【婚姻届】証人欄の書き方と注意点(具体例あり)

【婚姻届】証人欄の書き方と注意点(具体例あり)

婚姻届には2人の結婚を認める証人が署名する欄があります。

新郎新婦が成人でそれぞれの両親が認めた結婚であっても、証人の署名がなくては受理してもらえません。

証人は第三者に頼むものなので、失礼のないようにしたいもの。

証人欄の書き方を具体的に説明します。

【条件】婚姻届の証人は誰に頼む?何人必要?

婚姻届婚姻届は、結婚する本人たち以外で結婚を認める2人の証人の署名と印鑑がなければ受理されません。

証人の条件

証人の条件は以下のとおり。

  • 成年(20歳以上)2人以上
  • 2人の婚姻を認める人

この2つの条件を満たせば、親や兄弟(姉妹)といった家族はもちろん、友人・知人もOK。

外国人でも問題ありません。

実際は両家の親にお願いするケースが多いようです。

なお、証人の組みあわせには決まりがなく、夫・妻の側からそれぞれ一人ずつでも、どちらか一方に偏っても大丈夫。

証人欄は枠が2人分ありますが、右左どっちが夫側という決まりもありません。

ただ、夫の両親あるいは妻の両親に証人を頼む場合は、もう一方にあらかじめ伝えたおいたほうがいいでしょう。

証人は何か責任やリスクを負う?

婚姻届における証人の役割は「2人に結婚を認める」こと。

偽装結婚などの婚姻届の悪用を防ぐためのもので、借金をする時の「保証人」のように、何かの責任やリスクを負うものではありません。

証人なしでは受理されない!

結婚を認める2人の証人の署名と印鑑がなければ婚姻届は受理されません。

「夫も妻も成人してるし、親が認めてるから証人なしでもOK!」にはならないので要注意です。

婚姻届 証人欄の内容と書き方

婚姻届の証人欄

証人に書いてもらう内容と準備してもらうものは以下の通り。

◆書いてもらう内容

  • 署名(氏名)&捺印
  • 生年月日
  • 住所
  • 本籍

◆準備してもらうもの

  • 印鑑
  • 本籍地と住民登録している住所がわかるもの(本籍地記載の住民票など)
  • 黒か青のボールペンや万年筆(消せるボールペンは不可)

次に具体的な書き方を紹介します。

住所や本籍がわからない場合は、住民票をチェック

現住所はマンション名やアパート名も省略せず、住民票どおりにすべて記入します。

本籍地の記載のある住民票を取り寄せれば、証人欄に必要なことはすべて載っています。

証人をお願いする際に、必要なことを説明して、準備を整えてもらいましょう。

いざ書いてもらう時になって「本籍地の書き方がわからない」なんて事態を避けることができますよ。

夫婦で証人になってもらう場合、苗字を省略しない

婚姻届の「父母の氏名」欄は、母親の苗字を書かないことがあります。

「左に同じ」など、苗字を省略してもOKとされています。でも、証人欄は別。

夫婦であっても、2人ともフルネームで書いてもらいます。

夫婦で同じ苗字でも、同じ印鑑はダメ

夫婦や兄弟のように、苗字が同じ2人に証人をお願いする場合は要注意。

それぞれ違う印鑑を用意して押してもらいます。

印鑑は届出印?認印?シャチハタはOK?

証人が使用する印鑑は、実印でも認印でも問題ありません。

ただし、シャチハタはNGです。

略字は不可。戸籍どおり旧字体で

普段は略字を使っていても、証人欄には戸籍通りの表記で書いてもらいましょう。

戸籍が旧字体ならそのまま記入しますます。

婚姻届の証人は、代筆はダメ

証人欄は本人による署名・押印がマスト。

遠方に住んでいる両親が結婚を認めたからといって、夫や妻が代筆してはいけません。

また、死んだ人に証人になってもらうこともできません。

他界した父親の代わりに母親が書いたり、生前に署名をもらっておいた婚姻届を死後に出すのもNGです。

外国人に婚姻届の証人をお願いする場合

相談外国人に証人になってもらうには、本国の決まりで成人に達していることが条件。

外国に住んでいる場合でも、婚姻届の証人になってもらえます。

以下の点に気をつけて、本人に書いてもらいます。

  • 欧文でフルネーム、その上にカタカナで書く。
  • カタカナの場合、苗字と名の間は「,」を使う。 例: Jhon Smith スミス、ジョン
  • 中国人や韓国人は本国名を記入する
  • ファミリーネーム・ファーストネーム・ミドルネームすべてを記入

【押印】
外国人は印鑑がないので押印は必要ない。この場所にサインしないように!

【生年月日】
和暦ではなく西暦。月日を先に記入しないように注意して

【住所】
住民登録しているところを日本語で記入。外国に住んでいる場合は、現地の住所を書く

【本籍】
国籍を日本語で記入。例)アメリカ合衆国

自治体によっては、一部代筆を認めているところもあるので、外国人に証人を頼む場合は、事前に問い合わせることをオススメします。

間違えた!証人欄にミスや書き損じがあった時の訂正方法

婚姻届の証人欄の訂正方法

証人のサインを書き間違えてしまっても、大丈夫。正しい訂正方法で対処すれば、きちんと受理してもらえます。

婚姻届の場合、修正ペンや修正液を使って訂正するのはNG。

以下の方法で訂正します。

  1. 誤って記入した部分を二重線で消して欄内の余白に正しい内容を記入する
  2. 押印するものと同じ印鑑を、婚姻届の証人欄の欄外の右側に押す

証人に捨印をもらっておくと安心(必須ではない)

「せっかく証人のサインを書いてもらったのに、提出する時になって間違いが発覚」なんてことを防ぐため、証人に「捨印(すていん)」をもらっておくといいでしょう。

「捨印」とは、書いた後に文書に誤りが見つかった時のために、訂正印をあらかじめ押しておくこと。

枠外に、証人2人の「捨印」をそれぞれ押印してもらうことで、軽微な書き間違いがあっても訂正して受理してもらえます。

心配なら、自分たちがミスを見つけても勝手に訂正せず、役所の担当者の指示にしたがいましょう。

なお婚姻届に捨印の欄が印刷されてなくも、捨印だということがわかるように印鑑を押しておけば大丈夫。

婚姻届の証人を頼める人がいない場合

新郎謝辞の書き方

結婚に反対されているから両親には頼めない、証人を断る人続出といった場合、どうしたらいいのでしょうか?

嘘・架空の人の名前を書くのはNG

夫や妻が誰かの名前を勝手に書くのは不可。

婚姻届への署名は、夫婦となる2人も証人も、必ず本人が自分で書かなければなりません。代筆はNGです。

役所の人に頼むのはアリ?

証人の条件は「20歳以上で2人の結婚を認めてくれる人」。

文面どおりに考えると、役所の窓口にいる人でもOKなの?と思いがちですが、基本的には役所の人には引き受けてもらえません。

役所の人でないにしても、その日あったばかりの他人に婚姻届の証人を頼むのは、ちょっと寂しいですよね。

会社の同僚や後輩、習い事の先生でもOKなので、視点を変えて探してみて。

代行サービスを利用する

どうしても証人が見つからない場合には、代行サービスを利用する方法もあります。

費用は1名分8,000円~10,000円、2人なら16,000円~20,000円程度。

代行サービスは行政書士事務所や個人が行っているものなど、さまざま。

婚姻届には個人情報が多く書かれているので、証人代行業者は慎重に選んで。

まとめ

  • 婚姻届には証人として、成人していて、結婚を認める人が2人必要
  • 新郎新婦の親が証人になることが多い
  • 証人本人が署名・押印する、代筆は不可
  • 証人に本籍地記載の住民票を用意してもらうと記入がスムーズ
  • 記入ミスがあった時にそなえて捨印をもらっておく

証人に署名をもらうのってちょっと緊張しますよね。

内容に間違いがあると、証人にも迷惑をかけることになるので、準備を整えてから署名してもらうようにしましょうね。