婚姻届の提出先はどこでもOK?住所地・本籍地以外で出すときの注意点

婚姻届の提出先はどこでもOK?住所地・本籍地以外で出すときの注意点

本籍地や住所地以外に婚姻届を出したい、というカップルも多いもの。

婚姻届の届け出先は、基本的に本籍地や住所地とされていますが、実は旅行先でも提出できます。

ただし本籍地や住所地以外の役所で婚姻届を出す場合、添付書類や時間などに注意しなければなりません。

本記事では、婚姻届の提出にまつわる疑問点や注意点、提出後にもらえる婚姻届受理証明書についてご紹介します。

婚姻届の提出先は本籍地・住所地以外でも大丈夫

婚姻届

婚姻届は基本的に、以下の役所に提出する必要があります。

  • 夫の本籍地
  • 夫の住所地(所在地)
  • 妻の本籍地
  • 妻の住所地(所在地)

住所地(所在地)というと、実際に住んでいるところに限られると思いがちですが一時滞在先も含まれます。

旅行先やリゾートウェディングでの提出もOK

一時滞在先でも婚姻届を提出できることを利用して、人気のリゾート地や旅行先で挙式の後提出するカップルも増えています。

たとえば浦安市役所では、入籍記念にディズニー旅行を楽しんで、婚姻届を提出するカップルも。

夫婦にとっての記念となる入籍ですから、提出先は2人の思い出の場所を選んでみてはいかがでしょうか。

婚姻届を本籍地・住所地以外で提出するときの注意点

チェックリスト

本籍地で婚姻届を提出する際、以下のものを持参します。

  • 婚姻届の原本
  • 提出する人の身分証明書
  • 万が一ミスがあった場合に訂正をするため旧姓の印鑑

しかし夫婦どちらか一方、もしくは2人の本籍地でない自治体に提出する場合は、本籍地でない者の戸籍謄本も必要となります。

戸籍謄本は事前に準備を

戸籍謄本は、本籍地のある自治体の役所や出張所で交付してもらえます。

戸籍証明の請求時は、戸籍謄本(戸籍全部事項証明)と戸籍抄本(戸籍個人事項証明)とを選べます。

婚姻届の添付書類とする場合は、戸籍のすべてが記載されている戸籍謄本を選びましょう。

■戸籍謄本の代理申請に必要なもの

戸籍謄本は、本人だけでなく、家族などの代理人による申請も可能です。

遠方に住んでいる場合や、仕事などで自分が取りに行けない場合は、代理人に頼むといいでしょう。

  • 本人の署名、捺印した委任状
  • 代理人の本人確認書類
  • 代理人の印鑑
  • 委任者の本人確認書類のコピー

代理申請の際の必要書類は自治体によって異なる場合も。

あらかじめ交付を請求する自治体の役所や出張所へ確認しておきましょう。

■戸籍謄本の郵送申請に必要なもの

戸籍謄本は郵送でも申請することができます。

  • 申請書(自治体のホームページからダウンロード可能)
  • 本人確認書類のコピー(運転免許証や住民基本台帳カード、パスポートなど)
  • 手数料分の定額小為替(1通450円分)
  • 返信用封筒(返信にかかる切手を貼っておく)

郵送申請は便利ですが、申請から返送まで自治体によっては1週間以上かかることも。

入籍日になって戸籍謄本が届いていない!といった事態にならないためにも、入籍日から起算し、余裕を持って請求してください。

住所地以外なら、婚姻届受理証明書をもらっておく

婚姻届の提出によって入籍が済むと、夫婦どちらかの姓が変わります。

そのため、運転免許証などの名義変更をしなければなりません。

運転免許証の名義変更の手続きでは、新しい姓や本籍地の記載された、新しい住民票が必要。

ところが、本籍地や住所地以外で婚姻届を提出した場合、自治体によっては、新しい戸籍の情報が住民票に反映されるまで数日かかることも。

そこで活用したいのが、婚姻届受理証明書です。

婚姻届受理証明書とは、婚姻届が受理されたことを公的に証明する書類で、婚姻届を提出した窓口でのみ請求できます(手数料 1通350円ほど)。

住民票の請求時に婚姻届受理証明書を添付すると、新しい内容での住民票を速やかに発行してもらえます。

急いで住民票が必要な場合は、忘れずにもらっておきましょう。

独自デザインのご当地婚姻届のデザインがかわいい!提出先の役所によって特典があることもで特典がある自治体も

結婚指輪

入籍をより思い出深いものにするなら、ご当地限定デザインの婚姻届の利用がおすすめ。

結婚情報誌「ゼクシィ」とコラボした、ご当地デザインなども人気です。

自治体によってはご当地婚姻届を提出すると特典がもらえることもあるようです。

かわいいデザインのご当地婚姻届が人気

従来のベーシックなデザインとは異なり、かわいいキャラクターが載っていたりオシャレなデザインのものがあったりと、自治体の特色が現れています。

ご当地婚姻届は控えがあるため、記念として手元に置いておくことができるのも嬉しいポイント。

ご当地婚姻届は、各自治体の窓口、自治体やゼクシィのホームページからダウンロードできます。

ただしコラボしている自治体以外にご当地婚姻届を提出する場合、事前に受理してもらえるかを確認しておきましょう。

ご当地婚姻届の提出で特典がもらえる自治体

ご当地婚姻届の魅力は、デザインだけではありません。

発行している自治体によっては、窓口に提出することで特典がつく場合も。(自治体によって、その地に本籍を置くなどの条件がある場合もあります)

代表的な自治体と特典は以下の通りです。

ぜひ、素敵な特典のある自治体に提出して思い出の品をいただいてみてはいかがでしょうか。

婚姻届は役所の窓口だけじゃない!時間外・夜間でも提出できる

カレンダーと時計

婚姻届は役所や出張所の戸籍係に提出し、その場で記載ミスや漏れがないか確認されます。

無事に受理されれば、晴れて2人は夫婦となり、提出日が入籍日となります。

休日や時間外は、時間外窓口や警備員室などへ提出

仕事が忙しい場合や希望の入籍日に予定が入ってしまって、開庁内に提出できないケースもあるでしょう。

役所では、休日や開庁時間外でも提出できる時間外窓口や、警備員室や宿直室での預かり窓口を設けています。

婚姻届の不備確認は、次の開庁日以降となりますが、入籍日は婚姻届が提出された日として取り扱われます。

時間外受付できるかは事前に確認してお

婚姻届の時間外受付は、どこの役所でもおこなっているわけではありません。

提出しようとしたら、時間外受付用の窓口がなかった!とならないために、事前に役所に確認しておきましょう。

時間外提出をする場合は、不備や間違いがないかの事前確認を

開庁時間内での提出では、婚姻届の内容に不備があった場合、その場で確認して修正することができますが、時間外提出ではその場で内容を確認してもらえません。

そのため記載ミスがあれば、受け付けてもらえない可能性があります。

そこでミスがあった時の対策として、欄外に捨印を押しておきましょう。

捨印があると、簡単なミスであれば職員が内容を訂正してくれます。

ただし大きなミスがある場合は、役所から呼び出され、修正して別の日に提出しなければならない可能性も。

時間外に提出する際は、内容に間違いがないか、しっかりと確認しておきましょう。

婚姻届を1人で提出、代理人による提出もOK

婚姻届は夫婦のどちらか1人が提出したり、家族や友人などの代理人による提出も可能です。

代理人が提出する際、委任状は不要ですが、窓口で身分確認をされます。

代理人となる人は、身分証明書を忘れずに持参しましょう。

婚姻届の提出先で、婚姻届受理証明書をもらうのがおすすめ

婚姻届

婚姻届は一度提出してしまうと回収されるので、手元に残りません。

婚姻届という愛の証を、思い出として残しておきたいとき、記念になるのが、婚姻届受理証明書

婚姻届の提出先の役所によって、かわいいデザインの婚姻届受理証明書を用意していたり、記念品として人気なんです。

婚姻届受理証明書は、婚姻届提出先でのみもらえる

婚姻届を提出した自治体に申し出れば、婚姻届受理証明書をもらえます。

発行は有料で、請求は婚姻届を提出した市区町村の役所窓口に限られるので注意しましょう。

先述の通り、婚姻届を住所地以外で提出する場合、婚姻届受理証明書があれば住民票の取得がスムーズに行えます。

婚姻届受理証明書の記載事項

婚姻届受理証明書には、主に次の事柄が記載されます。

  • 婚姻年月日
  • 妻と夫の氏名と生年月日
  • 妻と夫の本籍地
  • 証明書の発行日
  • 婚姻届が受理された旨の文書

自治体によって、記載内容が増えることもあります。

詳しくは婚姻届の提出を予定している自治体に問い合わせましょう。

これはかわいい!役所によって異なる婚姻届受理証明書のデザイン

最近は、入籍するカップルを祝福しようと婚姻届受理証明書に工夫を加える自治体が増えています。

賞状タイプやイラストが入った華やかなオリジナルのデザインなど、種類は自治体によってさまざま。

2人の入籍を思い出に残すなら、お気に入りのデザインの婚姻届受理証明書がもらえる自治体を選んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • 婚姻届の提出先は本籍地や住所地以外にも、旅行先などの一時滞在先の役所でもできる
  • 時間外の提出もできるが、不備がないか事前にチェックをする
  • 本人や証人以外の代理人による提出も可能
  • 婚姻届受理証明書を受け取っておけば、名義変更にも使える
  • 自治体によっては人気のご当地婚姻届を提出すれば特典がつくことも

婚姻届は本籍地や住所地以外でも提出可能。

名義変更の予定があるなら、婚姻届受理証明書の発行も忘れずに!