【結婚後】クレジットカードの名義変更の手続き方法と賢い順番

【結婚後】クレジットカードの名義変更の手続き方法と賢い順番

日常的な買い物から、電話や公共料金の支払いなど、日々の生活に欠かせないクレジットカード。

自分の名義で作り、支払いも自分名義の銀行口座から引き落とされるので、結婚して苗字が変わったらクレジットカードの名義変更もしなくてはなりません。

クレジットカードの名義変更の具体的な方法や、必要なものを説明します。

結婚後のクレジットカード 名義変更・口座変更の手続き方法

クレカの手続き女性が結婚して苗字が変わったら、クレジットカードの名義変更と、代金の引き落とし口座の名義変更をする必要があります。

変更方法はカード会社によって異なりますが、大きく分けて以下のいずれかになります。

1.郵送で手続きする

  1. 会員サイトやコールセンター経由で変更届を取り寄せ
  2. 変更届に必要事項を記入し、本人確認書類のコピー(必要ない場合も)と共に返送
  3. 新しいカードが10日~2週間で届く

2.会員サイト上のみで手続きする

  1. 会員サイトにログイン
  2. 基本情報の氏名・住所・電話番号・引き落とし口座を変更
  3. 新しいカードが10日~2週間で届く

クレジットカード名義変更のための必要書類

クレジットカード会社によって違いがありますが、以下の3つがそろっていれば大丈夫。

  • 運転免許証などの身分証明書のコピー(必要ない場合もある)
  • 新姓の引き落とし銀行口座
  • 新姓の印鑑

【こちらの記事もオススメです↓】
結婚後に名義変更するもの一覧。必要書類や手続きを詳しく解説!

結婚・入籍後、いつまでにクレジットカードの名義変更をすべき?

カレンダーと指輪クレジットカードの名義変更の期限はとくにありません。

ただ規約には「会員は氏名、住所、勤務先などの届け事項に変更が発生した場合、速やかに手続きをする」といった文言が記載されています。

変更を後回しにしておくと、さまざまなリスクが生じるので結婚したら速やかに名義変更を。

クレジットカード名義変更後に必要な手続きは何?

クレジットカードの名義変更をしたら、カード払いになっている取引の登録情報を変更します。

  • アマゾン・楽天などのネットショップ
  • 携帯電話/固定電話/インターネット料金
  • 各種公共料金

クレカの名義変更の順番は、銀行引き落とし口座を先に!

銀行振込クレジットカードの名義変更には、新姓での本人確認書類と銀行口座が必要。

銀行口座の名義変更を済ませてから、クレジットカードの変更手続きに進みます。

結婚後の諸々の名義変更手続きは、以下の順番でやるとスムーズ。

  1. 婚姻届の提出
  2. 転入届の提出
  3. 新しい住民票の取得
  4. マイナンバーカード(通知カード)の氏名・住所変更
  5. 運転免許証の書き換え
  6. 銀行口座の名義変更
  7. (パスポートの名義変更)
  8. クレジットカードの名義変更

郵送でクレジットカードの名義変更手続きをするなら、早めにカード会社に連絡をして変更届を取り寄せておくといいでしょう。

【こちらの記事もオススメです↓】
結婚後は銀行口座の名義変更が必要!やり方&必要なもの

結婚後クレジットカードの名義変更をしないリスク

困る2人結婚後にクレジットカードの名義変更をしなかったからといって、いきなり利用停止になることはありません。

ただし以下のようなトラブルが起こる可能性が。

1.クレジットカードで買い物ができない

クレジットカードを利用して買物をする際、サインが必要ですね。

氏名変更をしていないと、カード裏面のサインパネルでの署名が旧姓のままなので、新姓でサインすると、不正利用を疑われます。

2.海外旅行でクレジットカードが利用できない

海外ではクレジットカードは、身分証明書代わりになるほど重要なもの。

ホテルのチェックインや、買い物する際にパスポートとクレジットカードの提示を求められることがあります。

この時、パスポートとクレジットカードの名義が違ったら、不正利用を疑われる可能性が。

【こちらの記事もオススメです↓】
【新婚旅行】パスポートが旧姓のままでも海外旅行可能!条件&注意点

3.支払いに遅延が発生する

銀行の口座名義を変更してクレジットカードの名義変更をしていないと、引き落としができません。

そのため支払いが延滞して、遅延損害金が発生する恐れも。

クレジットカード自体が利用停止になるので要注意。

4.新しいクレジットカードが手元に届かない

クレジットカードの有効期限が近づくと、新しいカードが自宅に郵送されます。

もし、氏名や住所の変更手続きをしていなかったら、新しいクレジットカードが手元に届かない可能性があります。

【クレジットカード会社別】名義変更手続き方法と必要書類

クレジットカード大手クレジットカード会社の、名義変更の方法と必要書類を紹介します。

会社によって手続きに違いがあるので、事前にチェックしておくことをオススメします。

※ご紹介する内容は記事公開時(2019年4月)のものです。内容が変更になる場合もございますので、最新情報はリンク先のページでご確認ください。

三井住友カード

次のいずれかの方法で氏名・住所変更の手続きをします。

  • 会員サイト「Vpass」から変更手続き
  • コールセンターから資料を取り寄せて、返送する

◆必要書類:新姓の印鑑

三井住友カード公式サイトはこちら

楽天カード

会員サイト「楽天e-NAVI」から改名改姓申請書を取り寄せ、必要事項を記入、捺印して返送します。

◆必要書類:運転免許証・住民票・健康保険証のいずれかのコピー、新姓の印鑑

住所変更のみの場合は、電話あるいは「楽天e-NAVI」で手続き可能。

楽天カード公式サイトはこちら

エポスカード

エポスカードは、氏名・住所変更後、新しいカードが届いた後に、引き落とし口座の登録を改めてする流れになっています。

変更方法は以下のいずれか。

  • 会員サイト「エポスNet」でカード再発行手続きをする
  • マルイの店舗のカードセンターで再発行手続きをする
    (最短で申込当日に新カードを受け取り可能)

◆マルイ店頭手続きの際の必要書類:本人確認書類、引き落とし口座のキャッシュカード、新姓の印鑑

住所変更のみの場合は、「エポスNet」にログインして手続きするか、資料を請求して返送します。

エポスカード公式サイトはこちら

結婚に関するクレジットカードの氏名・住所変更の疑問

クレカと書類クレジットカードの氏名・住所変更の名義変更をする時の、疑問をまとめて紹介します。

新姓への名義変更中に、クレジットカードは使える?

名義変更中にカードが使えるかどうかは、カード会社によって異なります。

新姓のカード届くまでの期間は1~2週間ほど。

ただし大型連休や年末年始をはさむとさらに時間がかかることもあります。

もしクレジットカードが使えない期間があるなら、現金を多めに用意しておくなどの工夫を。

名義変更の際に審査はある?

名義変更時に、以下のように職業や収入が変わった場合は、あらためて審査されます。

  • 寿退社して専業主婦またはパート主婦になる場合
  • 転職する場合

審査基準はカード会社によって違いますが、退職して専業主婦になる場合でも妻自身が、これまでに大きな支払い遅延がなく、一定の世帯収入があれば審査は通るようです。

ただ、カード利用限度額やキャッシング枠が変わることもあります。

クレジットカードを新しく旧姓で作るのはNG?

結婚後に旧姓のクレジットカードを新しく作ることはできません。

その理由は結婚すると、クレジットカード新規作成に必要な本人確認書類や、引き落とし銀行口座の名義変更も必要だから。

カード会社の規約にも「会員は氏名、住所、勤務先などの届け事項に変更が発生した場合、速やかに手続きをする」などの文言が記載されています。

名義変更したらカード番号は変わる?

名義変更後のカード番号や有効期限の扱いは、カード会社によってさまざま。

名義を変更すると、番号や有効期限がまったく新しくなるクレジットカードもあります。

結婚前のブラック情報は引きつがれる?

クレジットカードの名義変更をしても、結婚前のブラック情報はそのまま引き継がれます。

ブラック情報とは、カード利用代金の頻繁な延滞や長期延滞、キャシングなど借り入れの未返済、カード会社からの強制解約、自己破産などの事実のこと。

たとえ新姓になったとしても、これらの情報は消えずに5年間は引き継がれるので要注意。

夫がブラックリストに載っていた!妻はクレカを作れる?

夫がブラックリストに載っていた場合、妻が専業主婦なら、クレジットカードの審査に通るのは難しくなります。

というのは、妻に収入がない場合、夫が審査対象になるからです。

夫がブラックリストに載っていても、妻が働いて収入があるなら、審査には通りやすくなります。

妻が働いているなら、審査の対象は妻本人。

パートやアルバイトであっても、定期的な収入があると見なされます。

結婚したら考えたい、クレジットカードの家族カードについて

夫婦とクレカ特に結婚して退職する場合に、検討してほしいのがクレジットカードの家族カードです。

家族カードとは?

家族カードとは、クレジットカードの本会員と一緒に住む家族が利用できるカードのこと。

家族カードの名義は、本会員だけではなく、実際に使う家族の名前になります。

つまり、夫が本会員で妻が使う家族カードを作る場合、名義は妻。

使用する際は、妻本人が自分の名前でサインをします。

家族カードを使って買い物をしても、支払いは本会員の口座からまとめて引き落とされます。

こんな場合は、家族カードがオススメ

結婚後に妻が専業主婦になった場合、妻のカードのショッピング枠が減額されるケースもあります。

クレジットカードの買い物が多い世帯は、夫の家族カード会員になったほうが、買い物をしやすいかも。

なお家族カードの審査は、本会員の信用情報をもとに行われるので、通らないことは基本的にありません。

家族カードのメリット

  • 明細書には家族カードごとに利用金額が記載されるので、誰が何にいくら使ったか分かりやすい
  • ポイントやマイルは家族で合算できるので貯まりやすい
  • 年会費が無料もしくは、別にカードを持つよりお得
  • 本会員と同じサービスを家族会員も受けることができる

家族カードの作り方

家族カードの申し込みは以下のいずれかの方法で、本会員が行います。

家族会員の本人確認書類は必要ありません。

  • コールセンター経由で家族カードの申込書を取り寄せ、必要事項を記入して返送
  • 会員サイトから家族カードの申し込み手続きをする

まとめ

  • クレジットカードの名義変更はWeb上もしくは書類を郵送して行う
  • カード会社によって手続き方法や必要書類が多少異なる
  • 旧姓で新しくクレジットカードを作ることはできない
  • 名義変更してもブラック情報は引き継がれる
  • 結婚を機に夫の家族カード会員になるとさまざまなメリットもある

公的な手続きではないけれど、クレジットカードは生活に直結するものだから、苗字が変わったら速やかに名義変更しておきたいですね。

銀行口座を名義変更したら、すぐに手続きできるよう準備を済ませておきましょう。