結婚式アルバムは手作りできる!おすすめフォトブックまとめ

結婚式アルバムは手作りできる!おすすめフォトブックまとめ

以前は結婚式場に撮影とセットでアルバムを作ってもらうのが定番でしたが、最近は撮影データだけをもらって、フォトブック(フォトアルバム)を手作りする花嫁さんも多数。

  • 式場に頼むと値段が高いから、手作りで節約したい!
  • あんまり気に入らない写真を勝手に選ばれるのは嫌だな…

と、思っている花嫁さんに、人気の各社フォトブックサービスの特徴のほか、レイアウトや写真選びのコツを紹介します。

結婚式アルバムに手作りフォトブックが選ばれるわけ

結婚式の受付をメールで依頼する結婚式場で写真撮影からアルバム制作までお願いすると、手間がかからないのはうれしいけれど、20万円前後と非常に高額。

しかも、「写真の選び方やレイアウトがイマイチだった」なんて話も聞くから、二の足を踏んでしまいますね。

そんな花嫁さんの悩みを解決してくれるのが、メリット感いっぱいの手作りフォトブックなのです。

  • 1冊1万円以下くらいで作れる
  • 自分で写真を選び、レイアウトも決めることができるから、満足度が高い
  • パソコンやスマホで手軽に編集できるから、特別なスキルがなくてもOK
  • 手作りとは思えないおしゃれな仕上がりが期待できる

【費用相場を比較】式場に注文vs外注アルバムサービス

写真撮影結婚式場におまかせでアルバムを作る場合と、撮影データをもらって印刷会社に外注する時の費用を比較してみました。

1.式場にカメラマン撮影とアルバム制作を依頼

撮影代:15~30万円
アルバム制作代:5~15万円
合計:20~45万円

撮影データとアルバムがセットになっていることが多いのですが、撮影データだけもらえることもあるのでまずは交渉を!

2.カメラマンを外注し、撮影データをもらってフォトアルバム作成

撮影代:5~15万円
フォトブック制作代:約1万円
カメラマン持ち込み料代:約3万円
合計:9~19万円

式場カメラマン以外に撮影を依頼する場合、持ち込み料が発生することもあるので要注意です。

結婚式アルバムの手作りにオススメ!フォトアルバムサービス比較

フォトブック人気のフォトブックサービス各社の特徴を紹介します。

※ご紹介する内容は記事公開時のものです。内容が変更になる場合もございますので、最新情報はリンク先のページでご確認ください。

簡単でおしゃれなウェディングアルバム作るなら「フォトバック」

簡単でおしゃれなフォトアルバムができあがる、フォトバック。

プロカメラマンも利用するという、本格派フォトアルバムサービスです。

写真のプロも認める、高品質なアルバムを作ることができますよ。

スマホからも編集できますが、1ページにつき写真1枚のシンプルなレイアウトになってしまうのが少し残念なポイント。

テンプレートやフォントにこだわりたいなら、パソコンから編集するのがオススメです。

  • サイズ&ページ数:186mm×H186mmのワンサイズ/16~36ページ
  • 料金:6,600円~
  • 表紙:ハードカバー
  • 納期:注文から5営業日前後に出荷

おしゃれで上質なフォトブック作成サービス【Photoback】

写真専門店ならではのクオリティ「カメラのキタムラ フォトブック」

写真専門店ならでは写真の美しさが期待できるフォトブック。

結婚式のアルバムには、見開きで写真が大きく入り、高級感のある「フォトプラスブック」を。

注文方法は、パソコン・スマホ・店頭で。

カメラのキタムラ店舗に行けばスタッフからサポートを受けられるので、とくに編集作業に自信が持てない人にはオススメ。

  • サイズ&ページ数:A5・A4 各22~42ページ
  • 料金:2,000円(税抜)~
  • 表紙:ハードカバー/ソフトカバー
  • 納期:約7日後に仕上がり、その後店頭や宅配便で受け取り

※追加2ページごとに+200円(税込216円)
※見開き2ページあたり写真1~8枚

「カメラのキタムラ」公式サイトはこちら

高級感のある仕上がり「富士フィルムフォトブック ハードカバー」

富士フィルムのフォトブックは、写真品質のプリントと高級感のある上製本仕上げが特徴。

初心者向けの「簡単派」と、上級者向け「こだわり派」の2つの編集方法を選べます。

「簡単派」は、パソコンのほかスマホからも編集が可能。

「こだわり派」は、パソコンでの編集向けで、画像や文字のほか、背景やイラストを自由にデザインできます。

  • サイズ&ページ数:145mm×145mm/192mm×192mm/A5/A4 各16~48ページ
  • 料金:2,860円~
  • 表紙:ハードカバー
  • 納期:宅配便及びコンビニ受取は10日後/写真店受取は14日後

富士フィルム公式サイトはこちら

低価格だからたくさん作れる「しまうまプリント」

小さめサイズが充実している、しまうまプリントは、価格が安いのが最大の魅力!

なんと、198円から作れちゃいます。

とってもリーズナブルなので、何冊も作って親戚や友達にプレゼントしたい人にオススメ。

最短で当日発送というスピードや、配送先を100件まで登録できるのも◎。

  • サイズ&ページ数:文庫本サイズ(36~144ページ)、A5(32~144ページ)
  • 料金:198円~
  • 表紙:ソフトカバー/ハードカバー
  • 納期:最短当日発送

「しまうまプリント」公式サイトはこちら

ウェディング用テンプレートがある「撮るだけフォトブック」

撮るだけフォトブックは、「ウェディング」「旅行」など、シーンごとにテンプレートがわかれているのがポイント。

実はセンスが問われるアルバムづくりが、テンプレートを使って簡単にできちゃいます。

パソコンのほかスマホからも編集可能ですが、こだわって作りたいなら、パソコンから編集作業を。

一からレイアウトを組んだり、文字やイラストを自由に配置することができます。

注文翌日から3営業日で発送という迅速な対応もうれしいですね。

  • サイズ&ページ数:A4・A5・M(200mm×200mm) 各16ページ~80ページ
  • 料金:1,500円~(※2ページ追加するごとに+320円)
  • 表紙:ソフトカバー/ハードカバー

「撮るだけフォトブック」公式サイトはこちら

見開きで大きく写真を使いたいなら「ビスタプリント」

大好きな写真を見開き2ページ全面にわたって見せたいなら、ビスタプリントのフォトブックを選んで。

感動のシーンが美しくよみがえります。

背景やレイアウトを自由にカスタマイズしたいなら「オフライン編集」、使う写真を選ぶだけでレイアウトはお任せなら「オンライン編集」がおすすめ。

編集作業が増える「オフライン編集」ですが、使いやすいので初心者でもチャレンジする価値はあり。

なおいずれも、スマホでは作業できないので、事前にパソコンに写真データを移す必要があります。

  • サイズ&ページ数:A4・A3・A5 各24~120ページ
  • 料金:2,980円~
  • 表紙:ハードカバー
  • 納期:通常6営業日前後

「ビスタプリント」公式サイトはこちら

一生に一度の結婚式アルバムでおすすめなのは…

ウェディングアルバムの手作りで、花嫁ノート編集部が注目したのは、「Photoback(フォトバック)」。

2004年以降、40万人以上に利用される、実績確かなフォトアルバムサービスなんです。

注目したのは、以下のようなポイントです。

● 1,000円~という、低価格帯
アルバムの種類によりますが、小さいものなら1,000円でアルバムが手作りできます。
仲良しの友人ゲストや祖父母へ、気軽にプレゼントできるのがうれしいですね。

● おしゃれなテンプレで、プロ並みの仕上がりに
サイトを見るとわかりますが、フォトバックのアルバムはオシャレで洗練されたデザイン。
手順通りに作れば、ダサい仕上がりにはならないようになってます。
スマホでも簡易的な編集は可能ですが、よりオシャレで満足度の高い仕上がりにするなら、パソコンからの編集がオススメです。

● やわらかさが伝わる、マット紙
芸能人の写真集などで定番の、ピカピカと輝く光沢紙ではなく、ふんわりとしたマットな質感の紙を使用しています。
写真が強調されすぎずに、優しい印象のアルバムを作れます。

● 毎日みたくなる、カジュアルなアルバムが作れる
卒業アルバムなどに使われる、かっちりとした製本(合紙製本)と、書籍のようにしなって手に馴染む、カジュアルな製本(くるみ製本)が選べます。
アルバムはしまいっぱなしになってしまいがちですが、くるみ製本なら、何度も見返したくなるような、生活になじむアルバムになりそう。

このほかにも、写真データの保管サービスや、作り方に迷った時の相談窓口など、カスタマーサポートが充実しているのも魅力的。

結婚式アルバムを手作りしようかな?と考えているカップルは、公式サイトからアルバムの種類や価格をチェックしてみて。

おしゃれで上質なフォトブック作成サービス【Photoback】

手作りウェディングアルバムの注意点

結婚式写真簡単・便利なフォトブックですが、作る時に注意してほしい点をまとめました。

ページ構成例&写真の選び方

  • 結婚式の1日の流れを描く
    →新郎新婦着替え前、お仕度中、親族紹介、挙式、披露宴、2次会など
  • 2人の生い立ちを描く
    →2人の写真をメインに集める。子供のころの写真や、付き合っている時期の写真も入れて
  • 家族や友人でいっぱいにしたい
    →親族の集合写真や披露宴中のゲストの様子を多めに取り入れる

いずれの場合も、下のような新郎新婦以外の写真を一緒に使うと、メリハリが効いた印象になります。

  • ウェルカムボード
  • リングピロー、ブーケ
  • テーブルコーディネート
  • ウェディングケーキ・料理の写真
  • 式場外観

結婚式アルバム レイアウトのコツ

写真のレイアウトのコツは、ページごとに変化をつけること。

大好きな写真は、見開き2ページで大きく使うのがオススメ。

それ以外のページは、余白を残して1ページ2~3枚だけ使うと、シンプルで洗練された印象に。

異なるサイズの写真をたくさん使って、ページを埋めればにぎやかで楽しそうな印象になりますよ。

ページ数の平均は?

結婚式のアルバムは、どのくらいのボリュームでつくればいいか気になるところ。

フォトアルバムサービスを使って手作りする場合、注文できるページ数はだいたい20~40ページで、平均は30ページほど。

前撮りのみのアルバムなら20ページくらいでもOKですが、結婚式1日の流れを追うなら30ページ以上がオススメです

たくさん写真を使いたいなら、40ページ以上を選んで。

結婚式アルバムに使う写真枚数は?

自分でフォトブックを作る時に、どれくらい写真を準備すればいいか気になりますね。

見開き2ページ当り6~8枚までと、使う写真が決まっている場合もありますが、自分でレイアウトする時の目安は次の通り。

たくさんの写真を1枚にぎゅっと凝縮したシャッフルプリントのようなレイアウトにしたいなら、目安より20枚くらい多めに用意してくださいね。

◆A4サイズでアルバムを手作りするときの、写真の枚数例

  • 24ページ…70~100枚
  • 32ページ…100~130枚
  • 40ページ…130~160枚

アルバムタイトルの付け方

タイトルは、2人の名前や結婚にちなんだシンプルな言葉を選びます。

英文をグラフィカルな書体を使っておしゃれに見せるのが主流。

タイトル以外に日付や教会の名前を入れるのもアリ。

まとめ

  • 結婚式のアルバムは、式場提携カメラマンに頼むより、手作りの方が安い
  • 式場に頼むメリットは、ラクという点
  • 手作りするメリットは、安い、自分の好みで写真やレイアウトを決められる、という点
  • 手作りフォトアルバムなら1万円未満でも作れる

撮影データを使って作るフォトアルバムは、写真やレイアウトを2人で選べるのが魅力ですね。

しかもリーズナブルな料金と、いいことずくめ。

各社のサービスを比較し、オリジナリティあふれるアルバムを作ってくださいね。