結納・顔合わせ食事会はどこでやる?場所決めの方法と段取り

結納・顔合わせ食事会はどこでやる?場所決めの方法と段取り

結納や顔合わせ食事会をどこでやるか、迷っているカップルは多いでしょう。

両家の家族が集まりやすく、雰囲気のいい場所を選ぶのはとっても大変。

「誰が決めるの?」「費用はどちらが払うの?」といった疑問も湧いてくることでしょう。

そこでここでは、結納・顔合わせ食事会の場所選びのポイントを解説。

誰が主体になって会場を手配するのか、費用分担はどうすればよいのかについてもご案内します。

結納・顔合わせ食事会の場所の決め方(1)エリア

画鋲の刺さった地図

結納・顔合わせ食事会の場所決めでまず問題となるのは、どこのエリア(都道府県)で行うかということ。

ベストな選択は、両家の中間にあたる場所で会場を探すことです。

特に、男性側・女性側の実家が遠距離の場合、移動の負担などがどちらかに偏らないような調整が必須。

両家からの距離が同じくらいになることはもちろん、会場候補地周辺の交通アクセスや宿泊施設の充実度もチェックして、便利な場所を選びましょう。

ただし結納の場合は、本来男性側が女性側の家を訪れて行うものであることから、「男性側が出向くのが筋」という考え方を持つ人も。

中間地点を提案してどちらかの実家から反対意見が出た場合には、できるだけ不満を抱く人がいなくなるように、話し合いや調整を行うことも大切です。

結納・顔合わせ食事会の場所の決め方(2)会場

和装で行う結婚式場

結納を行う地域が決まったら、会場を決めましょう。

結納や顔合わせ食事会の会場として選ばれることが多いのは、次のような場所。

会場ごとに利点があるため、ニーズに応じて選びましょう。

【ホテル・料亭】

結納・顔合わせ食事会専用のプランが用意されている会場も多く、利用すれば準備や進行をお任せできることも。

専用プランがある会場のスタッフは、段取りや地域ごとのしきたりなどにも詳しいため、分からないことがあっても安心。

【女性側の実家】

特に女性にとってはくつろいだ雰囲気で過ごせるのが魅力。形式ばらず、和やかに結納ができます。

ただし、結納飾りなどのセッティングを自分たちで行う手間がかかります。

女性側は新郎一家を迎えるために、いろいろと準備が必要で負担がかかるので、最近は少ないよう。

【結納プランがある結婚式場】

すでに気になる結婚式場がある場合は、結納プランがあるかチェックしてみて。

会場の雰囲気やスタッフの質、交通アクセスなどの下見を兼ねることができますよ。

結納・食事会の「格式」に合わせて選ぼう

会場を選ぶときは、結納の格式にも合わせる必要があります。

形式を重んじた結納を行いたいなら、ホテルや名の知れた高級料亭など。

カジュアルな略式結納や顔合わせ食事会なら、レストランや個室の和食料亭などと、使い分けるのがおすすめ。

またなかには女性側実家で結納をしたのち、ホテルや料亭で親睦のための食事会を開くというパターンも。

自分たちの望むかたちに合わせて、会場をリサーチしましょう。

結納や顔合わせの会場は、両家のどちらが決めるもの?

結納セット

結納・顔合わせの会場決めは、一般的には会の主催者が行うもの。

多くは、男性側の家が主体となって行います。

といっても、男性側が一方的に決定権を持つというわけではありません。

男性側が取り仕切りながら両家の意向を擦り合わせて会場を決め、予約などの事務的なことは男性側が行うようにするとよいでしょう。

食事会は、新郎新婦本人が仕切るのがスムーズ

また最近では、本人たちが主体となって顔合わせを企画することも多いもの。

そのような場合は、本人たちが中心となって、双方の家族の意見を聞きながら会場の手配を行えばOK。

また本人同士は近距離に住んでいるけれど、両実家は遠距離といった場合には、実家同士のやり取りだと情報の伝達や細かい調整がうまくいかないこともしばしば。

このような場合にも、本人たちが連絡・調整役となって、会場やプランの手配をするとよいでしょう。

【場所代・食事代】結納の費用分担はどうする?

お金の入った袋

結納の場所やプランが決まり、おおよその費用が分かったら、どう分担するかについてもあらかじめ決めておきましょう。

当日になってどちらが払うかが決まらず、もたついたり、気まずくなったりすることが防げます。

結納の費用分担方法には、次のような考え方があります。

  1. 女性側が負担
    結納はもともと女性宅でやるものだったために、場所、食事に関する費用は女性側が負担していました。
    そのため、現在でも女性側が費用を負担するものという考え方があります。
  2. 両家で折半
    両家で半額ずつ出すという考え方。
    女性側が支払いをし、男性側は半額を酒肴料として包むなどの方法で折半します。
  3. 交通費・宿泊費/会場費・飲食費で分担
    かかった費用を交通費・宿泊費と会場費・飲食費に分け、両家が分担して支払う方法。

もちろん、どちらがどれだけ負担するかを両家が納得していれば、上記以外の方法でも問題ありません。

また、顔合わせ食事会だけを行う場合などには、両親には費用を負担させず、本人たちだけで費用を折半するのも多いパターンです。

まとめ:結納の場所や費用のことはふたりだけで決めないで!

  • 両家の移動などの負担を考えてエリアを決める
  • 各会場のメリットや格式を踏まえて会場を決める
  • 主催者(主に男性側)が両家の意見を擦り合わせながら会場決めを取り仕切る
  • 費用はどちらが出してもよいが、分担はあらかじめ決めておくとベター

結納の場所や費用の分担を決めるときには、両家とも納得できるかたちにすることが大切。

本人たちだけで詳細を決めてしまわず、両親ともきちんと話しながら決めましょう。