両家顔合わせ食事会の支払いは誰?決め方&支払いのタイミング

両家顔合わせ食事会の支払いは誰?決め方&支払いのタイミング

両家顔合わせ食事会といえば、プロポーズ後に迎える、最初の大きなイベント。

日取り決めや会場の手配など、考えることはたくさんありますね。

なかでも悩みの種になりやすいのが、顔合わせ食事会の支払いは、誰が行うのか?ということ。

結婚前に、お金のことで両家が気まずい雰囲気になってしまうのは、避けたいですね。

ここでは、両家顔合わせの費用の負担方法や支払いの仕方、両家の調整方法についてまとめました。

両家顔合わせ食事会の支払い、食事費用の相場は?

お金の入った財布

両家顔合わせ食事会の食事代の相場は、1人7,000円~1万円程度です。

顔合わせに出席するのは、本人たちと男性側女性側それぞれの両親、計6人が一般的。

兄弟やほかの家族が出席しなければ、総額4~6万円程度が相場ということになります。

このほか会場によっては、料理やお酒代のほかに、個室料がかかる場合も。

またレストランや料亭と比べて、ホテルや結婚式場の方が、費用が高くなる傾向にあります。

両家顔合わせの費用は、誰が負担するもの?

財布からお金を出す人

両家顔合わせ食事会の費用は、

  • 誰が主催?
  • 結納の有無
  • どちらが出向く?

などの状況に応じて、次のような方法で分担するのが一般的です。

  • 両家で折半する
  • 新郎新婦の2人で支払う
  • 新郎家がすべて負担する
  • 交通費&宿泊代、食事代で分担する

ただし、地域ごとに独特の慣習がある場合も。

一方的に負担方法を決めてしまわずに、お互いの実家の考え方を前もって確認しておきましょう。

関連記事
結婚式の費用負担の割合は?新郎新婦で揉めない4つの分担方法

両家で折半する

両家で、かかった費用をそれぞれ折半する方法。

男性側女性側の両親が、お互いの家族にかかった分を、ワリカンのかたちで負担します。

顔合わせ食事会の費用分担は、一般的に折半する方法が取られることが多いようです。

新郎新婦の二人で支払う

新郎新婦が二人で費用を全て負担する方法。

最近は、新郎新婦が両親を招くかたちで顔合わせ食事会を主催するケースも多く、支払いを二人で負担することも珍しくありません。

二人の間の分担方法は、ケースバイケース。次のうちから選びましょう。

  • それぞれが自分と家族の分を負担する
  • 半額ずつ負担する(ワリカン)
  • 収入が多い方が、全額負担する
  • 2人の共同貯金から負担する

新郎親が全て負担する

男性側の両親が、全費用を負担するケースも。

とくに結納の代わりとして顔合わせ食事会を開催する場合には、「結納金の代わり」と考えて、新郎親が費用を負担することも多いようです。

交通費・宿泊費と食事代で分担する

交通費・宿泊費と食事代の費用を分けて、男性側女性側で分担する方法。

例えば、両家のどちらかが遠方から出向く場合。

  • 出向いた側:交通費・宿泊費
  • 来てもらった側:食事代

このようなかたちで負担し合うことが多いようです。

両家顔合わせの費用負担はいつまでに決める?伝え方は?

カレンダーとノート

両家顔合わせ食事会の費用を、誰がどのように負担するかは、必ず顔合わせの前日までには決めておきましょう。

当日にどうするか決まっていないと、支払いにもたつくだけでなく、両家がもめてしまう原因にもなりかねません。

決定するまでの両家のやり取りは、二人がお互いに、実家の仲介役になるとスムーズです。

自分の両親の考えを聞いたうえで、どちらの家からも不満が出ないようなかたちに調整を。

最終的に負担の方法が決まったら、それぞれの両親に決定内容を伝えましょう。

伝えるときは負担方法の“根拠”も説明する

「面目を潰された」「軽く扱われている」と気を悪くする人が出ないように、伝え方には気を使いたいところ。

お互いの両親に話すときには、どうしてそう分担するのかの根拠をきちんと伝えましょう。

● 折半にする場合
「お互い気を使わないように、両家折半にしましょう」

● 新郎新婦が二人で負担する場合
「私たちのために集まってもらうのだから、費用は二人で負担します」

● 新郎家が負担する場合
「“結納金代わり”ということで、費用はあちらが負担するとおっしゃっている。あちらの顔を立てる意味でも、甘えさせていただきましょう」

● 交通費(宿泊費)と食事代で分担する場合
「あちらは遠方からきていただいて交通費・宿泊費がかかるのだから、食事費用はこちらで負担しましょう」
「こちらの交通費・宿泊費がかかる分、あちらが食事費用を負担するとおっしゃっている。お互い気を使わないように、分担にしましょう」

両家顔合わせの支払いタイミングと方法は?

領収書とペン

両家顔合わせ当日に、誰がどうやって支払うかも、悩むポイントですね。

支払いをするときは、その場でそれぞれの負担額をやり取りせず、新郎または新婦が一括して行うのがスマートです。

お店側には、あらかじめ二人が支払いをすることを伝えておきましょう。

食事会が終盤に差しかかったら、さりげなく席を立ち、支払いを済ませてくださいね。

折半する分のお金のやり取りは、食事会のお開き後、プライベートな場所(実家、自宅など)で行います。

二人で支払う場合は、二人の間で決めておいた金額を受け渡しすればOK。

両家が折半する場合には、二人が間に立って、お金を受け渡ししましょう。

両家顔合わせの食事代以外の費用負担

手土産

両家顔合わせでは、食事代以外にも費用が発生します。

項目や負担方法をみていきましょう。

手土産代

両家顔合わせに手土産を持参する場合は、3,000~5000円程度が相場です。

両家の手土産の金額があまりかけ離れてしまわないように、どの程度の価格帯の手土産を用意するのかは、擦り合わせておくのがベター。

ここでも二人が間に立って、両家の考えを聞いて、調整を行いましょう。

交通費・宿泊費

交通費・宿泊費の負担方法は、両家顔合わせの場所と実家との位置関係で変わります。

両家の中間点で行う場合は、それぞれが負担するのが一般的。

どちらかが遠方から出向く場合には、新郎新婦が負担するか、出向く方が支払って、食事代と分担するのが、多くみられる方法です。

また食事代は折半したうえで、出向いてもらった側に「お車代」として、封筒などにお金を包む場合もあります。

衣装代・着付代

両家顔合わせの服装は、会場のドレスコードに合わせるのがマナー。

また両家で服装の格を合わせる必要があり、新たに衣装を揃えたり、和装の着付けやヘアセットが必要となったりする可能性も。

衣装の購入や着付けなどにかかる費用は、それぞれが負担するのが一般的です。

婚約記念品代(婚約指輪)

結納を別に行わない場合は、両家顔合わせの場で婚約記念品の交換を行うこともあります。

費用の相場は、男性側が30~40万円、女性側が15~20万円ほど。

費用は新郎新婦本人が、それぞれ負担するのが一般的です。

関連記事
婚約指輪の「お返し」は常識!?金額相場・アイテム・渡すタイミング

両家顔合わせの常識的なお礼の方法は?

手土産と手紙

両家顔合わせを終えたら、帰宅後まずは両方の実家へ、二人からお礼の電話を入れるのがマナー。

さらに、どちらかの実家が食事会の支払いを負担した場合には、お礼状と菓子折りなどを送ってお礼の気持ちを伝えると丁寧です。

お礼の品を送るときは、両家顔合わせから1週間以内には届くように手配しましょう。

まとめ:事前の打ち合わせて両家顔合わせの支払いをスマートに

  • 両家顔合わせの食事費用の相場は1人7,000円~1万円程度
  • 費用負担の主な方法は「両家折半」「新郎新婦が負担」「新郎側が負担」「項目ごとに分担」
  • 負担方法は二人が調整役になって、前日までに決める
  • 支払いは新郎または新婦が一括で行い、後でそれぞれの実家とお金をやり取りする
  • 食事代以外にも手土産や婚約記念品などの費用負担が発生する

両家顔合わせの前には、費用の負担方法をしっかり話し合って、スムーズに支払いしましょう!

関連記事
両家顔合わせ食事会を、カジュアルに行うには?準備の段取り