結婚式前夜(前日)を祝う「バチェラーパーティー」遊び方と失敗談

結婚式前夜(前日)を祝う「バチェラーパーティー」遊び方と失敗談

結婚前夜を新郎とその男友達だけで祝う「バチェラーパーティー」。

元々は欧米の習慣ですが、日本でもバチェラーパーティーを楽しむ新郎が増え、専用プランを提供するお店も出てきています。

そこで、ここでは、バチェラーパーティーとはどのようなものかを紹介。

開催する時期やいろいろな楽しみ方、気を付けたい失敗パターンなどについてもまとめてみました。

独身最後の夜を男同士で楽しむ、バチェラーパーティー

乾杯する人たち

「バチェラーパーティー」とは、翌日に結婚式を控えた新郎が、独身最後の夜を友人と盛り上がって過ごす、欧米の風習です。

結婚すると男性は、好きなだけ飲み歩いたり、セクシーな遊びをしたりできなくなるもの。

そのため最後に、バチェラーパーティーで独身時代ならではのハメ外しをして大いに盛り上がり、自由な独身時代に別れを告げるというわけなんです。

バチェラーパーティーの知名度を上げたのは海外映画

バチェラーパーティーの習慣が日本でも知られるようになった一因は、バチェラーパーティーを題材にした海外映画。

代表的な作品は、ブラッドリー・クーパーらが出演する『ハングオーバー!』シリーズです。

『ハングオーバー!』シリーズは、バチェラーパーティー後に記憶をなくした男性4人組が主人公。

ちょっとお下品でかなり笑えるコメディです。

そのほか、トム・ハンクス主演の『独身SaYoNaRa!バチェラー・パーティ』やキャメロン・ディアス主演の『ベリー・バッド・ウェディング』なども、バチェラーパーティーを扱った作品。

見たことがある!という方も多いのでは?

バチェラーパーティーの女性版「バチェロレッテパーティー」

バチェラーパーティーは新郎のための独身卒業パーティーですが、新婦のためのパーティーもちゃんとあります。

バチェラーパーティーの女性版の呼び名は、「バチェロレッテパーティー」。

「ヘンパーティー」と呼ぶこともあります。

こちらも、結婚式を控えた女性が、女友達だけで集まって、お酒を飲んで騒いだり、ランジェリーパーティーをしたりと、ハメを外して楽しむもの。

日本でも、少しずつ広がりを見せていますよ。

バチェラーパーティーはいつやるの?幹事は誰?

微笑む男性たち

バチェラーパーティーは、結婚式の前夜にやるのが正式です。

しかし、飲み過ぎてしまって翌日に響くことも多いため、実際には結婚前夜よりも前にやるのがおすすめ。

結婚式気分が盛り上がってくる、挙式の1ヶ月~1週間前ぐらいに計画するのがベターです。

海外では、バチェラーパーティーの幹事は、アッシャーと呼ばれる新郎のお世話係のまとめ役(ベストマン)が担当することが多いもの。

日本ではアッシャーを選ぶことはあまりないため、新郎友人のなかから企画やまとめ役が得意な人に、バチェラーパーティーの幹事をお願いするとよいでしょう。

もちろん、新郎自らが呼び掛けて、計画を立ててもOKです。

バチェラーパーティーでは何をするの?

肩を組む男性

本場である欧米では、バチェラーパーティーの夜を、ひたすら飲んで大騒ぎしたりストリッパーのいるお店に行ったりして過ごすのが一般的。

しかし日本では、婚約者がストリップショーを観に行くと聞くと、あまりよい気持ちがしない女性が大半でしょう。

パートナーの気持ちも思いやって、日本の文化に合った方法で、バチェラーパーティーを楽しむのがおすすめです。

ひたすら飲んで騒ぐ

お酒を飲んでバカ騒ぎをするのは、バチェラーパーティーの定番の楽しみ方。

気の合う仲間と思う存分飲んで、陽気に過ごしましょう。

バーやクラブを貸し切って、思い切り盛大に飲み騒ぐのも楽しいですし、自宅で男同士らしくざっくばらんに宴会するのもおすすめ。

野外バーベキューなどアウトドアな飲み会も、解放感があって素敵です。

趣味仲間と趣味を満喫する

結婚をすると、休日の過ごし方や趣味にかけられる金額も変化するもの。

独身最後に、心ゆくまで趣味を楽しむバチェラーパーティーもおすすめです。

大きな会場を貸し切ってスポーツの試合をしたり、ツーリングや温泉旅行など、1泊以上のスケジュールで遊んだりするのもいいですね。

ギャンブルなどでパーっと散財する

結婚後は奥さんに財布の紐をがっちりにぎられて…というのはよく聞く話。

独身最後に景気よくお金を使ってしまうのも、ちょっと変わった過ごし方でおすすめです。

最近の競馬場や競艇場などはエンターテインメントにも力を入れているので、友達同士で繰り出しても楽しめますよ。

ただし、身の丈に合わない散財は絶対にNGです!

お店のバチェラーパーティプランを利用する

東京などでは、バチェラーパーティープランを提供するお店も登場。

プランを上手に利用すれば、お手軽に楽しい夜を過ごせます。

たとえば、六本木の「Tantra Club(タントラクラブ)」では、女子会などで人気のリムジンプランを、バチェラーパーティー向けに提供。

  • リムジンクルーズ(90分)
  • スパークリングワイン
  • Tantra Club店内での45分飲み放題
  • Tantra Girlsのショー
  • 写真撮影

がセットになって、105,000円(7名まで)~などのプランがあります(2018年10月現在)。

Tantra Club:https://tantra-tokyo.com/ja/hp/

バチェラーパーティで後悔…あるあるな失敗に注意!

ビールを飲む男性

楽しいバチェラーパーティーですが、気のおけない友人同士で集まると、気持ちがゆるみ過ぎてしまうことも。

バチェラーパーティーでよくある、次のような失敗には要注意です。

「飲み過ぎて結婚式に響いた」

結婚式前夜のバチェラーパーティーで調子に乗ってお酒を飲み過ぎて、結婚式本番を二日酔いで過ごすのはよくある話。

体調不良だけならまだよいですが、お酒のせいで寝坊して、結婚式に大遅刻!なんてことにならないよう、結婚式前日のバチェラーパーティーでは、節度をもって飲みましょう。

「ハメを外しすぎてケガをした」

男友達同士ではしゃぎすぎて、結婚式までに治らないような大ケガをしてしまうパターンも。

大事な結婚式が控えていることを、くれぐれも忘れないで!

「女の子がいるお店で飲んで新婦とケンカになった」

ホステスやコンパニオンが同席するようなお店で飲んだことがバレて、新婦を怒らせてしまうことも。

「このくらいならOK」の基準が男女では違うことも多いので、新婦には知られないようにするなどの配慮が必要かも。

まとめ:“やり過ぎ”に注意してバチェラーパーティーを楽しもう!

  • バチェラーパーティーは新郎と男友達が男性だけで結婚前夜を祝うパーティー
  • 本来はストリップ観賞などをする
  • 日本では日本式にバチェラーパーティーを楽しむ人が増えている
  • バチェラーパーティー専用プランを提供するお店もある
  • ハメの外し過ぎによる失敗に注意

男友達だけの気のおけない集まりは、きっと、独身時代最後を飾る最高の思い出になりますよ。

ハメを外し過ぎないように注意して、バチェラーパーティーをぜひ楽しんでください!