【婚姻届の書き方】住所欄を間違えずに書く簡単な方法

【婚姻届の書き方】住所欄を間違えずに書く簡単な方法

婚姻届の住所欄。

普段書き慣れている住所ですが、いざ婚姻届を書こうとすると、「番地と番の違いって?」「引越しするんだけど、いつの時点の住所を書くの?」とわからない点がたくさん。

住所欄で手がとまってしまう人も多いようです。

モヤモヤを解決すべく、婚姻届の住所欄の書き方を紹介します。

婚姻届の住所欄の書き方=住民票通りに書く

婚姻届婚姻届とは、二人が戸籍上の夫婦になるために役所に提出する書類。(夫婦の新しい戸籍が作られる)

戸籍と住民票の内容は一致するように、定められています。

婚姻届の住所欄には、提出時点で住民登録をしている住所を正確に記入します。

書き方に迷ったら、とにかく住民票に記載の通りに書きましょう。

婚姻届の住所欄「世帯主」とは

結婚挨拶_女性編婚姻届の住所欄の下にあるのが、「世帯主の氏名」。

世帯主とは、その世帯(一緒に暮らしている人たち)の代表者のことを言います。

世帯主は一般的には、実家暮らしなら「父親」、一人暮らしなら「本人」であることが多いのですが、住民票を見て確認をしましょう。

世帯主の書き方は以下のいずれかになります。

  • 婚姻届を提出する前に、別々に暮らしていた
    夫婦別々の住所と世帯主を書く
  • 婚姻届を出す時点ですでに同棲していて夫が世帯主
    妻の世帯主欄は「左に同じ」または「夫に同じ」
  • 同棲していても世帯を分けている
    それぞれの世帯主を書く

次に住所欄の具体的な書き方を説明します。

婚姻届の住所欄の書き方(1)丁目・番地・番・号

公の書類なので、普段書いている住所と書き方が異なることもあります。

丁目や番地は、ハイフンを使用しない

婚姻届の住所欄の書き方

普段は住所を書くとき「○○市○○町1-2-3」「○○市○○町1234-5」などと、ハイフンつなぎにすることが多いですね。

これはあくまでも略した書き方で、正確な住所の書き方ではありません。

婚姻届に、ハイフンを使って住所を書くことはできません。

住民票のとおり「○○市○○町1丁目2番3号」「○○市○○町1234番地5」などと書きましょう。

婚姻届を出す時点ですでに一緒に住んでいるなら、妻の住所欄は「左に同じ」または「夫に同じ」でも大丈夫です。

婚姻届の住所欄の書き方(左に同じ)

「番地」か「番」を丸で囲む、二重線で消す

婚姻届の住所欄の書き方(番地・番・号)

婚姻届の住所欄では「番地」か「番」のどちらかしか使いません。

使わない方を二重線で消すか、使う方を丸で囲みましょう。

●記入例
「○○町1丁目2番3号」の場合→「番地」を二重線で消す/番を○で囲む

番地と番の違い

住所の表記でよく見かけるのは「○○市○○町1丁目2番3号」「○○市○○町1234番地5」という書き方。

「番」と「番地」の違いってなんでしょうか?

ざっくりとした言い方をすれば、「○○市○○町1丁目2番3号」は、人が住んでいる家(建物)に割り振られた、番号を使った表記のこと。(=住居表示)

一方「○○市○○町1234番地5」は、土地ごとに割り振られた番号のこと。(=地番)

普段から住所を「○○市○○町1-2-3」というように、ハイフンを使って書いている場合、「番地」なのか「番・号」なのか、わからないもの。

住民票には「番地」「番・号」いずれかの形式で記載されているので、婚姻届にはその通りに記入してくださいね。

住民票の住所に「号がない」場合

婚姻届の住所欄の書き方(号がない)

住民票に記載の住所が「○丁目○番」で終わっていて、「号」がないこともあります。

この場合は「号」を二重線で消します。

漢数字?それともアラビア数字?

住民票に「一丁目2番3号」のように漢数字とアラビア数字が混在して書かれていても、それは間違いではありません。

独断でどちらかに統一したりせず、住民票の通りに書きましょう。

「大字(おおあざ)」も省略しない

正式な住所の中には「○○県○○郡○○村大字○○字○○五」のように、「大字」(おおあざ)や「字」(あざ)を使うこともあります。

「大字」「字」は地名ではなく、市区町村内の区画の1つ。

「大字」や「字」を使わなくても、実生活に支障はありませんが、住民票に「大字」などの記載があるなら、そのとおりに記入しておきましょう。

大字や字を省いたために、婚姻届が受理してもらえないこともあります。

婚姻届の住所欄の書き方(2)マンション・アパート・部屋番号

マンションやアパート名も省略せずに、正式名称をすべて記入します。

本来カタカナ表記のところを勝手にアルファベットに変えたり、省略してはいけません。

住所欄が狭くて書ききれない!

婚姻届の住所欄の書き方(マンション名)

はっきり言って住所を書く欄がせまいので、マンション名のように住所が長いと非常に書きづらいですね。

「号」の上のスペースに、マンション名や部屋番号を詰めて記入しましょう。

あるいは「番地」「番」「号」を二重線で消して、左詰めで全て手書きする方法もあります。

もし欄外にはみ出して書いてしまっても、新しく書き直す必要はありません。

ただ、役所の窓口で訂正を求められる場合もあるので、入籍日にこだわりたいなら、開庁時間内に提出したほうがいいでしょう。

婚姻届のフォーマットにしたがって

婚姻届によっては形式が違うこともあります。

住所欄の下に「マンション・アパート」の記入欄や、欄外に「住所方書」(じゅうしょかたがき)があるなら、用紙の形式に沿って記入してください。

婚姻届の住所欄の書き方(2)海外在住、国際結婚する

背中のあいたオープンバックウェディングドレス

婚姻届は日本に住んでいることを前提にしたフォーマット。

結婚相手が外国人だったり、日本人だけど海外に住んでいる場合は、書き方にちょっと注意が必要です。

国際結婚の場合

結婚相手が日本で住民登録されているなら、日本人と同様「住民票に載っている住所」を書きます。

日本に住民票がない場合は、結婚相手の「国名」だけを記入します。住所まで書かなくてOKです。

◆記入例
アメリカ合衆国、大韓民国など

日本人だけど海外に住んでいる場合

住民票が日本に置いてある場合、住民票どおりに書きます。

住民票が日本にない場合は、海外での住所をそのまま記入して。

本籍地や一時帰国時の住所を書いてはいけません。

日本語(漢字、カタカナ、ひらがな)で日本式に、国名から番地の順に記入してください。

◆記入例
1234 ○○○○ Ave., NW, Washington, DC
→アメリカ合衆国コロンビア特別区ワシントン市北西○○○○通り1234番地

同棲・引越し・別居婚…婚姻届の住所欄 場合別書き方解説

サインするカップル結婚の前後で住所が変わる時は、どの住所を書くべきか迷ってしまいそう。

結婚を機に住所が変わる場合には、婚姻届だけでなく「転出届」「転入届」を役所に提出する手続きも必要になります。

転出・転入届を提出するタイミングごとに、婚姻届に書くべき住所を説明します。

1.同居後(同棲)に婚姻届を出す

  • 2人ともすでに同居をしている
  • 転出・転入手続きを終えて、住民票を異動している

この場合、婚姻届の住所欄には、現住所(引越し後)を記入します。

2人とも同じ住所で夫が世帯主なら、妻(夫)の住所欄や世帯主欄は「左に同じ」または「夫に同じ」と書いても大丈夫。

なお婚姻届の提出により「苗字」「本籍地」は自動的に修正されるので、婚姻後に改めて住民票の異動届を出す必要はありません。

ただし婚姻前に2人の住所が同じでも、別世帯になっている場合(世代主が別)は、婚姻届の後に世帯合併届を提出します。

2.婚姻届と同時に転入届を出す

婚姻届に書く住所(同棲、新居へ引越し)

婚姻届と同時に転入届を出すなら、新居の住所(引越し先)を記入します。

婚姻届を提出する際に、転入届も同じ日に出すことを窓口で告げるとスムーズです。

  1. 転出届を引越し前の役所で出し、転出証明書をもらう
  2. 婚姻届には新居の住所を記入
  3. 引越先で婚姻届を出した後、転入届と転出証明書を提出する

3.引越し前に婚姻届を出す場合

婚姻届に書く住所(引っ越す前)

新居に引っ越す前や、転出届と同じ日に婚姻届を出すなら、最初に婚姻届を受理してもらいます。

婚姻届には引越し前の住所を書きます。

  1. 引越し前に婚姻届(婚姻届には引越し前住所を記入)
  2. 転出届を出す
  3. 新姓で転出証明書をもらう
  4. 引越し先で転入届を出す

※住民票をおいてない役所に婚姻届を出すなら、婚姻届受理証明書をもらっておくとスムーズに新姓の転出証明書をもらうことができます。

4.転出届を出した後、転入前に婚姻届を出す

引越しの際に、転出届を先に出し、転入届を出す前に婚姻届を出す場合。

婚姻届に書くのは、引越し前の旧住所になります。

  1. 引越し前の役所で転出届を出す
  2. 旧姓の転出証明書をもらう
  3. 婚姻届を出す(引越し前住所を記入)
  4. 引越し先で転入届を出す(新姓)

※この場合で、転入届を提出したその日中に新しい住民票がほしいなら、婚姻届受理証明書をもらっておいて。

5.結婚してからも別々に住む(別居婚)

婚姻届に書く住所(別居婚)

別居婚のように、入籍後に夫と妻が別々暮らす場合、住所欄にはそれぞれの住所と世帯主を記入します。

例えば、夫も妻も実家暮らしで住民票が置いてある場合、それぞれの実家の住所と世帯主を書きます。

結婚後に住所が別々であっても、何の問題もありません。

婚姻届 本籍地の書き方

文字を書く女性住所欄の下にある本籍地の欄。

本籍地とは、自分の戸籍が置いてある場所のことで、住んでいる場所とはまったく別のものです。

婚姻書には、提出時点、つまり入籍前の2人の本籍地と戸籍筆頭者を記入します。

本籍地と戸籍筆頭者がわからない場合は、戸籍謄本(戸籍抄本)を見て確認しましょう。

「筆頭者の氏名」には、戸籍謄本(戸籍抄本)の最初に記載されている人の氏名を記入してください。

なお国際結婚の場合は、相手の国籍を日本語で書きます。

本籍地はどこまで書く?

本籍地は「場所」に置いてあるもの。

マンション名やアパート名は「建物」を表すものなので、本籍地には含まれません。

本籍地と住所が同じでも「同上」「上に同じ」は使わない

仮に住所と本籍地がまったく同じであっても、日常的に使う「同上」「上に同じ」を使うのはNG。

戸籍謄本にあるとおりに記入します。

婚姻届の住所欄で不備が!書き間違えたら訂正できる?

捺印どんなに慎重に書こうと思っても、書き損じはしてしまうもの。

字を間違えてしまったり、枠内に入らないということも。

不備が見つかっても修正テープや修正液を使わず、以下の要領で訂正をします。

  1. 間違えた部分には二重線を引く
  2. 欄内の余白に正しい内容を書きます。
  3. 欄外に届出印と同じ印鑑を夫と妻の2人が押す

書き直しはイヤ!住民票と戸籍謄本を見ながら書くのがカンタン

住民票大事な婚姻届を書くのに、間違えや書き損じがあってはちょっとイヤですよね?

基本的に婚姻届は、戸籍謄本や住民票に載っている内容を書き移せば大丈夫。

どこに何を書けばよいかは、役所の窓口でもらえる記入例や見本をよくチェックして。

書く内容に対して欄のスペースが狭いので、太めのペンだと枠内に入らないこともあるので、細目のボールペンで書いたほうがいいでしょう。

【婚姻届を書く時に準備しておきたいもの】

  • 戸籍謄本
  • 住民票
  • 記入例(見本)
  • 細字のボールペン(消せるボールペンは不可)
  • 予備の婚姻届

まとめ

  • 婚姻届の住所欄は、書類を提出する時点で住民登録があるところを書く
  • 住民票に書いてある住所を書くのがルール
  • 婚姻届の記入前に、住民票や戸籍謄本を準備しておくのが賢い方法

正式な住所と本籍地は普段あまり書くことがないので、ちょっと緊張しますね。

でも、書き方の決まりを守れば心配することはありません。

とにかく住民票をお手本と思って、丁寧に書きこんでくださいね。