結婚内祝いにはお礼状を添えて。書き方のポイントと文例

結婚内祝いにはお礼状を添えて。書き方のポイントと文例

結婚のお祝い(内祝い)をいただいたら、お礼の気持ちをきちんと伝えたいですね。

結婚内祝いの品物を贈るのに加えて、お礼状(お手紙)を書くと気持ちがより伝わります。

とはいえ、普段はなかなか手紙を書く機会がなく、マナーに自信がない…という方も多いでしょう。

ここでは、結婚内祝いに添えるお礼状を送るときのマナーについて解説。

送る相手やフォーマル度に合わせた例文も、紹介します。

結婚内祝いにお礼状は必要?渡し方は?

結婚内祝いのお礼状は、品物を直接手渡しする場合には不要です。

品物を配送する場合は、お礼状を書くのがベスト。

内祝いの品物にお礼状を同封して送るか、品物とは別々に送りましょう。

内祝いとお礼状を別々に送るときは、品物を別便で送る旨を文面に含め、お礼状の方が早く届くようにポストに投函して。

結婚内祝いを贈るタイミングは?

結婚内祝いを贈る時期は、挙式後2週間~1ヶ月以内がめやす。

もしも結婚式の数ヶ月前など、早いタイミングでお祝いをいただいた場合には、お礼状だけを先に送ってもOKです。

内祝いを送るのが遅れたときは、できるだけ早く手配を。

お礼状にお詫びの言葉を添えて同梱し、電話でもお詫びと品物を送った旨を連絡しましょう。

関連記事
結婚報告はがきの文例集!相手別すぐに使えるテンプレート

結婚内祝いのお礼状の書き方マナー

手紙を書く女性

お礼状を書くときは、ラフになりすぎないようにきちんと体裁を整えるのがマナー。

結婚式にまつわる文書に特有の、避けるべき言葉にも気を付ける必要があります。

結婚内祝いのお礼状の基本構成

結婚内祝いのお礼状は、以下のような構成で書くのが基本。

カジュアルな手紙では省略しがちな頭語・結語、時候の挨拶もきちんと盛り込みましょう。

  1. 頭語(拝啓・謹啓など)
  2. 時候の挨拶
  3. 相手を気遣う言葉
  4. お礼の言葉といただいたものへの感想
  5. 内祝いを送ったことの報告(同封or別便)
  6. 新生活の様子を報告
  7. 今後のお付き合いのお願い
  8. 結びの挨拶
  9. 結語(敬具・敬白など、頭語と対になるもの)

なかでも必ず含めたいのは、④⑤⑦。

お礼状の肝になる部分なので、気持ちを込めて書きましょう。

②③、⑦⑧は、定型文でもOK。

堅苦しくない文面にしたい場合は、自分の言葉で書くと温かみのある手紙になりますよ。

結婚祝いのお礼状のNGマナー

結婚祝いのお礼状で気を付けたいNGマナーは次の2つです。

意識していないとついつい間違えがちなので、注意しましょう。

●句読点は使わない
お祝い事の文書では、句読点をつけないのがベター。
「区切りや終止符を打たない」ことで縁起を担ぐ意味合いがあります。

●忌み言葉・重ね言葉に注意
別れや終わりを連想させる言葉(忌み言葉)は、結婚式関係で使わない方がよいとされています。
また、繰り返しを連想させる重ね言葉も、「離婚・再婚」を連想するため縁起が悪いとされる言葉なので注意して。
(例:別れる・切る・去る・終わる・流れる・冷える・返す・戻る、重ね重ね・しばしば・たびたび・かえすがえす など)

【相手別】結婚内祝いのお礼状テンプレート(文例)

手紙を読む女性

基本の構成を押さえながら、送る相手との関係性によって文面を使い分けましょう。

上司など目上の方にはできるだけきちんとした文章を心がけて。

あまり堅苦しくなりすぎないようにしたいなら、柔らかめな言葉を選びましょう。

気安い親戚や、仲が良い同僚、友人などへのお礼状なら、ある程度砕けた文面でもOK。

目上の方へのお礼状例文

【フォーマルver.】
謹啓 新緑の候 ○○様におかれましてはご健勝のこととお喜び申し上げます
このたびは 私どもの結婚に際し 結構なお祝いを賜り 誠にありがとうございました
頂戴しましたお心遣いで かねてより憧れだった○○を購入し 新生活で活用させていただいております
ささやかですが お礼のしるしに 別便で心ばかりの品をお送りいたしましたので ご笑納いただければ幸いです

結婚式からはや○週間 ようやく新しい生活にも慣れてまいりました
今後はふたりで力を合わせ 温かく笑いの耐えない家庭を築いていく所存です
なにぶんにも未熟なふたりですが 今後とも温かくご指導ご鞭撻くださいますようお願い申し上げます
敬白

平成○年○月○日 

新住所
○○○○
○○ 太郎・花子

※フォーマルな手紙では、後付として日付・新住所・差出人(夫婦連名)を添えましょう。

【堅苦しくないver.】
拝啓 早春の候 ○○様におかれましてはお変わりなくお過ごしのこととお喜び申し上げます
このたびは私どもの結婚に際しまして、お祝いをいただき 本当にありがとうございました
いただいたティーセットで温かい紅茶を入れ ふたりでくつろぐ時間が 毎日の楽しみとなっております
ささやかですが お礼のしるしに 別便で心ばかりの品をお送りいたしました 気に入っていただければ幸いです

これからはふたりで助け合いながら 温かな家庭を築いていきたいと思っております
今後ともご指導のほど よろしくお願い申し上げます
敬具

親戚へのお礼状例文

拝啓 梅のつぼみがほころぶ季節となりました 皆様におかれましてはお変わりなくにお過ごしのこととお喜び申し上げます
先日は私どもの結婚に際しまして 素敵なお祝いの品をいただき 本当にありがとうございました
おかげさまで○月○日に無事に結婚式を挙げ 新しい生活を始めることができました
いただいた○○はさっそく新居に飾り 折に触れて眺めては心を和ませています
ささやかなお礼として 別便で心ばかりの品を送りましたので お納めください

これからは夫婦で力を合わせて 温かな家庭を築いていきたいと思っています
未熟なふたりですが 今後ともご指導ご鞭撻のほど どうぞよろしくお願いいたします
かしこ

友人・同僚へのお礼状例文

【フォーマルver.】
拝啓 暑中お見舞い申し上げます
このたびは、素敵な結婚祝いの品をありがとうございました
いただいたコーヒーメーカーを使って さっそく夫婦でブレイクタイムを楽しんでいます
心ばかりのお礼の品を 別便でお送りしました 気に入っていただければ嬉しいです
引っ越しもようやく落ち着き 新生活にも慣れてきました
これからはふたりで力を合わせて 温かな家庭を築いていきます
今後とも 結婚生活の先輩としてご指導のほどよろしくお願いいたします
かしこ 

【堅苦しくないver.】
素敵な結婚祝いをどうもありがとう
さっそく結婚式の写真を入れて新居に飾っています
お礼の品物を別便で送ったので どうぞ使ってくださいね
近くに来たときには ぜひ新居にも立ち寄ってください
これからも 夫婦ともどもよろしくお願いします

結婚式のお礼状はボールペンでもOK?筆記具のマナー

手紙と万年筆

お礼状を書くときには、文面だけでなく筆記具の選び方にも気を使って。

【便箋(レターセット)】
目上の人には厚手の白便箋が無難。
または、シンプルな季節の柄やウェディング用の便箋を選びます。
横書きよりも縦書きの方が、よりフォーマル。
文面が誰にでも見えてしまうため、ハガキは避けるのがベターです。
親しい相手に送る場合は、レターセットを手作りしたり、写真入りのメッセージカードを使ったりしてもOK。

【封筒】
白の二重封筒

【筆記具】
印刷ではなく、手書きするのがベター。
既製品や印刷されたものを使用する場合でも、直筆で一言添えると気持ちが伝わります。
筆記具は、青か黒の万年筆やインク式のペン、毛筆がベスト。
上手く書けない場合は、ボールペンでもかまいません。

手紙の基本マナー。封筒の書き方(宛名、差出人)&入れ方

封筒の入れ方、書き方にもルールやマナーがあるのでチェックしていきましょう。

封筒の表書き・裏書きの書き方や、切手を貼る位置は、使用する封筒によって異なります。

● 和封筒(縦)

お礼状の封筒の書き方(縦書き)

  • 宛名は、中央に大きく書く
  • 住所は右側に、宛名よりも小さめの文字で書く
  • 2行になる場合は、1行目より1~2字下げて書き始る
  • 3行になる場合、郵便番号の枠の位置より左へ寄らないように注意

お礼状の封筒の書き方(縦書き)裏面

  • 郵便番号枠が印刷されていない場合は、封筒の左側か封筒の中央に書く
  • 差出人は夫婦連名で書く(夫の名前を先に)
  • 伝わりにくい場合は、旧姓を併記してもOK
  • 郵便番号の終わりと住所住所の縦をそろえるとキレイ
  • 住所と名前のお尻をそろえるとキレイ

● 和封筒(横)

お礼状の封筒の書き方(横書き)

  • 宛名は、中央に書く
  • 郵便番号と住所の1行目はそろえるとキレイ
  • 住所の2行目と宛名をそろえるとキレイ
  • 算用数字を使う

お礼状の封筒の書き方(横書き)裏面

  • 差出人は夫婦連名で書く(夫の名前を先に)
  • 伝わりにくい場合は、旧姓を併記してもOK
  • 郵便番号と住所の一行目をそろえるとキレイ

郵便番号枠が左下に印刷してある場合は、封筒の左側に差出人の住所・氏名を記入。

印刷されていない場合は、封筒の左側か封筒の中央に書きます。

【切手の貼る位置】

  • 縦向き
    封筒の左上部、縦7.0×横3.5cmの範囲
  • 横向き
    封筒の右上部、縦7.0×横3.5cmの範囲

切手のデザインは一般的なものでOK。

季節感があるものや絵柄が美しいもの、便箋や封筒とテイストが合っているものを選ぶと素敵ですね。

切手を複数枚貼ると寄せ集め感が出るため、1枚で大丈夫な額面のものを使いましょう。

封筒の入れ方

書いたお礼状を封筒にいれるときは、2枚以上にするのがマナー。

文面が1枚目で終わっている場合は、白紙の便箋を1枚足して、2枚にします。

また品物に同封する場合には、封をしてはいけません。

封をした手紙は信書扱いになって、配送サービスで送ることができない決まりだからです。

便箋の折り方・入れ方は次のとおり。

【和封筒(縦型):三つ折り】

  1. 便箋の下3分の1を折り上げる
  2. 便箋の上3分の1を折り下げる
  3. 書き出し部分が上側かつ封筒の表にくるように入れる

【洋封筒(横型):四つ折り(横書き)】

  1. 下から上へ半分に折る
  2. 右から左へ半分に折る

【洋封筒(横型):四つ折り(縦書き)】

  1. 左から右へ半分に折る
  2. 下から上へ半分に折る
  3. 折山を底にし、書き出し部分が上側かつ封筒の表にくるように入れる

まとめ:お礼状を書いてお祝いへの感謝を伝えよう

  • 結婚内祝いを手渡ししない場合にはお礼状を書くとベター
  • 品物と同梱、または品物に先行して送る
  • きちんときた文章を心がける(友人など親しい場合は砕けてOK)
  • 句読点なし、忌み言葉や重ね言葉は避ける
  • 手書きがベター
  • 封筒の入れ方や書き方にも気を使う

お祝いへのお礼はきちんと伝えたいもの。

マナーを守って、心に残るお礼状を贈りましょう。

関連記事
感謝の気持ちをお返し!結婚内祝いの意味や「熨斗」のマナー