【文例】職場で結婚報告をメールで送る時の書き方

【文例】職場で結婚報告をメールで送る時の書き方

家族や親族への結婚報告と並んで気をつかうのが、職場への結婚報告。

相手の立場を尊重しつつ、きちんと結婚を報告することで、今後の良い関係につなげていきたいですね。

結婚報告は直接会ってするのが基本ですが、忙しいビジネスシーンにおいては、メールで結婚報告をするほうが相手に迷惑をかけないこともあります。

職場で結婚報告する時のマナーや、相手別のメールの書き方を紹介します。

この記事のポイント!
  • 職場で結婚報告すべき相手や方法がわかる
  • 職場の結婚報告をメールで行う時のマナーや書き方がわかる
  • 結婚報告メールの文例がわかる

仕事関係者に、メールで結婚報告をするのは失礼?

結婚式前日の仕事上司や同じ部署の人には直接報告するのが基本ですが、以下の場合はメールで連絡したほうが業務に支障をきたさずスムーズ、という場合も。

  • 同じ部署でも勤務地が離れている人
  • 他部署の先輩
  • 同僚
  • 報告したい人数が多い場合

社風などもあるので、メールで伝えてもよいかは、直属の上司や既婚の先輩に相談をしましょう。

メールで報告しても、直接顔を合わせた時に改めて挨拶することを忘れずに。

職場での結婚報告は直接会うのが基本

メールでの報告でも構いませんが、やっぱり職場での結婚報告の基本は、直接会って話すこと。

特に直属の上司は、顔を合わせて報告するのがマストと心得て!

多忙で不在がちな上司の場合は、メールで「ご報告したいことがあるので、5分だけお時間をいただけないでしょうか?」とワンクッションおき、その後直接話すようにしてみては?

職場で結婚報告をする順番

職場結婚報告する順番は以下のとおり。

  • 直属の上司
  • さらに上役へ(直属の上司が行なう場合もあり)
  • 先輩や仲のいい同僚
  • その他の社員(朝礼やメールなどで一斉に行うことも)

まずは直属の上司に報告し、その後の挨拶については、指示を仰いでもいいですね。

ひととおり報告がすんだら、人事担当部署にも報告して、結婚に関する手続きなどの説明を受けましょう。

会社によっては、慶事報告として社内報などで結婚が告知されるところもあります。

また派遣社員の場合はまず、雇用主である派遣会社に報告し、その後派遣先にも直接伝えましょう。

社内メールで結婚報告する時に書く内容

人形必ずメールに載せたい内容は、次の4つ。

相手に失礼のないようビジネスマナーに気を配りつつ、事実を簡潔に伝えることを心がけて。

  • 結婚(入籍)の報告
  • 結婚式の有無
  • 結婚式の日時・時間(必要に応じて)
  • 結婚後の仕事の予定について

結婚報告メールの基本構成と書き方

職場でメールメールで結婚報告を書く時の基本構成はつぎのとおり。

ビジネスメールの基礎もあわせて確認しておきましょう。

1. 宛先(TO)

結婚報告については、1人ひとりに送信するほうがいいでしょう。

とくに上司や先輩社員は、個別に送るのが基本。

ただ同僚などに対して、同じタイミングで大勢に伝えたい時は、CC(BCC)一斉送信の方がスムーズな場合もあります。

一斉送信する時は、既婚の先輩社員にひと言相談してみて。

TO、CC、BCCの使い分けは次のとおり。

  • TO(宛先):
    要件を伝えたい相手のアドレスを記載
  • CC:
    参考として確認してもらいたい相手のアドレスを記載。TOとCCに入れたすべてのアドレス(名前)が受信者全員にわかる
  • BCC:
    お互いに面識のない複数名に一斉送信する時にアドレスを記載。BCCに入れた宛先はほかの送信者には見えない。

2. 件名:結婚のご報告(名前)

  • 結婚のご報告(山田)
  • 結婚のご挨拶(山田)

件名が明確でないと、読まないままにされる可能性があります。

件名だけでもメールの内容がわかるように、はっきりと記載しましょう。

3.相手の名前

  • ○○部□□課 △△様
  • 各位

一斉送信の場合は、「各位」を使います。

4.挨拶文

  • お忙しいところ失礼致します
  • お仕事中に失礼します
  • お疲れ様です

ビジネスメールでは原則、「拝啓・敬具」といった省略し、上記のような言葉で始めます。

5.結婚について

  • 私事で恐縮ですが、この度結婚することになりました
  • 私事で恐縮ですが、この度、○○部□□課の△△さんと結婚することになりました

結婚はプライベートなことなので、本題に入る前に「私事ごとで恐縮ですが」と一言断りを入れるのがマナー。

相手にもいい印象をもってもらえるでしょう。

その後は以下の点を簡潔につたえて。

  • 結婚式をするのかどうか(招待しない場合は記載しないでOK)
  • 結婚式へ列席のお願い
  • 結婚式の日時と場所(未定なら、大体の日付でOK。来春、など)

6.今後の働き方について

結婚後の働き方によって、周囲に与える影響も変わってきます。

職場関係に報告する際は、結婚後の働き方についても伝えるのがマナー。

  • 結婚後も仕事を続けるのか退職するのか
  • 続ける場合の名前(苗字)やメールアドレスの扱い

7.締めの挨拶

  • メールでのご連絡となり申し訳ございません
  • 今後のご指導のほどよろしくお願いいたします

メールでの連絡にしたことをお詫びし、最後は今後に向けた挨拶で締めると好印象でしょう。

【文例】職場での結婚報告メールの書き方

新郎新婦

基本構成を参考に、相手と状況によって文面を変えて書いてみましょう。

そのまま使える例文を紹介します。

  • 上司宛
  • 先輩宛
  • 部下・後輩宛
  • 取引先宛
  • カジュアルな文面

上司宛

◆結婚式に招待する場合の例文

件名:結婚のご報告(山田)

○○部○○課
○○課長

お仕事中に失礼いたします。
私事で大変恐縮ですが、この度縁があり、〇月〇日に入籍する運びとなりました。

職務については、これまでと同様に続けていきます。

結婚披露宴につきましては、○月○日に○○ホテルで行うことを予定しており、
○○課長にもぜひご出席いただきたく思っております。
披露宴の招待状につきましては、後日、改めてお渡しさせていただきます。

直接、ご報告するべきところを、メールでのご連絡となり申し訳ございません。

結婚後も、仕事と家庭を両立できるよう、精進して参りますので、
今後ともご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

○○部 ○○課
山田 花子

◆入籍のみを報告する例文

件名:結婚のご報告(山田)

○○部○○課
○○課長

お疲れ様です。山田です。
本日はご報告がございまして、ご連絡させていただきました。
私事ではございますが、この度結婚をすることになりました。

挙式についてはまだ決めておりませんがが、来月に入籍する予定です。

本来なら直接お伺いすべきところですが、お忙しい中お時間頂戴することも恐縮ですので、
○○さん(直属の上司名)と相談しまして、メールでの報告とさせていただきました。

結婚後も変わらず仕事には従事させていただきますので、今後とも変わらぬご指導お願いいたします。

(署名)

先輩宛

◆結婚式に招待する場合

件名:結婚のご報告(山田)

○○さん

お仕事中に失礼いたします。
私事で大変恐縮ですが、この度、結婚することになりました。

職務については、これまでと同様に続けていきます。

つきましては、結婚式を○月○日に○○ホテルで行うことを予定しておりますので、
○○さんにもぜひご出席いただきたく思っております。
披露宴の招待状につきましては、後日、改めてお渡しさせていただきます。

直接ご報告するべきところを、メールでのご連絡となり、すみません。

結婚後も、仕事と家庭を両立できるよう、精進して参りますので、
今後ともご指導のほど、よろしくお願いいたします。

(署名)

◆結婚式に招待しない場合の例文

件名:結婚のご報告(山田)
○○さん

お仕事中に失礼いたします。
私事で大変恐縮ですが、この度縁があり、○月○日に入籍することになりました。

結婚式は海外で行うため、身内だけで済ませることになりました。
ご招待できず、申し訳ございません。

今後は、仕事と家庭を両立できるよう、精進して参ります。
ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

(署名)

◆寿退社する場合の例文

件名:結婚と退職のご挨拶(山田)

□□さん

お仕事中に失礼いたします。
私事で大変恐縮ですが、○月に結婚することになりました。
また結婚後は、退職させていただく運びとなりました。

現在の私の担当業務につきましては、後ほど後任者など決まり次第、改めてご連絡させていただきます。

直接ご報告するべきところを、メールでのご連絡となってしまい、申し訳ありません。
ご迷惑をおかけしてしまいますが、何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

(署名)

同僚宛

◆結婚式に招待する場合の例文

件名:結婚のご報告(山田)

○○さん

お疲れ様です。山田です。
本日はご報告があり、連絡させてもらいました。

私事ですが、この度結婚することとなりました。
○月○日に○○ホテルで結婚式を挙げる予定です。

○○さんにもぜひ出席してほしいと思っているのですが、ご都合はいかがでしょうか。
披露宴の招待状につきましては、後日改めてお渡しします。

直接ご報告するべきところですが、メールでのご連絡となってしまい、すみません。
近いうちに改めて報告させてもらえたらうれしいです。

なお結婚後も、仕事は旧姓で続けていきます。
今度とも宜しくお願いします。

(署名)

◆一斉送信するときの例文

件名:結婚のご挨拶(○○課 山田)

各位

お仕事中失礼致します。
私事で恐縮ですが、この度ご縁があり結婚することとなりました。
結婚式はごく身内のみで行う予定です。

結婚後も旧姓のまま仕事を続けますので、メールアドレス等の変更はございません。

プライベートでは多少忙しくなりますが、家庭と仕事の両立を目指して努力してまいります。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

(署名)

部下・後輩宛

件名:結婚のご報告(山田) 

○○さん

お疲れ様です。
本日はご報告があり、連絡させてもらいました。
私事ですが、この度結婚することとなりました。

○月○日に○○ホテルで結婚式を挙げる予定です。
いつも一緒に仕事をしている○○さんにもぜひ出席してほしいと思っていますが、予定はどうでしょうか?

メールでのご連絡となってしまい、すみません。

結婚後も家庭と仕事の両立めざして、今まで以上にがんばっていくので、今度とも宜しくお願いします。

(署名)

取引先宛

件名:結婚による名字変更のご連絡(△△株式会社 山田)

○○○○株式会社
○○様

いつもお世話になっております。△△株式会社の山田です。

私事で大変恐縮ですが、この度結婚いたしました。
名字が○○となりましたので、取り急ぎご連絡させていただきます。

また、メールアドレスも下記に変更になりましたので
お手数をおかけいたしますが、変更のほどよろしくお願いいたします。

今後ともお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。

△△株式会社 鈴木花子(旧姓 山田)
メールアドレス(変更後)suzuki@△△△△

カジュアルな文面(一斉メール)

各位

お世話になっております。

私事で大変恐縮ですが、この度私○○○○は、
かねてより結婚に追い込みをかけておりました男性と、無事に入籍を済ませましたことをご報告いたします。

実際に入籍するまでは逃げられる可能性もあったため、正直にお伝えすることができず、申し訳ございません。

今後は、捕獲した手を絶対離さないように、2人で人生を歩んで行きたいと思います。
今後ともよろしくお願い致します。

署名

まとめ

  • 職場での結婚報告は、メールでもOKだが、上司には直接会って話すのが基本
  • メールで報告する場合は、ビジネスマナーを守って事実関係を簡潔に
  • メールで報告する場合は、今後の働き方、必要に応じて新姓・アドレスも伝える

職場での結婚報告は直接会うのが基本ですが、忙しいビジネスシーンにおいてはメールで連絡する方がスムーズな場合もあります。

相手の立場に合わせた文面を心がけ、職場でも祝福してもらえるような報告しましょうね。