海外では常識!?結納よりもカジュアルな「婚約式」の内容

海外では常識!?結納よりもカジュアルな「婚約式」の内容

結婚前に結納をするのは費用がかかるし堅苦しい、などの理由で、両家顔合わせの食事会のみで済ませるカップルが増えています。

そもそも結納は日本だけの風習で、絶対にやらないといけないという決まりはありません。

「結納なしで食事会だけだとカジュアルすぎるかな?」「結婚式もしない予定だけど、顔合わせ食事会だけでもいいのかな…」

という新郎新婦にオススメなのが、最近じわじわと注目されている「婚約式」

婚約式とはどんなものか、そのメリットなどについて解説していきます。

海外では主流となっている、婚約式とは?

手を握る新郎新婦

婚約式とは、古くからキリスト教信者のあいだで行われている結婚報告のためのセレモニーです。

日本では結納にあたるものですが、もうすこしカジュアルなイメージ。

婚約式で行うことは、結婚の契約書を交わしたり、婚約記念品(指輪)を交換したり。

結婚のためのしきたりはどんどんカジュアル化していて、結婚前に結納をするカップルは年々減ってきています。

結納は、会場の手配や服装など準備することがたくさんあり、時間や費用がかかってしまうもの。

だからといって簡単な両家顔合わせだけで済ませるのが物足りないなら、婚約式がぴったり。

どんなカップルに向いているの?目的は?

婚約式の目的は、二人が結婚するということをみんなに報告することです。

神様に結婚の誓いを立てたり、新郎新婦がなんらかの契約をしたりというものではありません。

結納の習慣がない海外では定番となっていますので、ドラマや映画などで観たことがある方も多いのでは?

海外だと、キリスト教の新旧(カトリックorプロテスタント)によって、どちらの教会を使うかを選ばないといけないという場面もあり得ますが、日本ではそのあたりをこだわらずに気軽に婚約式を行うことができます。

結納や婚約披露パーティーとの違いは?

婚約式は、結納と比べてカジュアルですが、婚約披露パーティーよりはきちんと感があります。

結納は服装もほぼ決まっていて、お着物かフォーマルウェア。

正式・略式のいずれにせよ、形式に沿って金品を贈るなど、決まりの多い儀式です。

婚約式には、そうした決まりごとは一切ありません。

ですが婚約披露パーティーとは違って、結婚誓約書にサインをし合ったり、婚約指輪や時計などの婚約記念品を贈り合ったりするのが一般的。

結納も婚約式も婚約披露パーティーも、親戚や友人たちに二人が結婚するということを報告するという意味では同じですが、ルールの有無やスタイルには大きな違いがあるのです。

こんなにある!婚約式のメリット

プロポーズする男性

まだ日本ではそれほどメジャーではない婚約式ですが、メリットはたくさんあります。

これまでは知らなかった方も、メリットを知ると婚約式をやりたくなるかもしれません。

ここでは、数あるメリットのなかから3つ取りあげてご紹介します。

結納に比べて費用が安い

結納をする場合は、会場費や食事代でおよそ20万円ぐらいかかるのが一般的。

さらに、服装を整えるなどもろもろの準備にも費用がかさんできます。

これに、男性側から女性側へ渡す「結納金(100万円ほど)」や「結納品(5〜10万円ほど)」を用意するなど、とにかくいろいろと費用がかかります。

これらの費用をせっかくならば、ほかのところで使いたいというのが現代人の本音でしょう。

結納に対して、婚約式は純粋に会場費と食事代のみ。

単純に考えるならば、20万円ほどで行うことが可能です。

堅苦しい両家の挨拶などの必要がない

結納式は、仲人を立てる場合もありますし、両家の挨拶など堅苦しいことが多いもの。

形式ばったことをわざわざするのは気が重いですよね。

婚約式では、こうした決まりごとは一切ありません。

婚約式にはなんの縛りもありませんので、より自分たちらしいセレモニーを行うことができます。

オリジナル性の高い、自由なプランを立てられるのが特徴です。

婚約式の流れ・プログラム

結婚式のプログラム表

婚約式は、会場も服装も自由。

もちろん、式の流れも自由なのですが、一般に行われるプログラムをご紹介します。

婚約式の流れはとってもシンプル!

婚約式には、これといって決まりがありませんので、その流れはいたってシンプル。

基本的にはみんなに報告をするというものですから、ひととおり軽めの挨拶をしたら、あとはみんなで歓談をして楽しく過ごすぐらいの気持ちでいれば大丈夫です。

婚約記念品の交換・お披露目

婚約式の内容に決まりはないのですが、指輪とそのお返しをお披露目すると特別感があって◎。

このタイミングでゲストからプレゼントをもらうのもいいですね。

もらったプレゼントはみんなの前でお披露目してあげると喜ばれるかも。

オリジナル性のある「婚約誓約書」をかわす

婚約式のプログラムのなかで、婚約誓約書をかわす演出もオススメです。

婚約誓約書とは、婚約を交わしたことを証明する書面のこと。

婚姻届のようなフォーマットはなく、自由な形式で作成することができます。

誓約書には通常、下記のようなことを盛り込んでおきます。

  • 婚約する二人の氏名
  • 婚約したことを証する記載
    例えば、「甲と乙は、○年○月○日に婚約することを証するため本証書を作成する」などの説明書きを記載します。
  • 結婚の申し込みと、それに対する承諾
    誓約書は、ときに法的な効力をもつものです。どちらが申し込み、どちらが承諾をしたのかという事実関係をはっきりさせておくとより効果的です。
    例えば、「甲による結婚の申し込みを、乙が承諾した」などの文言を入れておくのが望ましいでしょう。
  • 署名、捺印
  • 証明者(媒酌人)の住所と氏名、捺印

また、必要に応じて、結婚の時期や、婚姻成立に向けて努力することへの約束、婚約破棄の際の慰謝料などを記載する場合もあります。

婚約式の会場は自由に選んでOK

披露宴のテーブル

婚約式の会場選びは自由です。

自分たちの好きな場所で行うことができるので、よりオリジナル性を出すことができますね。

会場として選ばれやすい代表的な場所を取りあげますので参考にしてください。

キリスト教式の婚約式なら「教会」で

せっかくのセレモニーですから、厳かな雰囲気を大切にしたいという方は、教会を選びましょう。

婚約式を受け付けている教会もたくさんあります。

やはり、聖職者の前で誓約書(契約書)にサインをし合うという厳かな雰囲気は魅力的ですよね。

上質感あふれる「ホテル」での婚約式

高級感のある空間で婚約式をしたいという場合はホテルがオススメ。

婚約式は両家の顔合わせの意味も含まれますので、新郎新婦のご両親も少しきちんとした雰囲気のほうがいいという方もいるでしょう。

そのような場合には、ほどよい上質感のあるホテルがぴったりです。

「レストラン」でカジュアルなセレモニーを

美味しいお料理をみんなで楽しむことをメインにするなら、レストランでの婚約式を。

服装もよりカジュアルなものをチョイスできるので、楽しみ方の幅も広がります。

親族や友人をたくさん招待するなら、レストランを貸切に。

少人数でも個室があるレストランがイイでしょう。

アットホーム感を意識するなら「カフェダイニング」

ゲストとたくさん歓談するなど、リラックスした雰囲気を重視したいときは、カフェダイニングなどのラフな雰囲気の場所を選んでみましょう。

とくに、家族や親族だけじゃなく友人もたくさん招待したい!という場合にオススメです。

婚約式の服装は?ウェディングドレスは着るの?

結婚指輪

婚約式での服装も、会場と同じく自由です。

海外では、新郎新婦の好みに合わせたいろいろなスタイルの婚約式が行われています。

新郎新婦の服装

極端なことをいえば、それが自分たちらしさだと考えるならばデニムパンツにTシャツというスタイルでも問題ありません。

ですが、やはり思い出に残る記念日ですので、ずっと着てみたかったドレスを着たり、独身最後の記念に振袖にしたりして楽しむのがオススメ。

ただし、婚約式を行う場所によっては浮いてしまったり、失礼にあたったりする場合もありますので注意が必要です。

例えばラグジュアリーホテルのような格式高い会場で、あまりにカジュアルな装いをするといった社会通念上のマナーは守るようにしましょう。

ゲストの服装

新郎新婦が自由な服装で参加するので、もちろんゲストも同様です。

ただし、ゲストの立場からすれば、なにを着ていけばいいのか迷うはず。

招待状などには目安となる服装を明記しておくなどの配慮をするほうが賢明でしょう。

まとめ:結婚の報告をするなら婚約式がトレンド

  • 婚約式はもともとキリスト教の儀式だった
  • 今は世界中で宗教に関係なく行われるようになってきている
  • 結納ほどの堅苦しさはないものの、きちんと両家の顔合わせができる
  • 自分たちらしい雰囲気で楽しめて、メリットが多い
  • 費用面も工夫次第でいくらでも節約することが可能

結婚が決まったなら、まずは婚約式を企画して、結婚式までの気持ちを高めていってはいかがでしょうか。