ゲストハウスウエディングのメリットデメリット・会場選びのポイント

ゲストハウスウエディングのメリットデメリット・会場選びのポイント

ゲストハウスウエディングとは、一軒家をまるごと貸し切って行う披露宴・結婚披露パーティのこと。

貴族の邸宅やセレブの別荘のような会場や、こじんまりしたかわいらしい会場まで、さまざまな会場があります。

その魅力は何と言っても、建物全体を新郎新婦とゲストだけで自由に使えるプライベート感にあります。

今回は、非日常的な特別感溢れるハウスウエディングのメリット・デメリットから会場選びのポイント、費用相場などを詳しく解説致します!

この記事のポイント!
  • ゲストハウスウエディングを考えているカップル向け
  • ゲストハウスウエディングの会場選びのポイントが分かる
  • ゲストハウスウエディングの注意点と対処法がわかる
  • ゲストハウスウエディングの費用相場が分かる

ゲストハウスウエディングとは?メリットは「自由」なところ!

ゲストハウスウエディングと一般的なホテルウエディングとの違いはどこにあるのでしょうか?

ゲストハウスウエディングのメリットを具体的にご紹介します。

ホテルウエディングでは得られないプライベート感

ゲストハウスウエディング最大の魅力はその「プライベート感」にあります。

一軒家をまるごと貸し切るため、自分たちやゲストだけで敷地内を自由に使えるうえ、他のカップルやそのゲストとバッティングすることがありません。

また、一般的なホテルウエディングでは、あらかじめ決められた演出上、新郎新婦が固定の席からなかなか離れられずゲストとの距離が遠い…といったことが起こりがちですよね。

敷地内をまるごと使って自由な演出が可能なゲストハウスウエディングでは、新郎新婦が自由に歩き回ることができ、親しい友人やお世話になった上司、家族などとゆっくり会話を楽しめます。

まるで自宅にゲストを招くような、アットホームな結婚式を実現できますよ。

オリジナティー溢れる、自由な演出ができる

ホテルが用意したプランの中から演出を選ぶホテルウエディングと違い、基本的にはエントランスから披露宴会場まで自分たちで自由に飾り立てることができます。

たとえば、このような型にはまらない自由な演出が可能ですよ。

  • ゲストハウス全体をこだわりのテーマや好きなカラーで統一する
  • 建物内と屋外で装飾テーマを分ける
  • 新郎新婦の入場口を意外な場所にして、ゲストにサプライズ
  • オリジナルの手作りウエディングケーキを用意する
  • プールサイドでのカラフルなバルーンリリース

また、着席かビュッフェスタイルか、室内か屋外かなど、食事のスタイルを自由にアレンジできるのもいいですね。

おもてなしの料理選びももちろん自由です。

式にゆとりができる

1日に複数のカップルが式を挙げる一般的なホテルウエディングは時間に制限があります。

また、タイムスケジュールがきちんと決められているため、進行が遅れてしまうと、そのあとの時間配分に余裕が無くってしまうことも。

ゲストハウスウエディングは1日1組限定のところが多く、時間にゆとりをもてるため、時間配分に気を遣うことなく、2人にとっての特別な日をじっくり楽しむことができます。

式の流れを自分たちで決められる

ゲストハウスウエディングは、デザインや演出だけでなく、式の流れや内容を自由に決められるのも魅力のひとつ。

型にはめられた段取り・進行ではなく、ガーデンパーティなどで食事を済ませたあとに挙式を行うなど、自由な進行が可能です。チャペルを併設した会場などもありますよ。

ゲストがアッと驚くようなサプライズなど個性的な演出を取り入れやすいため、「決まった流れの結婚式はしたくない!」というカップルに人気があります。

2人で決めた進行ならば、結婚式の進行中にトラブルやアクシデントが起きた場合も、臨機応変な対応が可能ですね。

写真映えするフォトスポットが充実

ヨーロッパ風の邸宅やリゾート地の別荘など、豪華でスタイリッシュな一軒家のゲストハウスウエディングには、写真映えするフォトスポットが満載!

ガーデンやプールサイド、テラス、エントランス、チャペル、など、さまざまなシチュエーションでの写真撮影が可能です。

貸し切りなので他のカップルやそのゲストの目を気にすることなく、思いっきり弾けたポーズや表情ができるのも嬉しいですね。

ゲストハウスウエディングのデメリットとその対処法

雨の日のウエディング

多くのメリットを持つゲストハウスウエディングですが、いくつかのデメリットもあります。

  • 屋外の演出は、季節や天候に左右されやすい
  • 移動手段がネックになる場合がある
  • ご年配の方などに「カジュアル過ぎる」と思われる可能性がある

このようなデメリットを解消するためには、次のような対処法が効果的です。

悪天候を想定した、サブプランを用意する

ガーデンやプール、テラスなど、ゲストハウスの屋外設備を利用したガーデンパーティやデザートビュッフェといった演出は、ゲストハウスウエディングの最もスタンダードな演出。

ただし、結婚式当日に雨が降ったり風が強い場合は、演出そのものを中止しなくてなりません。

屋外設備を利用した演出をする場合は、当日の悪天候に備え、サブプランを用意しておきましょう。

また、式の途中で急に雨が降ってきたときの対応策として、屋外から建物内へのスムーズな誘導や演出変更なども、事前に考えておく必要があります。

季節(気温)に合わせた演出をする

真夏の暑い時期や冬の寒い時期にゲストハウスウエディングを挙げる場合は、できるだけ屋外での演出は控え、建物内での演出を心がけましょう。

貸し切り予定のゲストハウスに美しいガーデンや広いプールサイドあるからといって、炎天下や寒空の下でのデザートビュッフェを強行するなんて常識外れですよね。

フラワーシャワーや集合写真の撮影だけでも屋外でしたい場合は、外での演出があることをあらかじめゲストにお知らせしておきましょう。

屋外に移動する際には、このような気遣いを忘れずに!

  • 真夏の場合はうちわや扇子を配る
  • 真冬の場合はクロークへコートを取りに行く時間を設ける

郊外のゲストハウス貸し切る場合はシャトルバスやタクシーを手配

豊かな緑や美しい眺望を売りにしているゲストハウスの中には、市街地から離れた郊外に立地していることが多く、交通の便が悪いといった問題が発生する場合があります。

郊外のゲストハウスで式を挙げる場合は、移動手段について事前に確認・手配し、ゲストの負担を出来るだけ減らしましょう。

  • 主要駅からのシャトルバスを手配しておく
  • タクシーチケットの用意しておく
  • ゲストハウス側が手配できる移動サービスがあるかどうか確認
  • ゲストハウスの敷地内、または近隣に駐車場があるかどうか

ご年配のゲストにも馴染みやすい装飾や演出を

一般的な専門式場やホテルのウエディングに慣れ親しんでいるご年配のゲストとって、ゲストハウスウエディング馴染みが浅く、自由な式の流れや演出に戸惑ってしまうかもしれません。

また「カジュアル過ぎるのでは?」という印象を持たれてしまう可能性も。

年配のゲストには、ゲストハウスウエディングの流れや過ごし方をあらかじめ説明しておくことをおすすめします。

年配のゲストが多い場合は、オリジナリティに走り過ぎた演出は控え、「ウエディングパーティーらしさ」を意識しましょう。

時間を割いて参加してくださるゲスト全員が、安心して楽しめる式作りを心がけてくださいね。

ゲストハウスウエディングの会場選び4つのポイント

プール付きゲストハウス

ゲストハウスウエディングの会場を選ぶ際には、次の4つのポイントを抑えておきましょう。

1. 挙式のスタイルから会場を決める

ゲストハウスウエディングの挙式といえば、自由なスタイルによってゲストの前で誓い立てる人前式がスタンダード。

しかし最近では、敷地内にチャペルや神殿を併設しているところも多く、2人の希望によって教会式や神前式といった挙式スタイルも選択できます。

キリスト教式か、神前式か、それとも人前式か。

ゲストハウスウエディングの会場を選ぶ際は、2人、またはお互いの家族間でよく相談し、まず挙式のスタイルを決定しておきましょう。

2. 2人が求める世界観に合っている会場にする

ひとえにゲストハウスと言っても、スタンダードなヨーロッパの邸宅風から、大正浪漫をイメージした和モダンな邸宅、高級リゾード地の別荘風など、会場によってさまざま。

ゲストハウスウエディングは細部に渡って自由な演出が出来るのが魅力ですが、式のイメージを決定づけるのは、やはり会場そのものの佇まいです。

自分たちが求める世界観を持った会場選びをしてくださいね。

また、屋外ビュッフェスタイルを希望するなら「広いガーデンやプールサイドがあること」など、理想のゲストハウスウエディングのためにゆずれない演出がある場合は、それが可能な会場なのかどうか、必ず確認しておきましょう。

3. 結婚式を挙げる季節から選ぶ

会場選びのポイントは、式を挙げる季節によっても異なります。

例えば冬の場合、敷地内の広さには注意が必要です。

広大な敷地は会場からチャペルまでの距離が離れていることが多く、屋外の通路を移動する時間が長くなりがち。

女性ゲストの多くは肩の開いた薄いパーティドレスを着て参列するため、屋外の移動距離が長いと体を冷やしてしまいます。

真夏の熱中症対策も同様で、屋外の移動距離や空調、冷暖房設備は十分に完備されているかなど、十分にチェックしておきましょう。

4. ゲストの年齢層や住んでいる場所から決める

広い敷地を必要とする一戸建ての邸宅であることから、郊外にある場合が多いゲストハウス。

ですが、ゲストに年配の方や遠方の方が多い場合は、市街地から近い会場を選ぶようにしましょう。

できれば市街地から10分圏内の場所が望ましいですね。

また、広い敷地内を移動するのは年配の方、特に足の悪い方には大変負担がかかります。

車椅子や杖を使った移動がスムーズに行えるかどうか、バリアフリーの有無なども、会場選びのポイントのひとつです。

候補のゲストハウスは必ず下見を!

候補のゲストハウスが見つかったら、まずはしっかりと下調べをしたのち、会場の下見を入念に行って下さい。

ホームページやパンフレットの写真だけで安易に決定してしまうと、「こんなはずじゃなかった」と後悔することになります。

  • 招待人数と会場の広さが合っているか
  • ガーデンやプールなど演出に必要な設備の有無
  • 映像設備の質

など、ホームページやパンフレットでは分かり難い内装の細かな部分なども注意深くチェックしましょう。

ゲストハウスウエディングの会場装飾

ゲストハウスウエディングの費用・相場

招待人数約60人の結婚式を行ったときのホテル、専門式場の平均相場が約260万円に対し、ゲストハウスウエディングの平均相場は約320万円です(※)。

ゲストハウスウエディングは一軒家を貸し切る設備使用料に加え、披露宴の式次第(内容)、おもてなしの料理選びまで自由な演出が可能。

そのため、一般的なホテルウエディングよりも費用が高くなる傾向にあり、演出にこだわりが多ければ多いほど、費用は膨らんでいきます。

ゲストハウスウエディングの費用を抑えたいなら、「あれもこれも」といった欲張りは禁物。

「最も大切にしたいこだわりはどこか」を2人でよく話し合い、「お金をかけるところ」と「節約するところ」をしっかりと線引きしておきましょう。

参考:「結婚式費用の予算・見積・支払マニュアル/結婚式費用の相場って?」ぐるなびウエディング

まとめ

  • 一軒家の邸宅を貸し切るため非日常の特別感やプライベート感が満喫できる
  • オリジナリティー溢れる演出が楽しめる
  • 式の流れや進行も自由に決められ、時間にゆとりができる
  • 季節や天候を考えた演出や事前の対策が必要
  • 郊外のゲストハウスにはシャトルバスなどの交通手段の手配を
  • 2人の世界観に合うだけでなく、季節やゲストの顔ぶれを配慮した会場選びを
  • ゲストハウスの下調べや下見は入念に!
  • 費用は一般的なホテルウエディングよりも高め

ゲストハウスウエディングについてメリットやデメリット、会場選びのポイント、費用・相場などをご紹介しました。

貸し切りの邸宅で行うプライベート感や演出の自由度は、専門式場やホテルのウエディングと違った特別感を味わうことができます。

「2人だけの特別な結婚式がしたい!」そんなカップルにおすすめのウエディングです。