バージンロードは父親以外と歩きたい!エスコート役は花嫁が選ぶ

バージンロードは父親以外と歩きたい!エスコート役は花嫁が選ぶ

バージンロードを父親が娘とともに歩き、その後新郎にバトンタッチする姿は、結婚式のシンボルの1つ。

でも、「父親がいない」「父親とは歩きたくない」などの理由で、エスコート役に頭を悩ませる花嫁さんもいます。

父親以外には、どんな人にエスコートしてもらうのがふさわしいのでしょうか?

そもそもバージンロードを歩くことは、どんな意味をもっているのでしょうか?

父親以外の人とバージンロードを歩いた花嫁さんの事例を紹介します。

知ってる?バージンロードの意味・由来

バージンロードまず最初に、バージンロードの由来や、父親と歩く意味について知っておきましょう。

バージンロードの由来

教会式の象徴でもある「バージンロード」は、実は和製英語。

英語ではアイル(通路)または、ウェディングロードと呼ばれています。

昔、教会の床の下には悪魔が潜んでいると信じられていました。

そのため、結婚式では床に布を敷いて、花嫁を悪魔から守ろうとしたのが、バージンロードのはじまりと言われています。

ちなみに正式には、カトリックでは赤い絨毯、プロテスタントでは白い布が敷かれます。

なお教会式ではない、人前式などのカジュアルウェディングの場合でも、入り口から中央へと延びる通路をバージンロードと呼んでいます。

花嫁が結婚式でバージンロードを歩くことの意味

教会の扉から祭壇へと続くバージンロードは、花嫁の人生の象徴と言われてます。

教会の扉は花嫁の誕生、そこから1歩、また1歩と進む道は、花嫁の「一生」を表しているんですよ。

最初の一歩は1歳、次の1歩は2歳の時というように。

そして父親にエスコートされて歩くバージンロードは花嫁の過去、新郎にバトンタッチする瞬間が現在、2人で歩く退場は未来を表しているのです。

なぜ父親がエスコートするの?

父親がエスコートするのは、花嫁が生まれてから今まで、ずっとそばで大切に見守ってきたから。

恋愛結婚が今のように当たり前でなかったころ、父親が結婚を認めた証として、娘を花婿のところまで連れて行ったことがその由来とも言われています。

バージンロードを父親以外と歩くのはアリ?

新郎新婦「バージンロードをエスコートするのは、絶対父親」という厳格な決まりがあるわけではありません。

自分を大切にしてくれた人であれば、父親以外にお願いしてもOK!

また親族というしばりに捕らわれる必要もありません。

とくに人前式では、新郎新婦の希望通りに入場をアレンジしても大丈夫。

ただ厳格な教会式の場合、チャペルによっては決まりがあるので、プランナーに確認しておいたほうが安心ですね。

両親がいない・父が嫌がる…。父親と歩けない・歩きたくない理由

花嫁さんによっては、父親と歩けない・歩きたくない悩みを抱えている場合も。

  • 両親がいない
  • 父親と死別した
  • 両親が離婚して、父親と疎遠になっている
  • 父親と不仲なので歩きたくない
  • 父親が恥ずかしがってエスコートしてもらえない
  • 他にエスコートしてほしい人がいる
  • 結婚は親から自立でもあるなどの理由で、一人で歩きたい

バージンロードを父親と歩けない理由はさまざま。

父親と歩くのが定番ではありますが、マナーではないので、新郎新婦と親の気持ちを優先して決めてくださいね。

離婚(母子家庭)、死別など。父親がいない場合はバージンロードを誰と歩く?

新婦と母父親以外に、バージンロードをエスコートしてもらう例を紹介します。

母親と歩く

バージンロードは今まで大切にしてくれた人と歩くことを考えると、自然と「母親」を思い浮かべる花嫁さんが多いよう。

自分を育て上げてくれた母親とバージンロードを歩く時間は、かけがえのないものに。

兄弟・姉妹と歩く

一緒に育ってきた兄弟や姉妹と一緒に歩くのも感慨深いものがありますね。

楽しかったこと・ケンカしたことなどが色々よみがえってじーんとくるかも。

男兄弟だと父親の面影が感じられ、一緒に歩いている分が味わえますね。

祖父母・叔父(伯父)と歩く

自分をいつも可愛がってくれった、大好きなおじいちゃん・おばあちゃん、父親代わりに支えてくれた頼もしい伯父さんと腕を組んで入場。

娘のいない叔父さんなら、喜んで引き受けてくれそうですね。

甥っ子・姪っ子と歩く

リングボーイ(フラワーガール)兼、エスコート役として甥っ子や姪っ子と入場する花嫁さんも。

ゲストから自然に笑みがこぼれる素敵な挙式になりそう

花嫁の子供と歩く

パパママ婚なら、自分の子供と一緒にパパの元に歩くのも素敵。

家族の絆が強まりそう。

義理の父親と歩く

これから家族になる夫の父親をエスコート役に選んた花嫁さんも。

義理のお父さんにはとても喜ばれそうですね。

恩師・上司と歩く

尊敬する恩師、仕事の枠を超えてとてもお世話になった上司に。

ちょっと珍しいかもしれませんが、一生に一度のことなので、心に決めたら思い切って実行してみて。

友人と歩く

何でも相談してきた大親友と一緒に、友情の証として。

カジュアルウェディングなら、ブライズメイド数人と一緒に、華やかに登場するのも盛り上がりそう!

思わず感動!定番とはちょっと違うバージンロード

リングリレーのやり方一般的な挙式とはちょっと違うけど、思いのこもったバージンロードを歩いた花嫁さんを紹介します。

両親と歩く

父親も母親、どちらも自分を育ててくれて大切な人だから、どちらだけなんて選べない!

そんな花嫁さんなら、両親と3人で入場するのも◎。

ただチャペルによっては、エスコート役は一人だけと決まっているケースもあるので、事前にウェディングプランナーさんに相談を。

新郎と歩く

親族やお世話になった人のなかで、適切な人が見当たらない、または複数いて選べない場合は、最初から新郎にエスコートしてもらう方法も。

この場合、迷ってしまうのがベールダウンのタイミング。

ベールダウンは、母親が自分の手を離れて新郎の元へ向かう娘に対して、最後の仕度を手伝うお仕事です。

新郎と一緒に歩くなら、ブライイズルームでベールダウンをする方法がオススメ。

演出としてゲストに見てもらうことはできませんが、母と娘でゆっくり話す時間を得ることができます。

車いすや杖を使う父親と歩く

車椅子を家族に押してもらって、あるいは杖を使いながらゆっくりと歩く父親にエスコートしてもらった花嫁さんも。

娘に対する愛情があふれる父親の姿に、感動いっぱいの挙式に。

一人で歩く

結婚は自立の一歩だから、1人で新郎の元へ歩んでいくと決めた花嫁さんも。

親元を離れていく娘に、両親は感無量ですね。

大切な父と死別…。遺影を抱いて歩く

父親が他界してしまった場合、一緒に歩くことは叶いませんが、エスコート役が遺影を抱いたり、写真をポケットに忍ばせて歩くこともあります。

ブーケに亡き人の写真が入ったチャームを付けて歩く花嫁さんも。

並んで歩くことができなくても、存在を身近に感じることができますね。

知っておきたいバージンロードのマナー

結婚式のスーツバージンロードを歩くなら、マナーもきちんと押さえておきましょう。

いつもとは違う!バージンロードの歩き方

普通歩く際は、左と右の足を交互に出しますが、バージンロードの歩き方は、一歩踏み出して両足をそろえるやり方。

右足を出す→左足を揃える→左足を出す→右足を揃える…という歩き方になります。

普段とちょっと違う上に、花嫁さんはウェディングドレスを着ているので、実はかなり歩きにくいのです。

素敵に歩くコツは、背筋を伸ばし、ドレスの裾を軽く蹴るように歩くこと。

ウェディングドレスの裾を踏まないように、つま先でドレスをけりながら歩いてみて。

バージンロードでエスコートする父親の衣装は?スーツでOK?

バージンロード以外でも謝辞や花嫁の手紙など、結婚式で父親が注目されるシーンは多いもの。

素敵な花嫁の父親として、ビシッと服装も決めてほしいですよね?

結婚式の場合、父親は正礼装である、モーニングやタキシードが基本。

ただガーデンウェディングなどのカジュアルスタイルなら、スーツでもOKです。

スーツにするなら、ポケットチーフやネクタイを少し派手にして、花嫁の父親らしく演出しましょう。

まとめ

  • バージンロードは花嫁の人生の象徴
  • エスコート役は花嫁にとって大切な人であることが大事。父親にこだわらなくてOK
  • 親族以外にエスコート役をお願いしてもOK

バージンロードは誰と歩くという厳格な決まりはありません。

自分をこれまで大切に守ってくれた人にお願いしてOKなのです。

自分を大切にしてくれた人と、これまでの人生を振り返りながら、彼のもとへと一歩一歩向かってくださいね。