーダーの相場やメリット、注意点

デメリット

  • 持ち込み料がかかる(1着5万円~)
  • 急なトラブル時に対応してくれるドレスコーディネーターが居ない
  • 搬入や搬出も自分でしなければならない場合もある
  • 多くのデザインから希望のシルエットを探すため、ドレス迷子になる可能性が高まる
  • パックプランにドレスが入っている場合、損してしまうこともある

ウェディングドレスを持ち込むデメリットは、持ち込み料がかかるのに、急なトラブル時に対応してもらえるかどうか分からないということです。

またレンタル品であれば、着用後のクリーニングなどにも対応してもらえますが、購入であればすべて自分でこなさなければなりません。

衣装持ち込みの注意点!シワ伸ばし(プレス)やクリーニング

Aラインのロングトレーンドレス

ウェディングドレスを持ち込みときに確認したいのが、ドレスの状態について。

搬送途中でシワが付いてしまった場合、自分でしわ伸ばしをする必要があるのでしょうか?

式場に送ったときにシワがあった場合どうする?

購入品であれば、自分でプレスする必要があります。

ドレスショップからレンタルして持ち込みであれば、レンタル先に相談しましょう。

どちらの場合でも、自分たちで手がけられない場合、プランナーに相談することが重要!

有料にはなっても、契約しているドレスショップでプレスに対応してもらえることもあります。

使用後のクリーニングは?

持ち込みの衣装が購入品である場合、使用後のクリーニングやキズなどの補正まで、すべて自分で手配する必要があります。

式場と提携していないドレスショップでのレンタルであれば、ドレスショップがクリーニングをおこなってくれるので、返送までが仕事と思うといいですね。

受取りや返送は誰がする?

購入品を持ち込む場合、ご自身で持参し、持ち帰れば問題はありません。

ドレスショップのレンタル品の持ち込みの場合、ショップによって対応が異なります。

どのような方法で持ち込み、返却するのか、レンタルショップと式場プランナー両方に、しっかり確認しておく必要があります。

ウェディングドレスの持ち込み料を、免除・節約する方法

結婚式費用

できれば支払いたくない持ち込み料ですが、実は回避する方法があります。

場合によっては持ち込み料を免除してもらえたり、持ち込み料に相当する金額の値引きを受けられる可能性もあるため、ぜひチェックして見てください。

会場決定前に交渉する

会場を決める前であれば、料金交渉に応じてくれる可能性もあります。

問い合わせの時点から「ドレスは持ち込み希望」という意志を明確に伝え、見積もりの交渉を進めていきましょう。

ドレスショップ側に負担してもらう

どうしても気に入ったデザインがあるけれど、提携店外という場合には、ドレスショップ側に持ち込み料に相当する金額を、割引してもらう交渉もできます。

ドレスショップ側もドレスを決めて欲しいことから、交渉に応じてくれる可能性も十分にありますよ!

「このドレスが気に入って決めたいが、式場への持ち込みに5万円かかるから、きめかねている」など、レンタルの決め手が『持ち込み料』であることを伝えましょう。

ブライダルフェア特典を利用して、持ち込み料を補填

ブライダルフェアで、申込み特典を用意している会場は多いです。

「挙式料無料」「演出10万円分プレゼント」「ヘアメイクリハーサル無料」など、さまざまな特典があります。

この特典を利用し、浮いた費用をウェディングドレスの持ち込み料に充てることもできますね。

会場決定前に!持ち込みに関して、必ず確認すること

ウェディングプランナー

式場を契約後に、持ち込みができなくて衣装を妥協した…、なんて体験談は実はよくあること。

持ち込み禁止や持ち込み料に対する対処は、式場決定前にやることが大切です。

会場によって異なる、持ち込みの基準

会場によって、どの項目に持ち込み料がかかるのかは、大きく異なります。

  • 提携外ショップでのレンタルには持ち込み料が必要
  • 購入品であれば持ち込み料は無料
  • 全てのドレスに持ち込み料が必要

など、定義はさまざまです。

ウェディングドレスにこだわりがある花嫁さんは、必ず決定前に確認しましょう。

持ち込み料はいくらかかるのか確認

持ち込み料の相場は、1着5万円~10万円ほど。

しかし結婚式場によって、大きく差があることが考えられます。

希望している会場ではどのような決まりになっているのか、しっかり確認しましょう。

そもそも結婚式場に持ち込みはOK?

持ち込み料を支払う以前に、持ち込み自体をすべてNGとしていることもあります。

この場合は式場決定後(契約)に交渉しても、許可してもらえない可能性が高いでしょう。

希望デザインを持ち込みたい場合は、会場決定前に必ずウェディングプランナーに交渉しておくことをおすすめします。

まとめ

  • ウェディングドレスの持ち込み料は「衣装の保管料」
  • 持ち込み料の相場は約5万円
  • 持ち込み料の支払い以前に、持ち込みできない会場もある
  • 持ち込み料節約の交渉は、会場決定前(契約前)に!

ウェディングドレスなど、衣装の持ち込みや持ち込み料に関してをまとめてご紹介いたしました。

希望のデザインを着たい気持ちも大切にしていただきたいですが、持ち込み対してデメリットとなってしまう項目があることも事実です。

どのような方法でウェディングドレスを決めることがベストか、じっくり検討していかれることも重要ですね。